Tissue Paper … 気長に気楽にかあるくかるく…

いらっしゃいませ。おひとりさまで? 
お好きな席にどうぞ。

20160204…立春。

2016年02月04日 | 2016


与謝野晶子さんの詩です。
この詩、好きです。




こんなことを感じていたいから生きていたいと思うんだ。
こんなことでも生きていく理由には十分なると思うんだ。
じゃね?



立春。

さあ!
春!

街に来ている、春よ!春!ってもんでさあね。

光の春!










今日はオフ。
アマゾンプライム会員なんで
アマゾンでインス大妃を見まくってました。

お国柄というんでしょうか。
隣国のテレビドラマなんだけど
描き方とかキャラクターの設定についていけないところもあるんだよね。
でも、これが、国民性ってやつなんでしょうね。

アメリカのテレビドラマなんかは
セックスと人種問題ばっかりだし。
あれはあれで、お国柄の違いを感じるなあ。

外国へはいまだに行ったことがなく
多分、これからも行くこともないだろうけど
インドとか、ブラジルとか、南アフリカだとか
遠つ国のテレビドラマも見てみたい。

きっと、目が点になるんだろう。

この記事をはてなブックマークに追加