お花大好き

四季折々のお花や風景は、心を和ませ
優しい気持ちにさせてくれます
楽しい花散歩や風景記録を綴って行きます。

花と実(種)など

2016-10-25 | 

珍しいホトトギスとか花が終わった後の実(種)などです。
実だけ見ると 「 なんだろう? 」と思い、図鑑をめくったりnetで調べてみたものです。

【 ホトトギス 】
1) キイジョウロウホトトギス  百合科  ホトトギス属
黄色く、とても上品な花は、雑草に囲まれた坂で咲いていました
以前 鎌倉で見たことがありますが、今回は大船植物園フラワーセンターです。


2) キイジョウロウホトトギス
特設の棚にあったので、葉の傷みもなく綺麗でした。

キレンゲショウマに似ていますね

3) 白いホトトギス  百合科  ホトトギス属  
山地の崖などやや湿ったところに生える多年草で 北海道(西南部)本州、四国、九州に分布する 


4) 台湾ホトトギス (台湾原産)
ホトトギスの中ではやや強い光線に耐える丈夫な花
強い性質を活かし、交配によって様々な品種を作り出す元ともなったそうです
 

5) 薩摩ホトトギス
東アジアを中心におよそ20種が分布し 毎年花を咲かせる多年草 九州固有の品種です


【 フウセントウワタ 】
ガガイモ科 フウセントウワタ属
(左):花はイヤリングのようで可愛く、(中):ハリセンボンのようなとげのあるユニークな果実
(右):果実が成熟すると縦に裂け、ワタというよりシルクのような毛のついた茶色い種が飛び出します
フウセントウワタの花 フウセントウワタの果実 ワタのついた種 

【 センニンソウ と花後の果実 】
以前 散歩中に出合ったセンニンソウを投稿した時ブロガーさんから下記のコメントをいただきました。
「花が散ったあと、果実ができますが、それが老人のヒゲのようになります。
是非、花後、もう一度ご覧になって下さいね。」

同じ場所ではなかったですが、確認出来ました。 嬉しい繋がりです。
センニンソウの花 → センニンソウの果実

11) シモバシラの花  シソ科  シモバシラ属の多年草
枯れた茎の根元に霜柱が出来るのが理由の花名。
冬に地上部が枯れてからも、枯れる前と同じように 地中の水を吸い上げて茎の上の方まで送り続け、
茎のちょっとした割れ目から水がはみ出して外気に触れて「氷」になり
2年前 「氷の花」が咲いているような自然の造形美をフラワーセンターで見ることが出来
感動したことを思い出します。
シモバシラの花 シモバシラ

12) ガンクビソウの実
ヤブタバコとよく似ているので、間違っているかもしれませんが
煙管の頭のようなので、ガンクビソウだと思います


13) 数珠玉  インド原産のイネ科の植物
実を糸で繋げてネックレスにして遊んだり、お手玉の中に入れたりして遊んだ記憶があります。


14) きじゅ(カンレンボク)
強い生命力と多くの実をつけることから、子孫繁栄にたとえられる喜びの木として喜樹(キジュ)と呼ばれています。


<感想> 綺麗なお花の後にできる実や種、枯れた姿を見ると不思議な思いをします。
すべて 子孫を残すための現象なんですね~♪

訪問有難うございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋薔薇 | トップ | フラワーセンターの花 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (seseragi.ts)
2016-10-25 18:03:44
すみれさん こんばんは~
最近急に寒くなにましたが如何お過ごしですか~
我が家では炬燵の中にもぐりこんでTVを楽しんでいます?(笑)

珍しいホトトギスもこんなにもあるんですね~
私が見たのは台湾ホトトギスかな?初めて見た時はなにこれ~って感じでした。(^^)
花の後にできる実や種も・・・そうですよね~ 
おはよう御座います。 (shin)
2016-10-26 09:23:09
キイジョウロウホトトギスって、きれいな色のお花ですね。
初めて拝見しましたが、ホトトギスにしては、変わった形のお花だと思います。
白いホトトギスも始めて拝見ですね。
タイワンホトトギスは、我が家でも今花盛りに成っていますよ。
他の花々や実も、どれも面白い形をしていて素的だと思います。
こんばんは (かわとんぼ)
2016-10-26 18:07:54
何時も綺麗な写真を拝見しています。
ホトトギスも種類が多いですね。今日自然教育園へ行きタイワンホトトギスを見てきました。
公園や庭先などで見掛けますが他は滅多に見掛けられません。
こんばんは (すみれ)
2016-10-26 19:21:56
seseragi.tsさん
コメント有難うございます。
用事があり東京へ出かけましたが、真夏のような1日で大汗を流しました。
寒くてホットカーペットのスイッチを入れる日もありましたのに・・・
大船植物園で初めてキイジョウロウホトトギス、薩摩ホトトギスを見ました。
沢山種類がありますね。
花の後の実や種は面白い姿ですね。多分鳥たちに食べられないように姿を変えているのだろうと思います。
違うかな~
Unknown (すみれ)
2016-10-26 19:28:46
Shinさん
今日は夏日になり、暑かったですが、富士山は初冠雪だったとか
ご自宅の庭でホトトギスが満開とのことですが、ユニークな形ですよね。
我が家では、ホタルツワブキ、千両が赤くなりヒヨドリが友達を呼ぶ鳴き声がしています。
ネットを張ってお正月まで持たせないといけませんね
コメント有難うございました。
こんばんは (すみれ)
2016-10-26 19:32:59
かわとんぼ様
今日はとても暑くなり、真夏のようでしたね。
自然教育園のホトトギスは沢山咲いていたと思いますよ
後日拝見させていただきますね。
少し大き目サイズのお写真を楽しませていただいていますので
心待ちにしています。
訪問とコメント有難うございました。
こんばんは。 (Minoru)
2016-10-26 19:41:03
 オトトギスのパレード素敵ですね。山路に行けば、タマガワホトトギスかな。
 ランタナに似た草本性の花もトウワタ(唐綿)ですね。
おはようございます (すみれ)
2016-10-27 08:23:00
Minoruさん
訪問とコメント有難うございます。

>ランタナに似た草本性の花もトウワタ(唐綿)ですね
花後の種のついたものは、全然見分けが出来なく四苦八苦です。
Minoruさんのページは参考になり、足跡を残さずスルーしていたり・・・_(._.)_
秋らしい季節になりましたね。紅葉が楽しみです。
こんにちは (多摩NTの住人)
2016-10-28 12:55:26
キイジョウロウホトトギスはネットなどで見たことがありますが、実物は見たことがありません。黄色いので、少し前までキイは「黄」だと思っていました。「紀伊」とのことですね。
失礼していました (すみれ)
2016-11-01 20:49:26
多摩NTの住人様
コメント有難うございました。慌ただしくしていまして見逃していましたことごめんなさい。
キイジョウロウホトトギスは鎌倉の長谷寺で見たことがありましたが、大船植物園で見たのは初めてでした。
大切にされているようで、棚にありましたので、竹囲いの背景に邪魔されてしまいました。
とても綺麗な黄色でした。紀伊の「紀」なんですね

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事