はつの日記

東風荘・フリー雀荘での出来事を主に書いています。
当サイトはリンクフリーです^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

發゜∀゜)y―~ 久しぶり?

2005年09月25日 | 麻雀
久しぶりのフリー。
一月ぶりぐらいだろうか。


毎週雀荘に通っているとそんなに感じないが
雀荘を流れる時間は早い。

一月来ないと顔ぶれが結構変わっている。
新顔のクルー、卓に着いている初めて見る客の多さ。。。

そんな変化を感じながらお茶を啜っていると
メンバーや常連さん達から「久しぶりだね」と声をかけられる。

そういう風に声をかけられる時点で
ある意味ダメ人間かもしれないと苦笑するも、
声をかけてくれるのは素直に嬉しいもんだ。


満卓だったので男性メンバーや女性クルーと待合で話していると
俺の好きだった強い常連さんが数人転勤などで
福岡を離れたらしい。。。

特に俺と打ちたいといって、何度か俺の卓の
誰かがやめるまで数時間も待合で待ってくれていた
強豪Tさんが福岡を離れた事が非常に残念。


そんな感じで近況を聞いたとこで卓に着く。

卓のメンバーは全員若手常連。
みんな20代後半といったとこか。

全員が若いと模打が早く気持ちいい。
久しぶりで若干牌が手につかない感じではあったが、
ツキがあったらしく、のっけから3連勝。

4戦目もいい感じだったが、上チャのAさんが
序盤に發、中と鳴いて大三元気配。

ヤバイなぁと思ったので中盤に一つ鳴いてタンヤオのテンパイを入れるも
2巡後のツモで白が喰い下がって来てあえなく終了。

まぁ白を喰い取っただけいいか。と思っていると数巡後に
Aさん「ツモ」と言って白を卓に置く。

雰囲気から小三元かと思ったが、まさかの大三元。
8000点・16000点の4枚オール。おそるべしw



だが、そこからが始まりだった。


「家も屋敷も全部吹っ飛ばしてやる」

と言いながら繰り出すAさんのリーチはやたら高い。
一発や赤・裏を絡めながらハネ満3枚、倍マン5枚
といった感じで点棒もチップも根こそぎさらっていく。

しかもほとんどがツモだったので3半荘で5万程抜いたのではないだろうかw


幸い俺はAさんが超確変中の3半荘を
2チャ、3チャ、2チャと、最低限の被害で済んだが、
他の二人はたまらなかっただろうw



その後も荒れた展開は続いたものの、ボチボチ トップを拾う。

12回打ったとこでAさんが終了。


俺もヤメようかと思ったが、久しぶりのフリーなので
ML(もしラス)を入れながら続行。


Aさんと入れ替わりに入って来たのは
40代後半だろうと思われる常連のNさん。

ラフな格好に不釣合いな腕に光るロレックス。
若干、裏の匂いがする人だ。

打ち始めてすぐ「ついさっき競輪で160万取り損なっちゃったよ」
と、愚痴っているも、腐ってない様子だったので

「トータルで浮いたんでしょ?」

と聞いてみると、

「40万程(笑)」

という答えが返ってくる。

裏の匂いが少しキツくなった(笑)



で、打ち始めるとNさんの親で迎えた東2局。
2600オール・6000オールと引かれあっというまにNさんは独走状態だったが、
流局で流れてきた親の3本場でピンフドラ1をじっとダマ。

直撃かツモならあがろうと思っていると、
ダマテンから5巡後にNさんから和了牌がポロリ。
2900点の4本場は7400点をゲット。
差が14800点縮まる。

5本場をラス目の対面がゴットーでツモ和了。


そして東4局。
ラス目の対面の親が持ち点6800点。
Nさんとの差はまだ25000点程。
中盤に369pでツモればマンガンという手をテンパイしてリーチ。
5巡後に後の無い親が果敢に攻めてきて3pを打ってきたが
Nさんが降りている様子だったので、当然スルー。
すると次のツモが6p。

リーチ・ツモ・タンヤオ・赤・・・・・裏3(・∀・)!
ハネマンの4枚オール (σ・∀・)σ ゲッツ!!



「流石やね」とNさん。

会心の和了だが、それでもまだNさんとの差は1万点ちょい。


続く南1局。親はNさん。
ダブ南がトイツでドラの7pが2枚。
マンガンの手材料はあるのだが・・

とりあえずスピード重視で手を進めると
中盤に下記のイーシャンテン。

23499m34s7789p南南

ピンズが全く動かない状態で対面から南が出る。

「ポン」

34sと切ってドラを使い切ってあがれればいいが
どこからリーチがかかってもおかしくない状態。

ラス目の対面の持ち点は800点・・・

南が出るまであれこれ悩んでいたがポンしたらドラを切ろうと思って
いたのでドラを切りテンパイに取る。


テンパイに取ったものの悩みは続く。

対面は見逃すとしてツモったらどうするか・・・
左右からの出和了か赤5mの振り代わりがあれば・・・それとも・・・





数巡後


腕を山に伸ばし、ツモ牌に触れた指先に5sの感触が・・・



「ツモ!」





ダブ南・ドラ・・・・赤!



ツモ牌は赤5sだった(笑)

この満貫ツモで対面が飛び、Nさんを僅かにかわしてトップ。

久しぶりに4万点近い点差をひっくり返す 劇的トップを飾る事が出来た。


次戦もトップだったが、その後は3チャ・ラスでヤメ。


久しぶりだったが、なかなか濃い内容で楽しむ事が出来た。
また来週からチョコチョコ牌を握りに行こう。。。




16戦中 トップ7回

収支      +38,200
ゲーム代     -9,400
総収支     +28,800
コメント (5)

|゜)y―~ チラ

2005年09月22日 | 麻雀
|゜)y―~ チラ





|゜)y―~ ・・・そろそろ書くか。。。
コメント (5)

發゜∀゜)y―~ 関東遠征

2005年09月08日 | 麻雀
明日から3日間、東京&横浜に行ってきま~(・∀・)
コメント (3)

發゜∀゜) セット麻雀

2005年09月03日 | 麻雀
今日はセットで麻雀。

メンツは会社のN君、ギャンブラーTさん、
そしてAリーグプロのAさんという面子。

N君とは何度か打っているが、Tさん、Aさんとは初顔合わせ。
Aさんは実績あるプロなんでもちろん強い。
Tさんは元雀メンでこちらも腕は申し分無い。

そんな面子で始まったセット。
二人の様子をみながら打っていたが、
思いのほか手牌が軽く、初戦トップ、そして2連勝。

で、3回戦。東4局の親。
序盤に上チャのTさんが西・東をポンポンと喰い仕掛け。
捨て牌が平凡なのが怖いなぁ と思っていると、
Aプロ捨てた北をTさんがポン。
げげ!役満あるじゃん
そう思っていると、僅か8巡で小四喜をツモられ親っかぶり_| ̄|○
なんとかラスはまぬがれたものの、
4回戦、5回戦はトータルトップの余裕から、
甘い牌を何度か討ち取られ連続ラスw
マズーって思っていると、あっという間にマイナスゾーンに突入( ノД`)

今回は時間に限りがあるので、6回戦で終了する可能性が大。

チャラぐらいで終わらせたいと思っていたが、
6回戦はAプロが終盤に後方一気でトップ。

ややマイナスで終了かぁ と思っていたが
ダンラスのN君が延長戦希望で7回戦に突入。


東一で、親のN君が2度のリーチをかけるも流局。
手が入るらしく、2本場、3回続けての先制親リー。

一人旅かと思われたリーチを、Aプロが仕掛けてかわし、
3900は4500点をN君からロン。
N君はホント不調のようだ(笑)

その和了で親を迎えたAプロだったので、
軽くタンヤオで蹴ろうと思い、喰い仕掛けた俺だったが、
俺の待ち牌、47sをAプロにノベタンの形で引かれ6000オールを食らう。
Aプロがこれでダントツに。

一本場で、手牌に赤赤があり、ハネマンまで見える手牌が入った俺だが、
急所になるカンチャンが上チャから出たので、すかさずチー。
で、次巡ツモ。
1000・2000の2枚オール。


そして、今日最大の山場となる東3局。

手牌はチートイッポイ感じだったが、6巡目にN君がまず先制リーチ。
すると、牌が縦に縦にと寄り、四暗刻のイーシャンテンに。

が、今度は親のTさんからもリーチが。万事休すか・・
そう思っていると、四暗刻テンパイ。


455p222999m88s北北北


N君の捨て牌には2p、8pがあり5pは比較的安全そう。
親リーは宣言牌が3p。

4pは二人に全くの無筋で危険度大。5pはホボ二人に通りそうだが。。。


が、ここはひよらず、真っ直ぐに。
4pを叩き切って気合のリーチ・・・・



ロンの声はかからない。

そして2巡後。





「ツモ。。。」


俺は8sを静かに卓に置く。


この時、N君は58s待ち、Tさんは258s待ちであった。
ひよってリャンメンに受けていたら最悪の結末だった(笑)
この和了でダントツのAさんを逆転。15000点程の差をつける。

で、次局の親番でTさんから6巡で親満を直撃。トビ終了。

結局、7回戦目をやったおかげでトータルトップに(・∀・)
まぁ結果はどうあれ、強い面子で囲む卓は本当に面白い。



今度の週末の金曜・土曜・日曜に東京・横浜に行って
東風関係の面子でオフをやる予定だが、そっちの方とても楽しみだ。



≪結果≫
      【得点】   【チップ】  【合計】
發      +60    +85   +145   
Tさん    +37    +15    +52
Aプロ    +17    +25    +42
N君    -114   -125   -239
コメント

最強戦 ~後編

2005年09月02日 | 麻雀
崖っぷちで臨んだ3回戦

序盤にブラフをかましたり、小さい和了を拾ったりで
僅かながらトップで南場を迎える。

南場も東場同様に小場であっという間にオーラス。

俺はラス親。

南3局に、下チャに1000・2000を引かれ
現在トップ目の下チャとの点差は1700点。

とりあえず、あがればホボトップという状態。

で、8巡目にカン8sでテンパイ一番乗り。
が、下チャと対面が1枚づつ切っている。

山に8sはあるのだろうか。。

回すにはリスクが大きいし、リーチ後に5sを引けば
出ないはずの8sが出るかもしれない。。。

そして何よりシャンテンに戻したとこで
8sを打たれるのが怖かった俺は牌を横に曲げた。

「リーチ」

するとトップ目の下チャが果敢に仕掛けてくる。

なかなかツモれず、残りの山が少なくなって来た。



もう流局でいい・・・


そんな弱気を知ったか知らないか
流局間際に引いてきた3mをツモ切ると
下チャからロンの声がかかる。

2着 _| ̄|○


もうボーダーに達するには、4回戦で15万点という
得点を叩かないといけない。
事実上不可能である。。。

なら せめてトータルは+で終わろう。

そう思い臨んだ4回戦だったが、下チャがツキまくって
マンガン・マンガン・6000オールと、
あっという間にダントツで終了。

俺は3着_| ̄|○

結局、トータル-26pぐらいで終了。




そして表彰式。
ブービー、30位、20位、10位、5、4、3、2位
そして優勝と発表される。

優勝者は常連のTさん
+300ポイント近くという、驚異的なスコアで優勝。
ちなみに2位は180pちょいだった。

で、表彰式も終わりに近づくと、20位の人が不在だった事で、
21位が繰り上げで商品を貰える事に。


すると。。。なんと俺の名前が呼ばれたではないか(笑)


商品を受け取りポラで横山プロと記念撮影。
ボソッと小声で横山プロが「引き強いですね(笑)」
と言ってくれた事に、素直に嬉しい俺だった。



成績

1回戦 4位
2回戦 1位
3回戦 2位
4回戦 3位

来年がんばろw
コメント

最強戦 ~前編

2005年09月01日 | 麻雀
先週の日曜日に最強戦の予選があった。
参加人数は40名程で、上位2名が東京で開催される本戦へと駒を進める事が出来る。

集合時間の丁度11時半に雀荘に到着。
半分以上は顔見知りだったが、知らない顔もチラホラといった感じ。
招待プロとして、横山明香プロが来店している。

時間前なんで、知り合いのおっさんらの近くの席に着いて
くだらない事なんかを話していて、
ふと視線をずらすと、見たことのある顔が・・・

今日、家を出る前に、去年の最強戦のDVDを見てきたのだが、
それに出ていた昨年の覇者U氏がいるではないか(笑)
せっかくならディフェンディングチャンプと同卓できればいいが。
そんな事を思っていると、開始時刻に。

正午から始まった1回戦。

2着争いをしていたが、南3局の4本場。
2軒リーチに勝負した牌が親マンに突き刺さりラスに転落。
結局ラスの-47.9p

初戦がラスで、すでに予選通過の可能性はかなり低くなったが、
通過ラインになるであろうトータル+180pを目指してがんばるのみ。

だが、そのラインをクリヤするにも、3連勝で、なおかつ持ち点の平均が
5万6千点を超えなければならない。
1度2着になったならば、10万点持ちのトップが必要になる。。。
1戦目で崖っぷち状態w

で、迎えた2戦目。
上チャに仲のいい常連Wさん、下チャにじいさん、
そして対面には横山明香(さやか)プロ。

開始前に、かなりエロいWさんを交えて、横山プロとしゃべっていたが、
すごい好感が持てて、とても可愛い人だった(・∀・)

清純っぽい横山プロに、Wさんのセクハラトークが炸裂するんではないかと
思っていたが、意外なことにWさんは真面目な話をしていた(笑)

対戦が始まるとみんな静かに淡々と模打を繰り返す。
横山プロは流石プロといった感じで、きれいに打っている。
場を荒らす人間がいなかったせいか、全体的に小場で、
あっという間にオーラスに。

俺はラス親で持ち点22500点、Wさんが28200点持ちのトップ目
下チャのおっさんが27800点、横山プロが21500点という接戦状態。

とりあえず、5800か1600オールツモでトップになれるが、
マンツモで親を続行し、ポイントを叩きたい! 
そう思っていたが・・・

配牌を見ると。。うんこ(・A・)!

マンガンどころか、テンパイすら危ういかもしれないと、不安になるも、
序盤に役牌の發がトイツになり3シャンテン。
少し希望が見えた と思っていると、中盤に下チャからのリーチ。
異様な捨て牌で、チートイツの匂いがする。。。

役牌が出るとは思えないので、もう形テンでもいいから、なんとか親を連チャンさせねば。。。
そういう状態であったが、俺の手牌にはポツンと一枚白がある。

ギリギリまでこの白は絞らなければ。
そしてテンパイしたら白を勝負しよう・・・
いや、せざるをえない。。。

そう思いながら模打を繰り返していると、白を引いてきた(・∀・)
で、上チャから出たリーチ者の現物 7sをチーして

45m234p白白發發東 (678s)チー  ドラ3p

のイーシャンテン。

で、12巡目に發をアンコにしてテンパイ。

あとは下チャとの一騎撃ち。
リーチ棒が出た事で、ツモれば1300オール+リーチ棒でトップになれる。
もう全・ツッ・パ(笑)

すると、ハイテイ間際に6mを引き和了
1300オールでトップ (σ・∀・)σ ゲッツ!!

流石に全員の点差が近すぎるので、続行は断念。
とりあえず+47.6pを拾い、トータル-0.3p

残す2戦は2連勝が絶対条件。
しかも平均7万点を叩かねばならない。

どう打てばいいのだろうか。。。

諦めと不安な気持ちで一杯だったが、
その中に、ほんの僅かに輝く希望を手に入れるべく3回戦に挑む。



コメント (1)

ちょっと変更。

2005年08月29日 | 麻雀
ブログをちょい変えてみました(・∀・)

近いうちに最強戦の予選の模様をアップします。
しばしお待ちを。。。
コメント

百瀬君から

2005年08月26日 | 麻雀
今日、さっき百瀬君から荷物が届いた。
こないだ博多で頼んでた豆が来たか。。。

で、やってきた箱を見てちょっと驚いた。

・・・でかい

とりあえず持ってみると

・・・重い


で、中を見てみると
ビッシリ“だだちゃ豆”が並んでいるw

全部豆か・・・

そう思っいながら何気に豆をいじっていると、
下の方からナスが出てきた・・

しかも小さいのと真ん丸いのが。。。



続いてキュウリ君こんにちは



なんでだろ~ぉ♪((乂(・ω・ )≡( ・ω・)乂))なんでだろ~♪


ここは笑うとこなのか?w



そう思いながらガサゴソやると

・・しし唐・・シソ・・オクラ

家庭菜園セットか?w 
そう思うと、次に出てきたのが


・・・缶詰




カニ・ホタテ・コーヒーゼリー・小豆
実にバラエティに富んでいる。






もう一度箱をじっとみてみると
“牛乳かりんとう(白)”
と書いてある。。。








意外と百瀬君は深いな・・・





PS.百瀬君ありがとねw 次は米沢牛でよろしくw
コメント

百瀬君in博多

2005年08月21日 | 麻雀
さっき百瀬君を空港に送って3日間の百瀬君in博多が終了。
あっという間だったw

初日は志賀島へぶらりとドライブなんかした後に、
回らない寿司屋(笑)で博多の味覚と
土瓶蒸しなどを食べ、初日が終了。
百瀬君は前日ほとんど寝てない様だったので
早めに切り上げ。

二日目は赤木・うまじいさん・百瀬君・俺というメンツで
セット麻雀。

結果は俺+180、うまさん+30、
百瀬君-30、赤木-180
(※ややアバウトな数値で詳細はAAの「赤木vs發」にアップ予定)
といった感じで終了。

俺は卓上で、赤木は卓外口撃
百瀬君の心を折りに行ったものの
予想外に百瀬君はガッツが有り、完全に心を折る事が
出来なかったのが残念(笑) なかなかやるなぁw

その後雨の降る中を、天神は大名の隠れ家的居酒屋で
飲んで食べてで二日目終了。

3日目、赤木、百瀬君、Mちゃん、俺の4人で柳川へ。
うまさんも誘おうと何度か電話したが繋がらず。
おそらくフリーの雀荘か中洲だろうか(笑)

ちなみにMちゃんとはデビル赤木に黒魔術をかけられている
超かわいい女の子である。早く目を覚まして欲しい(笑)

話を戻して柳川へ向かう4人。

柳川は福岡から高速で1時間半程にある水郷の町。
御花・北原白秋・川下りなどで観光地であるが、
時間が無いので観光はしないで、
名物「うなぎのせいろ蒸し」を4人で食した後
福岡へとんぼ返り。 赤木君、ごちそうさまでした^^

福岡へ帰ってみると、まだ百瀬君の飛行機まで時間があったので
クリスタルボイス赤木の歌を聴きにカラオケボックスへ。

。。。相変わらず異常に上手いw
どんな猥褻(ワイセツ)下品エロな歌詞であろうと、赤木が歌えば
全てが浄化されるのではないだろうかと思える程であるw

午後5時過ぎ。
百瀬君の飛行機の時間が迫ってきたので
4人で福岡空港へ。

帰りのチケットは俺からのプレゼントだったが、
百瀬君に3,000円の航空券だとか
無事に帰還できる可能性が低いだとか
色々不安になるような事ばっかり言っていたせいで
俺、赤木、Mチャンに見送られる百瀬君は
若干不安な様子で搭乗口に消えていった(笑)

ホントはJALのクラスJのシートを取ってあげてたのだが(笑)

快適なシートで博多で過ごした3日間の事を
ゆっくり回想でもしてもらえたら幸いである。
コメント (8)

發゜∀゜)y―~ 大会@東風荘

2005年08月15日 | 麻雀
東風荘の最終予選。

東風戦をトップ・ラス・2着でトータルを7pだったものの、
予選通過ラインが12pとという激戦区だった為
東南戦3戦をトータル5p以内の成績を残さなければ
予選通過できないという状況で望んだ東南戦。

初戦の東4局で迎えた親番でいきなり今日の全てを決する
局面が訪れる。
配牌からチャンタ三色が明らかに見える手。
僅か4巡でテンパイ一番乗りを果たす。

123m123p12379s白白  ドラ8s

目下19900点持ちのラス目。
6000オールツモなら一気に2着を1万点程引き離す
トップ目に。
一発ツモかツモって裏1で8000オールなら
十分決定打になると思い迷わずリーチ。

感触は十分あったが、5巡後に泉レイさんから追っかけリーチが。
その宣言牌を対面のケンケンさんがチー。
そして4巡後・・・・

ツモったのは泉れいさん。
待ちは俺と全く同じカン8s。

和了牌が下チャのレイさんに流れた上に、
リーチ・ツモ・ドラ・裏3でハネマンの親かぶりに・・_| ̄|○

この局が全てだった。。。

その後はどうしようもない状態に陥り
結果、3戦3ラスという無残な結果だけが残ってしまった。。。

特に変な事をした訳でもないが
こうも激寒な結果となったのは何故だろう・・・・



やはり全裸で打っていたのがマズかったのだろう・・・


これを教訓に次回からは最低限パンツだけでもはいて
大会に臨むことにしよう・・・

コメント

發T∀T)y―~ フリー

2005年08月06日 | 麻雀
いつものごとくフリーへ行くも、今回は最悪。
とりあえず、全員点数申告がヤバイレベル。

で、展開はというと全員やりたい放題。
序盤にドラの中などを切り飛ばした後に、
手出しで2枚切れのオタ風が出る。
そしてその後ペンチャン落しなど・・・

そんなこんなで散々ドヘタに場を荒らされ、
ホントに運のみ麻雀という状態。
普通にツキがあれば、入れ食い状態でウハウハなのだが、
全くツカ無い。

ツイてる下チャのおっさんは、どういう手作りをすれば
そんな待ちになるのかという、フリテンリーチを2度ツモる。

優しい俺は、ひたいに青筋を浮かべながら
ひきつった笑顔で点数申告をしてやる。

そんなこんなで、負債が結構逝っている状態で
同卓しているおっさんらを、頭の中で28回ぐらい殴った時
それはやってきた。


45(赤)6s3455(赤)6p2345(赤)67m ドラ2m



全ての赤を持っていて、巡目はまだ4巡目。
状況は南3局で、接戦状態。



もうキレかけの俺にダマでハネマンという選択は無かった。
力強く6pを曲げ リーチ。

リーチと宣言するとこを「シネ!」と言いそうになったが
幸い理性がまだ残っていたようだ。

そして、ツモって倍マンの1500円オールの申告準備
毎回ツモるたびに「バ・・」と小さくつぶやく俺。。。






が、結果流局・・・・_| ̄|○




流局した瞬間、「間違い無くラス半で」
と言ったのは言うまでも無い・・・


帰宅した後、剣さん・泉レイさん・図鑑さん・エリさん・
麻子さん・ロコチャ・忍者さんなどと第二のワイで朝まで打ったが
妙にツイてて調子が良かった。。。
Rは多少増えたが、少し損した気分になった發であった(笑)


半荘15回  トップ2回
収支     -28,700
ゲーム代   -8,800
総収支   -37,500
コメント (2)

發T∀T)y―~ フリー

2005年07月30日 | 麻雀
現在のフリーに通い続けて2年近く。
ついに役満放銃。。。

下チャの親が染め手でテンパイ気配。
しかもチンイツくさく、ドラまでポンしてるので倍満の予感。。
上チャは国士だろうが、まだヤオチュウ牌があふれてない。
そんな状況で9pに手をかけ、河に切り飛ばす。

「・・・ロン」

ロンの声がかかった時点で役満に刺さった事を確信した。。


其の放銃1万円也・・・_| ̄|○


この時点で4万程溶けていた。。。

が、この後猛烈に反撃。

国士のお返しに東一の出親でハネ2千とマン千を
直撃して、マッハで終了。

その後も、力で押しまくり何度かトップを物にする。

チャラぐらいになったかな?と思ったとこでラス半コールして
最終戦に挑んだがラス。。
まぁしょうがないやと席を立ち、帰って財布の中を見てみると
思ったより減ってない。

トータルではゲーム代少し負け。
大負けを覚悟していただけに、まぁ納得の結果かな。。。

半荘15回 トップ4回
収支    +6,100
ゲーム代  -9,100
総収支   -3,100
コメント (4)

夏の予定

2005年07月28日 | 麻雀
ボチボチ夏の麻雀関係の予定が色々入ってきだした。

中でも楽しみなのが、百瀬君IN福岡。
来月の半ばぐらいにやってくる。
メンバーは、百瀬君、赤木、うまじいさん、俺
好ゲームが期待できるなぁ。。

他に、麻雀連盟のAリーグ所属の某プロとのセットも。
とある地区のチャンプに2度輝いた実績のあるツワモノ。
胸を借りるつもりで、どこまでやれるか挑戦w

もう一つあるけど、こっちは未定。
メンバー集まればかなりのレベルになるんだけど。。

あと9月に東京行くの確定してるんで、
現在遊んでくれる人募集中w 詳細はメッセででも。。
赤木も一緒に行ってくれないかなぁ。。w
コメント

發T∀T)y―~ フリ~

2005年07月23日 | 麻雀
いつものごとく昼頃からフリーへ。
序盤から我慢の展開。

最初の10戦の成績が
2-3-3-2-1-3-2-2-4-2

軽く赤になってる程度なので、そのうち展開が向けば
いつものように一気にプラスに持っていけるだろう。。。

が、その考えは甘かった。

昼から同卓していた面子が全部入れ替わり、
夜中に入って来た面子がかなり強烈。

50代ぐらいが二人、もう一人は30代後半ぐらいだろうか。
年季の入った雀荘でもトップクラスの面子に囲まれる。
しかも一人が強烈にツイていて手がつけられない状態。

東場にギリギリのとこをすり抜けながらトップ目になっていても、
ツイてるおっさんに、南場で当然の様に満貫・ハネマンをあがられ
あっさりと突き放される。

何度も何度もハネマン・倍マンの申告を聞かされ
本当に心が折れそうになりながらも歯を食いしばる。

苦しければ苦しい程、闘争心が燃え上がる俺なんで
決して逃げたりはしない。。。。


おっさんA「カン・・ツモ! リーチ・ツモ・白・赤・裏4
倍マンの5枚オール」

おっさんB「リーチ・一発・ツモ・裏3 ハネマンの4枚やな」

神経を尖らせ、全員の模打に目を走らせながら打っても
点棒と現金の流出が止まらない。

ぬるい面子なら、簡単にミスってくれて反撃のチャンスを
与えてくれるのだが、全員がそれなりの打ち手だと
そんなチャンスは、なかなかやって来ない。

途中、2連勝したものの、その後は一進一退を繰り返し終了。
結局、突き抜けるチャンスは来なかった。。。


待合に引き上げると、いつもの倍ぐらいの疲労感
そして敗北感・・・

帰り道、今日打った局面でどう打てばベストだったのかを
考えながら車を走らせる。
もっと強くなりたい・・・

35戦中 トップ5回
収支    -38,900
ゲーム代  -20,200
総収支   -59,100
コメント

發゜∀゜)y―~ 大会@東風荘

2005年07月23日 | 麻雀
すでに予選が行われている「天空の舞踏会」と銘打った東風荘の大会。
そうそうたるメンバー44名が凌ぎを削りあっている。

シード選手4名を除く40名が4つの組に分かれ
東風戦3戦、東南戦3戦を戦い、各組上位6名が予選を通過できる。

で、昨日は俺の予選。東風戦の試合。
1戦目にラスを引くも、2戦目、3戦目になんとかトップが取れ
東南戦の方で無難にまとめれば、予選は突破出来そうだ。

しかし大会での試合は熱いw
久しぶりにマウスを握る手に汗をかいた。

明日24日の夜には東南戦があるんで、今からフリーで感覚を磨いてくるとするか。。
コメント