104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



ゼノンで北条司×井上雄彦対談、桜木花道と海坊主のコラボ色紙プレゼント


 80年代のジャンプ黄金期を支えた作品である「シティーハンター」、90年代のジャンプ黄金期をけん引した「スラムダンク」、この2作の作者が元々アシスタントと雇い主と言う間柄なのは有名な話。20年以上の時を経て、コラボすることになるとは。なんか感無量です。


 どちらも当然のごとく全巻持っていますが、年に一度ぐらい読み返したくなる作品であります。バスケット漫画とアクション漫画と言う違いはありますが、アシをしていただけあって絵柄は何となく似ています。まぁ、井上先生は後に独自の進化を遂げてキングダムに影響を与えていますが。



 個人的に嬉しいのは桜木花道と海坊主こと伊集院隼人をチョイスしてくれたと言うところ。冴羽獠をチョイスではなく海坊主と言うところに愛着が感じられますね。最近、とんと漫画を読まなくなりましたけど久々にこのゼノンだけ買ってみようかしら?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 霧のびわこ 端的に表現さ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。