104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



ご先祖様のお迎えにレーシングカー 猛スピードで帰って来られそうな精霊馬が話題に


 ちょっとした話題になっている特殊な精霊馬。キュウリとかナスに割りばしやつまようじを刺して作った四足のアレですね。初めて名前を知りましたけど、まさかこっちの方向で作るとは。こう言う発想は素晴らしいですね。確かに馬よりも確実に速いですからね。


 今ではめっきり精霊馬を置いている家庭も減りましたけど、私が子どもの頃はちょいちょい見ました。当初はサッパリ意味が分かりませんでしたけど、お盆にご先祖様が帰って来るのに使うってことだったんですね。てっきりカブトムシの餌だとばかり思ってました。


 特筆すべきは芸の細かさでしょうか。車輪、ウイングはもちろん、コクピットやV8エンジンまで再現している辺り、賞賛に値しますね。多分、こう言うのは一度凝り始めるととことんまで追求しないとダメなんでしょうね。レーシングカーとしてのデザインもクラシック調で伝統文化と掛けているのかもしれません。



 今ではほとんど見なくなりましたけど、こう言う文化も段々衰退していくのでしょうね。10月にはハロウィンで局地的に盛り上がりますけど、アレもお盆みたいなもんです。アメリカのお盆でバカ騒ぎするのも結構なんですが、日本のお盆ももうチョイ見直しても良いかもしれませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« これはホント... これは怖い »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。