104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



「PSVRゲットした!」って…それバーチャルボーイ! 20年以上前のゲーム機が脚光


 バーチャルボーイ、今から21年前に発売された任天堂の「時代を先取りしすぎたゲーム機」ですね。VRが現実のものとなった今、密かに脚光を浴びているらしいです。


 当時としては奥行きのある3D映像は画期的でしたね。ゲームセンターではバーチャファイターなんかも出始めていて、3Dポリゴンは一種の流行りみたいなもんでした。天才テレビくんとかウゴウゴルーガとかもこの時期ですしね。


 家電量販店やデパートなんかではお試しプレーが出来ましたけど、お世辞にも長時間出来る代物ではありませんでした。黒いバックに赤のドット絵で奥行きを表現しているのですが、段々と目が痛くなってくる。1プレーが数分で終わるようなスポーツゲームならばいいのですが、当時隆盛を極めていた大作RPGとかはとてもじゃないけど出来ませんね。案の定、知らない間に廃れて、年末のポケモンで再びゲームボーイが息を吹き返すことになりました。



 ゲーム機大戦なんか見ていると、90年代前半なんかはこう言った奇抜なゲームハードが結構出ています。3DOリアルなんかも立体映像を売りにしていましたが、フラッグシップにはなれず。FF7辺りでようやく3Dゲームが市民権を得たかなと思います。ただ、20数年経った今、こうやって再び脚光を浴びるとは誰も思ってなかったでしょうね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 何色なんよ? モノスゴ愛知... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。