104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



永井豪&水木一郎、伝説のアニメ「鋼鉄ジーグ」モチーフのイタリア映画に感激!


 昨年末に突如として現れたイタリアの鋼鉄ジーグ実写版。5月には日本にも来るようです。まぁ、あくまでモチーフなんでジーグブリーカーとかジーグドリルはおろか、「ハニワ幻人め、死ねぇ!」もないでしょうけど。


 早速、原作の永井豪とオリジナルの主題歌を担当した水木一郎アニキが観賞したそうですが、まぁまぁ原作者からNGは出なかったそうな。中途半端に実写化するよりも、モチーフにとどめておく方がいいのかもしれませんね。ただ、ジーグファンからすれば「コレジャナイ」と言われることは必至だと思いますが、それは実写化の宿命みたいなもんです。


 なぜイタリアで鋼鉄ジーグかと言うと、アニメが放送されて爆発的大ヒットだったそうです。イタリアで流れたルノーのCMでも「鋼鉄ジーグの歌」が使われていました。フランスで言うところのグレンダイザー、フィリピンで言うところのボルテスVってな感じなんでしょうね。日本のアニメの強さを再確認します。



 特報映像ではジーグらしさは微塵もありませんが、本編ではどうなんだろう? 「チェンジ・サイボーグ!」あたりは言ってくれるのだろうか? 欲を言えばEDで鋼鉄ジーグの歌を流してもらいたいところですが。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 古いのはほぼ... 擬音満載 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。