クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

立ち居振る舞い

2017-04-23 12:13:39 | ストッキング
時々「立ち振る舞い」か「立ち居振る舞い」か話題になりますが、同じ頃(室町時代)に二つの形が同じ意味で現れるようですからどちらが絶対的に正しいと言うことではないようです。でも、「立ち」「居(座る)」動作ですから、私の感覚では、「立ち居振る舞い」がしっくりくるような気がします。

サスペンダー(ガーター)を着けると、パンティ・ストッキングをはいた時にはそれほど意識しない動作にも気を配ることになります。最も気をつけるのは、座ったときのウエルトの露出です。膝上丈のスカートでもウエルトを見せないようになるには多少の「修行」が必要のようですが、それを身につけると日常の動作にも影響してくるようです。

スカートをはいた時の身のこなしは、それなりの年齢になればちゃんと身につくものですが、たまにそうでもない方を見かけます。どんな服装をしても無頓着な人は無頓着なのでしょうから、わざわざ面倒なものを身につけようと思わないかもしれません。
でも、和服を着たときには和服によって作られた文化に、自然と体が向かいますから、サスペンダー(ガーター)とストッキングで形成された文化に浸るのも悪くないと思います。

画像はDore Dore DDです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DAKS DCYシア・サポート サ... | トップ | Dore Dore 'Double Dix' »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
DD (静香)
2017-04-23 14:21:01
立ち振る舞いでもちゃんと変換する理由はそういうことだったんですね。

DD懐かしいです。私のストックはもう底をついて久しいのですが、いまだ愛用者はいるのでしょうか。
かなり濃いですね。しかも色が付きますから今では珍しい見た目です。
はく楽しみ (登志子)
2017-04-23 21:37:55
懐かしいです。きれいですね。やはりこういうのはノンストレッチでないと得られませんね。機能の良さだけでは得られない満足感があります。「はく楽しみ」です。自然と背筋も伸び立ち居振る舞いにも気を配るようになります。まだあると思います。探してみようと思いました。ただこれ長めのタイプですよね。たくさん出回ったのは短めでこのスカート丈ではちょっと苦しいかもしれません。
ドレドレ (小雪)
2017-04-24 08:50:39
おはようございます

うまくおはきですね。

DDは短めですからぎりぎりの丈ではないでしょうか。
長めのものもあると伺いましたが、数は少ないようで、私が体験したのは皆短い物でした。

ショートパンツから切り返しを露出させている人いまだに見ます。
気をつけたいですね。
これ (ゆき)
2017-04-24 12:26:41
もう買えないんですか?検索しても見つかりませんでした。
かっこいいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。