クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

ストッキングの技術革新

2016-10-14 08:34:16 | 日記
浴室の棚を整理していたら昔のパンティ・ストッキングが出てきました。紳士用の靴下とセットになったギフトです。いつ頃のものか分かりませんがおそらく70年代のものと思われます。
メーカーの名前はみあたりませんが、「デリシャス マルチ・タイプ」と書いてありました。思わず笑ってしまいました。ストッキングにデリシャスですから。

色はチャコール・グレー、サイズはフリーで、前後のないいわゆる「ブタ足」です。今は足型に成形されているものが多く、特に国産でこういうのはあまり見ません。

はいてみると、かつてはいたスクール・ストッキングを思い出しました。何足かセットになって、単価が¥100くらいのものです。
ゆるく、サポートがありません。

でも、薄くて肌にのばした時、透明感の高さに驚きました。

画像を撮っていただいて、あることに気がつきました。たしかに透明感は高いのですが、現在のストッキングに比べて、のっぺりしていて脚線がきれいに出ません。他の画像を見ると、脚が太く見えるのもありました。

ストッキングの技術革新はこういうところにもあるんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見せるところ 隠すところ | トップ | 過渡期のストッキング »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ゆき)
2016-10-14 09:20:55
スクールストッキングって何ですか?
サポート (静香)
2016-10-14 09:49:51
あまりグレーには見えませんが、たしかに薄いですね。

サポートが強いと、実際細くなります。靴が大きくなったように感じたりします。
全くないというのも違和感があります。何か心許ないような。

だいぶ前にパリで自動販売機のストッキングを買ったことがあります。DIMという紙パックに入ったもので、サポートがなく、だれた感じでした。
高級品はともかく、日本のストッキングは優れてますね。
立体感 (登志子)
2016-10-14 22:22:09
脚線はヒールが低いせいもあるかもしれません。5cmくらいでしょうか。この方なら8cmくらいはあったほうがきれいだと思います。たしかに最近のものはゾッキでも光沢があるので立体感があります。透明感はあり色ムラも出ていませんがそれだけのように思います。
スクールストッキング (滝川ポリエステル)
2016-10-15 15:19:24
そういえばありましたね。卒業アルバムなどを見るとそれらしきものをはいている人がいます。透明といえば透明です。
色のせいか若々しさの感じられない画像です。
昔のストッキングは (由依)
2016-10-15 15:51:10
みんなのっぺりしていたんでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。