☆☆☆不登校関連本を読む☆☆

 
   「元不登校男子」の母(昔登校拒否女児)

    ☆読んだ本のリスト






《不登校関連本》 不登校の子どもと保護者のための〈学校〉 ☆☆☆☆☆

2017-01-03 | ☆☆☆☆☆
公立の不登校専門学校ASUにおける実践

千原雅代

ミネルヴァ書房
2015


・たまった本の整理のために始めたブログです、大半が、かなり以前に読んだ本です
・しかし、この本は珍しく、今読んでいる本です

・グっときましたので(息子と言うより、自分の登校拒否経験からかも)、タイトルのみですが急いでアップします 感想は後日追記するかも?しれません

・公立で、こんな学校が実現できるとは

・私見ですが、不登校初期や真っ只中の方よりも、いろいろ過ぎて落ち着いた時期の方に合うかも?



・以前、不登校の原因は三つ巴と考えると書きました
・なので、不登校には3方向から・3方向へのアプローチが必要だと考えています
・その3方向、いや4つの次元から考えてくれている本です 



・箱根駅伝 青学3連覇おめでとうございます!
・以前原監督の講演を聞いてきました、その時、生徒への多方向からのアプローチ(指導)、外部への多面的なアプローチが大事なのだなと感じたのですが

・不登校も同じかなあと 生徒・保護者・学校&社会 3方向だけでなく、もっと多方向・多角的・多面的な対応が必要なのではないかなあと

・それもあって、不登校くくりの中でも、色んな方が書いた様々な本を読みたいと思うのですが、なかなか









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 《不登校関連本》 おそい・は... | トップ | 《不登校への対応》三つ巴の... »