毎日の暮らしと音楽

ジャズバンドをやっています。毎日の暮らしと音楽情報について発信します。

新聞記事を読んで、ローマ法王、イスラム過激派に自制要求。

2017-07-17 23:20:24 | 日記
カイロを訪れているローマ法王フランシスコはミサで2万人以上の信者らを前にキリスト教施設へのテロ攻撃を繰り返すイスラム教過激派に自制を求めた。
イスラム教とキリスト教との対立は1000年も2000年もの歴史があり、今この時点で双方の関係を平和的に修復が出来るとは到底思えない。

他宗教の人間が歴史を遡ってその初めに立ち返りあらゆる知識を身に着け解決の糸口を探そうとしても理解不能だと思う。
世界的な争いも、現状はアメリカ対イスラム教という括りになってしまっている。

犠牲者はカイロだけでは無い、毎日のようにテロによる爆破で民間人の大人も子供も沢山死んでいる。

死ぬことを恐れない、という。では何の為にこの世に生まれてきたのであろうか?。
むやみに人を殺して、それを正義とする、神は一体何者であろうか。そんな神など存在する筈がないのだ。

イエス・キリストという神が本当に存在するのであれば、何故人々を救ってあげないのか?。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 室蘭のブログが好き | トップ | 電動歯ブラシLIONVibrato Car... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。