ハンドメイドインテリア工房”はと屋”

涙、感動、ポロリあり
ストライダースタンドの製作販売する
街のイベントと木工を愛するおっさんの日々です

復活!!CB400SS!!パーツ売るならアップガレージライダース!!

2016年10月16日 11時42分30秒 | 日記
青く澄んだ海面が光る



自然が生み出した
カーネギーホールに



船頭の歌声が響き渡る




ここは

人よんで





青の洞窟



ディズニーランドにて財布を落とし
見知らぬ善人により
全額無事に届けられ

よかったと
胸を撫で下ろすも

クレジット、銀行カード
カードケースごと(※1)紛失























リゾート地での浮かれすぎには
是非ともご用心下さい






※1もしご存知の方
本人には内緒で
こちらにお届けいただければ

クレジットor
現金引き出し成功後
お礼に2割の口止め料差し上げます㊙︎


こんにちわ
ハト屋です





裏庭の片隅に眠る彼女


名前はレディ

CB400SSという

何にのってるの?と聞かれ
一瞬似たような人気車と間違われ

おぉ!




あぁ…


となる不人気の廃盤車種だ

(乗りやすいが故、女バイクと一部のライダーに
ネットで馬鹿にされていたらしい)

彼女との出会いは
若かりし頃のブログネタで
跨った事に話始まる

あれから
色々なバイクを二股かけて
サブバイクとなり

人にあげつつも
戻ってきては

後輩にこかされ

もう乗る事もないかな

次の
廃品無料回収さえ考えた

ある日
最後の冷やかし思いつき

そんな彼女に外していた
バッテリーを返す

長いこと停めて
放置していたものの
エンジンは問題なく
鼓動を刻む

単純で派手さもなく
飽きやすい

しかし

乗りやすく壊れない
目移りもするが

他のバイクに感じない
彼女最大の魅力である



もう一度
彼女と旅に出てみよう





(主に通勤)



放置した代償はかなり大きい

サビはもちろん






マフラーの中に
得体知れぬ
集合住宅地


ハンドルを変えたい

以前買ったハンドルも
イマイチしっくりこないので
捨てるしかないかな




いや


いい機会だ
息子がよく行く中古パーツ
買取センターに行ってみよう



レジにて受付


番号札を貰い
何かいいハンドルはないか…

店内をブラブラ
番号を呼ばれ再びレジへ


どうせ二束三文程度
そして
高値で店頭に並ぶのだろう
あまり期待してなかった





「買取500円になります」





おぉ♬



思ってた以上にハイプライス

捨てるしかないと思っていただけに

ちょっと嬉しい


ブランド、メーカーが分かっていれば
もうちょっと
いい値段で
売れていたかもしれません

シールを
剥がしてしまってたんです

わからないことも
無かったのですが
なんせ英語が読めません


エッチなんとか…

そう説明するのも
なんだかめんどくさく
500円ならもういいかと

書類を書いて
500円を受け取りました

いい頃合のハンドルが
1500円であったので購入



サビまくってきったないなと
思っていたのですが
レディのノスタルジック具合に
ナイスフィット♪



割れたウィンカーを
近場のバイク屋で取り寄せてもらい


通販で頼んだミラーが届き
心と身体は今か今かと
風うけて走る事を待ちわびる

しかし



まだ破れて張り替える
シートカバーが届いていない


体の火照りを抑える事が出来ず

即席
何かカバー的な物は無いか















これぞ地元愛♬



数日位ならコレで



装着し
眺めているところに
ゆうパック(張替えシートカバー)





あと1時間早かったら…




まぁいいか

きっていた任意保険も再加入

展示されてるNISUMO
2000万のGTR購入を考えてます


みせかけーの



今は高値の
大玉ねぎ貰って帰ります
(ジャガイモあります)



本日最終日、急げ日産!!









再び蘇りしレディ
さっそく日曜
デートしようじゃないか













しゅうりょーーーーーーー!!






俺の竿勃て


めだかにハマった先輩の棚




やっさん家に訪れた
クララの車椅子
酸素ボンベ架台



地味に忙しかった木工作業

お買い上げ有難うございました!!

ご無沙汰気味の
ストライダースタンド作製に
とりかかります


また会う日まで
ごきげんよう

ハト屋164でした!!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイク売るならレッド…ノンノ... | トップ | ラ…ラブシーンはどうなるのか... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL