てんきの練習記録

てんきの練習記録

【練習】2016年10月16日(日) 18時00分 ~21時00分@浪速SC

2016-10-16 22:00:23 | 練習
【2016年度、86回目】
参加メンバー:計25人、立ち上げメンバー1人+いつもの新メンバー男性16人+いつもの新メンバー女性8人
練習内容:
1. 対人パス、レシーブ
2. 3人レシーブ
3.(女子ネット)女子:シートレシーブ、男子:シートレシーブ(6メートル間隔、アタッカーはジャンプして打つ)
4.(女子ネット)女子:スパイク、男子:サーブカット
5.(女子ネット)女子:サーブカット、男子:サーブ役
6.(女子ネット)女子:サーブカットから切り返し、男子:サーブ役など
7.(男子ネット)男子:2か所でフリースパイク、女子:ブロック、レシーブなど
8.(男子ネット)男子:15点マッチ2セット、女子:補助など
9.(男子ネット)男女混合15点マッチ、3チーム総当たり戦

今夜は非常に多い人数になりました。

前半は、高槻大会、大阪府民大会を控えている女子の練習を優先しました。
ただ、その間も、男性陣は自主的にサーブカットをしてくれたり、トス練習をしてくれたりしました。
女子チームは、良く参加するメンバーがだいたい決まっているので、さすがに連携がちょっとずつ良くなっているような気がします。

後半は、男子ネットにして、軽くフリースパイクを打ってから、すぐに男子のみのゲームを行いました。
今日はメンバーが多かったので、交代しながらになりましたが、コート外で待っている間には、
色々とアドバイスできたのでよかったです。

今日は、ミスをけなすようなこともなく、和やかにゲームしてくれたのはよかったです。
アドバイスも的確だったと思います。

ちょっと気になったのは、メンバーのほとんどの人が、
特定のポジションしかしない、という意志を持っているところです。
もう少し柔軟に考えてくれても良い時期に来ているのではないかと思います。

特定のポジションだけをやっていて、壁にぶつかっているのであれば(最近、経験者のほとんどの人が伸び悩んでいるように思います)、
ちょっと違うポジションをやってみて、新しい刺激を入れてみるのは、単純ですが効果的な場合もあります。

また普段から伝えているように、男子チームの場合は、上手くなっていく人やなりそうな人を優先したいので、
伸び悩んでいる人は出場機会が減っていくことになります(考えながらプレーしてれば大丈夫ですが、考えないまま伸び悩んでいる場合は気を付けてください)。

例えば、レフトのスパイクを打ち続ければ、いつか全日本レベルに近づけるのかと言うと、なかなか難しいと思います。
(ただ、かなり打ちこませているので、どこまでも上手くなっていってほしいですが…)
諦めるのはよくないのですが、取り組み方を変えてみると、違う方向から別の高いレベルに近づけるかもしれませんし、
例えもっとレフトスパイクが打てる人が入ってきたとしても、いろいろとできることで替えの利かない選手で居続けることができるかもしれません。
チームとしても、個々の能力で負けるとしても、チームとしての練度で勝てるかもしれませんし、
今のメンバーでは、どのメンバーが出たとしても、そこで勝負するしかないと思います(だからスポーツは面白いのだと思います)。
あまり強制はしませんが…また考えてみてください。

最後に、男子ネットですが、男女混合で3チーム総当たりを行いました。
速攻も、バックアタックも使ってくれて、
普段と違うプレーにもトライしてくれて、ゲーム形式にして良かったと思いました。
サーブがみんなよかったですね。

みんないつも一生懸命にプレーしてくれるのはすごいことなので、
これからも続けていってほしいです。

初心者君は、今日もいろいろな人にたくさん教えてもらっていました。
ちょっと久々だったのもあったのですが、
練習の最後の方では、スパイクのミートも良くなっていてびっくりしました。
みんなの教え方がよかったのだと思います。

これからも宜しくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【練習】2016年10月15日(土) ... | トップ | 【練習】2016年10月22日(土) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。