てんきの練習記録

てんきの練習記録

【ミーティング】2017年11月11日(土) 13時00分 ~14時30分@もと住吉会館会議室

2017-11-11 20:47:25 | 作戦会議
【2017年度、75回目】
参加メンバー:計2人、立ち上げメンバー1人+いつもの新メンバー男性1人

午前の練習後に、短時間でしたが、先週の鳴川杯の動画をスロー再生やコマ送りしながら、
気になる点を確認していきました。

やはり、セッターのセットアップが非常に遅かったですね。
なので、特にネット際のボールの処理はほとんど何もできていませんでした。
速攻は多めに上げたつもりでしたが、まだまだ少なかったです。
相手のセンターは非常に上手かったのですが、速攻への対応はわずかに遅かったので、
そこをもっと突いていくべきでしたね。
跳ぶ前に打てれば、ブロッカーの後ろはレシーバーがいないので決まりやすいですし。
時間差は、何度か相手のブロッカーを完全にかわせていましたが、
アタッカー自身とのタイミングもずれていることが多かったです。
レフト、ライトのトスがバラバラでした。

そんな中、アタッカー陣は、粘り強く頑張ってくれているのがよくわかりました。
なかなか決め難かったとは思いますが。。
カットが乱れても対応できる人、出来ない人にきっちり分かれていましたので、
その辺は今後修正していきたいと思います。

ブロックは前半は良く止めていて、後半は、相手が良いコースに打ち出してから対応が後手になりましたね。
相手の攻撃パターンは決まっていましたので、もう少しワンタッチで自チームの方にチャンスボールが欲しかったです。

チャンスボールは、わざとズラしてくれた場合もあったかと思います。
その場合は、3番がノーブロックで打てていました。
また、ネット際まで伸ばしてくれたときは、本来であれば有効利用できるので有難いところですが、
今のセッターの状態ではきつかったです。

サーブは全体的に良かったです。
最近はみんな自信をもって打てているような気がします。

また、一緒に動画を検証してくれたメンバーは、どういったことを考えながらプレーしていたのかを、
各プレーごとにしっかりと伝えてくれましたので、今後の練習に活かしていきたいと思います。
他のメンバーが何を考えてプレーしていたのかは分かりませんでしたので、
今後ちゃんと聞いていきたいと思います。

明日は夜に練習します。
よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【練習】2017年9月30日(土) 12時45分 ~14時30分@中央区民センター

2017-09-30 19:01:45 | 作戦会議
【2017年度、59回目】
参加メンバー:計2人、立ち上げメンバー1人+いつもの新メンバー男性1人

今日は大きな画面で枚方大会の動画を確認しました。
あまり時間がなかったのですが、スロー再生をしたりしながらじっくりと良い点悪い点をはっきりさせていきました。
画面が大きいとわかりやすいですね。

試合前の練習風景も撮影していたのですが、
その時点で既にみられている悪い点が、試合でも現れていたのかなぁという印象でした。
悪い点というと言い過ぎですけれども、アップとはいえ、試合でのプレーを意識していないようなプレーが多くありました。
お互いに気を付けていきたいと思います。

試合中では、みんなのプレー速度が遅いことが、やはりまだ多くみられました。
わかりやすい例では、セッターがボールの下へ入るのが遅れているため、
トスできる方向が限られてしまっていました。
また、アタッカーの場合では、遅いといっても色々な段階がありました。
助走の開始は早いけれど、助走自体が遅かったり、最後の1歩が遅かったり、腕を引いてから降り出すのが遅かったり…
時間はかかるとは思いますが、意識の持ちよう次第で簡単に改善していけるはずですので、
練習中から指摘しあっていきたいと思います。

また、相手の対応を確認せずに、自分たちがやりやすいプレーばかりを選択する傾向が多くみられました。
逆に、相手を嵌めようとする意図的なプレーはほとんどありませんでしたね。
よく言えば素直なチームですので、相手としては分かりやすくて対処しやすかったのかなと思います。

今後のチームの方向性として、やはり強いチームの人たちとは元々の技術力が違いますが、
幸い練習時間は確保できていますので、チームとしての技術力で対抗していくことを考えています。

今回参加してくれたメンバーも、同じような意見を持っていて、
ちゃんと考えてくれていたので助かりました。
練習中もその意識で居てくれるなら、もっと上達が早くなるはずだと期待しています。

また、強いチームといっても、チームとして強いところと、個々のメンバーの質のみで勝負するところなど様々ですが、
まずは個々のメンバーの質のみで強いチームに対して、ゲームをしっかりとコントロールして勝つチャンスが作れるようにしたいと思います。
チームとしてしたいことができるようになることと並行して、ちょっと特殊な方向性になるかもしれませんが、
個々の技術力も高まってくると思います。

そのためには、個々のイメージ力と判断力など、プレー以外での大きな改善が必要になります。
それと、それらの共有が最も大事です。

練習では色々と、意味があるのか無いのかわからないことも多くさせていて、
みんな大変な思いをしていると思います。
すぐに目に見える効果はなくても、ちょっとしたところでの違いが勝ちにつながることがありますので、
懲りずにこれからもよろしくお願いします。

引き続き、夕方から練習します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ミーティング】2017年6月11日(日) 9時30分 ~12時30分@福島区民センター

2017-06-11 13:18:27 | 作戦会議
【2017年度、26回目】

今日は、先週の守口大会の動画を検証しました。
時間が短かったので、セッターのトスに対するブロック枚数の検証でほとんどの時間が過ぎてしまいました。
集計を助けてくれてどうもありがとうございました。

1枚ブロック以下となる数がだいたい5割ぐらいでした。
なので、2枚ブロックにつかれた割合は5割ぐらいですね。

てんきのメンバーには、ものすごいアタッカーがいるわけではないので、
できるだけブロック枚数を減らすことで対戦相手に対抗していきたいと考えています。

今大会は勝てましたが、
ターゲットにしているチームと対戦すると、もっとブロックにつかれることが予想されます(枚数も2枚から3枚)。
(もしくは、ブロックにつかなくても良いと思われる可能性もありますが…)

ブロックの枚数が減らせると、相手も守り辛いので、
得点を決めるチャンスが増えることは容易に理解してもらえると思います。

なので、市民大会では、勝つことも大事ですが、
ミスにつながってもよいので、如何にブロックの枚数を減らすかを考えて、
割合としては8割から9割ぐらいを目指して練習のつもりで取り組んでほしいと思っています。

そのためには、アタッカー陣の助走の工夫によるアシストも必要ですが、
それを利用して、セッターが最終的にどこにトスするかがもっと大事です。

試合の序盤はお互いに手探りだと思いますが、
相手よりも先に、相手ブロッカーの特徴をつかんで、攻めることができればと思います。

サーブカットから高確率で決められるようになれば、
サーブもさらに攻めやすくなりますし、
相手にどんどんプレッシャーを掛けることができますので、
点差がたとえつかなくても、精神的に優位さを保てて、勝ちに結び付くゲームになると思います。

逆に、てんきとしては、こちらのサーブ時には、
相手のサーブカットからの攻撃に2枚以上つくことで、相手のアタッカーだけでなくて、
特にセッターにもプレッシャーを掛けていきたいと思います。

その他、速攻時のセッターとの距離感について考えてくれました。
上記のように、ブロック枚数を減らすには、カットが乱れた場合でも絡める”速い”速攻が必要です。

ブロックでワンタッチをとって、攻撃するチャンスを得た時のセンター陣の重要性についても理解してもらえました。
攻撃に参加できないことが多いので、足運びなど動き方を今後研究していきたいと思います。

バックアタックは良い感じに使えてきていると思いました。

最後に、強豪チームのプレーをみて、良いイメージを作ってくれました。
これからも、ご協力宜しくお願いします。

夜は通常通りに練習します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【作戦会議】2014年5月3日(土) 13時00分 ~ 17時00分@中央区民センター

2014-05-03 19:15:57 | 作戦会議
参加メンバー:3人(1人早退)
内容:
茨木大会の対戦相手の動画視聴。
前回不参加メンバーのために実施。
見れば見るほど凹む。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【作戦会議】2014年4月29日(火) 14時30分 ~ 17時00分@福島区民センター会議室

2014-04-29 22:41:47 | 作戦会議
参加メンバー:3人
内容:
去年のクラブカップ出場チームと茨木大会で対戦することになり、
当日ショックを受けないように心を整えた。やばすぎる…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加