カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

ヨーロッパの醜聞16 フランス大統領選挙

2017年04月25日 15時18分59秒 | 海外

フランス大統領選挙その1があり

誰もが「過半数」を取れなかったため、上位2名による決戦投票(その2)が 2017/05/07 に実施されます。

最終的にどうなるか、まったくあてにはなりませんが、決戦投票前の現在は以下のようになっています。

上の通り

中道で比較的穏健なマクロンが突然でてきて1位になっているようで、極端なルペン(2位)とともに決戦投票へ進みました。

決戦投票では

敗れたフィヨンの支持者が、声明通りにマクロン支持へ回れば、圧倒的にマクロンが勝つでしょうし、現大統領のオランドがマクロンへの投票を呼びかけているようですが、実際にはどうなるのでしょうか。 

ルペンが

決選投票までの間、党首の座を離れるとしていますが、少しでも得票率を上げられると思っての決断なのかどうか、その意味が分りません。

意外だったのは

  • フィリピン大統領選挙でドゥテルテが勝った(2016年)けれども、訴えられているようです。
  • アメリカ大統領選挙でトランプが勝った(2017年)けれども無数の非難が聞かれます(    )。

ただし、2回投票制のフランスでは、極端なルペンが勝つことはなさそうです。

もしも

  • フランスで極端な大統領にならず
  • 韓国で極端な大統領にならなければ

比較的、妥当な線に落ち着くようですが、どうなることか。

とにかく2週間後には

  • 2017/05/07(日曜日)現地時間 フランス大統領選挙 決戦投票
  • 2017/05/09(火曜日)韓国 大統領選挙

と実際には連続して大統領選挙があり、なかなか忙しそうですが、どうでもいいことですか(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国の醜聞219 大統領選挙2... | トップ | どんどん進む独裁への道 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。