カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

韓国の醜聞280 独自制裁ができるか

2017年10月22日 14時29分55秒 | アジア

たとえそれが、事実であろうとも、なかろうとも、誰にも醜聞があります。ここでは最近の「韓国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクも提示しています。


中国の共産党大会へ北朝鮮が祝電を送ったらしいので

の1週間(2017/10/18-24)の間に「ミサイル・核実験」などの挑発はなさそうですが、これは11月に予定されているトランプのアジア訪問時に残しておいたのかも知れません。

いわば北朝鮮が背後から韓国を威嚇し、これに文在寅がまんまとのせられたようにみえてきます。

文在寅(ムン・ジェイン)が言う対話を求めるために今こそ韓国が独自の制裁を課すべきだと思います。私は武力による解決には反対ですが、物事には限界があるのでしょう。いわば文在寅は、自分が言っている「対話」のために何をするべきかが分っていないだけではないでしょうか。むなしい「対話・対話」の連呼は、選挙前の「よろしくお願いします。~候補、最後のお願いにあがっております」という選挙カーの連呼にまかせておきましょう。

米大統領トランプのアジア訪問日程(こちら)ですが

  • 2017年11月03日・・・・・・ハワイ
  • 2017年11月05日・・・・・・日本(10月22日の衆議院選挙で自民党が勝てば安倍首相に)
  • 2017年11月07日・・・・・・韓国
  • 2017年11月08日・・・・・・中国
  • 2017年11月10日・・・・・・ベトナム(APEC)
  • 2017年11月12日・・・・・・フィリピン(ASEAN)

このどれかをねらって北朝鮮は「ミサイル・核実験」で挑発するのでしょうか。 

問題は、韓国だけが北朝鮮への独自制裁をためらっているらしいことです。

アメリカ・EU・中国・ロシア・日本も、その規模や種類こそ違え、独自の北朝鮮制裁を発表していますが、「韓国だけが北朝鮮へ独自の制裁をしていない」のです。

これは韓国の文在寅政権にとってゆゆしき事態ですね。

独自の北朝鮮制裁を発表すれば、同族の北朝鮮から何を言われるか分らないのでためらっているようですが、2017/05/10の発足から5ヶ月も経とうというのに、例によって国内の保守(朴槿恵)政権を倒して、自分が大統領に就任するので精一杯であって、もう精根つきはてたのでしょうか(笑)。

つまり左翼政権としては

あくまでも北朝鮮寄りであって、決して北朝鮮を敵とみなさず、あくまでも「北朝鮮と対話を模索」しているのですが、その北朝鮮からは「対話を拒否」されるや無視されっぱなしで、何の応答もありません。それでも「美しい」と信じて疑わずに「対話」を強調しております。

その反動でしょうか

内政で前政権の力を削ぐことに関しては、精力的に動いていますが、いかにも韓国らしいところです。

文在寅大統領が大統領職を辞したあとで、いま自分たちが行なっている報復と同じ報復が待っているとも知らずに、ひたすら前大統領・前々大統領の権力を干すことに全エネルギーを費やしています。このため、「韓国としては北朝鮮への独自制裁どころではない」のでしょう。もしそんなことをしたら11月のトランプのアジア訪問時に北朝鮮が何をするか分らないのですから・・・・・・。

こんな韓国からはいち早く手を引き、最低限の隣国関係に留めておくべきでしょう。深入りしてはいけません。こんな時に限って「日本に笑顔をふりまく」のが韓国で、裏で「ぺろり」と舌をだしていることに注目し、決してだまされてはいけません。

韓国が独自の北朝鮮制裁をすれば

北朝鮮が何をし出すかわからない。このため韓国が独自の制裁に戸惑っているとしたら、やはり文在寅ではだめということになってしまうでしょう。

憲法違反で文在寅を弾劾し、これが合憲となり、失職後に逮捕するのが、韓国の矜恃(きょうじ)であり、韓国の幸せにつながると信じています。

キョロキョロと中国・米国の顔色をうかがって、いい顔をしている八方美人が、結局は八方美人になってしまいます。それを得意の美容整形でごまかすのでしょうか(笑)。 


北朝鮮危機:独自制裁、米から再三の要請も韓国政府は「検討中」:2017/10/19 韓国朝鮮日報   


国連制裁以外の韓国独自の北朝鮮制裁を出せるかどうか、ですが

まだ韓国は、何もしていません。

しかし11月にトランプ大統領が韓国を訪れる予定ですから、これに合わせて独自の「ゆるい、どうでもいい制裁」を発表するかも知れません。それはトランプ訪韓時に、大々的に発表されることでしょうが、実際にはかなり縮小された制裁に終わると、私は見ています。

さてさて、皆様はどう思われますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国に関する醜聞 280 フェ... | トップ | ビビンバ・プサン(ハングル) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事