カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

韓国の醜聞172

2016年12月10日 04時14分46秒 | アジア

誰にも醜聞があります。たとえそれが、事実であろうが、なかろうが(笑)。ここでは最近の「韓国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクさえ提示しています。


韓国では

  • 調子のいい時には、元気よく「反日」を叫び
  • 低迷期に誰も構ってくれない時、無視されたと「反日」を叫ぶ

どんなことであれ、対立しなければならない韓族の本質は那辺(なへん)にあるのか。異論は出ないのでしょうか(笑)。

  • 何に対しても反日」を民族唯一の合意事項にしておかねばなりません。南北朝鮮とも「反日」では一致しており、すべては「日本が悪い」のです。南北統一ができないのも、朴槿恵(パク・クネ)が弾劾されたのも、韓国経済がこれだけ変調なのも、韓国で大きな地震が起るのも、すべて日本に責任があります(笑)。
  • これらは何かの反動に違いありません。私のみるところ中国から1000年以上も「乳離れ」していないことの反動でしょう。いまでも中国がどんなに理不尽な威嚇と制裁をしようとも「中国に逆らう」ことができない韓国ですが、これはあの対立好きな韓族からしてまず考えられず、「乳離れできないことによる反動が反日につながっている」あたりが妥当なところでしょう。
  • 師と仰ぐ宗主国(そうしゅこく)「中国」に逆らえないその代償として「反日」をおいているため、これがなければ韓族としてやっていけません。
  • それでもその「反日」がうまく行かないと嘆いています。つまり上には逆らえず、下を軽蔑してもうまくいかず、当然のことながら行き場がなくなった多くの韓族が、深刻な神経症を患うことになります。これが例の憤怒調節障害(火病:かびょう)でした。

こんな視点で、韓国国会での大統領弾劾決議をみましょうか。 


韓国でも、北論調もあれば、反共を任じるところもありますが、共通しているのは「反日」ですね(笑)。

親北の勢力

自分たちの「反中・反米・親北」路線をなんとか強化しなければなりません。

よって日本は「朴槿恵の次の新しい大統領が北朝鮮に接近するのを憂慮している」とこうなります。日本が反北朝鮮なので親朴槿恵だった、という風にまとめたがるのが、韓国での左翼北勢力らしいところです。

もちろん「慰安婦問題」は、新しい政権になっても日本は取りあげないだろう、謝罪しないだろう、と叫びます。韓国より格下の日本であり続けなければならないようですね。はいお疲れさん、次のかたどうぞ。

反共の勢力

アメリカ次期大統領に内定済みのトランプが、アメリカ優先の立場を取り、外国との約束を反故にするだろうことは予想されますが、同じように韓国の保守勢力もまた、新しい左翼政権が外国との約束を守るかどうか不安視しているようです。←どの政権であろうと韓国が約束を守らない国だとは、もう衆知のことですよ!

大統領代行には、強硬派とされる黄敎安(ファン・ギョアン)が選ばれたようですが、朴槿恵の信頼があつかった過去もあり、憲法裁判所の決定が出るまで、あるいは新しい大統領が選ばれるまで、「今までの方針をそのまま踏襲」するのでしょう。

日本の政党も離合集散(りごうしゅうさん)が多いのですが

韓国も又はげしいですね。日本の金融界と同じで、どういう関係になっているのか、さっぱり分かりません。   


いずれにしても、

  • あり得ない事ですが「日本が朝鮮半島を攻めてくる」と狼少年のように恐怖をあおって日本を差別し続けて支持を得てきた勢力
  • このたびの法制化で「戦争ができる国になった日本」と騒ぐ勢力

どこかおかしいと思いませんか(笑)。

  • かつて言っていた「日本が攻めてくる」が、あり得ないでっちあげだったとわかりますね。それはそのはずで、「戦争ができる」前の日本がどうして攻めていけるのですか? 自分で言っていることに矛盾があるのに、気がつきませんか。気がついても、どうでもいいですか。←矛盾などあっても「なんとも思わない」のが韓族か?
  • そしてこのでっちあげは「戦争ができる国になった」今でも、脈々と続いておりますよ(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国の醜聞171 大統領朴槿恵... | トップ | 中国に関する醜聞 171  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。