カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

アメリカの醜聞 31 FBI長官解任

2017年05月15日 03時34分48秒 | 海外

トランプ大統領がFBI長官コミーを解任しました(2017/05/13)。

流れとして次のようだったようです。 


大統領選挙前

トランプは、大統領選挙を有利に進めるため、対戦相手であるクリントンの私用メール問題を追及しており、この時点でトランプは、FBIによるクリントン陣営の捜査に賛成していたように思われます。

ただしロシア政府に関連した組織が民主党陣営へサイバー攻撃をしたのではないかという疑惑が生まれ、これにトランプ陣営が荷担したのではないか、という疑惑も発生しました。

それでなくても虚偽の発言が目につくトランプですから、恫喝を目的としたウソ八百「政治の素人」であることは、誰の目にも明らかでした。 


大統領選挙後

現在のグローバル化の負の影響を受けたと思う人が増えきてトランプ支持者が増えたようです。それでなくても好ましくないトランプとクリントンの2人から大統領を選ばなければならないというやっかいな消去法を抱え込むこととなり、想像していたようにネガティブ・キャンペーンが繰り広げられ、最終的にトランプがぎりぎりで当選しました。いわばアメリカを分断した選挙だったようです。

こうなるとトランプのうぬぼれ癖が、表に現れてきます。

次々に「公約を実行」しようとして大統領令を出すのですが、移民と入国問題に関しては、2度も連邦裁判所によって「違憲」とされ効力を停止されています。

このほか閣僚の議会承認がかなり遅れているようで、民主党からはもちろんのこと、所属する共和党からも強烈に反発されていて、2017年の年末までもつのかどうか危惧されています。こんなことはアメリカでは異例の出来事だったようです。

FBIがクリントンの調査を打ち切ったけれども、トランプが大統領に当選してからロシア政府とトランプ陣営との関係の捜査を継続していることが判明し、先日トランプがFIB長官を解任するに至りました。

トランプがいう「私は捜査対象になっていないとコミーが3回言った」とする発言も信用できません。自分だけが本当かどうか分らない暴露をしておきながら、解任したコミーにはしゃべらないように威嚇する、という不可解な独裁体質を指摘する人は多いようです。

コミーがトランプに忠誠を尽くすとした会話の録音があると匂わせてトランプの威嚇は続きます。まるで北朝鮮のように周囲をヨイショ連中で囲まないと気が済まないようで、アメリカ人はこのような人を大統領に選んでしまったことを後悔しているのか、金正恩になることを期待し支持しているのでしょうか。前者ならば、トランプを弾劾するしかないでしょうか。  


トランプ大統領は

コミーを解任しておきながら、「コミーに対して裏話をメディアへもらすな」と威嚇しているようで、かなり強い不信感をもっているのでしょうが、この手の感情的な発言は誰かに似ていますね(笑)。

トランプにとっては、「公正な判断力をもっている人(コミー)」は危険であり、自分を褒め称える人たちこそ「立派な人・ちゃんと仕事をしている」ことになるのでしょう。

解任されたコミーのあと長官代行をつとめているマッケイブの公聴会証言は、トランプの「コミーはFBI内で信頼感がない」発言とは大きく異なります。どちらが真実に迫っているかは、言う迄もないようで、針小棒大はトランプのイケナイ癖のようですね。

こうしてトランプが

「自分の陣営がロシア政府と協力していたのではないか」と疑ってFBIが捜査していたのを妨害する目的でFBI長官を解任したのではないか、と疑惑をもたれることになりました。

トランプが「捜査対象ではないとないとコミーから3回聞いた」としますが、それでも選挙関係者が捜査され最終的には自分に責任が廻ってくるのではないかと見て、コミーを解任したのでしょう。

メディアによって報道官の記者会見と大統領の発言との間に食い違いが出ると、報道官の記者会見をなくそうかとも発信したようです。:日本テレビ系(NNN) 2017/5/13

しかし「報道官の会見に代わって文書を配布するほうが正確」と考えたようですが、文書の方がもうぬぐえないほどひどい矛盾に満ち満ちそうで、それを避けるためには「曖昧な文書表現」となってしまい結局不透明な行政となることは目に見えています。いくら矛盾があるとしても、報道官が会見する方がよろしいかと思います。このあたり知性をかくトランプとしてはやむを得ない選択なんでしょう。

一連のこれらのニュースからして、ますますトランプが怪しくなってきましたが、アメリカ国民が選んだ大統領であり、韓国の(前大統領)朴槿恵より相当ひどいようで、弾劾もやむを得ないだろうと私は思っております。ただしこういった時に威力があるのが「外部による異常事態発生」であり、国民の目を外へそらす絶好のチャンスです。ちょっかいをし続ける北朝鮮が、大いに逆効果を生んでしまう懸念があるのでした。何もなければトランプは自然に弾劾される運命にありますが・・・・・・。

さてさて、皆様はどう思われますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国に関する醜聞 224 中国人... | トップ | 韓国の醜聞225 相変わらず「... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。