カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

北朝鮮の醜聞55

2017年12月16日 03時51分20秒 | アジア

様々な国連決議を平気でやぶり核開発を続けているのに「北朝鮮は、核保有国とみなされたら非核路線を歩む」をいったい誰が信じるというのでしょうね。:huffingtonpost 2016年05月07日「責任ある核保有国」の立場を強調し、不拡散路線への国際協調に協調

昨今、北朝鮮からとみられる木造船が無数に漂着している日本海側の北部ですが、乗員が生存していて日本の無人島へ上陸して備品を盗む場合もあれば、すでに遺体となっている場合もあります。 


なぜ政府が国民に対して報道・言動を弾圧し続けなければならないか、それは

  1. 政府自らがウソの情報を流し(客観性などありません)
  2. それに反する情報の発信を「罰則付き」で禁止(全体主義)
  3. さらに自らのウソを正当化する為に別のウソをつく(特に独裁国でひどい)
  4. このためますます情報が一本化する
  5. これが外部からみると「報道・言動の弾圧」にみえてしまう 

この北朝鮮の全体主義の構造は、中国の構造そのもので

罰則つきで報道を弾圧・・・・・・部から「一糸乱れず

罰則つきで言動を弾圧・・・・・・部では「恐怖の一律化」 

両者は、同時に語られることが多いのですが、このように、内外にわけて考えると、納得できますね。 


北朝鮮船 乗組員6人強制送還へ 入管退去手続き:毎日新聞2017年12月11日 


船長など3人を窃盗罪で逮捕しましたが、そのあと起訴し裁判でも罰金刑ではなく2~3年の懲役刑となるでしょう。この懲役刑も餓死することに比べたら、北朝鮮漁民にとっては至福の時かも知れません。

その他の船員は、第三国経由で強制送還されるでしょう。

船には「朝鮮人民軍第854軍部隊」という標識があったようで、調査後には破壊処分されます。 


果てしなく押し寄せる死の船…船首には「朝鮮人民軍」の表示:韓国ハンギョレ紙 2017.12.10 


佐渡島に漂着する北朝鮮船に関するやや長い記事でした。

朝鮮人民軍第×××軍部隊、船番号594-56843、管理者チョ・チョンイル」と、「はっきり見てとれた」としているのになぜか「第xxx軍部隊」とし、明示していません。

これは日韓にとって国交のない北朝鮮に対する異例の処置だと思います。韓国ハンギョレ紙 にとって何か不都合なことでもあったのでしょう。ハンギョレ紙の日本語版なので、北朝鮮の工作員がうようよいる日本であることに配慮し「詳しい部隊名を避けた」のかも知れません。それにしては「船番号」を明記しているのが不思議です。 

また同記事では、かつて北朝鮮工作員によって拉致された日本人についても記述していますが、例によって「韓国国内版とは異なる」はずです。

なぜならば、親北の左翼系新聞社にとって北朝鮮の拉致に関する記事を配信しても韓国内では有効とは思えないからです。

このように韓国紙の日本語版が「韓国版の日本語訳だと勘違い」して、その内容がそのまま韓国で報道されていると思うのは間違っていると信じています。

という私もハングルは読めませんので、邪推に過ぎませんが。

また後半では「窃盗事件は、北朝鮮の木造船に対する(日本の)世論を一層悪化させている」としています。これまた韓国内では不都合なことですが、日本の実体を報道しています。

このように、珍しいことですがハンギョレ紙が視聴率を上げるためとはいえ、反日的でない記事を発信しているのが印象に残ります。 


 金正恩委員長の「白頭山詣」の後に何が起きる?:辺真一  2017/12/10 

何か重要な決断をするために白頭山(はくとうさん 2744)へ登ったと思われるので、不気味なニュースでした。白頭山は北朝鮮・中国国境にそびえる火山らしく、しかも今年は寒そうなので、きっと大雪が降っているのでしょうね。

ただし北朝鮮は3月のパラリンピックには出場する表明をしているらしいので、微かな希望があり、無謀なことはしないと期待してはいますが、年配の軍関係者をたくさん粛正しているようですから、どうなるか分かりません。 


突然姿を消した「金正恩側近4人衆」 

韓国の情報機関「国家情報院」は先月(11月)20日、国会情報委員会で軍総政治局No.1の黄炳誓軍総政治局長とNo.2の金元洪第一副局長の二人が「不純な態度」を理由に「処罰された」と報告していたが、韓国メディアによると、その後、黄総政治局長は朝鮮労働党から「除名処分」を受け、金第一副局長は政治犯収容所に収監されたとのことだ。:辺真一 2017/12/14

北朝鮮と同族の韓国では、日本より詳しい北朝鮮の裏側を知ることができる立場にありますが、「脱北者」の意見とか「北朝鮮在住」の人の意見として聞く価値はあるものの、韓国情報機関と韓国メディアとで異なることを伝えることがあるので、疑って聞いておかねばならないようです。

人は「知らないことに関しては信じてしまうもの」ですから(笑)。

報道規制をするから、粛正の疑惑が流れます。まるでハーフミラー(マジック・ミラー)の内部から外を見ているようで、外からは内部が見えないため、邪推がはびこってしまうのです。 

なおこの記事では、固有名詞にふりがながないため、読めないままのことが多かったようです。ひんぱんに出て来る固有名詞(人名・地名)の場合ならふりがながなくても読めますが・・・・・・。

 辺 真一(ピョン・ジンイル)の記事が2つ続きましたが、これも平昌(ピョンチャン)五輪が近づいたためでしょうか(笑)。そういえば東京生まれの辺(ピョン)のあだなが「ピョンチャン」だったと本人が言っていましたが、本当なのかどうかは、もちろん分かりません。また平壌も「ピョンヤン」ですね。


こういった怪しげな北朝鮮が・・・・・・ 

北朝鮮が安保理に異例の出席へ 対話向け動き出しか:テレ朝 2017/12/15

徹頭徹尾、世界を敵に回していた北朝鮮が、今になって「対話」など信じられませんが、テレ朝としては北朝鮮に対して好意的に報道しなければならない何かがあると邪推されてもしかたがありませんね。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 309 韓国の文大統領が訪中

2017年12月15日 13時40分37秒 | アジア

ここでは「中国の醜聞」を集め、必要に応じて出典やリンクも用意しましたが、そんなに頻繁にリンクを確認できませんので、もしも「既にリンク切れ」となっていたらご容赦ください。


現在、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、中国を訪問中。

先立つ事前の協議の結果

  1. 文の北京到着時、習近平は南京へでかけていて不在
  2. 首脳会談後の共同声明を出さない
  3. 首脳会談後の共同記者会見もなし
  4. 韓国中国が別々に見解を発表する 

とし、およそ「国賓」とは思えない扱いですね。

まぁこんなことは中国ではよくあることで、安倍との握手場面でも、2016年には習近平の笑顔がなく背景にも国旗がありませんが、2017年度には両方ともありました。安倍も文も来年はどうなるか分りませんから、気にしないことです。そんな程度なんです中国共産党というのは・・・・・・。

このように中国は

  • 前大統領朴槿恵が決めたTHAADミサイル韓国内配備に強烈に反対し
  • 期待した発足半年の左翼政権文在寅大統領が、「THAADミサイル追加配備をしない」と約束したのに、既に配備されているTHAADミサイルの撤去を求め続け
  • 1年以上にわたる「証拠を残さない」違法な経済制裁を加え続け韓国経済は瀕死の重傷らしい。 

つまり、韓国としては

同族であり、決して韓国を攻撃しないだろうと期待している北朝鮮があまりにも挑発的なので、北朝鮮の暴走に備えての米製THAADミサイルの韓国内配備を決めざるを得なかったのですが、このレーダー網が自国をも探っているとして、中国共産党が反発しました。

中国共産党は、さまざまな国内派閥を考慮して言っているのでしょうが、それにしても思い通りにならない時すぐに怒り狂います。

韓国は、アメリカと中国の両方の間をスイスイと泳ぎわけてきたつもりでしたが、こうなったのも日頃の行ないがわるかったのであり、運命を甘受(かんじゅ)しましょうね。

そんなことなど韓国に分るはずもないらしく・・・・・・

韓国の記者が韓国で演じてきた取材習慣が中国でも通じるはずだと常軌を逸した取材行動に走るため、これまた常軌を逸した中国側警備員によって違法に暴行されケガをしましたが、文在寅大統領は一生懸命になって南京での「深い共感」を演出し、中国にすり寄ろうとしました。

しかしそんなのに関係なく、中国紙が「(礼を失することが多すぎると報道した)韓国報道はオウンゴール」と批判し、あくまでもTHAADミサイル撤去を主張する始末ですね。中国の場合、報道規制があまりにもひどすぎるため、中国紙の意向はそのまま習近平政権の意向であるとみなしたほうがいいでしょう。

第三者の目で見れば、2017年12月文在寅の国賓扱いの訪中は「両国の亀裂を世間に広く示し、致命的な失敗に終わった」と言えます。

むしろなぜ韓国が強引に押しかけたのかという疑問さえ出てきます。

よって文が帰国してから

韓国が中国の機嫌を取り戻そうとして、安全パイとされる「反日」に走るであろうことが予想され、これはほぼ間違いのないところです。

さあどうするか、見ものです。

後処理によっては、致命的な韓国・中国決裂に至るでしょうが、それでも韓国の「親北・親中、反日・反米」に変わりはなく、悩みは深まる一方です。 


韓国としては、これだけ一生懸命になって 

  • アメリカにヨイショし続け、THAADミサイルを配備させ
  • 中国にヨイショし続け、南京に共感を示した 

のに、同族の「北朝鮮があんなになってしまったのは、一体なんなんだ」というところでしょうが、自分にはいっさい責任がなく、「すべての責任は日本にある」・・・・・・はい、お疲れさん! 次のかた、どうぞ(笑)。 


世の中には

よかれと思ってしたことが、裏目にでることがよくありますね。

韓国の場合、それが「常態化しているだけのこと」なんでしょうが、そもそも行きすぎた瀬戸際外交に問題があったと言えます。 


韓国では

  • 法の遡及(そきゅう)処罰というあり得ないことが「常識」らしく、2015年12月28日の日本・韓国「慰安婦合意」を蒸し返したと日本から非難されています。
  • 一方、中国が2017年10月31日の韓国・中国「THAAD合意」を蒸し返したと韓国が中国を非難します。

韓国は、都合さえよければ「蒸し返す」し、都合が悪ければ「蒸し返し」を非難すると、例によって勝手なものですね。

このあたり、中国そっくりなんです。

民族を消滅させようとした人道上の犯罪に関しては「例外的に時をさかのぼって法で処罰」することがありますが、まったく関係がない日本に対して、韓国が「日本もドイツに習え」と実に雑なことを言い続けて反日にいそしんでおります。

李氏朝鮮時代の吐き気をもよおしそうな汚いソウルの町のことを知っている韓国人なら、そんな雑なことを言えるはずがありませんが、都合の悪いことを決して教育しない民族性が、こういったゴタゴタを引き起こしているのでしょう。もう風土病ですね。


国土に山があるのはいいことのようですが 

  • 川があり雨が多い場合、水に困らないし動植物が潤うという長所がありますが、湿度が高すぎると雑草ははえるし虫もつくという短所もあります。さらにときおり川は氾濫や洪水をおこし、田畑や人に甚大な害を与えます。
  • 山が火山の場合、ただで温泉が湧き金儲けができますが、地震という恐怖と戦わねばなりません。
  • 砂漠の国家では、石油が豊富に出て国家財政が潤いますが、雨が降らないので油より水の値段が高いところもあります(淡水化装置に金がかかりすぎる)。:こちら 

テレビの普及では

  • 先進の国家:地上波の普及(中継所の普及)→衛星放送が普及
  • 発展途上国:地上波が普及する前に衛星放送が発展した  

中継所を作っても保守点検が必要で、全国にたくさんあります。

衛星にも寿命があり、時々かなり高額の打ち上げが必要になります。 

インターネットの普及ですが

  • 民度が比較的高い日本でも、インターネットを使ったいじめや詐欺が起っていますが
  • 民度が上がらない中国や韓国などでインターネットが普及すると、日本よりも深刻ないじめや詐欺などが無数に発生します。法の未整備という面もありますが、匿名性というのは詐欺師にとっては魅力的なんでしょう。

このように視野を狭くして考えると、新しいことには消極的になり勝ちですが、視野を広くできるなら、新しいことの便利さを享受しながら、悪用を防ぐ必要性にも気がつくでしょう。

視野を広める意味で、日本だけではなく広く世界をみることが重要ですね。もっとも「報道規制」の国では、そこの政府に不都合な情報を許さないという「弾圧」が普通でして、日本の周辺では「中国」のような国もありますが・・・。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞310 平昌五輪

2017年12月14日 14時52分10秒 | アジア

平昌五輪まで残り2ヶ月を切りました。


昔から日本には「非核(ひか)三原則」なるものがあります。

  1. もたず
  2. つくらず
  3. もちこませず

そして日本には「非韓(ひか)三原則」もあるようです。

  1. 助けず
  2. 教えず
  3. かかわらず

これに逆らうと、とんでもない事になります 

助けず

頼ってくると助けたくなるのが日本人。裏で舌を出しているとも知らずに、ついつい安請け合いをしてしまいます。

スワップ協定はもちろんのこと、サッカー日韓共同開催もそう、平昌五輪もそうですが、表向きだけ真剣な顔をしてすり寄ってくる韓国人に注意しましょうネ。

中国発祥のあやしげな儒教という宗教もどきの「改善を禁じられた」生活習慣病によって、深く傷付けられてしまった韓国では、大韓民国憲法を自主的に変えるしか道はないのでしょうか。 

教えず

ついつい教えてしまいますが、ペテン・だまし・パクリ・でっち上げ・ワイロ・偽造の国家に教えてしまうと、とんでもないことになるでしょう。

理解できるので「自分にも考える能力がある」と勘違いしているようです。

韓国がいつも顔色を窺っている中国を見ていると、そっくりなのがよく分ります。日独の技術を導入したのはいいけれども、さっそくそれを中国として特許を取ろうとするのを見ていると、ペテン・だまし・パクリ・でっち上げ・ワイロ・偽造の国だなと思います。

韓国が日本からパクリ続けましたが、韓国はそっくり中国にパクられました。「悪銭(あくせん)身につかず」とはよく言ったもので、日本からパクったあぶく銭は、すっかり中国にパクられたのでした。 

かかわらず

もう隣国として、最低限の付き合いに徹するべきでしょうね。 


韓国、五輪メダル狙いで帰化続々 閉鎖性と差別・偏見に帰化外国人はうんざり:2016.3.19 


スポーツの種類によれば

国際大会へ出場できる「国籍条項」が大きく変わります。

サッカーやラグビーを比較するとよく分りますが、韓国でも五輪参加を目指して、続々と帰化しているようです。

しかしながら、今ごろ気がついたかと思うのですが、韓国での差別意識は抜けきらず、偏見にうんざりする帰化外国人が多いようで「韓国ほど閉鎖的で差別がひどい国はない」という声もあります。

また上記では

その一方で、韓国に帰化した外国人らが日常生活や職場などで不当な扱いを受け、最悪の場合は韓国を去る例が出ているとマネートゥデイが2015年5月に報じている。

とも伝えています。

メダルを狙って帰化する人が増え、手続きが簡略化される

のはいいのですが、韓国ではそれに追いつくほど社会の民度が向上していないようです。

これをなくすためには、韓国が儒教を捨てなければなりません。

しかしべったり「あの」中国にすり寄る姿を見ていると、これさえほとんど不可能に見えてきて、いくら手続きを簡略化しても、帰化人は増えないだろうと思われます。 


日本で、「脱亜入欧」という成句が、あたかも福沢自身の造句であるかのように喧伝(けんでん)され、いなそれ以上に、福沢の全思想のキー・ワードとして、学会だけではく、一般ジャーナリストの世界にまで流通するようになったのは、きわめて最近の現象であり、たかだか1950年代以後の傾向である。

その端的な証拠は、戦前の小泉信三らによる代表的な福沢研究、もしくは福沢のもっとも詳細な伝記として定評のある、石河幹明著『福沢諭吉伝』(全四巻、1932年刊)のなかには、「脱亜」とか「脱亜入欧」とかの表現が解説のなかに登場しないだけでなく、福沢が「脱亜」の文字を実際に用いた唯一の社説「脱亜論」さえ、ほとんど引用されていないことに示されている。

私の記憶が間違っていないならば、戦前に刊行された福沢論文の『選集』の類に、「脱亜論」が選ばれて入った例はなかった。 - 丸山眞男、丸山(2001)、285-286頁


幕末~明治時代の福沢諭吉(1835-1901)の「脱亜論」は注目に値します。念のために言っておきますが、福沢は「脱亜」は言っておりますが「入欧」とは言っていないようです。

当時、日本では「脱亜入欧」という言葉がはやっていたようですが、福沢は「脱亜」だけだったようです。

中国や朝鮮半島から脱しなければならない、と言っております。

これは今の時代にも言えることですね。ドイツ企業も中国から撤退し始めたようですし、アメリカ企業もずっと前に中国から撤退しております。


リオ五輪:戦争加害国・日本、憎たらしいほど楽しく平和を演出:朝鮮日報日本語版 2016年8月23日  


♪ いつまでも、あると思うな、日と中 ♪

いつまでも儒教にとらわれ、親の顔をみるように中国の顔色をばかりを見つめる「ミ・ジ・メ」さの反動で、元気よく「反日」に励みます。

中国がまともな国になる可能性がほとんどありませんが、韓国には微かにその期待がもてます。ただし致命的な欠点は、「不可解な中国依存体質」と「反日国是の体質」です。

これ以上日本に謝罪を求めない ≒ 謝罪が足りない

これに尽きるのでしょう。

ペテン・だまし・パクリ・でっち上げ・ワイロ・偽造の大国「中国」とその属国「韓国」に幸あれと祈らずにはいられません。 


柔道やサッカーが…メダル低迷の韓国でさっそく魔女狩り 韓国伝統“恨文化"が爆発:2016.8.28


これもまた、リオ五輪が2016年8月5日-8月21日の17日間だったことから、リオ五輪に関係したことだっただろうと思われます。 

それまで金メダル至上主義だった韓国で、金メダル数が10を切るや、急に豹変して「金メダル至上主義」を批判し始め、犯人捜しがかまびすしく、絶好調の恨(ハン)文化です。

平昌五輪に悪影響を及ぼさないかどうか、と結んでいます。

リオオリンピック 国別メダルランキング

           金 銀 銅 合計

1位 米 46 37 38  121
2位 英 27 23 17   67
3位 中 26 18 26   70
4位 露 19 18 19   56
5位 独 17 10 15   42
6位 日 12  8 21   41
7位 仏 10 18 14   42
8位 韓  9  3  9   21
9位 伊  8 12  8   28
10位 豪  8 11 10   29

以下略 


韓国の財閥企業破綻へ 「ナッツ姫」父経営の海運大手 他社との合併もご破算:2016年8月31日 


韓国の財閥で海運最大手の韓進(ハンジン)海運が日本の会社更生法を申請すると決めたようです。これと同じ財閥系に、例のナッツリターンで有名な大韓航空会社があり、ナッツ姫の父親がこの会社の会長でもありましたが、海運会社のこともあり、2016年6月に平昌冬季五輪の組織委員会会長を突然辞任したとのことです。

とんだところで平昌五輪がナッツ姫に関係していたようです。 


北朝鮮の平昌五輪出場 「国際慣例に従う問題」=韓国政府:聯合ニュース 2017/2/6

北朝鮮は2014年のソチ五輪にも参加しなかったとのことで、五輪開催2ヶ月を切っている2017/12/14現在でも、期限内に平昌五輪への参加を表明しておらず、北朝鮮との対話を求めていた文在寅大統領は窮地に陥っています。

ただし2018年3月開催のパラリンピックには参加を表明しております。 


 日韓国交断絶によって生じる日本側のメリットとは 

 毎度、国家間の約束事を反故にする韓国は、いま慰安婦に関する日韓合意すらもなかったことにしようとしている。経済評論家の三橋貴明氏は、大使の一時帰国(4月上旬、韓国に戻った)は外交上の措置として、戦争一歩手前、相手との国交断絶も辞さない強い怒りの表明だと語る。それでは「一時帰国」よりも進んだ状況である「国交を断絶」した場合の影響はどうなるのか。これについて、三橋氏が語る。:ポストセブン 2017/4/23 


新大統領「文在寅(ムン・ジェイン)」が誕生する前の記事です。とはいえ既に決まっていたとも言えますね。  

記事では、慰安婦合意やTHAADミサイル配備の破棄など、前政権が結んだ外国との条約を破棄すれば、ますます韓国が孤立するだろうとしています。

私は、「あの」中国に呑み込まれてしまう運命にあるのが朝鮮半島だろうと思います。ただし1つだけ言っておけば、その中国共産党が危ういということでしょうか。もしも国民が蜂起すれば、中国共産党はもろくも崩壊するでしょうが、全力をあげて崩壊しないよう弾圧を加えておりますので、どうなるか実際には分かりません。 


韓国・平昌五輪、日本への対抗意識で開催もチケット売れず:2017/6/12


開催までまと250日という時期の記事です。

新大統領を迎えたのに、盛り上がらず、切符は売れていないようです。まだこの段階では、「ロシアが国家として参加できないけれども厳しい個人審査の資格を得たら個人参加という形が認められる」なんてIOCの判断は示されておりませんが、北朝鮮の挑発が不穏な状況でした。

せっかく夏と冬の両方の五輪を開催してこその先進国だと思っていましたが、もろくもその願望は崩れ、チケット販売がうまくいかず、赤字になるかも知れません。もちろん跡地の有効活用なども不調に終わるでしょう。この五輪も前の保守政権(李明博大統領・在位:2008年2月25日-2013年2月24日)時に立候補(2009年10月15日)し決まった(2011年7月6日)ことですから、この際

    • 平昌五輪開催を破棄
    • 慰安婦合意も破棄
    • THAADミサイル配備も破棄

そして首尾よく中国の1省となりませんか(大笑)。 


ボイコットのリスクも…平昌冬季五輪 韓国が北朝鮮と共同開催検討:2017/6/23(金) 11:57配信 ホウドウキョク


そんな検討も、無駄になりましたね。アドバルーンをあげるのは気楽ですが、実効性を伴うかどうかまで、検討できなかったようです。


 「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」 韓国議長、大島理森衆院議長に大放言 

 韓国国会の丁(チョン)世均(セギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。:2017/7/1


韓国内では、そんな放言が通用すると思っているのでしょうが、相手は外国の日本なんですよ。

こんな程度のことを言っているから、切符は売れないし、北朝鮮との関係も改善せず、あげくの果てには、アメリカと中国の狭間で揺れ動くしないのでしょう。自業自得というところですね。 


北米アイスホッケーリーグ不参加に続きロシアまで…平昌五輪の興行の行方:韓国ハンギョレ紙 2017.12.07


これら2つの不参加

  • 北米アイスホッケーリーグ(NHL)の不参加宣言
  • ロシアの国家としての参加禁止(審査を通過すれば個人参加可能) 

に続いて、トランプもまだ

  • 正式にアメリカの参加を表明していない
  • 北朝鮮も、3月のパラリンピックに参加を表明してはいるけれども、2月のオリンピックに参加表明をしておりません。 

自発的にボイコットする国もまだ見られませんが、北朝鮮が2017年12月~1月の間に、もしも何か挑発すれば、ボイコットする国が出て来るはずです。


【社説】非常事態の平昌五輪…スポーツ外交に総力を注ぐべき:2017年12月08日 [中央日報日本語版] 


ロシアが国として参加できなくなり、ニッキー・ヘイリー米国連大使が安全上の問題があり、アメリカの参加も「未定」と報道しています。

米露が不参加になれば、非常事態でしょう。

またIOCが今回平昌へロシアを参加させないのを条件に、2020年の夏季五輪を認めるという裏取り引きをしたのではないかとも言っておりますが、2016年のリオ五輪でIOCが各協議団体の判断に委ねたことが批判されているのであり、「韓国が日本の犠牲になったという裏取引説」は例によって韓国としてはいかにも言いそうなことですね。これだから嫌われるのですが・・・・・・。 


平昌五輪で高騰の宿泊費急落、一転「宿あまり」か:2017/12/13 


例の「ぼったくり」のせいでしょう。民度があがらないので、「競争」をはき違えているとしか思えません。 

宿のぼったくり→予約客が集まらない→チケットが売れない 

という負の連鎖でしょう。

北朝鮮の挑発があり、ロシアが国家として参加できなくなり、NHL(米)やKHL(欧州)が現役選手の参加を禁じたと報じられてはいるものの、まだボイコットする国は出ていません。

しかしこんな状況で、1泊¥7000程度が、1泊¥50,000では、売れないでしょう。 


かなり長くなってしまいました。でも、冬季五輪の実像を見るために、これくらいは必要かなと思った次第です。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの醜聞 70 ティラーソン国務長官

2017年12月14日 05時49分27秒 | 海外

トランプ政権が発足して1年くらいですが、その命運は「ティラーソン国務長官」が握っているのかも知れません。

  • ティラーソンは、いままで何度もトランプとの確執があったと伝えられており、辞任・解任のうわさが絶えませんでした。これが様子を見る意図的なリークだったのか、完全なフェイク・ニュースだったのか分かりませんが・・・・・・。
  • ティラーソンは、こわおもてですがトランプ政権では珍しく対話路線を歩んでおり、石油会社で培ってきた経歴が大きく関係しているようです。
  • トランプ閣僚のうちの軍出身者ですが、国防長官マティスは中央軍司令官、首席補佐官ジョン・ケリーは南方軍司令官、マクマスター補佐官も軍出身と意外に少なそうですが、これ以外の閣僚はあまり軍事に関係がないので、もしもティラーソン国務長官を更迭して、軍出身のCIA長官を国務長官にすれば、軍出身者が4人そろうことになり、内政で行き詰まっているトランプ政権を強硬な外交で支えることになるかもしれません。
  • それでなくてもアメリカが築いてきた「和平構築」の筋道が、トランプによって粉々にされましたが、それが誤っているのか、正しいことなのか、新たな扉を開いたのか・・・・・・。

米国は北朝鮮と協議する用意ある、前提条件なしに-国務長官:bloomberg 2017年12月13日

「前提条件なし」とはいえ、北朝鮮が「従来とは異なる選択肢をもつ」という「前提条件」があるようですね(笑)。 


北朝鮮核問題、「前提なし」で対話開始の用意 米国務長官:afp 2017年12月13日

トランプが大統領である限り、北朝鮮が「米国の海岸に届く核兵器を持たないようにする」ことは譲れないでしょうから、やはり限界があるようです。


トランプ政権“美人高官”辞任の謎 ティラーソン氏の後任人事に関係か:産経新聞 2017.12.10 

大統領副補佐官でエジプト生まれのディナ・パウエルが、来年早々に辞任する予定と報じております。

またティラーソン氏の後任として女性のニッキー・ヘイリー国連大使が就任した場合には、同じ女性のディナ・パウエルが国連大使になるかも知れないとしています。


ティラーソンが去り、また軍人がやって来る:newsweek 2017年12月9日

ティラーソンの交代を予想し、後任としてCIA長官のポンペオを伝えております。CIA長官の後任にはコットンがなるとしています。


こういう状況なので、ティラーソンの対北朝鮮発表にどれだけ効果があるか、わかりません。

ティラーソンが「前提なし」で北朝鮮と話し合う用意がある

で思い出したのですが、韓国の前大統領朴槿恵(パク・クネ)が、国交のない北朝鮮とは「無条件」で会う用意があるけれども、日韓基本条約を結んでいるはずの国交がある日本とは「条件付きで会うとしました。

その条件とは「日本が韓国の主張を認めるならば・・・・・・」でした。こんなことは通常の国際関係では許されないことで、自分の考えと一致する国だけを選ぶという「儒教に裏打ちされた」序列意識そのものでした。

こんな程度の大統領を選んだ韓国民に同情する次第です

しかしその次の文在寅大統領になってからは

せっかく訪中したのに、「共同声明」どころか「共同記者会見」さえ開かれないようで、朴槿恵が「共同声明」を出したのと比べても、韓国・中国関係が最悪なことを見せつけております。腐敗した保守政権時代の朴槿恵よりも文在寅のほうがさらに最低の大統領になったのでしょうか。

きっと韓国大統領府は、形式ではなく「国賓扱いであることを考慮すべきだ」と言い張るか、あるいはまた、「腐敗政権が決めたTHAADミサイル配備」を恨んでいて、自分が大統領職を辞した後に「仕返しされないよう」徹底的に保守政権一派を打ちのめしておくことに力点をおくことでしょう。それが精々の抵抗なんです。

こんな程度の大統領を選んだ韓国民に同情する次第です

ですから韓国では、幾ら法の未整備とはいえ、大統領を辞した後でまともな老後を送った人を見つけることは、大変難しいのでした。

中国から帰韓した文在寅大統領は

このあと、大きく「反日」に振れると予想できます。親(中国)の顔色をうかがう子どものように、親が喜ぶ「反日」に走るしか残された道はないのでしょうね(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーロッパの醜聞29 また温暖化と寒冷化

2017年12月13日 08時30分04秒 | 海外

欧州各地、大雪で影響=独300便超欠航、仏では座礁も:時事 2017/12/11


英各地で大雪、交通機関混乱 空の便の欠航や遅れ相次ぐ:cnn 2017.12.11 


まだ12月上旬ですが

ヨーロッパでは、そうとう冷えてきたようです。大雪が降って空や海の交通が麻痺しているようで、孤立集落が生じる恐れもあるとのことです。

これも温暖化の影響でしょうか、異常気象が続いています。

上記ではイギリスでの被害を伝えています。

地球の緯度ですが

  • 日本が「北緯25度~45度」
  • ヨーロッパが「北緯30度~70度」(仏や独では45度~55度)

と日本より北側にありますが、やや温暖だとされます。この根拠の1つとして海流が挙げられます。

ヨーロッパの緯度が高い割には気温が比較的おだやかなのは、ヨーロッパの西を、南から北へ流れる暖流が影響している、とこちらでは言っております。

つまり温暖化で夏の異常高温が続くと、暖流の温度が上昇して、北極海の氷を溶かし、その結果暖流の温度が低下し、ヨーロッパでは冬に寒冷化する、というのです。

夏の異常高温・冬の異常低温の原因は、温暖化でしょうか。 

日本の場合も暖流が南から北へ流れていますが

ベーリング海峡が狭く、またその南にベーリング湾があるものの、アリューシャン列島があり、海流に関してはヨーロッパほど直接北極海に関係してはいないようで、海流に関する限り、日本では一方的な高温化が心配されています。

日本の気象庁の観測が始まって以来の記録としては

    • 最高気温は2013年08月12日江川崎(高知県)の「41.0℃」
    • 最低気温は1902年01月25日旭川(北海道)の「ー41.0℃」

と、覚えやすい束の間の「41℃」ですね。最低気温が100年前のことであり、しばらく更新されそうにありませんが、最高気温のほうは2000年前後からずっと更新されることが多いようですから、奇跡的にいま両方とも「41℃」ですが、高い方は近々更新されることでしょう。 


カンブリアで大洪水:2009年11月22日  


イギリスで観測史上最大級の大雨と大洪水が発生 6万戸が停電 テムズ川が氾濫 1766年以来の降水量:2014.02.14


イギリス北部で洪水 住宅浸水し軍が住民救助:NHK 2015年12月7日


カンブリア州は、今月3回目の洪水に見舞われ、多くの人が後片付けに追われる中、さらに悪天候の予報が出ています。:BBC 2015/12/24 NHKBS1 


イギリスでの洪水が多いようです。

まぁそんなニュースばかりを集めたとも言えるでしょうが、それにしても南から北へ向かう暖流の影響を受けやすい地域ですから、温暖化に関係する何らかの影響があったと思われます。

日本でも様々な異常気象が観測されています。

そう言えば2016年台風10号は、最初西へ進み紀伊半島あたりに上陸かと思わせましたが、その後、南下し、反時計回りの動きを見せ、1951年に気象庁が統計を取り始めて初の「台風の東北への上陸(左上窓の右で台風10号を選んで下さい)」がありました。

昨年の冬から春にかけて「ラニーニャ現象」があったようですが、2017年の12月から2018年の1~2月にかけても寒い季節になると予想されています。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 308

2017年12月13日 07時40分21秒 | アジア

ここでは「中国の醜聞」を集め、必要に応じて出典やリンクも用意しましたが、そんなに頻繁にリンクを確認できませんので、もしも「既にリンク切れ」となっていたらご容赦ください。


中国軍駐留で北朝鮮の非核化を:newsweek 2017年12月7日


とんでもない提案をしています。

題名の通り、韓国に米軍基地があるように、北朝鮮に中国軍基地をもうけて、それでもって北朝鮮の非核化を図ろうというものです。

アメリカには北朝鮮領土への野心がなく、韓国もまた同族の北朝鮮を自分の主導権下で統一したいでしょうが領土への野心はなく、しかも中国軍が駐留している所を米韓が攻撃することもないため、有力な提案だとしています。

しかし、北朝鮮の非核化は実現するとしても、南北分断は固定化され、中国にとって好ましい状況と言えます。その後になって統一を考えるとしても、中国の影響がより強い状態では、まとまるはずがありません。

問題点は

北朝鮮が中国不信感を取り除いて非核化に同意するか 

でしょうか。そうでなくても昨今、北朝鮮が中国から離れつつあり、有事の場合には金一族が、中国ではなくロシアへ亡命するのではないかと観測されています。

かりに金正恩が先制攻撃してロシアへ逃げるならば、亡命ではなく戦争犯罪人として扱えるでしょう。

こういうことから、北朝鮮は、朝鮮戦争休戦協定の破棄宣言をしながらも、敵であるアメリカに先制攻撃をさせるためのちょっかいに徹すれば、ロシアや中国の支援が得られる、こう信じているからこそ、あれほど強硬な声明を出せるのでしょう。

とにかく朝鮮半島での奇妙な「正統性」があると信じているのが金一族であり、韓国人の多くもそう考えているようなので、益々やっかいです。

もう一つの問題点は

肝心の中国共産党が崩壊するのではないか

ということですね。こうなれば元も子もありませんが、崩壊以前に北朝鮮問題を解決できると考えているようです。

ただし金正恩らは崩壊によって「元に戻る」決意をしているはずで、この場合の対応が事前に必要でしょう。

そもそも中国に問題があるからこそ、北朝鮮問題がおこったのでしょう。

法を無視する広域暴力団(中国・ロシアのどちらが山口組・住吉会かは皆樣の判断)と町のチンピラ(北朝鮮)が、世間に刃向かっている構図と言えましょうか。 

行き詰まりを見せている北朝鮮問題であり

これを解決する1つの提案だとみておきたいと思います。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞309

2017年12月12日 08時32分53秒 | アジア

あさって2017/12/14(木曜日)から中国を訪問することになった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領。

しかし気になるニュースも伝わっています。 


THAAD:韓中会談の共同声明見送りへ、共同会見も中国が拒否:朝鮮日報日本語版 2017/12/11 


せっかくの韓中首脳会談ですが、その事前協議で

法的拘束力のあることが多い「共同宣言」どころか、拘束力のないことが多い「共同声明さえ出せないようでは、韓中関係が改善したとは言えません。

しかも「共同会見も中国共産党が拒否したとのことです。ますます悪化している、と言えそうです。

とは言えこれは、日頃の「双方の行ない」に原因しており、どちらかが悪かったとは思いません。中国共産党の勘違いと、韓国の瀬戸際外交からみて、いわば当然の結果でした。

自業自得というものですが、この反動で韓国は、安全パイとされる「反日」にしがみついています。

が、その反日に賛同してきた中国が、しばらく「反日」を棚上げして、日米を分断しようとする魂胆をもちながら、日本に近づきつつあると言います。だまされないよう注意しましょうね。

ということで2日後の会談の後で

両国の首脳が、個別に何かを発表する

ことになりそうです。

中国の立場として考えられるのは次のようなことです。

  1. 前の朴槿恵保守政権はアメリカを利用しようとしながら限りなく中国に接近するという曲芸をしていましたが、THAADミサイルの報復として、証拠が残らないように韓国経済を制裁してきました。
  2. 擬似民主国家とはいえ、自ら選んだ大統領を自ら罷免した韓国の状況を中国観光客に見せたくなかった中国共産党は、ちょうど降ってわいたような米製THAADミサイルの韓国配備を口実に、国家ぐるみで韓国製品ボイコット運動を展開し、証拠がのこらないよう韓国経済を制裁して1年ほどになり、まだ続けるようです。
  3. そうこうしているうちに中国がひそかに後押ししていた左翼文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生し中国は期待していましたが、これが思い通りにならないことが判明し、今ではきつく韓国にあたるようになり、事前協議では2日後に訪中する文在寅大統領との首脳会談後にも、共同声明を出せないほどです。

擬似民主国家とはいえ一応は公開が原則の韓国を相手にする場合、閉鎖的な中国も大変です。

さてさて、皆様はどう思われますか。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の醜聞54 諸外国の反応

2017年12月12日 07時29分56秒 | アジア

最近3~4ヶ月内の重要ニュース(抜けているかも知れませんが)で、各国の制裁関連だけを抜粋すると・・・・・・ 

2017/08/31 英政府が駐北朝鮮の英大使召喚
2017/09/11 国連安保理が全会一致で北朝鮮制裁決議
2017/09/11 メキシコが北朝鮮大使を国外追放
2017/09/11 ペルーが北朝鮮大使を国外追放
2017/09/11 エジプト軍事協力を断絶していると発言
2017/09/18 スペインが北朝鮮大使を国外退去
2017/09/18 クウェートが北朝鮮大使を臨時代理大使に降格
2017/12/10 韓国が2回目の「実質効果がない形だけの独自制裁

このほか当事者の米朝が挑発合戦を繰り返しているのはご承知の通りで、どんどん孤立化を深める北朝鮮。

  • それでも北朝鮮を「都合よく利用しよう」と意図している中国。
  • 北朝鮮が国連を脱退せず、一応「国交」がある国が多いのは「立派」ですが、北朝鮮大使館がありながら北朝鮮大使を追放する国が増えました。
  • 朝鮮民主主義人民共和国の国際関係については、こちらをどうぞ。
  • 北朝鮮が四面楚歌ならぬ「八面楚歌(①アメリカ②韓国③日本④イスラエル⑤オーストラリア⑥フランス⑦エストニア⑧国連)なのは衆知のことですが、韓国もまた①中国関係があやしく②アメリカ・③日本・④北朝鮮などからも疎まれ文字通り「四面楚歌」ですね。

国家主導の全体主義的熱狂が見られました。

  • 中国 :1966-1976の文化大革命・1989の天安門事件で熱狂
  • 北朝鮮1966年のサッカーW杯ロンドンで8強入りに熱狂 
  • 韓国 :2002年サッカー日韓共催で反日に熱狂

独裁国家によく見られる国家ぐるみの熱狂でした。

北朝鮮問題をみていると、米朝では大きく違いが見られます。

  • アメリカでは、この他にもたくさんの問題をかかえており、北朝鮮問題は「その中の1つ」に過ぎません。
  • 2017年11月頃には北朝鮮からの漂着船がやたらと多かったようですが、それ以外ではミサイルなどしか伝わってこない北朝鮮。この国では外国人には「案内人」という名の「監視人」がつくようで、内国人なら身分差別で管理できますが、それができない外国人は政府転覆かそれを幇助する危険分子とみなしているからでしょう。 

米朝の違いはこれほど大きいのですね。 

落語家「桂米朝」が2015/03/19になくなってからは、楽しい「米朝怪談」を深刻な「米朝会談」と聞き間違うこともなくなり、時代は変わったという印象です。

余談ですが、関東では人間国宝だった桂米朝かつら・べいちょう)でさえ「かつら・よねとも」と思う人がいたようです。これらの人もまるっきり世の中を知らないわけではなく

かつらよね)丸+源頼とも)=かつら・よねとも

らしいですね。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞308 独自制裁

2017年12月11日 11時14分37秒 | アジア

たとえそれが、事実であろうとも、なかろうとも、誰にも醜聞があります。ここでは最近の「韓国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクも提示しています。ただしリンク先を私がすべて熟読し、これに賛同しているとは限らないことを、言うまでもないとは思いますが、ご理解賜わりますように。


韓国が北朝鮮独自制裁へ 対米協調、乏しい実効性

 韓国大統領府は3日、国家安全保障会議(NSC)を開催し、北朝鮮に対する韓国独自の新たな制裁措置を検討したと明らかにした。トランプ米大統領の7日の訪韓前にも発表する見通し。:産経新聞 2017.11.3 


韓国、北朝鮮に独自制裁 トランプ氏訪韓前に続き2度目:朝日新聞 2017年12月10日


1回目の産経の独自制裁、2回目の朝日の独自制裁、ともに「形式的」とする点で一致しています。

ただし産経では見出しに「乏しい実効性」としているのに対して、朝日新聞では最後に「ただ、韓国では」と象徴的な意味を報じている違いが見られます。

しかし珍しいことですが、概して一致しているのです。

要するに

  • 日本の報道:韓国の制裁は、実質的な効果が期待されず、形式程度のもの。
  • 韓国の報道:日本の制裁は、アメリカ追随にすぎない。

でしょうが、本人はそうだとは思っていないようです。

  • 韓国では、形式こそ大切であり、実際の効果をうんぬんすることよりも重要な意味があります。しかも「韓国主導で朝鮮半島を統一したい」という同族の北朝鮮が相手なんです。当面の北朝鮮によるちょっかいがいくら多いとしても北朝鮮が本気になって同族の韓国を攻撃しない程度に「効果のない独自制裁」を立案することが何よりも重要なのです。
  • 日本では、朝鮮半島の南北代理戦争がおこなわれており、複雑な在日朝鮮人(日本国籍を取得した人もあればそうでない人もいる)の問題があり複雑です。北朝鮮の支配下にある朝鮮総連の不可解な言動や、発射するミサイルが日本列島を越えて太平洋に着水するなどの攻撃的姿勢を持ち続ける北朝鮮に対して厳しく制裁するのは当たり前なのです。 

このような違いを理解した上で

韓国の「日本はアメリカに追随するだけ」という意見

日本の「韓国は中国・朝鮮半島に追随するだけ」という意見

のどちらがより正しいかを判断しなければなりません。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さまざまな「IS」関連ニュース

2017年12月11日 10時58分08秒 | 海外

雑多なIS関連記事を集めてみました。これらからISの姿が徐々に見えてくるかも知れませんね。 


ロシア参戦で錯綜するシリアの空爆地図 

シリアを空爆する国は今や13カ国。いったいどの国が誰を攻撃しているのか?・・・・・・

米欧を中心とした有志連合の空爆の標的はISIS(自称イスラム国、別名ISIL)だが、一方ではシリアのバシャル・アサド独裁政権と戦う穏健派の反体制派への軍事支援も行っている。ロシアの標的は「テロリスト」ということになっているが、それが誰を指すのかは明らかにしていない。ISISが標的であれば問題はないが、反体制派を攻撃して盟友アサドの延命を図り、シリア国内にもつ軍事施設など自国の権益を守るのがロシアの目的なら、有志連合とまともにぶつかり合うことになる。:newsweek 2015年10月2日 


確かロシアは2015年の9月頃にシリアを初空爆しており、2年にわたって内戦が続いています。

ロシアが空爆するのは「テロリスト」であり、この中にはISも入るし、反アサド政権(反シリア政府)も含まれます。後者にはアメリカ有志軍が支援する反アサド政権(反シリア政府)も含まれます。

つまり

    • シリア政府軍を支援するロシア(空爆対象は、ISと反政府軍)
    • 反政府軍の一部を支援するアメリカ有志連合(空爆対象は、IS

場合によって、アメリカ有志軍が支援する反政府軍をロシアが空爆することがあり、間接的な米露の争いなんでしょう。 


英議会、シリア空爆参加を可決 「イスラム国」掃討へ:日経 2015/12/3 


FBI通訳者、監視対象のIS戦闘員と結婚 シリア渡航も直後に脱出:afp 2017年05月03日


イスラム教の聖地メッカで「テロ計画」阻止、犯人は自爆 サウジ:afp 2017年6月24日 9:56

まだ犯行声明が出されていないようですが、ISが起こしたテロではないかと思われます。影響された人びとが、イスラム圏で、しかもラマダンで人が多く集まる時を狙ってテロを起こす時代になってきたようで、それだけイスラム社会が多様化しているのでしょうか。

とくに産油国では経済的に潤っているため、本質的な社会矛盾が見過ごされやすいと言えます。

流れとしては、かつて爆弾を体に巻き付けた自爆が多かったのですが、徐々に日常どこにでも見られる車がテロに利用されるようになりました。


サウジなどの13項目の要求は「主権の侵害」、カタールが非難:afp 2017年06月25日 


サウジアラビアなどから国交を断絶されたカタールが、非難声明を出しております。私には、どちらが正しいかを判断する材料が不足しておりますが、例の国際関係によるものと思われ、いずれもイスラム教の派閥争いなんでしょう。よそ者は気楽に「派閥争い」と言いますが、信仰を利用したものに違いなく、きっとその裏は醜いはずです。

イスラム教があってその宗教が国を設立していますが、これは中国共産党(1921年結党)が先にあってその党が中華人民共和国を建国(1949年建国)したことを思い出させますね。

ただし中国共産党が無知なままウイグル地区のイスラム教徒を弾圧するため暴動が無数に発生していているのを見ていると、シリアやイラクを追われたISが中央アジアなど東へ移動し、中国西部も危ないのではないかと思います。

来年2018年韓国平昌大会では北朝鮮が関心事ですが、その4年後に予定されている2022年中国北京大会ではISが関心事です。 


比南部ミンダナオの戒厳令を12月末まで延長 議会で承認:afp2017年7月22日 20:39 発信地:マニラ/フィリピン

ご案内の通り、ISの影響はフィリピンにまで及んでおり、ミンダナオ島では反政府運動が激しいようです。

ドゥテルテ大統領の超法規的殺人を認めるわけにはいきませんが、ISの影響下にある武装勢力のミンダナオ島マラウィ地域占拠は、もっとひどく決して許せません。こういうことをするから、超法規的な言動を許す国民の意見があるのでした。 


法王の写真掲げ「次はローマだ」…テロ予告声明 

 【ローマ=佐藤友紀】イタリア国営放送RAIは25日、イスラム過激派組織「イスラム国」が、イタリアとローマ法王フランシスコに対するテロ攻撃を予告するビデオ声明を公開したと放送した。:2017/8/26(土) 10:48配信 読売新聞 


ローマ法皇はこのあと11月にミャンマーとバングラデシュを訪問しております。

仏教徒が多く反イスラム派が多いミャンマーでは注意深く「ロヒンギャ」という言葉を使いませんでしたが、次の訪問地であるイスラム教徒の多いバングラデシュでは「ロヒンギャ」と発言しているローマ法皇。

ロヒンギャ問題を少しでも緩和しようとしての訪問でしょうが、はたしてどうなることやら。

どこの肩をもつわけでもありませんが、現実の宗教対立は避けられません。宗教を利用して近代化をはかろうとすればするほど、その反動で対立問題は大きくなるのです。ここに限らず、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の宗教問題は、異教徒を邪悪とみなしたままの「平和共存」があり得るのでしょうか。宗教色を薄くするか、異教徒を邪悪とみなさない工夫が求められます。

ひょっとして用い方にもよりますが、日本の宗教感覚が役に立つかも知れません。多様性を認め、金儲けだけの宗教を良しとせず、好きな人はどうぞお好きに、という風潮ですね。 


モスク襲撃、235人死亡=金曜礼拝狙う―エジプト東部:時事 2017/11/25-01:49

235人は増えそうですが、継続して伝える報道機関がなさそうです。

かつてのエジプトは、かつてのトルコと同じ世俗主義社会でしたが、揺れており、ISによるテロが発生しました。

イスラム教徒が集うモスクへのテロっもあり、キリスト教徒へのテロもあります。

「ISが考えるイスラム教であるべきだ」というテロで、ちょうど中国・韓国のように「多様性を欠き現実を直視しない」政府や社会による弾圧に、似ています。  


イラク首相、イラン支援の民兵解散求める米国務長官に反論:bbc 2017年10月24日 

米ティラーソン国務長官は、イラクの民兵がイランの支援を得ているので、ISが追放されつつある現在「民兵組織を解散すべきだ」とするのですが、イラクは「民兵がイラクにとってかけがえのない希望である」と反論しております

ティラーソン国務長官の要求は、イランを敵視する米大統領トランプの方針そのものでしょうか。 


シリア ISが拠点を再制圧 撤退と見せかけ反撃:毎日新聞2017年11月13日  


住民に紛れて逃げ、無差別攻撃だと反論するIS。

撤退すると見せかけて、再び反撃するなど、何をするか分らないIS。

暴力を否定する人ならば、ISを認めないことでしょう。

ただし世の中には、自分の主義主張が通らないといっさい妥協しないどころか、暴力的に押し通そうとする人がいることも、残念ながら事実なんです。

暴力を毅然と否定できない日本共産党も、その例なんでしょうか。 


こういった「IS関連ニュース」を

ブログで取りあげることが、ISの宣伝に貢献している

との批判があります。

こういった過激で不法な行動をちまたのメディアやこういったブログがその行動を非難するにしても讃美するにしても、与する(組する)のではないかというもので、まったくそのとおりです。

ただし、フェイク・ニュース、うわさ、芸能誌と同じで、1%ほどでも真実が含まれているかも知れないので、無視するわけにもいかないというのが、つらいところです。

そう考えると

私たちの日常生活でも、好き勝手な情報が飛びかっており、それも間違いではないのでしょうが、自分の利益のために発した情報であることが多く、この中から「私たちはごく自然にホンモノを見つけよう」と努力していることに気づきます。

最後は、自分自身の「判断力」、読者諸氏の「叡智」に委ねるしかないのでしょうか。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 307 無人機

2017年12月10日 06時07分02秒 | アジア

ここでは「中国の醜聞」を集め、必要に応じて出典やリンクも用意しましたが、そんなに頻繁にリンクを確認できませんので、もしも「既にリンク切れ」となっていたらご容赦ください。


インド無人機が領空侵犯し墜落か、中国軍「強烈な不満」朝日新聞 2017年12月8日   


いつものように、中国共産党が発表したことでさえ疑いがあるのに、これをそのまま伝えたのが朝日新聞ですから、ますますその疑いが増します。

環球時報が「インド側の挑発は中印間に重大な衝突を引き起こしかねない」としましたが、これまたお笑いのネタですね。互いの国が主権を主張する地域を問答無用とばかり「勝手に自国領土」宣言をすると、こんな疑惑さえ浮かび上がってきます。

つまり、自分が挑発しておきながら、相手が挑発したとする論法は、北朝鮮でも見られますね。中国共産党 ≒ 朝鮮労働党でした。

ドローンと言えば中国企業が世界を牛耳っていますが、それを活用された中国としては耐えられないのでしょうね。

国籍不明の無人機による領空侵犯が問題になりつつあります。大きな問題に発展しないうちに情報を集めておきたいというのが中国共産党の企みでしょうが、陸上の国境がない日本としては、実にありがたいことでした。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の醜聞53 有事の動き

2017年12月10日 05時47分25秒 | アジア

怪しくなってきた北朝鮮の関係。

  • アメリカとの対立
  • 中国との確執
  • 有事にはロシアへ亡命するらしい金王朝一族
  • 日本への漁船漂着事件が頻発する昨今ですが、沿岸漁業権を中国に与えたので遠く日本海へ違法操業に出かけざるをえなくなったのでしょうか。きっと漁民を偽装する朝鮮人民軍兵士も多いことでしょう。
  • 粗末な装備の漁船に乗り込み途中でエンジンが故障し、多くは食糧もつきて餓死するか、運良く日本に漂着しても北海道の無人島で窃盗を働き「悪魔」とされる日本に逮捕されます。しかし強制送還されるより、彼らのある人たちにとっては、束の間の幸せなのかも知れません。 

とにかく、対立偽装が大昔からの常識だった地域。

当然日本と同じように考え同じように判断する、と考えるのがそもそも間違っています。

提携をしていたとか、主従関係にあったとしても、偽装の世界ですから、そのまま表面だけをとらえてはいけませんね。

その典型が、昨今もあいかわらず、見られました。

  • あれほど蜜月を繰り返していた北朝鮮が、中国から離れつつあります。
  • この反対で、国交さえなかった韓国が急激に中国へ接近しております。
  • もちろんこれは、朝鮮半島が決めたことではなく中国共産党の作戦ですので、いつなんどき、くつがえされるかわかりません。
  • 文禄慶長の役(1592-1598)での秀吉軍を破ったことだけが取りあげられる韓国ですが、応援に来たはずの明軍兵士が「朝鮮庶民を掠奪したり虐殺したこと」について語られることはありません。しかし今でも根強い中国不信感が朝鮮半島にはあるのは、こういった中国の不法行為が原因だと思われます。しかし自らがすっかり中国と同じことを繰り返しているとは・・・・・・。
  • この文禄慶長の役でかり出された李氏朝鮮の兵は身分制度で一番下の賤民だったけれども、戦争中は官職を与えられたものの、戦後はもとの賤民に戻されたり出世した者も謀反の疑いをかけられて失脚しました。まるで今の朝鮮半島そのものではあ~りませんか(笑)。
  • 李朝と明・女真族・庶民との関係を今に置き換えると、北朝鮮と中国共産党・ロシア・庶民とそっくりであり、それに韓国とアメリカが加わっておりより一層ひどくなっていると言えます。
  • こういった李氏朝鮮の「堅固な身分制度」と「国際関係」まで、今と400年前とで何ら変わっていないのが、奇妙すぎるのでした。いまどきあり得ないと思うなけれ!

その国の歴史を知ることによって、日本では考えられない裏を、考えられるようになるでしょう。

ただしこれは日本でもそうですが

勝者が歴史をつくり、敗が文学をつくる

ということに注意しながら、その裏をみていく必要があるのです。

  • 次の時代を受けついだ人たちにとって不都合な歴史は書かれるはずがないので、その書かれなかった事実を探らねばなりません。
  • さらに次の時代を受けつがなかった人たちが書いたはずの文学でも、本当の事が書かれたと考えてはいけないでしょう。
  • とにかく、現在おこっていることさえ正確に理解できないことが多いのですから、時代をさかのぼって歴史を考える場合、できあいの物語ではなく事実を解明するという姿勢、これはある程度こころの余裕がある人にしかできないでしょうが、必要になるのでした。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞307 朝鮮王朝と徳川幕府

2017年12月10日 05時13分06秒 | アジア

とにかく、7代までの王をとっても、太祖の李成桂が祖国である高麗に反逆して高麗朝を滅ぼし、自ら王朝を創建した後に、5番目の息子の芳遠が、王世子(皇太子)と3人の兄弟を殺害して、3代目の太宗王に即位した。4代世宗王の2男である首陽大君は、幼い甥の6代端宗の後見人でありながら、端宗王を殺して王位を簒奪し、7代世祖となった。

その後も、血みどろの骨肉の争いが絶えず、そのつど、政策の継続性が断ち切られた 

日本の徳川時代265年と、何と大きく違っていたことだろうか。徳川の歴代将軍と幕閣は法を重んじて、よく遵守したから、このあいだ継続性が保たれた。このために、日本は徳川期を通じて、世界でも珍しい平和を享受し、当時の世界において高い経済成長率を維持した。

李氏朝鮮と徳川の日本を較べると、文字どおり別世界であった。そのために19世紀後半に両国が近代世界に参入することを強いられた時に、日本が物心ともに驚くべき強靭な力を備えていたのに対して、朝鮮半島はそのような活力をまったく持ちあわせていなかった。:P.158-160 崔基鎬(チェ・ケイホ)「韓国堕落の2000年史」祥伝社黄金文庫 


なぜ私が、こういった過去の韓族を例にだすのか、ですが

  1. 何百年も前と比べて、朝鮮半島が何も変わっていないことを示すため
  2. 今の朝鮮半島をより深く理解するため 

にほかなりません。

  • 朝鮮半島内で左派右派の確執がおこる

高麗王朝(918-1392)の武将として李成桂(り・せいけい)が、中国攻撃のため出兵したものの雨で河を渡れず引き返しその後王朝との確執があり、最終的に自分の王朝であった高麗王朝を滅ぼして李氏朝鮮を設立し初代国王になりましたが、明(中国)を利用して自ら朝鮮半島の支配者になろうとしたのに、何のことはないあらゆる細かいことまでいちいち明に報告しなければならない「明の属国」に堕したのでした。

同じように今年(2017年)5月に、朝鮮半島らしく独自性を出そうとしていたはずの保守政権をのっとって、北朝鮮や中国を利用しようとした左翼文在寅政権ですが、ひょっとしたら再び同じようなことがおき、中国の言いなりの政権になるかも知れません。

  • 韓国大統領が職を辞してからの不幸な老後 

これは韓族の「骨肉の争い」そのもので、「仕返し・復讐」をすることが公然の「美談」であり、昔も今も変わりません。日本では江戸時代はともかく、明治になって「負の連鎖を招く」としてあだ討ちは禁じられましたが、韓国ではまだいきているのでした。

韓国では、いまでもまるで日本の江戸時代のように、自分が大統領職を得ているうちに、過去の大統領が自分達にした情け容赦ない攻撃に対して復讐しておかねばなりません。

そこには、自分が大統領職を辞した後で同じように自分が仕返しされるなんてことなど、念頭にないのは言う迄もありません。その場その場のことで頭がいっぱいなのをさして視野狭窄症(しやきょうさくしょう)と申します。 

  • 政策の継続性が断ち切られた 

骨肉の争いが美談ですから、「継続性」などどうでもいいことなんです。中国と同じで、直前の政府を全否定するところに、価値があるのです。全否定するには、弾圧がなければなりません。中国では報道規制・言論弾圧・密告制度・取材制限・国家機密漏洩罪が常識ですが、韓国でも社会的に抹殺する手段を講じることで全体主義国家を目指しております。

韓国と中国のFTA以後、韓国の経済はがたがたになりましたが、それに追い打ちをかけるように中国は韓国に経済制裁を加え、もうどん底にある韓国経済です。しかし不思議なことに、韓国はいっさい中国に文句を言っておりません。それは堕落した保守政権が結んだFTAだからです。協定を破棄してまで中国の属国を振り切る勇気はありません。「政策の継続性」などありませんね

日韓の慰安婦問題に関する合意が結ばれましたが、それは堕落した朴槿恵保守政権が結んだ外国との合意であり、こちらは2017年内にも「合意を破棄」しようとしています。これまた「政策の継続性」などありませんね

もちろん半世紀前に結んだ日韓基本条約さえ時の朴正煕軍事政権が結んだことなので、破棄しなければなりません。「政策の継続性」などありませんね

韓国では、外国との条約や合意は、自分の私腹を肥やすことや国内の対立に比べたらどうでもいいほど小さなことなんです。

すべて前の政権を否定することが、今の政権の存在価値でしかありません。国としての継続性など、どうでもいいことなんです。これが長年どこかの国の属国として生きてきた民族の、悲しい実体なんでしょう。

破棄しようと試みたのですが、それはとりもなおさず「政策の継続性」がないということでした。

かくして、世界の各国は、韓国の政府に疑惑をもちはじめ、条約をむすんではいるものの、どんどん孤立していくばかりです。この根本的な問題を解決しないまま、海外にどんどん慰安婦像を作ったり、徴用工像を作ったりするので、ますます嫌われてしまうのですが、それがまったく分っていないのが情緒不安定な韓族でした。 

以上が私の考えですが、さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国最低気温

2017年12月09日 12時50分16秒 | 科学(気象)

いつもの通り気象庁のデータを使っております。上記を含めた全観測地点でのこの日この時刻までの最高最低気温は次の通りでした。

最低  -9.0℃(札幌)・・・・・・都道府県庁所在地

最高  29.0℃(南鳥島)・・・・・・都道府県庁所在地以外

最低 -16.2℃(帯広)  ・・・・・・都道府県庁所在地以外
=================================================

高低差45.2

 

だいぶん冷えてきましたね。

北海道を含めて北部東北地方では軒並み氷点下

いまのところ最低気温が10℃以上なのは、沖縄だけのようです。

ここ石垣島では16.4℃ですが、昨晩もずっと室内では「21℃」にまで下がっており、薄い掛け布団が必要になってきました。

それにしても高低差が「45.2℃」もあるのは、すごいことですね。

ただしPCやテレビをつけていると、24℃位の室温になっています。まだ暖房は必要がないというところです。

その昔、旅人で沖縄へ来ていた頃、20℃を下回る程度で電気ストーブを足もとに置いていたのを見て、私は思わず笑っていましたが、5年も石垣島に住んでいると、もうすぐ20℃を切るようになると笑われるほうになりそうです(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの醜聞 69 イスラエル大使館移転

2017年12月09日 11時55分01秒 | 海外

2017/12/05 ごろアメリカの大統領トランプが、またまたやりました。

イスラエルの大使館を、テルアビブからパレスチナへ移す準備を命令したとのことです。

日本人の多くは、たいしたことがないと思っているようですが、ややこしい宗教的な場所ですから、大混乱がおきていて、アメリカに対して大規模なデモや闘争に発展する恐れがあります。

そもそもアメリカ議会が可決していたけれども

歴代の大統領が諸般の事由で6ヶ月ごとの署名をして『大使館の移転』を延期していたのが、どうも引っかかります。

今回トランプが、その署名をせずに(延期を取りやめ)、大使館の移転を実施しようとしているからです。

このため

中東のみならず、世界各地で反米闘争が始まりつつあるということです。それまでに米大統領トランプの娘イバンカの夫がユダヤ教徒であり、イバンカもユダヤ教に改宗(2009年7月)しており、トランプ自身もユダヤ教徒の帽子をかぶっていました。


米トランプ政権 エルサレムをイスラエルの首都と認定へ:NHK 2017/12月6日 11時02分

宗教の自由だというのでしょうが、これが原因で世界中を混乱に陥れているならば、「宗教」というものはやっかいなものだと再認識しました。

菅官房長官は「日本の大使館移転は考えていない」としています。 


エルサレム首都承認で緊迫=パレスチナ各地でデモ、100人超負傷:時事2017/12/08-05:38  

反米闘争がより深刻になる可能性が大です。

銃社会の大混乱のアメリカとしては、北朝鮮の挑発や中東での大混乱など、何とも思ってないのでしょうか。

一刻も早くトランプを弾劾しなければならないようです。 


米エルサレム首都認定:産経新聞2017.12.7 10:14

こちらでも、EUやドイツやイギリスが懸念を表明しているようです。 


米のエルサレム首都承認で各地抗議デモ、衝突で負傷者も:CNN 2017.12.08 

こちらでは、イスラム教徒たちのデモを伝えながら、同時に当地のキリスト教徒の「2国家解決という和平プロセスにとどめが刺された」という失望感も伝えています。

デモだけではなく、こういった反対側の意見報道も大切でしょう。 


米のエルサレム首都認定、パレスチナ各地でデモ 散発的衝突も:afp 2017年12月8日 

すでにイスラエルとパレスチナ自治区での争いが起きていると報道しています。  


今後どうなるか、まったく見当がつきませんが、私なりの予測をしてみますと

  • 反米闘争が、より活発になり、中東各地で衝突が激化する。
  • 米国内がさらに大混乱に陥る心配があります。
  • トランプが弾劾され、新しく大統領選挙が実施され、アメリカの中東政策は元に戻る。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加