ひげ爺の独り言

埼玉県の北東部で健康維持と地域活動と読書と家庭菜園に汗をながす田舎ぐらし。時には温泉と食の旅を楽しむ生活模様の独り言。

街なか散歩 10 〔日光市〕

2017-06-20 09:38:46 | 旅行・秘湯・巡礼 
その日は、梅雨の時期なのに 薄日のさす 好天となり 気温は23度であった。
栃木駅に集合した 男7人の年寄り集団は、ひげ爺の若かりし時の同級生達。
「蔵の街・栃木」を 1時間半ほど散策、近龍寺の隣にある蕎麦処で昼食した。
食事後も新栃木駅まで歩き、14時45分の始発会津高原行で 日光に向かう。
日光駅には宿の迎えがあり、送迎車で市内の旅館に到着したのは4時すぎ。
ゆっくり過ごす予定も、懐かしさや親しさから 当然「ワイガヤ」の一夜となった。

翌日も好天、朝食してから荷物を預け 世界遺産二社一寺の見学に出発した。
石段や坂道を幾つか上り輪王寺へ、本堂となる三仏堂は 改修中のため全体
が覆われていたが、工事に関わる展示もあり 詳しく理解できる部分もあった。
ゆるい坂道をしばらく上がって東照宮を参拝、神厩舎で 三猿(見ざる・言わざ
る・聞かざる)を見て、改装し色鮮やかになった「陽明門」を見ながら くぐった。
つづいて 奥の院入口の 「眠り猫」を見て、朱印帳をお願いしてから 本殿で正
座参拝し、最後に薬師堂で「鳴き龍」を体験してから 二荒山神社を参拝した。
歩き続けた後、旅館に戻って 荷物を受け取り 昼食場所に向かって出発した。

日光の昼だから、名物「ゆば料理」を 新装なった専門店で味わう予定なのだ。
高齢者ゆえ 少々バテ気味ながら、なだらかな下り道なので 二足歩行を強行。
途中で名物の羊羹を買い求め、さらに歩くと12時半にその「エサ場」に到着。
老舗で「ゆば懐石」をゆっくり味わい、旅の終わりを 満足・満腹で締めくくった。
『東武日光駅に着くと、スマホは8700歩を越えていた 』 と、ひげ爺の独り言。
良く歩いた 2日間、ほとんどが病気持ちの高齢者ながら さすが 「男子校」 だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡良瀬遊水地 なう 〔夏色〕 | トップ | 夏野菜の収穫が本格化して »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話様でした (松田)
2017-06-25 05:56:51
一週間も経ってごめんなさい。
完璧な企画そしてガイド、昔話に花が咲き美味しいモノが食べられて楽しいひとときが過ごせました。
有り難うございました。

閲覧感謝 (ひげ爺)
2017-07-01 15:01:40
松田さん、ブログ閲覧のうえコメントいただき有難うございます。
次回も楽しく旅しましょう!。3828

コメントを投稿

旅行・秘湯・巡礼 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL