はちみつブンブンのブログ(伝統・東洋医学の部屋・鍼灸・漢方・養生・江戸時代の医学・貝原益軒・本居宣長・徒然草・兼好法師)

伝統医学・東洋医学の部屋・鍼灸・漢方・養生・江戸時代の医学・貝原益軒・本居宣長・徒然草・兼好法師・・

養生一言(9)

2017-08-07 16:53:43 | 養生一言

今日の一言」で連載中の、養生に役立ちそうな言葉を、週ごとにまとめておきました。

真実というものは、いつも人間の病気にきくわけじゃない・・・

真実さえあれば、いつでも魂の療治ができるというもんじゃあない・・・

(ゴーリキー『どん底』中村白葉訳より) 

正直が一番。

でも人間には、ときにはウソも必要です。

常に歩き、常に働くは、養性なるべし。

なんぞいたづらに休みをらん。人を悩ます、罪業なり。

(鴨長明『方丈記』より)

観の目つよく、見の目よわく、

遠き所を近く見、ちかき所を遠く見る事、兵法の専也。

(宮本武蔵『五輪書』より)

木を見るときは、森も観ましょう。

患部を見るときに、全身も観るように。

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。

かんじんなことは、目に見えないんだよ。

(サン=テグジュペリ『星の王子さま』内藤濯訳より)

寿ながければ辱多し

(『荘子』「天地篇」より)

古の聖人、堯の言葉。

長寿だからといって徳を養えるわけではない、と言いました。

それに対して荘子は、

命が長ければ自然の摂理にしたがって、自由気ままに生きたらよい、

と言います。

一、深くこの生を愛すべし

一、省みて己を知るべし

一、学芸を以って性を養ふべし

一、日日新面目あるべし

(会津八一「秋艸堂学規」より)

先掬ぶ 暁わくや つつ井づの 井づつの水は 薬とぞなる

(曲直瀬道三『養生誹諧』より)

まずむすぶ あかつきわくや つついづの いづつのみずは くすりとぞなる

朝に一すくいの水を飲むことは身体によいものです。

今日の一言

トップページ

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養生一言(8) | トップ | 養生一言(10) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

養生一言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL