八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~

八幡平の自然については、まずこのブログで情報を!
ビジターセンターの活動、花や紅葉、旬の情報満載でお送りします

大沼紅葉情報

2016-10-11 12:06:24 | ガイドウォーク

大沼の紅葉の様子をお知らせします。

大沼を取り巻く湿原の外輪の低木はもちろん、周辺のブナの森の色づきも進んでいます。

まずは散策路入口から。 今日も時計回りで大沼を一回りしながら様子を見ていきますね。

木道におりてすぐ右手。 イヌツゲの奥のハウチワカエデが赤くなっています。

大沼南側、キャンプ場に向かう分岐付近から。 湿原の中のレンゲツツジやナナカマドなどの様子や奥のブナの色づきも良くわかります。

南側の湿原の様子。 湿原を縁取る低木が綺麗ですね。

振り向いて沼側を一枚。 イヌツゲの緑が紅葉を引き立てます。

木々の切れ間からこれから向かう大沼西側の様子が見えます。

黄色のミネカエデたちのトンネルをくぐって進みます。

沼尻、澄川口からの様子。

西側の木道。 早くに色づいたミネカエデは葉を落とし始めていますが、まだまだこれからも楽しめますよ。

湿原の草紅葉を挟んでビジターセンター側の様子

西側の湿原はこれから草紅葉のピークを迎えようとしています。 北側のブナ林もだいぶ紅葉が進んできました。

西側のブナの様子。 離れてみるのと近くで見るのでは見え方も違いますね。

こちらはナナカマド。 大沼南側のナナカマドより、少々色づきが遅いです。 ちょっとしたかんきょうの違いで紅葉の進み方が全然違うんですよ。

北側のブナ林へ向かいます。

青空にハウチワカエデの赤が映えます。

北側ブナ林入口のハウチワカエデ。 だいぶ色づきが進みましたね。

ブナ林の中から水面をバックにミネカエデを一枚。

上を見上げてブナの様子。

ブナ林の中はこんな感じ。 日中に暖められた空気が夜間も留まりやすいブナ林の中も着実に色づいています。

木漏れ日の中をゆっくり歩きましょう。

途中、南側の風景を眺めます。

ちょっと振り返り、西側の景色も。

ミネカエデの下をくぐり湿原に出ます。

湿原の葦も、光と見る角度によっては綺麗に見えますね。

湿原のデッキに出て一枚。

今歩いてきた北側ブナ林。 水面近くまで色づいています。

隣のデッキに移動して澄川口方向を望みます。

デッキを出て散策路出口へ向かいます。 葦の向こうに南側のブナの森。

お疲れ様でした。 道路に向かって見る景色も今までと違ってきましたね。

最後にミズナラの鮮やかな黄色を一枚。

大沼の紅葉はまだピーク前、まだまだこれからです。是非遊びに来て下さいね。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八幡平中学校「ボランティア... | トップ | 10月7日「発電所&秘湯で地熱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。