八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~

八幡平の自然については、まずこのブログで情報を!
ビジターセンターの活動、花や紅葉、旬の情報満載でお送りします

【自然情報】7月4日 後生掛自然研究路に行ってきました。

2017-07-09 15:09:47 | 大沼・後生掛

7月4日 曇り

後生掛自然研究路に行ってきました。


噴気地帯に多いヤマタヌキラン
タヌキの尻尾みたいですね♪


オナメ・モトメ

後生掛温泉の由来になっている噴湯です。

二ヵ所から温泉がザブザブ!
以前より活発になっているような…


年中変わりない噴気地帯♪
歩いているだけでもあったけ~っす♪

奥に見える茶屋には半熟の黒たまごが食べれます!


ハナニガナ

ハイマツ
雄花が咲いています

シラタマノキ(花)
花は意外と地味ですが可愛いんです♪


ガクウラジロヨウラク


アルビノ??
白っぽい花をつける樹もありました♪

大泥火山!

泥火山は世界的にも珍しく、日本で見られる場所は八幡平と北海道の阿寒湖だけです。

そして八幡平の後生掛自然研究路内には日本一大きな泥火山その名も「大泥火山」があります!


あれ?!去年より大きくなってる??
ポンポン泥を跳ね飛ばしていました。


大泥火山から大湯沼の手前までは陥没の恐れがある場所があるので通行止めになっています。


てなわけで大泥火山から引き返し、大湯沼へ


広々とした場所は開放的でとても気持ちがいいです♪


イソツツジ


もお直ぐ大湯沼


陥没するかもしれぬ通行止め箇所。

(昨年から)

地熱の活動は動いたり活発になったりするのでこればかりはわかりませんね。


大湯沼


大湯沼にも泥火山はありますが昨年より大きいのがたくさん!

活発になっている証拠ですかね。


95度近くの泥がポンポンはねています。


高台からの大湯沼西側

以前は一周できた大湯沼ですが昭和56年夏に西側の至るところで発生した噴気や噴湯によって破壊、陥没してしまったため通行止めになってしまいました。

現在も西側は特に噴気が強く、湯気で真っ白です。


高台からの大湯沼もお勧めです!

 

散策後には後生掛温泉の売店でアイスや黒タマゴを是非!

 

後生掛自然研究路は全て舗装された遊歩道になっていますので歩きやすいです。
ですが、毎年遊歩道外に立ち入る方が後を絶たず、皆噴気に落ちて大火傷をしてしまいます。

散策の際は歩道から外れないでください。

そして、後生掛自然研究路も国立公園内になっていますので植物の採取は厳禁です。

 

盗掘もダメ・ゼッタイ!

クマたな

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月9日「湯治場マルシェ」に... | トップ | ふれあい登山 夏の裏岩手連... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大沼・後生掛」カテゴリの最新記事