八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~

八幡平の自然については、まずこのブログで情報を!
ビジターセンターの活動、花や紅葉、旬の情報満載でお送りします

大沼紅葉情報

2016-10-17 14:04:16 | ガイドウォーク

大沼の紅葉の様子をお知らせします。

大沼は紅葉のピークを迎えました。昨日、一昨日と好天に恵まれ、沢山の紅葉を楽しまれる方で賑わいました。                         今日は曇り勝ちのお天気ですが、紅葉は充分に楽しめますよ。

それでは大沼を時計回りに一周しながら様子を見ていきますね。 散策路入口から見ると、奥のブナの森の色づきが良くわかります。まばらに生えるオオシラビソの緑がアクセントになって紅葉を引き立てます。

大沼南側、キャンプ場への分岐付近から。 こんなに綺麗になりました。

キャンプ場に続く木道。 鮮やかですね。

向きを変えて大沼越しに北側のブナ林。 

ちょっと進んでもう一度南側の湿原を見ると草紅葉も見事です。

色々な場所から色々な角度で色々な方向を見てみましょう。 赤く染まったレンゲツツジの向こうに大沼と北側のブナ林を望みます。

沼尻、澄川口から。 日差しが出ると綺麗な紅葉が水面に映し出されます。

昨夜の雨で葉が落ちたものもありますが、落ち葉の木道を歩くのも風情がありますね。

大沼西側。 早くから色づいて私たちを楽しませてくれていたきぎは落葉が進んできましたが、まだまだ楽しめますよ。

ビジターセンター側を一枚。 お天気が良いと草紅葉も輝きますからお勧めです。

これから向かう北側のブナ林。 入口で真っ赤なハウチワカエデが待ち構えていますよ。

ブナ林手前の紅葉トンネルも鮮やかになりました。

ブナ林入口のハウチワカエデ。 本当に綺麗ですね。

この中を進みます。

ちょっと振り向くと・・・ 

ブナ林の中も明るくなりました。

目線を下に向けると水面が青く輝いています。

上を見上げると日差しがブナの葉を透かしています。

木々の間からの光景。

間もなく湿原へと出ますよ。

ミネカエデの黄色い落ち葉の階段をおりて湿原のデッキへと向かいましょう。

その前にブナの隙間から南側の湿原を一枚。

デッキから南側の湿原方向。

隣のデッキへ移動しようと振り向くと、そこにも美しい光景が。

ちょっと角度を変えてビジターセンターを隅に入れて一枚。 大沼の西側からとは色合いも違って見えますね。

葦の向こうに南側の湿原奥のブナの森。

湿原中央のデッキに着きました。 ここからは北側のブナ林を一枚。 水面に見えるコウホネの枯れかけた葉が物寂しげです。

このデッキからビジターセンター側を見ると・・・ さっきの場所からとは見え方がちょっと違いますよね。

お疲れ様でした。 出口へと向かうと、湿原から見た道路側の景色もだいぶ変わりました。    

道路に出て、ビジターセンター脇の様子も一枚どうぞ。

大沼の紅葉は最盛期です。今シーズン最後の植物たちの鮮やかな姿を是非ご覧にいらして下さい。                            これを見逃すなんてもったいないですよ。

 ただ、大変残念なことに湿原に立ち入り植物を踏み荒らした光景が多々見受けられます。
写真撮影の際には木道いっぱいに三脚を広げる、三脚の脚を湿原に立てる、木道から外れて湿原等に立ち入る、アングルの邪魔になる植物を折る等の行為はおやめ下さい。                                                                    自然を相手に楽しませてもらっているのですから、自然に対する心遣いも必要なのではないでしょうか?                        最低限のルールやマナーを守って自然を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日 紅葉情報【曽利滝・... | トップ | 「第8回野生動物写真コンテス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。