機屋(はたや)スタッフのコーヒー奮闘記

コーヒーというノミモノをこよなく愛する機屋スタッフの日々のつぶやきと機屋の毎日をお伝えします。

HATAYA's project

風邪に良い?

2017年01月23日 | ナカタ
この冬、もう何度か風邪をひいていますが、またしても体調を崩しぎみです。
出産してからめっきり風邪をひきやすくなり、子供たちと風邪のキャッチボールの日々を送っています。


先日、店主からコーヒーは風邪に良い、なんてことをチラッと聞き、早速調べてみました。

結論からいうと、あながち間違いではないようで、利尿作用があることから解熱作用があることや
代謝を高めることなどから風邪に良いと言われているようです。

が、そこはインターネットの情報なので、鵜呑みにはしていませんが
好きなものを飲んで風邪が治るのなら、それに越したことはないですね。

「早く良くなれ~」と念じながら、今日もたくさんコーヒーを飲んできました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京の珈琲を求めて

2017年01月20日 | ささかわ
久しぶりに東京にいきます。
目的は珈琲。

この話をすると周りは大体、驚くんですよね。
「え? わざわざ珈琲のために東京に行くの?」
というような感じで。

ただ自分のなかでは、定期的に
東京の珈琲には直に触れる機会を設けたほうが
いいような気がしています。
古きよきものを守ることは大事。
一方で今吹いている風を感じるのも、
大事なことだと思うのです。

今回の旅では、珈琲の世界では大御所のところから
知り合いにおすすめされたお店まで
わりと幅広く、のんびりと巡り歩く予定です。
一体どんな珈琲に出会えるか、楽しみです。

本日は旅立ちの前の一杯。
スマトラリントン2010年物です。
冬においしい苦味の珈琲のなかでも、
こちらは特におすすめ。
クラシックな佇まいのある
ビターチョコレートを連想させる香味。
スマトラ好きの方はぜひご賞味いただきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感覚を研ぎ澄ます

2017年01月18日 | ナガヤマ
最近ハマっていることは、
「味覚」と「嗅覚」を鋭くする事。

特に今はスパイスやハーブに関心があり、
何かと比喩に使いがちです。

香りは脳の神経と直結しているので、
嗅覚を鍛えれば何かと便利だろうと思い、
色んなスパイスやハーブを試しています。

香りは珈琲にとって特に重要なファクターなので、
しっかりと嗅ぎ分けれるようにしたいですね。

珈琲豆を焼いていると、
香りは1番大事な判断材料であるという事が分かってきました。

良い状態の香りを記憶していれば、
どんな豆にでもある程度対応でき、
微妙な焼き加減も香りで判断する事が可能らしいです。

味覚や嗅覚を鍛える為のキットがあるそうで、
ソムリエはこれで味覚と嗅覚を鋭敏にしているとの事ですが、
自分もこれが欲しいなぁと思っています。

6000円位するそうですが・・・。

これからもスパイスとハーブの勉強を続けていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年01月16日 | ナカタ
盛岡は先週からぐっと寒くなって、景色もようやく“冬”らしくなりましたね。

年が明けて2週間。

そんな寒い日に食べたいケーキ、ありますか?
日本ではケーキよりも、甘~いあんこのお餅の方がしっくりくるのですが
わたしはこの時期“ガレット・デ・ロワ”が食べたくなります。
かつて、青春時代を過ごしたフランスでは、年が明けると
パン屋さんやケーキ屋さんの店頭にずらりと並ぶこのケーキ。
見た目も味も“ケーキ”と呼べるほど華やかなものではなく、本当に素朴なものです。
このガレット・デ・ロワは、キリスト教の公現祭という行事を祝うものらしいのですが
それについての知識はあまりないので割愛…
そして、盛岡でガレットを売っているお店もあまりないので、作りました!



ただ作るのもおもしろくないので、機屋っぽくアレンジ。
通常はパイ生地の中はアーモンドクリームなのですが、コーヒーの粉を混ぜてコーヒー風味に。
これは機屋スタッフみんなでオヤツの時間に分けました。
食べてくれる人がいると作り甲斐があって楽しいですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1992年物

2017年01月13日 | ささかわ
最近、ずっと自分で点てた珈琲ばかりが続いていました。
「たまには他のひとが点てた珈琲を飲みたい!」
…というわけで。
久々、点てていただきました。
今回の銘柄はオールドコーヒーのなかから、
“ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1992年物”です。


この珈琲は、1992年仕入れのオールド豆。
日系ブラジル人のシモサカさんが経営していた
カルモシモサカ農園のブルボン種。
日本とのご縁が深い銘柄のひとつです。

機屋でオンリストするブラジル産の珈琲はいくつかありますが
ストレートのブラジルに関していえば
独特の滋味が感じられます。
今回味わった“ブラジル ブルボン カルモシモサカ 1992年物”は
いかにも機屋らしいブラジルの味わいが
長期熟成という過程を経て、
もっと奥行きのあるものになった印象。
柔らかな物腰のなかにも、凛とした品があるというか。
とても贅沢な一杯を味わった。という心地になれました。

…と同時に。
いい珈琲との出会いは、いろいろなものを
くすぐられるようでして。
「よし、自分もこういう珈琲を点てられるようになろう!」
という意欲が自然と湧いてきました。

珈琲の世界では、自分の殻にひきこもるのではなく
ナニカを広げようとする意識も大事なようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不作

2017年01月11日 | ナガヤマ
現在最強寒波とやらが日本に来ているようで、
各地で大雪が降っているとニュースでやっていました。

一応岩手は北国なので、
十分降ってもおかしくないのですが、
何故か盛岡は全く降りませんでした。

これから降ってくるのか・・・、
とても心配ですが、
他にも心配事があります。

世界1位の珈琲生産地であるブラジルが、
どうやら不作のようで、
世界市場に大きな影響を及ぼすかもしれないとの事。

一昨年はジャマイカやドミニカが不作で、
特にブルーマウンテンは珈琲市場を騒がせました。

今回は世界最大の生産国なので、
影響力はとてつもないと思います。

ますます我々にとって辛い状況になってきていますが、
今までと変わらぬクォリティで提供できるように頑張ってまいります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒースタンドで

2017年01月09日 | ナカタ
普段は本町菓子店にいることが多い私ですが、週に1、2回は
カワトク地下のコーヒースタンドで接客もしています。

スタンドにいらっしゃるお客様は、機屋ともdemiとも違って
お買い物帰りにひと休み、という方が多いようです。

そんな疲れた時にはぜひ甘いのもを、、
私がオススメするまでもなく既に人気のシフォンケーキ。
+50円でホイップクリームのトッピングができるんです!
私個人としては、ぜひともホイップ付きで楽しんでいただきたいです。

お買い物帰りに立ち寄る際には、コーヒーと一緒に
シフォンケーキでひと息ついてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウェブショップ・オールド&エクストラコーヒーのご案内

2017年01月07日 | ささかわ
松の内も本日1月7日が最後。
正月らしい空気もようやく落ち着いて、
いつもの日常的な雰囲気が戻ってきた気がします。

例年どおりであれば、これから少しの間は
慌ただしさも一段落するはずなので、
その時間をつかって、じっくり珈琲と向き合うつもりです。

さて。
話題は変わって、今回はウェブショップからのおしらせです。
今年初めて、オールド&エクストラコーヒー、
オンリストしました。

久々登場「ニカラグア SHB 2000年物」
「コスタリカ ボルカンアズール 2002年物」の他、
寒いこの時期におすすめの「マンデリン リントン 2010年物」。
前回ご案内したなかでも、とりわけ評判の良かった
イエメンのモカ2銘柄をご用意しました。

--------
【オールドコーヒー】
・ニカラグア SHB 2000年物
・コスタリカ ボルカンアズール 2002年物

【エクストラコーヒー】
・マンデリン リントン 2010年物
・ムニール モカ イエメン ※好評につき、追加焙煎!
・イブラヒム モカ イエメン ※好評につき、追加焙煎!

☆★ 秘蔵・オールドコーヒー
http://hatayacoffee.com/beans/old.html

☆★ 特選・エクストラコーヒー
http://hatayacoffee.com/beans/old.html#extra
--------

いずれも今が、特においしい珈琲です。
ぜひ、ご賞味ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珈琲初め

2017年01月06日 | ささかわ
少々遅いご挨拶になりますが
新年あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いします。

さて。
みなさんは今年最初の珈琲、何を味わいましたか?
ささかわの元日は「ムニール モカ イエメン」でスタートしました。

珈琲豆が発見されたという伝承のあるイエメン産のなかでも
「光(ムニール)」という名前を冠するモカコーヒー。
その佇まいは「正統派」という言葉がピッタリの、
珈琲のおいしさを再認識できる一杯でした。

その後、さまざまな産地の珈琲や
機屋のオリジナルブレンドなどを立て続けにテイスティング。
お酒のはしごならぬ、珈琲のはしごを楽しみました。
年末が慌ただしかったのもあって、
ゆったりとした気分で過ごす元日のコーヒータイムは
至福のひとときでした。

今年も、機屋の掲げる
「わたしたちの真ん中に珈琲があります」
という言葉を意識し、日々珈琲の道を
自分なりに歩いて行くつもりです。

--------
最後におしらせです。
現在、ウェブショップで販売している賀正セットは
「ブレンドセット」「ストレートセット」
の2種のみ、残り僅かの販売となります。
販売最終日は1/9(月・祝)まで。
とてもお得なセットですので、この機会にぜひどうぞ♪

★☆機屋の賀正セット
http://hatayacoffee.com/gift/season_2017newyear.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年初焙煎

2017年01月04日 | ナガヤマ

明けましておめでとうございます。

年明け1発目の焙煎はコロンビアからスタートしました。

やはり深煎りを練習したいので、
いつもなら止めてしまう所を我慢してやや深めに。

最近は焙煎時間もコンパクトに仕上げてみてます。

どうも酸味が抜けきらないので、
芯に火が入りやすくなるかと思い、
火を近火にしています。

感覚的には3~4センチ近づけただけで、
焙煎の進み具合がガラッと早くなりまして、
四苦八苦しています。

火の強さ、時間がどのように豆に作用するのか、
まだまだ解明されていないので、
終わりのない迷路を進んでいるようで、
何処がゴールなのかまだ分かりません。

焙煎中の豆の内部がどのようになっているか、
何処かの研究所で解明される日を夢見ています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加