平成20年度不用額は「約14兆円」

去る8月10日、財務省主計局司計課が民主党・川内博史事務所に提示した資料によると、平成20年度の一般会計・特別会計および政府関係機関の不用額の合計は、13兆9,608億円でした。

一般会計980・特別会計348の項目が該当します。

しかも、この金額は、毎年不用額として計上されていた数字にほぼ一致しています。従ってこの点からも、民主党が予算に優先順位をつけて、子ども手当や高速道路の無料化、あるいは農家の戸別所得補償を実施していくことは、極めて現実的な政策なのです。

平成20年度決算 不用額 (財務省主計局司計課)

平成20年度決算 (項)の数 (財務省主計局司計課)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 民主党の農家... 農村に光を! »