6月19日 内閣委員会 暴対法改正 参考人質疑

6/19内閣委員会で、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法、暴対法)改正案」(法案概要 法案要綱)に関する参考人質疑で質問。

(参考人)

北橋健治北九州市長

疋田淳弁護士

小林節慶應義塾大学法学部教授

 

私の質問は3点。

①生活保護問題と暴力団との関係

・暴力団関係者の不正受給と貧困ビジネスについて

・憲法25条と生活保護の関係について

②違法ドラッグ・脱法ハーブ販売と暴力団について

③組織犯罪対策法の共謀罪と参加罪について

大阪から来られた疋田弁護士は、貧困ビジネスや違法ドラッグ・ハーブに暴力団の関与が強く疑われる、とのご意見。小林教授は、共謀罪に大反対で、「参加罪というお考えは誠にもっともだ」と言って頂きました。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新型インフル... 国民の生活が... »