2013年7月~、Simple Adult Living 淡々と生きるブログ

似たもの読者^^にとって、価値のある 「生活行動ジャーナル」をめざします。

ちょっと早いですが、8月の英語 Sense of Purpose 目的を意識する ⓹⑥/12回

2017-07-29 20:02:14 | 日記

 

英語好きな方へ~

 

2017年5月の、ハーバード大学の卒業式典講演、今回でようやく半分~

週一投稿、また1週間遅れたのでxx 長文すみません。

 

Facebook Founder Mark Zuckerberg gave his address at Harvard’s 366th Commencement on May 25, 2017 at Tercentenary Theatre.

2017年5月25日、ハーバード大のターセンテナリー・ーシアターの演説より

 

 

 ++++++++++++++

 

 

 

 

⑤    Today I want to talk about three ways to create a world where everyone has a sense of purpose: by taking on big meaningful projects together, by redefining equality so everyone has the freedom to pursue purpose, and by building community across the world.

今日私は、すべての人が目的意識を持てるような世界を作る3つの方法を話したいと思います。 *まず、意義のあるプロジェクトを一緒に始めること、 *「平等」を再定義して、すべての人が目的を追求できる自由を持てるようにすること、そして、*垣根を越えて、世界にコミュニティーを築くことです。

 

 

 

First, let’s take on big meaningful projects.

まず、意義のあるプロジェクトを始めようではありませんか

Our generation will have to deal with tens of millions of jobs replaced by automation like self-driving cars and trucks. But we have the potential to do so much more together.

私たちの世代は、自分で運転する車やトラックのようなオートメーションによって、とても多くの職が奪われることになるでしょう。その対応策として、一人ではなく、多くの人と一緒にできる何かがあります。

 

Every generation has its defining works. More than 300,000 people worked to put a man on the moon – including that janitor. Millions of volunteers immunized children around the world against polio. Millions of more people built the Hoover dam and other great projects.

 

すべての世代で、それぞれの時代の仕事があります。30万人以上の人が、人類を月に送るために働きました。先ほどの清掃人も含めてです。 何百名のボランテイアは、ポリオに抵抗するために世界中の子供たちにワクチンを注射しました。何百名以上ものもの人々は、フーバーダムを作ったり、その他の偉大なプロジェクトを立ち上げました。

These projects didn’t just provide purpose for the people doing those jobs, they gave our whole country a sense of pride that we could do great things.

これらのプロジェクトは、単にその仕事をする人々に目的を与えたというのではなくて、国全体に、自分たちはこんなに偉大なことができるんだという誇り、自尊心を与えたのです。

 

 

 

Now it’s our turn to do great things. I know, you’re probably thinking: I don’t know how to build a dam, or get a million people involved in anything.

But let me tell you a secret: no one does when they begin. Ideas don’t come out fully formed. They only become clear as you work on them. You just have to get started.

今度は私たちが偉大なことをする「時」なのです。きっとあなたは考えているかもしれない、どうやってダムを作るのか、どうやって百万人もの人々を参加させていくのか、自分はわからないと。

けれど、私は言いたい。誰も、初めは分からないのです。 アイデアというのは、完全な形で生まれるものではないのです。やっているうちに明確になってくるものです。始めればよいのです。

 

If I had to understand everything about connecting people before I began, I never would have started Facebook.

もし私が、始める前に人々をつなぐ方法をわかっていたとしたら、FACEBOOKを始めることはなかったでしょう。

 

 

 

 

⑥    Movies and pop culture get this all wrong. The idea of a single eureka moment is a dangerous lie. It makes us feel inadequate since we haven’t had ours. It prevents people with seeds of good ideas from getting started. Oh, you know what else movies get wrong about innovation? No one writes math formulas on glass. That’s not a thing.

映画やポップカルチャーは、このことがわかっていません。アルキメデスが叫んだという、“ユーレカ”:世紀の発見、瞬間のひらめきというのは危険なウソです。そんな発見は経験したことがないので、自分ではできないと人は思うでしょう。いいアイデアの種があるから、何かを始めるのだと人々は思いがちです。ああ、それから、FACEBOOKを題材にした映画が、イノベーションについて間違ったことを言っていると知っていますか?ガラスに数学の公式なんて誰も書きません。問題は公式ではないのです。

 

It’s good to be idealistic. But be prepared to be misunderstood. Anyone working on a big vision will get called crazy, even if you end up right. Anyone working on a complex problem will get blamed for not fully understanding the challenge, even though it’s impossible to know everything upfront. Anyone taking initiative will get criticized for moving too fast, because there’s always someone who wants to slow you down.

 

理想的になることはいいことです。けれど、誤解されるということも覚悟してください。大きなビジョンを持っている人は誰でも、クレイジーだと呼ばれます。たとえ後々それが正しいとわかったとしても、です。複雑な問題に取り組んでいる人は、そのチャレンジについてよく理解していないと責められます。すべてのことを前もって知るなんて不可能だとしても、そう言われるのです。イニシアテイブをとる人は誰でも、早く前に進みすぎると批判されます。あなたにスロー・ダウンしてほしいという人が、いつも存在しているからです。

In our society, we often don’t do big things because we’re so afraid of making mistakes that we ignore all the things wrong today if we do nothing. The reality is, anything we do will have issues in the future. But that can’t keep us from starting.

 私たちの社会では、間違いを犯すことを恐れるあまり、大きなことにとりくまない、ということがよくあります。でも、何もしなければ、今日の間違っていることをすべて黙視するだけです。現実として、私たちの行動のすべては未来にかかわるのです。 何もしない、スタートをしないと未来は動かないのです。

 

So what are we waiting for? It’s time for our generation-defining public works. How about stopping climate change before we destroy the planet and getting millions of people involved manufacturing and installing solar panels? How about curing all diseases and asking volunteers to track their health data and share their genomes? Today we spend 50x more treating people who are sick than we spend finding cures so people don’t get sick in the first place. That makes no sense. We can fix this. How about modernizing democracy so everyone can vote online, and personalizing education so everyone can learn?

 

では我々は一体何を待っているのでしょう? 私たちの世代が、社会的な活動を定義するのは「今」です。この星が壊れてしまう前に、気候変動を止めるのはどうでしょう?何百万人の人がソーラーパネルを製造し、とり付けるのです。また、すべての病気を治して、ボランテイアに健康データを突き止めてもらい、遺伝情報をシェアするというのはどうでしょう?今日、病気の治療するために50倍以上の人がかかわっているところを、初めの段階で病気にかからない手立てを考えるのです。病気にかかってからでは遅い、事前になんとかできるのです。あるいは、民主主義を近代化して、オンライン投票したり、すべての人が学習できるように個別の教育をオンラインでできるようにするのはどうでしょう?

These achievements are within our reach. Let’s do them all in a way that gives everyone in our society a role. Let’s do big things, not only to create progress, but to create purpose.

So taking on big meaningful projects is the first thing we can do to create a world where everyone has a sense of purpose.

 

こうしたことは私たちの手で達成できる時代です。社会でみんなが役割を持てるような方法で、問題は解決しようではありませんか。進歩を創造するだけではなく、目的をつくるのです。

大きく、意味のあるプロジェクトを [始めること} は、すべての人が目的意識を持てるようにするために、私たちができる最初の事柄なのです。

 

 

 

++++++++++++++

 

今回の部分スピーチを読んで、「はじめること」が大事とMark Zukerberg 氏が語っているので、

 

私は、ずーっと手に入れたいと思っていた、背中や腰痛の痛みを抱える人のための

背骨を伸ばす器具、これをぜひ、日本に紹介したいと思います!

 

 

 

オリンピック医でもあった、Dr. Reloy Perry の考案の器具で、

もう20代のころからほしいと思っていました。

 

まず、手に入れること、から「はじめたい」と思います。

これって絶対、人の役に立つもの!

 

 

 

少ない貯金、崩そう~ (笑)  Peggy

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母喜ぶ^^ 耳つぼジュエリー | トップ |  Sense of Purpose ⑦/12回 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL