viento y sol

過ぎ去りし日々の物語を、そして尾張の国から吹く”風”を・・

あの夏の日から

2017年07月16日 | Weblog

 

  

   去年の夏、遠くで暮らす旧友から左手で書いたハガキが届いた。
        病に倒れ右手が使えないと、ただそれだけが書いてあった。
        今年もまた暑い夏が巡ってきたが、
   あの夏の日から彼の音信は途絶えたままだ。

   若かった頃、夏は、常念、燕、槍を歩き
   冬は、大山を一緒に滑った男は今どうしているのやら。
    
   いつだったか、琵琶湖畔の長浜あたりで一度会おうと約束したのだが
   旧友はもう来ることができないのか、尾張の夏は暑い。
    
        

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の客 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北海道の夏も暑いです (ohisama)
2017-07-16 21:56:38
marimoさん

お若いときは登山やスキーを楽しんでおられたのですね、初めてお聞きしました。

体に入っている金属は、アタカマ砂漠を駆け抜けていたころのお仕事のせいでしょうか。

真夏日が続いて10日あまり、この暑さも冬には恋しくなるのです。
体調を崩されませんようご自愛ください。
錆びたボルト (marimo)
2017-07-18 19:59:50
ohisamaさん

北海道も猛暑のようですね。
尾張は熱帯夜です。

「錆びたナイフ」なら絵にもなりましょうが
「錆びたボルト」はお笑いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL