どこまでも続く独り言

悠久の独り言です。気にしないでください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おひっこし

2010年08月29日 01時54分28秒 | よもやま話
まえまえから考えていたのですが、ブログのお引越しを行います。

このつたないブログを継続して読んでいただいている方々は、

http://d.hatena.ne.jp/contemi/

にリンクの貼り替えをお願いします。

特に何が大きく変わるものでもないのですが、Twitterとの連携をはかりたかったのと、最近のブログは簡単にお引越しが出来るのだなぁと感心してサクッと出来てしまったことが引越しの理由です。

記事すべてが新しいブログの方へ移動出来ていますので、昔懐かしい方はご覧ください。
ですが、まだカテゴリー等の設定が出来ていませんので、探し辛いでしょうけど・・・

では、新しいブログでお会いしましょう・・・

P.S.8月は更新2回かな・・・w



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東寺

2010年08月04日 20時39分22秒 | 自転車
相変わらず、7月もほとんど更新ができませんでした

よくよく考えたら電車に乗ってる時間が短くなっている、その短くなった時間にtwitterをしている、等々ブログを書く時間が減ったのは確かなようです

最近遠出してなかったので、前日に気合いを入れておいた東寺への自転車走行を敢行しました

以前、嵐山に行った時はあえて淀川から桂川を経由して行ったのですが今回は茨木から高槻を抜けて171号線を走るルートを選びました。


(途中、山崎付近にて新幹線と)

東寺は京都の玄関口ともいわれ、嵐山より若干近い場所に存在します。昨年の奈良以降走行距離50キロを超えたのは舞洲と宝塚の2回、70キロ超えたのは嵐山と奈良しかありません。

日々ちょこちょこと自転車にのってはいますが、ロングになるとそれなりに準備もしておかないといけません、また、嵐山も奈良も秋から冬にかけて走ったので、この最近の炎天下とは比べるべくもありません。なんせ最近の暑さは死ねる暑さですからね・・・

十分な水と着替え、あえて長袖など準備をぬかりなく行いました。

行きは体力があることもあり、朝10時にスタートして吉祥院九条までは2時間で到着しました。純粋には2時間かかってないですね。そこでご飯休憩を取り、少し走ればもう東寺です。


(東寺の有名な五重塔と)

一度も中に入ったことがなかったので、拝観料(500円)を払い中へ、人も少なく雰囲気は非常に良い感じでしたね


(五重塔)

実はこの段階でかなりへばってました、もちろん暑かったのが一番の原因ですが、少し残してた余力を河原町通りに向けて使ってしまったのが、帰りのかなりのしんどさの原因ですね。


(東寺からみた京都タワー)

河原町通りを一回りして再度171号線に出て岐路につきました。が、向日町を過ぎたあたりから暑さとだるさとの戦いとなります。それまで平均時速20キロ代で走っていたのが19キロに落ちました。また、水分補給の時間も多くなり、バテバテでしたね

なんとか茨木までたどり着き、その日は何もできず即寝

走行時間3時間48分(実走時間) 走行距離73.99k 平均速度19.4k 実際の時間は4時間半くらいでした。ほぼ奈良東大寺への距離と一緒(茨木ー東大寺間75.1k)でした。

走れることは走れるのは解りましたが、暑さがかなりきついですね。思い立ったように走りだすのはよくありません

でも、まあ、走れたよ、ということで


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HTC Legend

2010年07月13日 18時40分02秒 | HTC Lgend
私の検索の上位はかなりDesireで占められているようです、全国に流布していないから私のブログでもひっかかるのでしょうか、たいしたこと書いてないので見に来ていただいた方々には申し訳ないのですが

さて、そのDesireの兄弟機といいますか、HTC Legendを手に入れましたので、レポートしたいと思います。

そもそもDesireを持っていればこれ、要りませんwスペックはこっちのほうがダウンしますし、様々な部分でDesireより劣っています。
HTC Legend
CPU600MHz/ROM512MB RAM384MB/3.2インチ 320×480ドット/126g
HTC Desire
CPU1GHz/ROM512MB RAM576MB/3.2インチ 480×800ドット/135g

違いはDesireに欲しかった部分、アルミニウムボディをLegendは持っています。
(Desireもフレーム部分は金属でできています、念のため)


(HTC Legend 海外製品ですので英語表記となりますが、アプリをインストールすることで日本語表記が可能となります)

端末自体は小ぶりなため、手に持った感触はすっぽりと手になじむ感覚です。また、アルミボディなわりには小柄なため、Desireより軽いです。
OSはAndroid2.1ですので、2.2は現在日本では(一応)未入荷の為、最新のOSということになりますね。扱いはほぼDesireと同じと考えていいでしょう。

画面が小さいからなのか、動きに関してはそこまでもたつくものではありません。Desireではよいしょっと動いていたスクロールがスムーズに動くのは感覚によるものなのでしょうか・・・どうかわかりませんが、もっさりは無いですね。


(海外製品の為、当然SIMフリー、写真ではsoftbankとなってますがdocomoでも動作確認行いました)

購入の段階でroot化されていたため、日本語でのメール送受信が可能です。i.softbankが使えます。この設定をdocomoSIMで受け止められるのはさすがSIMフリーだなぁと思いました。

使ってて思ったことなんですが、やたらとwifiの掴みが良くない、あと電波受信も苦手なようです。これはSIMフリー端末だからなのかどうかって所なんですが、アルミボディの影響もあるかもしれません。カメラに関しては良くも悪くも500万画素、メモ代わりには普通に使えるといったレベルです。シーンモードも夜景とかそういったものが無いですし、まあ、htcにカメラ性能を期待してもってところです。あと、シャッター音を消す、という項目が普通にあります。日本では考えられない仕様ですが、海外品って感じですね。昔使ってたX02HTよりは格段と綺麗に撮れます、まあ、当たり前ですけど(笑)


(Legendによるマクロ撮影、オートフォーカスやちらつき補正など一通りの機能は備えています)

音楽機能は細かな設定は出来ず、リストを作って聴くだけの簡易的なものです。ここらへんは個々のこだわりなところでしょうか。通話品質などは普通に出来てますので問題ないかと、高品質とは言えないようですが音量は爆音になりますので、聞こえないとかはないですね。
フォルダ管理はAndroidの特性なのでしょうが、任意のフォルダを作って取り出したいデータをそこに掘り込み、端末で該当のアプリを動かせば勝手に認識し、読み込んでくれます。もちろんWMAなど拡張子によっては読み込まないものもあるのですが、これは楽な仕様です。

スペック的に劣るとはいえ、通常使うにこちらのほうが使いやすい事になり、今ではこちらをメインで使用しています。root化の影響か妙なエラーが出たりするのですが、私には理解できないのでほったらかしです(笑)壊れた時に対処します。

この端末が届く少し前にiPhone4も届いてましたが、これに関しては書かなくとも良いでしょう
ちなみに上の画像2枚はiPhone4で撮影した画像です。同じ500万画素ですが、iPhoneは網膜液晶のおかげで撮影時はめちゃ綺麗なんですがPCに落とすとがっかり画像の感じを私は受けました。同じ感じで撮影したものを載せておきます。


(iPhone4画像、光入ったのはご愛嬌で・・・)

HTCの製品は確実に進化していますね、日本の携帯電話の製品作りはSONYがブラウン管で引っ張りすぎて失敗した構図に似ています。安定したマーケットはすぐ淘汰される時代です。先進的革命的なアイテムを作り出せばiPhoneや今回のxperiaのようにまだ成長の余地はあるはずです。様々な思惑があることはわかりますが、通信業者が主導して物を作る構図はもう限界じゃないですか?売り上げが下がるのは当たり前のことで、いつまでも右肩上がりで行くはずないじゃないですか。

日本の携帯会社に日本人が期待してはいけないですかね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iphone騒動

2010年07月03日 10時29分32秒 | iPhone
iphone4が発売され、様々なところで様々な声が聞こえてきます。

私も予約しましたが現段階でまだ手元に来ていません、そういった方も多いかと思います。

欲しい物を買う、それは消費者喚起になりよい事と思いますが、iphone4が本当に必要な人がどれほどいるのでしょうか?

オークションなどで破格に取引されていたりしますよね、お金に換算されると今の価値はその程度らしいです。
この価格で今提供されてる方々はいらないんですよね。

物の流れはこういってできていることは十分承知しています。
話題があるからこのように動く。

当たり前の話ですが、私の中ではどうも少し割り切れない。

その物にどのような価値観を生み出すかは人それぞれです、それを他人が強制することはできないでしょう。ですが、気持ちを表現することぐらいはあっても良いかと思います。

appleの持っていきかた、やり方に共感できない部分が私の中でかなり増えています。また、それに追随しないといけない今の市場の流れもどうも納得がいきません。
魔法のアイテム、そうかもしれませんがすべてにおいて共感できるものではありません。

ですが、知るためには使わないといけない、私は持ってない、けど批判します、ではその言葉そのものに全くの根拠がない。
twitterでもそうなんですけど1000人にフォローされたら自分も1000人フォローしておかないと意味がないと思うのですよ、よくフォロワーさんのみが多い方いるのですけど自分から絡みにいくことで相手が何を思っているのかを知るための良いツールだと私は思っていますので。これも個人個人の裁量の部分です。とある方は呟きの場なので返す必要はないと言っておられました、それもその人の価値観ですが私とは相いれないですね。

電波が弱かろうが、黄色い液晶だろうがiphoneはiphoneです。Applestoreに持っていっても現段階では交換には応じない、と泣き寝入りして戻ってる方もいらっしゃるようです。

これが企業体質でしょうか。トヨタが強烈にリコールで揺れている時に売れているappleがこの姿勢で許されるのでしょうか?

勝てば官軍、負ければ賊軍。

秘匿主義を批判はしません。ですが、誠意ある対応を行うことが今後の企業の在り方だと私は思ってます。

電波に関してはアップデートしたようですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の欠片を運んできたはやぶさ

2010年06月15日 16時17分19秒 | 時事ネタ
小惑星探査機はやぶさが6月13日の夜、母なる故郷の空をみつつ帰還、消滅しました。

7年間に及んだはやぶさプロジェクトはここにいったん幕を下ろします。

既に様々な記事に記載されているので、私の気持ちのみをここに記していきたいと思います。

宇宙の謎を解き明かした後にビジネスになるでしょうか?
一昔前なら戦争と称して領土拡大などを自分の利権に変えていったりしたことでしょう。

今回のはやぶさの目的はなんだったのか、もちろん細かな目標はJAXAからも発表されています。ですが、今この研究が私たちに直接富をもたらすわけではありません。
何度もここにも書いてきたと思うのですけど、目の前の利権だけで様々な事を運営してはいけないんですよ。生きるためには「今」「未来」なんです、過去は過去なんですよ。

はやぶさが残した軌跡と奇跡は私たちの次の世代にしっかりと受け継がれるべき現代の遺産です。くだらない権力争いや汚職、道徳観無視の法制度等、あなた達は今その瞬間に何をしてるんですか?

それぞれにそれぞれの意見があることでしょう。価値観も違えば生き方も違う、ですが国家に所属する以上何かの集合体の中で生きていることに変わりはないんです。

戦争が終わり60年過ぎ、過去の生き証人たちが消えていく中で新しい枠組みを作るべき方々が何やってんです。

JAXAはアメリカやロシアが膨大に費用をかけて宇宙研究をしている中、一握りの予算で世界的規模の偉業をやってのけました。この方々は日本人です、日本の国家の為に動いた彼らの遺産を今後誰が引き継ぐのでしょうか。ほかならぬ日本人ではないのでしょうか?このまま予算を削り、貴重な技術遺産が海外に流れていくのを国家は黙って見過ごすのでしょうか。

はやぶさの技術制作担当企業にはNEC、三菱重工、古河電工など和製企業の名前がズラリと並びます。はやぶさは日本企業の技術の結晶なんです。
平和な時代が長く続き、国家という言葉の垣根が薄れてきているとも思えますが、歴史は途切れることなく続きます。社会主義が崩壊し、資本主義になりましたがその資本主義も決して盤石ではないでしょう。

日本という国は技術大国と呼ばれてきました、ですが今はかなり平凡な国になってしまっています。これは世界的に技術力が向上していることももちろんありますが、安定期に入ってからの日本が成長を止めてしまった事にも大きな原因があると私は考えます。
新しい事への挑戦、ライト兄弟やノーベル、様々な出来るわけない、を覆してきた技術者の未来をここで消してはいけません、国家の損失になります。

はやぶさと他の事柄を比較するつもりはありません、ですが、見習うべき部分はかなりあるでしょう。川口教授もおっしゃっています、「あきらめないこと」ここはすべての可能性ある事に向けての目標の言葉にもなるでしょう。

私は宇宙が好きです、生きている間に行けないでしょうけど、空を見上げて考えることは大人になってもなんら変わることはありません。今回のはやぶさの7年越しの帰還は私の人生の中でもう体験できることではないかもしれません。はやぶさ2の計画があるようです、仮に15年までに打ち上げられて10年越しに戻ってきたとしたら、また感動を味わえるかもしれませんね。そのとき私は50歳を超えてしまっています。

次の世代の人たちが今の技術を引き継ぎさらに大きな目標に向かって羽ばたいていく、はやぶさの大気圏突入の焔(ほむら)はまさに不死鳥(フェニックス)と言えると私は思います。私の瞼にやきついて今も離れません。

一つの歴史が終わり、新たな歴史がすでに始まっています。何が重要で何が不要なのか、もう一度国家レベルで考えてみませんか?

はやぶさが残した最後の地球の写真、まさに目を閉じようとしているようで機械とはいえ、心が灯るのかと普段ではありえない感傷を持ちましたよ。

おつかれさまでしたとともに、夢の欠片を運んでくれてありがとう。

次に繋げていきます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那智勝浦

2010年06月06日 23時55分01秒 | 旅行
最近また携帯ネタばかりですので、久々遠方に出かけましたのでそのネタを書きたいと思います

先週は室戸岬に出かけたんですが、ここではアップしてませんね
いろいろ写真は撮ってきたんですが、また機会があればアップしたいと思います。

さて、今週は本州最南端潮岬(岬好きだなw)に出かけてきました。


(有名な潮岬灯台)

室戸岬と潮岬って私の家からだと距離的にほぼ同じなんですよ。片道300キロ弱といったところでしょうか。で、両方とも途中から高速道路が無い、というところも似ていますね。
潮岬までは大阪から岸和田を抜けて和歌山へ、阪南道をさらに南下、田辺市までは高速があります。田辺についてからはひたすら海岸線を走り抜けます。これが長い!

途中白浜温泉や串本を抜け、一路那智勝浦へ、片道5時間の道のりです。


(灯台から太平洋を臨む)

灯台に到着したときにはすでに夕方4時を回っていました、灯台の入場時間が4時30分までなんで、急いで灯台へ。
そのあとは、本州最南端の石碑のある芝生まで移動しました。


(本州最南端の文字、もうひとつ地図の無い石碑があります)

とくに目的はありません、那智までいくなら世界遺産を見ようかな、ぐらいな感覚なんですよ。んで、ようやく到着、今回はしっかりと宿をとりましたよ


(洞窟温泉で有名なホテル浦島)

このホテルかなり大きい、温泉もかなり沢山完備しています。ですが、作りが昭和50年代なのは否めません・・・昔は老舗のホテルだったんだろうなぁとそこかしこに感じるものがありました。ですが、雰囲気は抜群なのと、あとかなりの宿泊客だったことは明記しておきます。洞窟温泉は紀州藩の徳川家も使用したことある由緒ある洞窟温泉だそうです。一見の価値がありますが正直お風呂以外はかなり寂れているので、お値段もこなれています、温泉メインなら価格的にも十分選択肢に含まれるかと思います。

次の日はここまできたなら世界遺産を見学しなければ、ということで那智大社と那智の滝に向かいます。


(三重塔から臨む那智の滝)


(あの景色w)

おお~と思わせる景色ではあります、なかなか遠い場所ですが行けるなら行ってみていただきたい場所ではありますね。時間的に那智本宮大社は廻れなかったのですが、また時間を見つけて廻りたいですね。


(境内にあった特大おみくじ)

少し歩いて滝のふもとまで、


(滝壺から)

帰りは新宮経由で311号線を一路白浜へ、大渋滞に巻き込まれ、7時間近くかかって大阪に到着しました
一泊二日で行くにはちと遠いですし、見応えのあるものが多いので、余裕をもって行かれたがいいかなと感じました。

やはり、旅行はいいものです。普段見れないもの感じられないものを目で体で感じるのは違った感覚をもたらしてくれます。
今回は連チャンで行きましたが、最近はなかなか時間が取れてなかったのもあったので行けるときには行こう、と思い出かけました。出かけるのが億劫になるようでは駄目ですね

自分の時間をどのようにして使いこなしていくか、遊びも仕事も全てにおいて一本道に繋がっています。分岐点は色々あれど、終着地点はそんなに変わらないんだろうなぁといつも思っています。ですので、出来る範囲の事はこなしていたいんですよね、それがたとえ役に立たないと解ったとしても。出かけるときは様々な感覚が頭の中で浮かんでは消えていき、家に帰ってくると元に戻ります。
そしてまた、明日からの日常を過ごすのでしょうね。

思い出として記憶に残りながら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HTC Desire その2

2010年05月23日 08時53分55秒 | HTC Desire
DesireでMMSが対応していない事は前回お話ししました

それの弊害が端末で発生しています。


(デフォルトのMMSメッセージアイコンを動かすとこのような画面が出ます)

これは、サーバ側ではMMSを受信しており、SIMを通して端末にメールデータを送信する際にDesireでは端末がこの仕様になっていないために、寸止め状態で端末に知らせていることによる弊害です。SMSは問題なく受信しますが、このメッセージアイコンとのリンクにより、SMSも見れない状態になっています。画面では解り辛いのですが、強制終了の文字が見てとれるでしょうか。これを押すとアプリ自体が強制終了となり、メッセージの確認ができません。
少し調べたのですが、同じ状況に陥っておられる方のサイトではSIMは抜き、ガラケーに差し替えてデータを端末に逃がすことにより、プッシュ機能の無効化をはかっているようでした。で、同じようにガラケーに差し替えてデータの送受信終了後、再度DesireにSIMを差して確認するとまた、同じ文字が出てしまいました。

サーバ側に溜まった私のSIM宛てのデータをガラケーに逃がすことによりプッシュデータの一掃をはかったのですが、どうもそんなに簡単にはいかないようです。

おかげ様でDesireの簡易メールは完全に沈黙している状況で使っていません。root化でMMSの受信ができるようになるようなことも書いていますが、これはかなりハードルが高く、私のような凡人が動かすまでにはまだ、洗練されたやり方をまとめてくれるまではかなり難しそうです。yapnのようにはまいりません。

まあ、softbank回線が2個あることになるので、Desireで受信しなくてもiphoneでやればいいのですが、動くなら動かしてみたいですよねぇ・・・

私がDesireを購入したのはDesireに魅力がある事もそうなんですが、android端末を手に入れる、という趣旨もありました。メインで使ってるdocomoSIMをXperiaに差し替えるという手もあるのですが、外で使う機会の多いF-01Bの防水、1200万画素カメラ、ガラケースペックフル装備携帯はやはりまだ日本で使うに便利な部分も多いのです。一番の望みは昔のソニエリがdocomo向けに出した、902iのwpぐらいの大きさで、VGA仕様による1000万画素クラスで防水、防塵、耐衝撃、当然ストレート。これが出てくれれば私は10万でも買い替えますね。もちろんもっさりとかそんな初歩的な問題はクリアーな状態で、ってことが前提ですが・・・

日本におけるdocomo網は捨てがたいです、softbankはまだまだ電波問題が残ります。魅力的な商品が多いので、目移りもするのですが、今のところ欲しいと思えるものは今回の新作ラインナップからでも無いですね、docomoで対応できます。

無線LANに複数接続できる仕様はいいかもですね。ポケットwifiあるんですが・・・

まあ、そんなわけでandroidのお勉強ということでDesireは使わせていただこうかと思っています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪をひいてしまいました(笑)

2010年05月16日 09時03分52秒 | よもやま話
1年ぶりくらいに風邪をひいてしまいました。

昨年末から仕事内容も変わりチャレンジしていくことが多く、また、体引き締めのために始めた自転車が思いのほか効果を発揮したためにかなりスマートな体になってしまいました。

先日高校の同級生と久々にご飯にいったのですが、そのときに別人と思った、といわれるくらいに痩せているようです
もともとスポーツをやっていてやめた反動で太ったのですがこれが学生の頃にさらに肥大化wまあ、むっちりもいいところ・・・

社会人になってやばいと思い、やせ始めてリバウンドしてまた元に戻るといった感じですね。まあ、人間やればそれなりに出来るものです。今は服でもSが入るくらいに痩せてしまいましたが、自転車をやめていないため、健康的に痩せているようです。仕事自体がデスクワークな事もあり、油断するとすぐ戻るため、こまめに自転車、食の増減をしているとまあ安定します。これでも肉は食べていますので、健康的に痩せてるのではないかと思っています。

それもあってしばらく風邪とは無縁だったのですが最近の身の回りの変化と仕事の変化等重なって体調を壊してしまいました。やはりバイオリズムは大切ですね。迷ったり悩んだり、無理したら必ずどこかに弊害が出るものだということを改めに教えられました。

事態を改善させることが最優先なんですが、これがまた思うようにいかず・・・

自らが動いて物事は解決させるしかないので、おいおいとやっていきます。今は風邪っぴきんなんで、まったりと治療に専念することにしますかね

みなさんもご自愛くださいね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HTC Desire

2010年05月15日 19時24分48秒 | HTC Desire
では、次(笑)
品薄が続くHTCのAndroid2.1端末Desireです



様々なサイトに様々な事書いてますので、私の主観のみでいきますw

外観は枠部分が金属仕様になっているので見た目以上に重たさを感じますが、金属大好きな私にとってはこれはおおいに評価できる部分です。裏側はマットな仕上がりなんですが、傷つきますね。操作部分の黒部分はラバー加工になっており持った感触は私は好きですね。
あ、あと電池パック取り出し辛いです

以前Xperiaを触った時にこんなにもっさりなのかなぁ、と思った感覚は見事に消えています。キビキビ動いている、といった感じでしょうか。ただ、カクつくのは宿命なのかこれはどうしようもないですね、iphoneが滑らかすぎます。
よって操作感はおおむね良好と言っていいでしょう。
光学ジョイスティックの感度が良すぎて少し触っただけで画面が右に左に移動してしまいます。慣れの問題でしょうが最初は軽くイラッとします(笑)


文字の変換に関してはiphoneがおバカすぎるので比較するならガラケーになると思いますが、iWnnという入力システムを採用してますがまあ、悪くないです。わけのわからない変換にはしてこないですね。通常のままではフリック入力に対応していないので、ここらへんはアプリでカバーします。アンドロイドマーケットもかなり沢山のアプリありますね。

初期状態のアプリで正直たいがいのことは事足りますね、ですが、やはりキャリアメールに対応していないのはいただけないですね。今まではしっかりとローカライズ出来ていた部分ですので、Xperiaと戦うならここは押さえておきたかった部分です。対応させると言っていますがどこまでしてくれるかsoftbankですので私は微妙に捉えています。元々があんまりキャリアメールに依存していない方々はまったく問題ない部分なんですが・・・
発売を急がせた感アリアリな仕様になっていますね。

それぞれの機能の動きは申し分ないです、ここらへんはさすがSnapdragonとAndroid2.1といった所なんでしょうね。

次にアプリなんですが、iphoneと違って搭載されているROM容量が少ないため当然ガンガン入れていくとすぐなくなります。microSDHCは必須になりますが32Gとか高すぎますね、まだ。16Gでとりあえず補完です。とりあえずすぐ入れたのはフリックできるソフトFlickwnnとタスク管理commantalb、赤外線ないのでMYQR、わすれちゃいけないtwitterクライアントtwicca、ぐらいですね。これで当面はやっていけます。後は吟味しながら利便性を図っていきますかね。

荷物が届いてすぐwifiの設定をしたのですが、なんの問題もなくすんなりと認識しています。家庭用の無線ルーター分、ポケットwifi分、問題ありません。
このSIMの契約は通話のみのホワイトプランだけなので、通信してしまうと法外な値段になってしまうので、これは必須なんですよね。

触りこんでまた書き足します






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月ですなw

2010年05月01日 17時54分42秒 | イーモバイル
ご無沙汰でございます(笑)
最近twitter打つのが忙しくなかなかブログの更新してませんでした。
良く見ると4月は2回しか投稿してないですね~これはいけません

ではでは、しばらくぶりの携帯ネタでも

最近購入した中ではイーモバイルのH12HWというものがあります。

(液晶画像は気にしないw)


ファーウェイ(華為技術有限公司、Huawei Technologies Co. Ltd )という会社(聞きなれないですが、pocketwifiを作った会社です。)が制作しています。
ストレート端末好きな私としては出た時から気になっていたのですが、いろいろあってイーモバイル自体を塩漬けにしていたのもあったので、なるべく使わないようにしてきた結果今の時間になってしまっていました。発売自体は2009年2月に発売されました。1年くらい前の端末ですね。


外観はかなりコンパクトです、小さいもの大好きな私にとって嬉しくなる大きさですね。小さい割には端末としてのパワーをそこそこもっており、HSDPA・W-CDMA/GSM
(1.7GHz(UMTS)、900/1800/1900MHz(GSM))と、GSMにも対応しています。テレビ電話もついてますね、HSDPAは3.6Mbpsとなります。日本語変換もなぜかATOK(笑)Bluetooth®のバージョンが1.2なのは少しいただけないですが、この端末でそれなりなことはできるようになっています。カメラも200万画素でまあ、携帯としては使えない、というレベルではないです。microSDも2GBまでとなっていますが、なぜかmicroSDHCを認識したりします。こういったむちゃくちゃな仕様が私、大好きですw
しかし、建てつけが悪いというか、ギシギシ言うわけではないのですが、繋ぎ目と繋ぎ目の間から光がこぼれていたり、段差があったりとまあ、作りはいい加減と言わざるをえません。かみあってないんだものなぁ・・・こういったいい加減な作りはやめましょう。日本で売るにはまずこういったクオリティの段階で消費者に見放されます。


もともとイーモバイル自体のすみわけが私の中ではあまり確立されておらず、pocketwifi以外のメリットを今のところあまり感じていません。契約はしていますがほとんど使用していない状況の中イーモバイル回線は2回線あります(笑)
知り合いでイーモバイルなど持っている人もおらず、通話するにしても意味がないのですよね、ましてやEMNETも契約してないない状況で完璧な塩漬けとなっているので、ここに投資する理由もないのですがTouch Diamond(S21HT)自体にあまり魅力を感じていなかったので、それを売ってこれを買ったみたいな感じです。やはり私はストレートが好きなようで、こちらのほうが落ち着きますね。端末のパワー的には圧倒的にTouch Diamond(S21HT)なんですが(笑)


最近はDesierも発売されて、こういった端末の存在意義が少なからず影響されてきてるかなと、個人的には感じています。端末も当然時代によって変化するべきですが、クラシックな端末の存在する意義はどこにでてくるでしょうか。

端末で出来ること、それは個人個人がその端末をどのように使用するかで分かれます。単純なガジェットマニアならゲームPCと同じでG-FORCE GTX295とかを積んでいればいいと思いますが、そうじゃない方々も世の中にはたくさんいらっしゃいます。

端末が売れなくなり、セグメント自体も徐々に狭められ、選択肢も少なくなってくるでしょう。そうしないとメーカーは生き残れなくなります。一昔前の飽食の時代は過ぎ去っています。利便性との融和、メーカーは様々なアプローチから端末を作りださなければならなくなります。そういったなかで淘汰される端末もあります。

このH12HWなんかはまさしくそういった風の中の商品であると私は思います。ですが、そういった中途半端な端末があってもいいんじゃないかなって思うのは私くらいでしょうかね

同じようにパカパカばかり、横見ても後ろ見てもiphone、気がつけばAndroid・・・みたいになっていくなら、それはそれで少し寂しいかな、と思ってみました(笑)

まとまり悪いですが、まあ、相変わらずの独り言ということで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加