畑こうじ情熱ブログ

あなたがいるから頑張れる。わたしの熱い想いを感じてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高速道路上限料金制

2010年04月29日 09時09分04秒 | Weblog
 高速道路の上限料金制度が話題ととなっています。
 限られた財源約2.6兆円で料金引き下げと高速道路整備を行おうという難しい二元連立方程式を解こうとする政府案であります。
 確かに料金が上がるパターンの人が多いので評判が悪いのですが、つきつめると問題は、トラックは170㎞以下の走行が大部分であるにもかかわらず、上限料金移行はその距離より大きいこと、中型トラックと大型トラックの車種区分が同じであることだ感じます。中型トラックの料金区分を別にして、上限料金に至る距離を短くして、上限料金を下げたらいかがでしょうか。また、本四架橋の料金が通常の高速料金より千円高いことも問題です。移動のバリアとなり他の地域との平等性の観点上問題があります。フェリー等の対策は料金区別によって行うのではなく、別途の対策によってなされるべきものです。
 このような修正はそれほどの財源の増加なしでもできると思うので、2.6兆円の枠内でできると思います。
 しかし、根本的な問題は、高速度道路無料化ないしは上限料金大幅引き下げのための原資となる資金がそもそも少ないということです。2.6兆円の中で議論しているだけでは根本的な解決になりません。そこに今の迷走の本質があると私は考えています。昨年の予算編成過程で無料化のために6千億円国土交通省が要求しようとしたところ、最終的には1千億円となったところに問題があるのです。自動車関連諸税の見直しが今後テーマとなりますが、暫定税率の税収分は維持しつつ、それを含めた自動車関連諸税の相当部分を総合的な交通財源に充当したらいいのです。その一部を高速道路無料化の財源に使えばいいのです。これは、「コンクリートから人へ」に矛盾しません。国土交通分野のソフト施策の財源の充実だからです。

 さて、今回、日本テレビの太田総理で、高速道路無料化の件についてやるから出演してほしいという依頼がありました。5月3日午後5時から午後7時で収録を行うとのことでした。この日は午後3時半から4時半までポスターで告知した大街頭を久慈で行うことになっています。残念ながら断らざるを得ませんでした。かねてより、太田総理かテレビ・タックルに出たいと思っていたので残念です。しかしながら、議員になって半年強で人着番組のテレビ出演の声がかかるようになってきたということは、私も中央でも認知されてきたのかなという誇らしく、まんざらでもない気持ちでうれしいです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全ては地域のために | トップ | みんなで考えよう、基地問題 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む