「自由の哲学」ノート

その日開いたページ、浮かんだイメージを大切に、読んでいきます。

表象 イメージ

2016-07-27 10:13:19 | 第4章 知覚内容としての世界
どのようにして外界が思考の舞台となる意識に入るのか?

その人なりな表象、イメージという形を与えられて、その形を舞台に載せるということになるのだと思う

表象とは聞き慣れない言葉だ

他の著作では表象についてシュタイナーはどんなことを言っているのだろう?

「感覚界から自由な表象は、感覚性に満ちた表象とは全く別の影響を人間の本性に及ぼす」

「古代秘秘教講義」より

人間が作る表象であるはずが、
その表象が人間に影響を及ぼすと言う

感覚界から自由な表象

感覚性に満ちた表象

それぞれどのような影響を及ぼすというのだろう?!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わからないことを大切にしたい

2016-02-01 20:33:44 | 雑感
全く投稿しなくなってしまったのだけど、何もしていないわけでもない

では何をしているのであるか?

自由の哲学を読んでいくうちに、だんだん大きくなってくる問いに、多少なりともアプローチしてからでないと読み進められなくなったのである

その問いとは、どのようなものであるか?

そもそも、浮かび上がってくる問いの存在というものには、どんな性質、意味があるのだろうと思わずにはいられない

問いを一つの働きと捉えると、それはまるで種のようである
そこから話は展開していく

いったいなぜその問いを、シュタイナーは立てるのだろうか?という問い
私にとってその必然性というか、話の自然な流れと感じられない問いをシュタイナーが立てる時、なんで?と感じること、それ自体にも注目してみたい

言葉の使い方への問い
私にとって違和感を感じさせられる言葉の使い方があることにも注目したい

世界観への問い
自明のように語られるが、私にとっては自明ではない世界観、世界の構造に対する問い

問いへの答えを完全に見つけることは、すぐには難しいだろう

今は木田元さんという方の「私の哲学入門」という本を読んでみている

そもそも哲学への素養が乏しいので、本質とか主体とか存在とか、そういう根本的な言葉にいちいち引っかかってしまう

またそのひっかかりに注目してみることで、哲学の源流をたどることも楽しい

哲学とは、形而上学のこと
それは言葉の世界である

そこには一定の構造がある

その構造そのものへの疑いもあって当然だと思う

それは現代ではほとんど否定されている構造ではないだろうか

何をシュタイナーは肯定し、現代は否定しているのだろうか







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉においてこそ死者と出会う

2015-07-14 18:48:09 | 読むと黄泉
「読む」とは、死者の語りを聴くことである、と感じていたのはアランだけではない。

……

哲学者池田晶子もまた、「読む」とは死者の言葉にふれることだと言った。

彼女にとって哲学を「読む」とは、それを書いたものと語らうことだった。

……

「かつての哲学者たちは、今は皆死んでいる人たちです。

つまり、死者の言葉をわれわれは読んでいるわけです。

……

この世のわれわれの話している言葉は、すべて死者の言葉というふうに見えてきます。

……

生者が死者の言葉を語っているのです。

そうすると、動いていないのは実は言葉の側であって、生きたり死んだりしているのは人間の側だというのが見えてきますね。

言葉はまったく動いていないのです。

あるいはまた、この動かない言葉においてこそ、生きているものは死者と出会うことができる。

死者に語るという不思議な行為をわれわれはします。

それは死者に向けられた言葉、鎮魂としての言葉です。」


「涙のしずくに洗われて咲きいづるもの」若松英輔著 より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死者の声を聴く

2015-07-14 18:02:37 | 読むと黄泉
以下引用

フランスの哲学者アランが、「読む」ことをめぐって、次のような興味深い言葉を残している。

「明らかに、私たちの思想は読書によって形づくられる。

そして読書とは、不滅の存在たちの意見を聞くことなのである」

『感情、情念、表徴』古賀昭一訳

……

この一節で「不滅の存在たち」とアランが呼ぶのは、死者である。

アランにおける死者とは、単に生者の記憶にある存在でないことは、先の一節が明らかに語っている。

たとえ生者が忘れるようなことがあっても死者は存在する。

書物を手に取るまで、私たちはその作者を知らないが死者となった作者は「生きている」。

死者は生者とは異なるかたちだが存在している。

この実感は、アランの哲学の根柢を形成している。

アランにとって「読む」とは、それを書いた者、すなわち死者と会い、その声を聴くことだった。


「涙のしずくに洗われて咲きいづるもの」若松英輔著 より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死者との交流と存在論 /若松英輔氏の著書より

2015-07-06 19:13:16 | プラトン イデア論
シュタイナーが重視する「死者との交流」が、存在論と関連するというのは予測出来る話である

死者とは何か?

この世に存在として現れるものを支えるもの

と仮定すると

たとえば言葉は、その橋渡しをするもの

霊視、霊聴、霊的合一の意味もイメージ出来る気がする

存在論を深く考えている人が、死者との交流について話し始めるのはなぜなのだろう?

物語という場がある
そこで存在の想いに出会う
死者と出会う

以下
若松英輔氏著
「涙のしずくに洗われて咲きいづるもの」より

文学とは、不可視な実在に、肉体の言葉を与えることである。

……

池田(晶子)は、こうも書いている。

死者の思い為しを生者は生きている
死者に思われて生者は生きている
したがって、生存とはそのような物語なのである

「リマーク 1997-2007」

死者のために生者が生きるのではない。
むしろ、生者を支えているのが死者なのである。

死者は、生者の沈黙のうちに顕れる。

死者との対話は沈黙の「言語」によって行われる。

沈黙の言葉、この矛盾する表現が現実になるような空間を、私たちは誰もみな内に秘めている。

それは昔から、多くの文明を通じて魂と呼ばれ、不死であることが繰り返し論じられてきた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加