Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

魂の住所-連絡先Soul address-Contact code

2017年08月21日 10時36分33秒 | 坐禅

魂はどこから生まれるのだろう

Where does soul to be born?

もしかしてPerhaps

生と死の境界点、その挟間に

The border point of life and death, at the between

点として既に存在していただろうか

Soul could be existed already there as a point


生を受け身で生きていると

While live a life as a passive form

その点は線の部分になって

Those points become a part of a line

線を引く動線を表すだけのように見えるが

It looks like a flow line which represented by drawing lines

その線に限界まで近づき

-when get closer to the line until the limit

拡大していくと

-and as getting magnified it

線は点と点が連続している動線にすぎないと分かる

Can find that those lines are merely a flow line

-which consisted with continuous points


その点に気づく瞬間に

At that moment when realized those points

魂が生まれ始めるかも知れない

-the soul might be ready to be born


生きるか死ぬかの境界線に生きる者は

The one who lives on a border line live or die

生まれる魂を宿った妊婦だろうか

-would be a pregnant who dwells a soul to be born


死のうとした者は

The one who tried to die

魂が処女や童貞のように

純潔なままの状態を保ちたかっただろう

-would have wanted to stay in virginities of soul

-like a virgin has it

死のうとした者が

The one who tried to die

生きようと決めた瞬間

-when the one decided to live

死のうとしたことを死として看做し

-the one regarded that tried-die was a death

生を生き始める

-and begins to live


その生を全うしようと決め

Deciding to fulfil one’s given life

生を実行すると

As executing living the life  

魂を生めるようになるだろう

Would be able to give a birth of the soul


魂が生まれる瞬間は

The moment when a soul be born

苦痛を伴い

It brings with pains

自我が生きるか

魂が生きるかの臨界期を迎える

It faces a critical period that

-whether ego-survive or soul-survive


やがて生まれた魂は

Before long, the new born soul

全ての殻を破り

-breaking all shells

360°の光を発光し始める

It begins to be emitting its light with 360 angles

その360°の光が

The light which has 360 angles

魂が生きる住所であり

It is the address where a soul lives

生まれた本籍地になっていく

It becomes a permanent domicile where it was born


魂が生まれると

As a soul be born

魂からの声を発するようになり

the soul begins to emanate a voice from its own

その声に耳を傾けると

When listens with ears on the voices

特定の自我を超えるようになる

It can make cross over a specific ego


魂が個人の自我の限界を超えるようになれば

If an ego can go beyond its individual limitation

魂同士の交信ができるようになるだろう

It can lead to be able to telecommunicate with souls

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本鬼-被り鬼-最終決Phantom-P... | TOP | 縁起の流動とその通訳 Foreto... »
最近の画像もっと見る

61 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Eric Applebaum)
2017-08-21 22:54:55
Very interesting blog post.

I have read it a few times, but will read again.

Last night, maybe while you were writing this, I was watching a show on NetFlix named: "The 9 Months That Made You." It was a scientific show about the development a person before birth, from time of initial fertilization of the egg to the exit from the mother's womb.

For the first few days after conception, the future person is just a tiny ball of identical cells. The cells than go through a literal metamorphasis, with packets of cells changing their internal structure so some can become bone, some heart and organs, some to be become brain, etc.

So information is encoded into the various cells AFTER the cells first form.

All the cells in the initial stages are the same, and then they are sent information and the cells change.

Somewhat analogous to what you describe, the cells receive communication from the gene, which let's them go beyond their initial limitations!!!!

Communication between genes and cells underpins the entire process of developing a ball of identical cells into a person.

Anyway, I realize this is not directly connected to the meaning of your post, but the idea of SOUL BIRTH made me think of the show I had just watched.
Unknown (蓮の花)
2017-08-22 00:23:23
Eric
We thought almost same concept at same time.
You never knew what I post but you sensed somehow, I saw the title but didn't accured to watch it.
When I get back I will watch the documentary with you but I wonder I could have time for watching it, I will bring a lot of work to be done which I found in these 2 weeks and much information to report to be shared with you.
Unknown (T)
2017-08-22 00:25:15
今回の記事は非常に深淵(しんえん)な命題のようですね。何度も読み返してみたけどなかなか、つかみにくい深さがあります。

Tには物体(例、【心臓】とか【脳】とか・・・)としての【魂】は考えられないけど、
人の持つ尊厳性や崇高性、共鳴性、美意識、深淵性もしかしたら神秘性とか神との交信力と言ったような、
人に備わった抽象的なしかし本質的な属性を【魂】と呼ぶ、
と言うのかと考えました。
仏教的にいえば仏性に目覚めると言う事でしょうか。

それは点から線へと広がり、人と人を結び繋(つな)ぐ。
個人個人の【自我】では互いの心は交信出来ないが、
人と人が共感し合い信頼し合えるのは、人の持つ【魂】の部分からなのだ・・・

Kさんはそんな風に直感したのだろうか??
T的にも感得出来る部分があり、
Kさんに触発されて、
人と人との絆を感じ、感激に涙ウルウルと・・・生きてる幸せに耽る瞬間でありました。

考えて見れば、Kさんの今回の日本旅行がそんな【魂】の触れ合い旅となっている・・・ということなのでしょうね・・・
そう言う感性を、おすそ分け頂きましてありがとうございます。Tの考えたことの無かった思考でした。

Unknown (蓮の花)
2017-08-22 00:44:29
...
今回の記事を書いてから

今度は純粋に私自身の内からの声を文字にした。
8月10日日本時間の木曜に日本に着いてから
10日間分刻みのスケジュールを送った。
大学での恩師に会え
禅関連の仕事をする人々に会い
今日は
のしてんてんさんに会った。

http://blog.goo.ne.jp/nositen10

のしてんてんさんの作品を肉眼で見て
魂で語り合った。
この記事を投稿してから
東京の銀座での画廊で会えたが
魂の話になる予言だったのかもしれない。
言葉を超えて交信し
未来の私なのか
未来の彼なのか
あるいは両方なのか
見ない力によって引かれ
新たな道を発見できた。

言葉を使い
感じまた感じさせられた気がした。

会うべき人に会った、それに尽きる。

恐山ではこれらを超える範囲になるのだろうか、恐ろしくなってくる。


Unknown (Unknown)
2017-08-22 00:48:12
魂の住所

https://www.ted.com/talks/johann_hari
Unknown (蓮の花)
2017-08-22 00:50:41
人の持つ尊厳性や崇高性、共鳴性、美意識、深淵性もしかしたら神秘性とか神との交信力と言ったような、
人に備わった抽象的なしかし本質的な属性を【魂】と呼ぶ、
と言うのかと考えました。
<仏教的にいえば仏性に目覚めると言う事でしょうか。

それは点から線へと広がり、人と人を結び繋(つな)ぐ。
個人個人の【自我】では互いの心は交信出来ないが、
人と人が共感し合い信頼し合えるのは、人の持つ【魂】の部分からなのだ・・・>
Tのこの言葉をすれ違いで今読んで
涙があふれました。
私の本質
私がことばにできなかった裏を言葉にしてくれた感じがします。
涙が止まらないので
後で出直します。
Unknown (蓮の花)
2017-08-22 00:54:37
訂正
先は涙で字が滲んで読めなかったので
Tの引用部分を間違ってしまったまま投稿してしましました。
正しくは
『人の持つ尊厳性や崇高性、共鳴性、美意識、深淵性もしかしたら神秘性とか神との交信力と言ったような、
人に備わった抽象的なしかし本質的な属性を【魂】と呼ぶ、
と言うのかと考えました。
仏教的にいえば仏性に目覚めると言う事でしょうか。
それは点から線へと広がり、人と人を結び繋(つな)ぐ。
個人個人の【自我】では互いの心は交信出来ないが、
人と人が共感し合い信頼し合えるのは、人の持つ【魂】の部分からなのだ・・・』←です。
Unknown (蓮の花)
2017-08-22 01:00:04
無名のコメ者へ
そのリンク先にいけなかったです。
エラー表示でした。
Unknown (Unknown)
2017-08-22 01:10:59
TED ジョン・ハリー 薬物依存 で検索


仏教の核心においてはその魂などの存在は認めてはいない。
人によっては登るには高すぎるデスゾーンの山である。
Unknown (Unknown)
2017-08-22 01:43:23
日本においては高すぎる山に登る必用はなかったのである。
寅さんが居たからである。
しかし、今の世間には寅さんの代わりに頼れるものがないのである。

post a comment

Recent Entries | 坐禅

Trackback

Trackback  Ping-URL