Zazen坐禅-in US-アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究がメイン+英訳あり=韓国+日本+米国

ストレスとの付き合い-Realtionship with stress

2016-10-19 | 心理学習
ストレスを感じている時、人の顔つきは険悪になり、怖く見える。
-When people feeling stress, their facial mode look hazardous and scared.

怒り易く、気分の高低が激しくもなる。
-Also look easy to anger, mood gets fiercely goes up and down.

心理学者はストレスは抑圧に対する心の防衛だという。
-Psychologists say that stress is a mental defense against suppression.

風邪をひいた時の熱が出る仕組みに似ているかもしれない。
-Might be similar with the mechanism of fever comes from caught a flu.

ストレスは大人はもちろん悟ったお坊さんにもあり、生まれてきた赤ん坊にもある。
-There must be stresses among adults even in a monk who got enlightened or in a new born baby.

だが、悟ったお坊さんはストレスを追わなく、
-However, the enlightened monk never chased by the stress,

赤ん坊はストレスを受けた時、泣き止まないなどして不満を100%表している。
-When babies feel stress, they do not stop crying and represent their frustration 100%.

ストレスに苦しむお坊さんや赤ん坊を見たことがないのは当然である。
-It is sure that never seen a suffering monk or a baby who is suffered by stress.

けれど、普通の凡人の私たちはストレスに苦しみ、食われてしょぼくなる。
-But we the mediocre adults are suffered by stress, they are eaten by it and got shrunken.

隣にいたくもない。
-Even people don’t want to be closer to a stressed person.

機嫌の悪い上司なんかは歩く地雷である。
-A boss in bad mood is like a walking land mine.

絶対踏まないほうが身の安全だ。
-For one’s body safe absolutely should not be stepped on.

生きている以上、ストレスを避けることは不可能だ。
-As we living, avoid a stress is impossible.

ストレスを無くすことも死なない以上、無理だろう。
-Eliminate stress also impossible unless we died.

けれど、そこには3つ、ストレスとの付き合い方がある。
-Although such impossibilities, there are 3 ways of dealing with stress.

1、自分とストレスの対象を分離する。
     -1.Separate the subject of stress and the oneself.

2、感情とストレスを別ける。
-2.Divide the emotions and the subject stress.

3、へそで呼吸してみる。
-3.Try to breathe from the navel.

過去に苦しんだことがある人はその記憶でもって再度苦しむ。
-People who have suffered in the past, they suffering again by the memory.

不幸、貧乏、被害、虐待など、ストレスの原因は特定できないほどだ。
-Unfortunate, poverty, damages, abused, the causes of such stresses cannot be specified.

だが、解決の仕方は簡単明瞭でシンプル極まる。
-But there is clear solution and the way is extremely simple.

上記の3つの方法と坐禅をして、ストレスの拡散を防ぐ。
-With those 3 ways above, by doing zen-meditaion it prevents the diffusion of stress.

それだけだ。
-That's all.

ストレスに生き延びる餌をあげないことが肝要である。
-Point is do not feed stress to survive.

ストレスと上手く付き合えるようになると、
-When people become to dealing stress well,

人の顔つきは平穏に見え、易しくなる。
-Their facial mode looks peaceful and kind.

怒る時もユーモアがある。
-Even can be humorous when they get angry.

気分が落ち着く。
-Mood can be settle down.

誰かに何の根拠でこれらを言えるかと言われたら、
-If someone asks me that how can I tell these things with what evidence,

心理を専攻し、その知識の元で、
坐禅をし、教えに従って実行してみたら、
-I would answer that based on majored psychological knowledge, did meditation on the teaching,

ストレスを克服できたからだと答える。
-I could overcome such stresses.


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言語学習ー演習 | トップ | 心の病と自然治癒-Mental dis... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL