Zazen坐禅-in USA-アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

気づきの過程式Perceive-formula

2017年05月19日 12時36分33秒 | 坐禅

気がつくというのは

Become aware is

気を利かせることにもつながる

-related with mindfulness

何かに気がつくと

When aware something

心が晴れてくるような

-it is like mind gets cleared

視野が広がるような感じもする

-it also feels like expending perspective


何十年も前に私は『気がついた』ことによって

Decades ago, by “did aware”

私の人生が180°変わることになった

My life has changed by 180°


当時私は心に解決できない

多くの問題を抱えていた

At that time, I had a lot of mental issues

-that I could not solve

痩せていて軽かったにも関わらず

Despite my weight was light because I was skinny

体重が重く感じられ

But I felt my weight was heavy

歩きにも重苦しい感じがした

Also felt heavy and gloomy even when walking

大学のカウンセリングも受けたが

I took a few counseling at my University

更なる疑問が増えただけだった

-but it merely made increasing another more questions

体にはあらゆる神経症状が出て

All kinds of Neurologic symptoms appeared on my body

生きている症例であった

-I was like a living mental disease


その最中、大学の教授が主催する

合宿グループに参加したことが切っ掛けで

In the while, I participated training camp which

-has led by my University professor

心に抱えていた重荷を一気に無くせたのである

-and it became the trigger that

-eliminated mental burdens at once which I was carrying

そのグループは3泊4日間

The group had 4days 3 nights’ schedule

約15名が丸く座って人の話を聴いたり

-about 15 people sat around and they listened member’s speaking

話したければ話せるグループセッションであった

-in the group session, if someone wants to speak then could speak out

二日目の昼のセッションで

At the middle session on the second day

『無理をする』ことに関わる体験談みたいな流れになって

The subjects became personal story of “doing an unreasonable”

メンバーの一人が and one of members

『無理をすればことが済むことは分かっているがそれができない』

“Can’t do an unreasonable thing even know that it can solve the problem”

ような悩みを打ち明けた瞬間

At that moment, the member confided her kind of troubled story

私は心に雷が落ちたような

ガーンとする大きな音が鳴った

A loud sound like Bang has rung in my mind

-and I felt like I was hit by a thunder 


その後、一気に心の制御が崩れて

After then, my mental control system collapsed at once

涙が溢れてその場にいられなくなった

Tears overflowed so I could not stay at the session room

あの時は公式的に泣いた

I cried public at that time


無理をしなければならなかった

I had to do the unreasonable thing

無理をしても弱音さえ吐けなかった

I could not say complain while I was doing unreasonable

無理をすることが有一の残された道であった

The only way left for me was doing unreasonable

無理をしないと生きてこれなかった

I could not survive without doing an impossible

無理をして自分を押し殺した

I killed myself for doing impossible

無理をして全てを成し遂げた

I could accomplish by doing impossible

無理をして困難に闘った

I fought for difficulties by doing hard

...


そのようなことに一気に気がつき

I did aware such things at once

その無理をしてきた過程が涙になって

一気に溢れ出た

The processed way which I did hard

-it became tears and overflowed burst

その気づきの後、心が空っぽになり

When after the awareness, my mind has emptied

重かった心が軽くなった

-my heavy mind became lighter


今そのことを振り返ってみると

Looking back what I realized at that time now

坐禅の悟りを得ていく過程に

類似していた感じがする

I feel a similarity on doing zazen

-which the way to get attaining enlightenment


だが、坐禅では外からの刺激を絶つことにより

However, in zazen ways by cutting off stimulations from outside

内なる気づきに覚醒することになるので

-it leads to be awaken with inner awareness

自らの気づきではなかった

-the awareness was not come from my own


自らの気づき

The awareness by oneself

自ずからの気づき

The awareness as matter of a course

確かZさんが以前書いた記事のコメントで

Surely commented by Mr.Z on my previous blog posting  

『自ら』『自ずから』の違いを定義したはず….

He has defined the difference about “By oneself” “By naturally”...


気づきの過程式は

The formula of awareness is  

問題の変数を外か内からかの分析(あるいは刺激)

-analysis (or a stimulate) of variable factors from the outside or inside

により一気に眼が明くことかも知れない

Maybe it can open eyes all the sudden 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 趣のエネルギーCharm Energy | トップ | 心の解毒剤Mind Antidote »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (T)
2017-05-20 03:38:40
「私」という人格は、価値観のセットをベースにして出来ている。

「価値観の総取っ替え」は、自分が自分で無くなる事だ。

あるいは「本当の自分を発見する」という事なのか??
Unknown (蓮の花)
2017-05-20 04:02:41
価値観が、取り替えられたなら
行動様式が変わるでしょうね。

自分は~~であると定義した~~観念が変わると自分に対する考え方は**になるでしょうかね?

あれは考えてみると価値観の成す技が見えてくるかも知れませんね。

新たな疑問ですね。
考え方の部屋が広がった感じです。

考えてみます。
気つ゛きの総合式 (T)
2017-05-20 06:41:36
K次元統合方程式!!

(ブログをクリックして出てくる最初のスクリーンで)
レンさんの記事タイトル群と引用ダイアグラム群を鳥瞰図的(ちょうかん)に眺めるのは興味ふかい根。
美的感覚【粋】高し!!K風ダンスを見る様だ・・・。
直観性に命を奉げるK式人生行路の現れか??

感覚・感性で生きて来たなりに成功してしまった・・・、
という事ならば、悔いない人生だったと自分を褒めてあげる事は出来るよね(So farだけどね…要、塞翁が馬に謙虚に対応、締めくくりにはまだまだ若すぎ・・・)。

ところで今回のダイアグラムはスペイン語??フランス語??
七つのMenteと二つのConcieniciaの計9個って、以前記事の『心の構成要素』ってこと??
レンさん信念な過去記事振り返り禁止令の法則を敢えて犯してまで追求するのTさん、ご迷惑おかけしますね、直感ケめ子殿!!。。。
追加 (T)
2017-05-20 07:40:26
それぞれの記事でレンさんの採用したダイヤグラムや写真は意味深・象徴的で、
K的深層心理を覗き見る手段って事になるのかな??
案外レンさん自身も分かっていなかったりしてね・・・

「被害者と加害者意識」で採用された写真は心の心象風景だったのかしらね??
それなりに奥深く幽鬼ただよう、とか。なんかレンさんの夜枕に出て来そうな光景なのかな??

そ~いえば、Tは今朝はΔパワー(@ノンレム睡眠)の代わりに何だか夢(レム睡眠)をみたよね、内容は思い出せないけど・・・。

何故そうなったか思い当たる事は、
今回はΔパワーが必要とされるような意識・無意識界の質問事項を、昨夜は抱えていなかったからだと思うよね。

かって恐怖に駆られた思い出が一度あるけど、
どう言う事かと言うと、
就業時代、普段は必ずΔパワーで朝目覚め間際に、
今日の正解的行動のヒントが浮かび上がって来ていたモノだけど、
その日に限って、頭の中が空白で、何一つ絵を描き出せない事があった訳だ。
【空】の中に放り出された感じでごじゃった。T的には無との対決、自己の崩壊みたいで恐ろしかったよね。

レンさんは坐禅で毎回このような【無】との真剣勝負をしてるってこと??
Unknown (T)
2017-05-20 08:31:59
即ち、Tに取っては、
非想非非想の世界なんて事に入り浸ったら、
Tは発狂しちゃうんじゃあないかと思う訳だよね。

実際五感入力を全て遮断したら脳は幻覚・幻聴・幻視状態に陥るって事が分かっているのだから、
非想非非想とかいう概念はDNA設計原理に完全に反しているのだと思うよね。
猫だって考えているし、金魚だって考えているし、アメーバだって考えているし、
比喩的に言えば多分植物だって考えているんだろうからね。
非想非非想って息が止まるよね。
追加 (T)
2017-05-20 08:34:38
今回のダイアグラクの中で「非想非非想」が入り込む余地が無い訳だし・・・???
余談 (T)
2017-05-20 08:44:11
多分、仏教専門家は、
このダイアグラムは西洋思想であって、
東洋思想の【何の為】論議には不適切だって言うんだろうね。
だから非想非非想が此のダイアグラムでは表現できないのだ、とかね。

なぜなら人類を排除した、宇宙の【事実そのもの】が非想非非想なのだ、なんていう定義も出来上がりそうだからね・・・
Unknown (蓮の花)
2017-05-20 21:53:56
この図は意識の段階を最も色彩豊かに表していたので、採用しました。

意識の段階は禅定に入るいくつかの段階に非常に似ていたので、面白くなったのです。

意味はラテン語だと思いますが、
後で全部調べて書き示します。

MenteはMental
Concieniciaは
Consciousだと思います。

今日は先約があってこれから出かけますので、帰宅したら上記のコメゆっくり読んでかきこしますね。
Unknown (Z)
2017-05-21 07:36:28
仏教も心理学も観測という観点がポイントになるのである。
観測するにあたり、どこから観測するか
で見え方が決まるのである。
図の意味 (蓮の花)
2017-05-21 13:09:12
スペイン語でした。
以前、ラテン語を少し勉強しようとした時があって、辞書も買って独学したことあります。

以下、調べた意味ですが
感覚で感じたのとほぼ一致しましたね。


Conciencia=awareness, conscious
Divina=divine,grace
Mente=mind,intelligence
Pura=pure
Mente vigilante=mindfullness
Mente racional o'conceptual
=rational or conceptual mind
Mente ordinara=ordinary mind
Mente emotiva=emotive mind
Mente sensorial=sensory mind
Mente instintiva=instinctive mind

Unknown (蓮の花)
2017-05-21 13:19:07
残念ながらー坐禅で毎回このような【無】との真剣勝負をしてるーっていうことはできません。
生まれつき真面目で、ジョークさえ真面目にしちゃうタイプですが、
坐禅では真面目にやっても不真面目に終わってしまします。


絵文字にこれもありました。
近況報告として




風邪が深まりました。
心は浅くなっていくのに



もう咳が止まらないので明日また出直します。
Unknown (蓮の花)
2017-05-21 13:28:08
過去1週間の閲覧数・訪問者数とランキング(日別)

日付 閲覧数 訪問者数 ランキング
本日 リアルタイム解析
2017.05.20(土) 324 PV 148 IP 6729 位 / 2715076ブログ

訪問者多かったのでコピーして添付してみました。
以前、何の題だったか忘れましたが、怖いほどアクセス増えた時ありましたね。
なんでだろう。
このアクセスの高低は神ぞ知るのみです。

恐山はあのコメント数からみて
アクセスすごいだろうと思いますね。

Unknown (Eric Applebaum)
2017-05-22 00:31:20
You have often said that feelings about self comes in pairs.

For instance: Happiness can not be identified unless one has experience with unhappiness.

I have come to accept this proposition as accurate.

Awareness of self surely arises after a period of being unaware. Some event or stimulus, or series of them, can lead a person to realize that they have been unaware. Therefore, awareness owes its understanding to the period of darkness, from which one can then look back and say: "Ahh, now I see my unawareness. Now I can understand where or how I am from the transition away from where or how I was."

Ignorance is the pre-requisite for awareness.

People want pure forms, but why should such purity exist? Purity is isolated. Static.

Forms of human experience come in pairs. Not pure and soul (ooops.. haha) solely based, but linked to the opposite experience.

I believe the operative, essential factor is: Transition.

This is the heart of the lessons you taught me. Our inner experience is just like any universe, a place of constant Motion, from one phase to the next.
Unknown (蓮の花)
2017-05-22 00:52:09
Eric, this time your comment got focus a lot.

What is difference of definition words of,

1.Change
2.Transfer
3.Transition
4.Carry
5.Alteration
6.Transformation
7. Prorogation
8.Passage
9.Move
10. Evolution

If I can identify those meanings then I will be able to get your concept.





Unknown (蓮の花)
2017-05-22 01:03:39
Zさんの観測
観と測をまた解体してみると

観ると測る

観る:1.
視覚を働かして、ものの存在・形・様子・内容をとらえる。目で認める。 「―からに強そうだ」
2.
視覚に限らず広く、感覚を働かして、探りとらえる。「味を―」「調子を―」「病人の脈を―」。感覚でとらえたものについて、判断・評価をする。
測る
1.
[計・測・量] はかり・ます・物差しなどで、重さ・量・長さなどを知る操作をする。一般に、測定具で物の量を調べる。 「タイムを―」
2.
[計・測] こうもあろうかと、推して考える。推しはかる。推量する。予測する。 「真意が―・りかねる」

解体してみると観えて測れるものが確かにありますね。


気付きの構造式 (T)
2017-05-22 02:07:49
経験は情感が伴うから
経験は絵を描く為の
点点点の要素となる


すると年取るほど有利な事が一つある
波乱万丈が大いに有利で
今迄の経験を通して
従って様々な経験をしていると
それが心の引き出しの中に仕舞われて
従って引き出しも多くなって

ある日ある時あるキッカケで
鍵なる或る言葉が投げられた時
その鍵で開けられる引き出しが
いっせいに開いて
一挙に壮大な絵が浮かび上がって来る

むかし気になったが
意味の分からなかった言葉の意図も
その時にハッと気付く
新らしいイメージ化が出来上がる

そういう引き出しを多くする為には
自分の心の今の発露を
水平思考で広げて行って
新たな視点を見出す為には

先ずは想いを文章化して
自分の書いた文章を
何回も読み返す事も有効だ
その時もまた後のときでも

さもなければ
単なる気まぐれの
いっ時のかりそめの想いとして
脳裏をサッとかすめて行くだけだ

それでは文章の神が宿らない
心の引き出しが広がらない
ブレインストーミングが始まらない
新たに加わった点を結んでの
絵の総合作用も発生しない

レンさん自身は
気付いていないかも知れないが
何気なく発した
自分の直情的言葉の中に
新たな絵の素を感知しているようだ

Zさん言う如く
あらたな観測点を探すべく
自分の言葉を繰り返し磨く事は有効だ
気付き、傷つき、気付く (T)
2017-05-22 03:17:31
勝気なレンさんの本性は『体に力が入り過ぎ』、
と言う事なのかも知れない。

今回特別企画でレンさんの恐山夏場修行で、

只今恐山ブログ米で浮かび上がって来ている様に、
この世の全ては夢幻なのであるから、
『ただただ力を抜け!!、脱力感がレンさんを救うのだ、虚脱感おおいに結構!!』
っていう結構毛だらけのご宣託をいただいて来そうですね(=洗脳)。

大いに結構!!Kさんの人生観がガラッとかわるかも?!?。
ケセラセラが楽しくてしょうがなくなるとか・・・。
本来の生真面目な性格が、
フーテンのKさんにへんげする!!。

風のむくまま気のむくまま縹渺(ひょうびょう)と、
あの波間のカモメのように・・・

ああ、結構毛だらけはいだらけ・・・じゃね!!
・・・・とすればTの書いた直前のコメは背反理論だね。すんまへん、りきみのケめ子様!!
色んな事に気付くよね!! (T)
2017-05-22 07:19:17
ブログの表紙を飾る
レン女史を御拝顔する度に、

まあなんて「負けん気」の強いお方じゃな~と、
毎回毎回思う訳だが、

K女史は、
いままでこの世を、勝気一筋で戦い抜いて、
自力を目一杯働かせて、折れる事が許されなくて、
なんとか一応、勝ち抜いたけど、

そんな気性は収まらない、
勝てない事は許せない
いつしか、そんな勝負脳となってしまった
なんかちょっくら可哀そう。。。
でも恐山修行が役に立ちそうだ!!


そんなレンさんに比して、
極めて小心者であるT君の人生行路は、

トコロテンが押し器の中から、
ズルズル絞り出されてくるように、

あるいは、
もうどうしようもなく押し出されてしまうという形での
進路変更をせざるをえなくなって、

新たに置かれた環境でこわごわもがいて
…やっと何とか現在に到達した。

だから斯く逃げ切ったTは、
何とかうまく収まってくれた
その結果を顧みて
他力の恵みに感謝する。
(まあ年のせいもあるけれど・・・)。
T調 (蓮の花)
2017-05-23 01:20:29
ふっと
Tは鳥類かなと思いました。
決して一つのところにじっとして居られない
でしょうね。
朝未明から餌を捜しに早起きして
仲間たちに
”ここをツツってごらん”
”ここは大丈夫だから降りてきて”
など情報を発信してくれるでしょうね。

鳥科だとしても
スズメではないかも

飛行する領域が高い系統かな。
自分がいることを知らせたくない種類かもです。

どっかに隠れていて
必要な時だけ、ひょっと降りてくる
自由気ままな飛行をする鳥なんです。
名付けて、Tチョウ水平点ちょう(T調水平点鳥)

そのT調のデルタ―周波数は
Tのコサイン(Go-sign)
アルファの二乗です。

Unknown (蓮の花)
2017-05-23 01:46:08
実は実は、
負けぱなしの人生なんです。


ですが、買われた挑戦状は
時間をかけてゆっくり
絞め殺せるんですよ。(ΦωΦ)フフフ…
恐るべし負け犬なり

確か、在日韓国人の40代~50代の平均的
仕事成し遂げ率ではトップを走ってきたと思います。

Tもクリニック分野ではトップ時代(Golden Era)があったのでは?

工学部出身だったから
お仕事も常に実用性を徹底
夢も100%実現可能なものだけ追い
患者様には常に
データーや事例、チャート引用で
原因と結果を示し
泣く子も黙らせたとか。(勘ですが)

Unknown (T)
2017-05-23 03:07:47
ははは&ははァ~
T歯科医、自分の環境的不利さ故の、
就業期間中ずっと自己卑下気味であったけど(=自分はアメリカ歯科業界にあっては2流足らざるを得ない・・・、ひょっとして3流かも??とかいう・・・)、

退職後12年経った今でも、時々相談役として、
オフィスを引き継いだ若い(いまでは40歳)アメリカ生まれ台湾系の歯科医(アカデミカルな超優秀校ボストン大学歯学部出身)のオフィスに行って、セコンドオピニオンをのべ、技工士的手助けをしたりしている。

彼がTを彼のメンターとして見て呉れている事を大変有難いと感謝している(彼は工学的知識が無いから小回りの利く実利的考え方があまり出来ない・・・、よって患者に対する説得力についても幾らか疑問が残る)。

Tは患者さんに対しても、英語会話力の劣勢をカバーすべく、工学的論理考証をきちんと、
しかも患者さんの目線から簡潔に述べる様にしていたので、患者さんから信頼を受ける事が出来ていた。

今の若いドクターは、Tの(患者に対する)説明法流儀、
工学的基礎知識(構造学的・力学的&Value engineering的)からのT式考え方・論理法流儀をその都度学んでくれている様だ。

彼とTとの大きな違いは、
彼の周りは応援者が多くいる(地元人だから当然だが・・・)(=ややもすると人に頼ってしまう)のに対して、

Tの場合は凡そ全ての、まさにすべての事に対して、自分一人で問題を解決せねばならないと言う切迫感で生きて来たという事であろうか??
まあ何ともごくろうさんの事でござますた!!
でも今、振り返ってみると、Tが苦労した甲斐があったと言うべきだろうか??
なるほど~ (野球好きな2児のパパ。)
2017-05-23 09:20:37
「気付き」のプロセスですかぁ~正直深くは考えたことはありませんでした。能動的に気付くのではなく、受動的に気付くことばかりの人生だったのでしょうね。うまく表現はできませんが、あらゆることに委ね過ぎだったのかもしれません。そのことがマイナスに作用していることも、今思えば多々あったかもしれません。故に後悔ばかりの人生を歩んでいるのでしょう。
補足 (T)
2017-05-23 11:51:35
自分一人で問題を解決した・・・
といっても多くの人に助けられたことは間違いないですね。あの時ああいう人が自分を受け入れて呉れてなかったら今或る自分は無いだろうと思えるケースは色々思い出されますよね。やはり他力も大きいですね。

車運転については危機一髪を脱した時が数回あって、
アッ、ダメだ、ぶつかるゥ~、車が横転するゥ~と思った瞬間、何故だか分からずフア~ッと難がよけられたなんて事も4度ほど有るし・・・
バレープリマもそうなんだろうけど、スポーツ選手が完璧な演技が出来た時、アノ時の演技は自分がやったのではなく、神か仏か、自分を超えた力が後押ししてくれたからできたのだと思ったりするそうだから、
福沢諭吉が言う如く、「天は自ら助くる者を助ける」とかなんでしょうかね。
ラテン語 (T)
2017-05-23 12:42:02
今回のダイアグラム
トップ二項はピュアーとかディバインとかあるから、スピ系(Spiritual)出身ダイアグラムなのですかね。心理学系では無いですよね。

医学系では単語の殆どはラテン語・ギリシャ語発祥だからTも米国歯科大入る前の2年間、ギリシャ語・ラテン語の接頭語・語幹・接尾語を解説した辞書(Dictionary of Etymology)をジックリ勉強した事がありますね。

最初の年の半年間だかの解剖学の授業では全身体部位の名称と場所を覚えねばならず、週五日毎日50分の授業で毎回100の単語(&身体場所)を覚えさせられ、
もし風邪でもひいて一回でも授業に出られなければ、それだけで留年に成って仕舞うとかの緊迫感でしたね。
Tはラテン語(Etymology)の知識で何とかアメリカ人学生と伍していけたけど、彼等は単に無意味なアルファベットのつずりとしてとっくんでいたようで、暗記に四苦八苦してた様ですね。

歯科大学での授業、今では二度と繰り返せない悪鬼迫る経験でした。
たまにその時のトラウマ経験を夢に見たりしたものですが、その時の夢の内容は、専門コースの勉強に追いまくられて、
英語のクラスの単位(English1A,2A,1B,2B)とかを取得して無くて卒業できなくなってしまった・・とかの夢として現れてきたりしましたね。
実際は歯科大学では、そんな英語のクラス何て存在し無いんですから夢の捏造性はフロイドも逃げ出しますよね。
兎に角、未だに、自分は必要科目すべてを履修し終わったのだろうか、あるいは何科目か残したまま時間切れで、芋ずる式に押し出されて卒業してしまったのか判然としない思いにかられてますよね。

きっと当時は目をギラギラギンに血走らせていた4年間だったと思います。 ほんと、もう二度と繰り返せない、絶対繰り返したくない体験でしたね。
成績は上位3分の1の底位には居たのでしたが(39歳卒)・・・・。

フッと、じゃあ俺って鷹か、とか (T)
2017-05-23 13:19:36
おお~、カマキリけメ子と鷹男Tの決闘篇!!

図体上は鷹男が有利だが
其処はしぶときカマキリけメ子

鷹Tボケっとしているスキに
カマきりケめ子がTの喉に喰らい付き

血を吸いつつ恐竜カマキリに成長し
鷹Tあえなく闇夜行き

そしてカマキリケメ子は脱皮を遂げて
今ではオッそろ式ドラキュラだ

そうなればあとに残ったE男
アア命運あとわずか

それ見よ、喉元に二つの吸血のあと
あわれ男共の宿命じゃ

次の獲物はZか、虹の父か、
はたまた恐山か、ひひひの(ФωФ)フフフ・・・!!

ああ、それとも恐山に於いて
さしもの獰猛カマキリ女も

硫黄の煙に燻製にされて
点トウ虫へと還元か
野球パパさんへ (蓮の花)
2017-05-23 22:30:38
野球パパさまへ
能動的に気づくのと主動的に気づく:
それは肝要な観方ですね。
気づきには
ある程度の訓練が必要だと思います。
投げてくるボールを予測するみたいな
訓練に基づいたある種の感覚でしょうね。

後悔は良し悪しの判断から起因するみたいで
その基準となる価値観を見直せば
後悔してしまう傾向を把握できます。
心の悪循環を絶てることも可能かもです。

Unknown (蓮の花)
2017-05-23 22:43:08
Tスタイルの
ー工学的基礎知識(構造学的・力学的&Value engineering的)からのT式考え方・論理法流儀ー
その流儀はDNAでしょうね。
ある有名な歯科医が子供の頃、
友達と遊んでなく、一人でぽーつんと立っていて、幼稚園の先生が
どうしてみんなと遊ばないの?と聞いたら
なんと!あの寂しそうに見えた子が
”なぜ、遊ばないといけないか分からない”と答えたエピソードを
某ブログで読んだことあります。
彼はアメリカで今は隠遁生活を送っているようで
滅多に公で公式に発言することはないようですが、
名前を伏せてあるブログで
SupervisorをBehind Curtainで
やっている噂です。

兎に角、構造学的・力学的な解説の仕方は教育的な面で人を養成させていく最も
効率的なKnow-howでしょうね。


Unknown (蓮の花)
2017-05-23 22:55:53
統計のクラスの単位、実験実習単位とかを取得して無くて卒業できなくなってしまった・・とかの夢:
私も似たような悪夢に叫びながら
眼が醒めたことあります。
私は卒業したのか、してないのか
分からなくなったので
卒業証明書を探して確認したこともあります。

あの夢は恐ろしかったです。
単位を取れず永遠に卒業できない状態でしたね。
未だに私は自分が卒業したか疑問に思うほどでした。

思えば私も2週間に1度、50ページの
実験実習レポートを出さなきゃならなかったでしたね。
一度、風邪で授業を休んで
全くレポートを書けず、
かと言って留年したくはなかったから
友人のレポートを丸写しして出したら
加(4段階評価)をもらった時あります。

あのレポート詐欺は人生で犯した犯罪歴トップになった騙しです。
(以後、ずっと罪意識で苦しむ結果になる)

叩けばほこりが出ますね。
叩けば誇りが出るTとは根本的な違いがありまする。
Unknown (T)
2017-05-24 00:48:13
ワッはっッはのわはは、ワハハ本舗提供

レンさん文章
ギャクが効いて益々のご活躍おめでとう御座マスmass(E=mC²)。
生真面目・くそ真面目・打差真面目のKたんから
ふーてん風辛揚げカリカリさそり座の女
・・・への華麗な変身、
200点「二重丸ケメちゃん」への御昇格です。
これで偏差値125のオ‥ン・・ナ誕生!!
え~と、50+[(200-50)/2]=125となるからね。
恥は掻き打て世は情け (T)
2017-05-24 08:36:51
釈迦曰く、
『方便大いに結構毛だらけ。 嘘も方便問題御座らん・・・』、
『恥であっても役に立つ』(オッと、これは最近のNHKドラマの題名じゃった)・・・。
で、恥って単なる自己認識(自己憐憫)に過ぎぬという事であって、
本人が気にするほどには、実際にはだれも全然気にしてない訳だ!!・・・気にするって自分だけの執着だからね・・・

たかはし氏曰く(@恐山、無常問答の巻、5-21,01:53:53コメ)
事実そのもの(=事の真相)なんて認識出来無くて、『単に認識した事実なんては所詮は夢(時に悪夢的)で在り全て虚像なんだから、そんな事でクヨクヨ執着する事など価値が無い。
今だに執着して苦しんでいるのなら、苦しみたくなかったらそんな執着は捨てなさい』。
(それは単に儀式・形式の問題だ、水平思考的にいくらでも脱皮の方法がある・・・すべて方便的事実遂行、釈迦の得意分野でもごじゃったね・・・ナンカくそ真面目に気にし過ぎ!!per T)
Unknown (T)
2017-05-24 09:14:10
ははは、
Kさんって
かなり馬鹿正直でなんでもペロッてさらけ出しちゃうところあるよね。
長所でもあるし、自分を傷付けちゃう処もあるし・・・。
(まあ別に聞いたからってどおって事もないけどね)。

T君なんかだったら、
絶対人に喋らない秘密事項何て事も多々あって、
素知らぬ顔して口笛吹いて、気付きの家庭式から除外してるよね。
家庭内で全てさらけ出すのが正解だとも言えない訳でして・・・・(むしろそれが普通かもよ!!)。
無抵抗・無発言・不服従で家庭過程式を乗り切るとかもあるね!!
Unknown (T)
2017-05-24 09:40:12
そっか。。。。
馬鹿正直って美徳でもある訳だが・・・・、
やっぱり、バカって字がついてるから、
それなりのバカの内なんだろうね。

正直者が馬鹿をみるわけだな~と・・・
ずるがしこいTさんは思う訳だね。
中身的にはどっちも変わらない訳だけどね・・・。

ギョギョ!!
って言う事は・・・、
僧侶の鏡、ミ○ミちゃんもそ~だったりしてェ~・・・、
あんりゃま~ァ、ど~しましォ!!
Unknown (T)
2017-05-24 10:00:20
「事実そのもの!!」と言うレベルで考えれば、

我が成す事全ての全てが
生命力の発露、生の雄叫び(おたけび)・・・
という水平思考がありえるよね。
Unknown (蓮の花)
2017-05-24 23:52:45
『頭の中が空白で、何一つ絵を描き出せない事があった訳だ。
【空】の中に放り出された感じでごじゃった。T的には無との対決、自己の崩壊』
上記のことについて時間をかけて考えてみました。
即応対するような性質ではないと思いまして。

頭に常に何かがある
在る
有る
或る
要る
居るー状態に慣れて
それが当たり前の在り方だと限定すると
それが無くなった時、
異常のサインを送って
ピポーピポ鳴るでしょうね。

無くなったときを想定しなかったでしょうね。きっと。
或いは、神経伝達物質が上手く受け皿に
伝わらなかっただけかも知れません。

何せ、お仕事でストレスが許容力を超えて
空っぽにさせて
何かをリセットさせる必要があったと
決めて勝手にFunctionしたかも知れません。

脳は私達意志と関係なく
生命を営むために
不必要なものは削除しちゃうのです。

認知症も
認知する必要が無くなったと
勝手に決め込む結果かも、です。
Unknown (蓮の花)
2017-05-25 00:11:08
T式家庭円満式:無抵抗・無発言・不服従で家庭過程式を乗り切るーこれはガンジー流儀のT流、つまり家庭内煩悩解脱禅定でしょうかね。
それは万事に通じる手っ取り早い方法ですが、
問題点として
①無視されたと怒られる
②話が通じないと怒られる
③相手が心を閉ざす
④相手が寂しくなる
⑤相手が馬鹿にされた感じを受ける
⑥信頼関係を損なう
⑦意志の疎通が取れない
⑧不満を増やす
⑨問題を増やす
⑩関係が冷える

異常⑩項目ほど問題が生じる可能性があります。
相手が女性だと、
自分が評価されることに、動物的な本能が働くので、
獲物を獲得するには
(野馬を馴らせるには技術+奇術が必要)
然るべき承知の上、
然るべき処理をすることが望ましいです。

偉そうに書きましたが、
女性の立場から書きました。
女性ってややこしいです。

私は女子中
女子高(中退)
女子短大
女子大
女子ばっかの学校出身ですので
確かなデーターあります。


Unknown (蓮の花)
2017-05-25 00:13:42
**絶対人に喋らない秘密事項何て事も多々あって***
知りたい、知りたい、知りたい
知りたい!!

Unknown (T)
2017-05-25 01:08:13
一般的な女性同士の共感現象と、
男女間に生じる共感現象は現れ方が違う様だよね。

男女間では『神秘性』が互いを引き付けているので、
お互いが全てをさらけ出すのは甚だ宜しくない。
同居より通い婚の方が長続きする理由となる。
男は全て丸出しの女には興味が失せる。
3年で倦怠期が訪れる理由だ。
だってもはや陳腐で新鮮味がない、一向変わり映えのしない物体は見飽きる訳だし・・・あとは空気になる訳だ。
まあこれは女が男を見る時も同じなんだろうが、女は男が経済力がある間だけ男に付いて行く振りをするものだ。

こんな関係を避けたかったら、
当事者男女のあいだで永遠の神秘性を残しておくか、

単の在り方としては、
性別を超えた生活共同体としてタッグマッチ組むのみだ。

男同士の場合では、
相手に自分の弱みを決して見せない。
もし見せたら下僕的に成って仕舞うのは、他の動物世界での現象と同じだ。対等性を示す為に論理戦を仕掛ける訳だ。論理戦にまけたら男はそれで終わる訳だ。

男が女に自分の弱みをみせれば、女の母性本能をくすぐるが、それもほんの一時の一過性変性意識にすぎない。あとで吠えずらかく悲惨男になりさがる(例ハニートラップ)。
男は常に戦場先頭にいる。女は後方で罠を仕掛けて虎視眈々だ。結局男はおバカさん!!

それをなんとかかいくぐった出涸らし枯れススキ、古参爺Tに「平安あれ!!」(=游行期…聖なる川のほとりに行って死を松の実!!)
訂正&補足 (Unknown)
2017-05-25 02:07:25
訂正;
単の在り方としては・・・・>別の在り方としては、単に

補足;
人は誰でもA面とB面をもって居る筈だ。それが人間の本性だ。

女同士の場合は、
ふてぶてしくハレンチに鉄面皮にシラ~~っとばかり、B面を見せっこして共感現象すれば仲間同士となり、

他女のB面を探り出し自分のA面にアーメンすれば、他女は敵女に変化する。

他女のA面に気おされて我女のB面おもてに出ると、我女嫉妬心・敵愾心、さては自虐心・・・、
時に侮りサゲスミの反作用起きて貪瞋痴~の始まりはじまり。

情に棹させば流される、とかくこの世は住みにくい・・・B面こそが面白く、
A面世界だけじゃあ退屈だあああ窮屈だァ~。
(まあこれは男女共通心理だけどね、オトコはメンツで知らんぷり!!)

Unknown (T)
2017-05-25 02:36:08
B面=DNAの「生」の部分、生きる欲求、自我の欲求、本能の欲求、~~の欲求、の欲求世界、煩悩=本能

A面=タテマエの世界、自制の世界、メンツの世界、理性の世界、制約の世界、左脳の世界、正常人として見てくれを保つ世界、社会性を正常化する世界。

AとBは背反世界しかし共に必要だ。
AとBの調和点 (T)
2017-05-25 02:41:44
無取得=こだわりの心のない事、その境地。
但し自己中での無所得は鼻持ちならぬ偽者だ。
鬼(き)付きの介護過程式 (T)
2017-05-25 03:39:32
B面をザックリ描く記事、松浦晋也氏「介護生活敗戦記」。
URLリンク不能なるも、

「その姿、パンツを山と抱えたシシュポスのごとし」
で検索されたし。

母と失禁とプライドと・・・そして発狂しかける私・・・

50代は大切なスタートだよね。
Unknown (蓮の花)
2017-05-25 05:15:27
B面の裏側ですかあ~

私が20代の頃
裏側がバレた時、美しくなれることを
夢見てバカ正直に徹底したことあります。

そのバカ正直には病的で
来るものもあの正直さで遠ざけた、人寄せつけ、許せない潔癖なものでしたね。

当時、学生として飲み屋でバイトするのは禁止されて
バレたら退学処分を受けると
学生証に書いてありましたが、
それも学生課の人が訊いてきたから
正直言っちゃいましたね。

ですが、その理由もちゃんと言ったので
その方が私の代わりに学校に嘘をつけて
下さって、退学しなかったです。
代わりに休学して学費を稼いで
また学校に戻ることを
約束させられました。

あの方の嘘で今の私がいるのです。
B面を持てないように生きた、その証です。
Unknown (蓮の花)
2017-05-25 05:22:28
建前も裏隠しも無い、人生は
さらけ出す人生でもあります。

男はその女に魅力を感じないことは
もう知っています。

ですが、媚て生きたくないから
さらけ出してしまうんです。
精神的なものに限るですけどね。

肉体的なものをさらけ出したことは
一度も無いですね。

まあ~それで去る男なら
私には魅力無かったから
捨てる前に取らない主義でしたね。

男を捨てるのは
それも大いに気力が要りまして
作る前に要らないものは切り捨て主義でしたね。
今もそうです。

Tもいずれ???ひひひ~~
Eもそのうち?
Zは眼中にもない?

ひひひ~~~~
Unknown (蓮の花)
2017-05-25 05:25:51
上記の2つのコメント
真かジョークかが分かる者がいたら
その人はきっと
私より強い!



Unknown (蓮の花)
2017-05-25 19:30:27
まあ~眼が醒めてしまいました。
深夜か朝かの3時半に
もう寝れないと思ったので
Tからの続編があるか、何回もチェックしてますが、
幼稚な私のコメしかないですね。

時間が余ったように感じてきたので
恐山の何百もあるコメコメコメ騒ぎに行って
ちょっと読んで、宝捜しでもしてこようかしらん~~




オレもいっぱしの星占い!! (T)
2017-05-26 01:08:31
難題回答にデルタパワーが必要じゃった!!
(なんだい、なんだい、何でもデルタか?
・・・・ぐわははへへへ、そ~だいそ~だい、これでど~だい!!)

え~と、あのォ~
チミのB面はじゃねェ~!!

が、まずはA~men byキリスト風星占い師。
A面;
同時に二つ以上の事をこなす器用さあり
頭の回転速く臨機応変な策略家
興味直感、即決採用
話題豊富な社交人
カリスマ性・タレント性高し

だが・・・じゃ~~ん!!
チミのB面はァ、
心の中では誰に対しても上から目線
楽しくないと思えば即放置
直感的に一気に即行動あるが、最終的に優柔不断、やがて興味失い一気に放棄・・・で人から恨まれる。

双子座さんはいつも矛盾を抱えてます。好きの裏にはいつでも嫌いが存在してます。
嫌いの裏には好きが存在してるが本人は知らぬのふり繕う…左様に相反思考者、だから相手の裏の意図を敏感に見抜く・・・・・。


さすればtherefore (There forE)お取り扱い説明書としては??
一定距離感を置いて、双子座さんのプライドを傷つけないよう知性を出しつつ控えめに、適度な刺激も忘れずに、単刀直入に接すべし、べしべしべし!!

一番面倒なのはふたご座さん自身だと、実は本人も分かっているが認めたがらないんだから・・・

ってmmmソ~カエ??・・・ナウふた呉座ケめ子!!
やばくない!! (T)
2017-05-26 03:31:15
直感人ケめ子の在り様は
ありのまま~のすっぽんぽん!!

その流儀はDNAでしょうね。
ある有名なバレリーナの塾長が
その子供の時に
オヤジさんと喧嘩して
‟なぜ、殴られないといけないか分からない”と答えたエピソードを、
某ブログで読んだことがあります。

彼女はアメリカで今は隠遁生活を送っているようで、
セッセと公式の、さるブログで
アタフタとふたご座人生カキコ
頑張って遣ってるって噂です。

効率的な自己表示でしょうね・・・アレレ???誰かが既に言ったみたい・・・完
気付いちゃったのよ、ララランラン!! (T)
2017-05-26 04:49:24
遥洋子さん5月26日記事@遥かなるコンセルジュ『男の悩み、女の嘆き』「プロとはその時の為に常に備える者なり」

無視するも自分、気付くのも自分
(一点に拘っては)時が止まって、パターン化する。

どれほどキャリアが長くなろうとも、
何でも分かっている気になってはいけないぞ、
分かったか遥洋子・・・はい、心します。

大事なのは立ち止まらない事だ。
自分にはない、何かを持つプロとの出会いに感謝することだ。
そうすればやがてストライクのド真ん中に球を投げれる・・・
気付きの最終式 (T)
2017-05-26 06:45:24
A面しか無い人は・・・・
『歯に衣着(きぬき)せぬ物言い』に通ず。

歯に衣着せぬ発言は、実は人に好かれる魅力だ。
しかしただの毒舌に終わって仕舞うと人から敬遠される。

まあどちらにしろ、それなりには神秘的に映るようだが・・・
as逆説的に不可解な人(=KY=Kヨーク州)!!
Unknown (蓮の花)
2017-05-26 22:22:24
もしこのAB説が
某ブロガー(言っていることは真面だが、どうも言い方がおかしいと噂されている)
なら現実的には
Aーmenは合掌面になり、
望む面として、
ー同時に二つ以上の事をこなす器用さあり
頭の回転速く臨機応変な策略家
興味直感、即決採用
話題豊富な社交人
カリスマ性・タレント性高しー

B-menこそが真実の面になり
B面ー未熟面として
ー心の中では誰に対しても上から目線
楽しくないと思えば即放置
直感的に一気に即行動あるが、最終的に優柔不断、やがて興味失い一気に放棄・・・で人から恨まれる。ーが真相になるだろうと思いますね。

占い力もかなり鋭く、人の本心をずばっとさらけ出させるのですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。