Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

並行の軌条、交差の分岐Parallel Rail, Intersection Junction

2017年11月28日 23時20分05秒 | 人間関係

人との出会いは

どのような力で導かれているのだろう。

What kind of force would make people encounter for each other?

または、人との別れは

どのような力で裂けていくのだろう。

Or, what kind of force make people apart?


列車は二つのレールによって目的地に行ける。

A train can go to a destination with two rails.

その二つのレールは常に均等な間隔を持ち、

永久にそのレールが交わることはない。

Between two rails there must be spaced equally,

-they never intersect each other.

レールと車両の間には

静止と運動の摩擦が生じ駆動力になる。

Resulting driving force from stationary and motional friction

-between two rails and vehicle.


人間関係を運ぶ駆動力は

The force driven by human relationship is

摩擦力の物理現象のように

-like a physic phenomenon of friction force

固体が互いに接しているときに生じる

相対的な力学によるかもしれない。

-it may be resulted by relative dynamics that

-occurred when solids connected each other.


摩擦力の強さは

The strength of friction force,

互いが接触している面積や運動速度によらず、

-it does not depend on its tangential area or speed of motion,

荷重のみで決まるように

-like the way determined by dead-weight only

どんなに互いが密接な関係であっても

-no matter how the relativity close to each other,

関り度合いが早くても遅くても

-even though the involvement relatively sooner or later,

外力がある閾値を超えなければ

運動が生じない。

-it never occurs dynamic force unless there would be

-an external force that must exceed a certain threshold value.


つまり、人間関係の原動力は

It means, the driving force in human relationship

互いが接する触面に働く力に比例するともいえる。

-it is proportional to the driving force on the tangential area to each other.


人間関係の連動源=平行な軌条(レール)状態を保つ

Interlock source in a relationship=Retain parallel rail state


関係を力動的にさせるには

To make a relationship dynamic,

互いの間に常に平行する間隔が必然で、

-it always needs a parallel spacing between each other,

AとBの間隔が等しいことが大前提になる。

-promisingly the estrangement between A and B must be equal.


その等しい間隔により

AとBは同じ方向に向けて

同じ目的地を持つことができる。

A and B can have same destinations to the same directions

-based on equal gaps.


反面、ある日突然

ばったり出会う偶然による人間関係もある。

On the other hand, there is a relationship caused by

-an accidental encounter.

AとBがある時点から出発していて

ある時点でばったりぶつかる。

A and B collide at a certain time

-those were departed from each starting point.

ある瞬間にAとBが交差する。

A and B intersect at a certain moment.

劇的なタイミングにより二つの線が交わる。

Two lines cross at a dramatic timing.

だが、AとBは向いていく方向が違うので

最終的にはすれ違うことになる。

However, since A and B directions are oriented differently

-eventually they will pass through each other.


人とのすれ違いによる別れは

A farewell resulted from passing through each other,

悲しい感情を伴うが

-it accompanies sorrowful emotion but

それらの力動原理からみると

運動の始点と終点の過程にすぎない。

-from a perspective of dynamism principle,

-it may be a dynamism process of a starting and a closing.


軌条上にある並行線には

Two parallel lines on the rail

劇的に交わる交差点は無いのだが

-they don’t intersect which dramatically collide but

同時間内に同方向を進むことはできる。

-they can look forward same direction in same time zone.


人間関係は摩擦力や荷重の重さが

物理的に作用している点から考えると

Considering that a relationship operated by a force

-like friction or dead-weight in physics

その過程で必然的に生じる感情の変化は

作用に対する反作用の因果関係に属するように見える。

-an emotional change generates inevitably in the process

-the seems to belong casual nexus

-inevitably an emotional change generates in the process

-and it seems to belong to casual nexus of reaction caused by an action.


以前に私は、人間関係は努力により

あらゆる問題を解決できると信じ

Before, I believed that every relationship issue

-can be solved by doing an effort and

実際に実行していたが、

-I executed my belief in real but

私の努力以外の因果律のような力を

調整することはできないことが分かった。

I found that a force like a causality

-it cannot be controlled by an effort.


人間関係は人間が作り出す作用による反作用に

支配されているかもしれない。

Human relationship may be dominated by a reaction

-which caused by human actions.

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (114)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盲目で形而上、可視で形而下 ... | TOP | 心の天秤、ゼロ時間Steelyard... »
最近の画像もっと見る

114 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
投稿してから (蓮の花)
2017-11-29 14:08:11
つまらない内容の投稿になってしまったので、
その言い訳を少し

最近は説教したい気持ちが失せたかのように感じてくる。
その結果、書きたいことが制限される。

以前は説教染みた気持ちが常にあったので
その勢いで記事を書いたりした。
今は説教したい対象も無ければ、
説教しても自己満足感が得られない。
説得力が衰えてきたせいかもしれない。

勉強不足が原因かも
或いは、刺激不足かも
もしかして接する人が限られてきたからかも
あれやこれを考えても
鋭い見方がもうできなくなった感じだ。

スランプなのかも知れぬが
つまらないものでもまだ書けていることに
感謝してはいる。

さすがのTも
こんなつまらなさには付き合い切れないだろう...
とりあえず!! (T)
2017-11-29 16:03:30
説教強盗なんて永続きする筈ないからね・・・もともと。

つれずれなるままに、心に留まった事を
そこはかとなくつずる・・・
というスタイルでいいんじゃない???

気負い込む事ゼロポイントにして、
気楽に週刊K日記を掻くみたいな・・・
アクセスも一切気にせずに・・・

或いは書かなくても問題視しないで
苦行の修験道から抜け出すみたいな・・・
気楽な、気楽な気分でね。

参照;吉田建工「つれずれ草』設計仕様書
Unknown (T)
2017-11-29 16:51:52
摩擦力は荷重のみで決まるという事では無いね。

摩擦力=摩擦係数X荷重という事になりますね。
人が氷(氷平面)上を歩けば摩擦力が低いから(=摩擦係数が小さいから)たちまちすってんころりん!!

でも土(地面)の上を歩く時は摩擦係数が大きいから摩擦力も大きく、したがって安全に歩ける。

まあ摩擦係数が人間間の絆という事におおいに関係してるわけだよね。
もうそろそろ、いいんじゃないの?? (T)
2017-11-29 22:50:19
前にも書いたように、
「心や頭では人は変わらない」。
人が変われるのは環境が変わる時だ・・・

Kさんを取り巻く環境は大きく変わった訳だから、
ひとつ、この新環境に合わせて、
自分が変わるのをよしとしたらど~なの。。。
肩にグサリと食い込んだ重い荷物を、ホントにホントにスパッと降ろす気になって。。。

青年期のKさんは精一杯頑張って来て、突っ張って生きて来て、自分をがんじがらめに縛り付けて、ハングリー精神で闘い抜いて、たった一人で歯を食いしばって生きて来た・・・・

闘いには敗けませんと敵をなぎ倒して、肉を切らせて骨を切るの、血しぶきの雨の中を潜り抜けて、
憤怒憤怒の世界を生きて来た。

どうやら、それなりの勝利を納めた自分が
今此処にいる・・・・

で、今は林住期。環境も整った。
じゃあ今度は、自由に、素直に、慎ましく、断捨離で、趣味悠々の生活を目指す。
荷物を置いてリラックス。新しい生き方を目指す。
魂の抜け殻なんかじゃないじゃん!!
坐禅の日々を三昧する・・・なんと素敵じゃない!!
そろそろ自分を許してあげてもいいんじゃない??

もう、いいひといいさんを調教しようなどと考えず、
彼を下僕として使いこなさねばならぬなどと考えず、
彼に対し自分の上位さ、武功を示さねばならぬ
などと考える事もせず、

淑やかに貞淑に穏やかに
いいひといいさんに頼ってみる、
・・・彼はそういう力を持っている訳だし・・・

注;
説教強盗(=説教押し売り屋さん)から、
ごくありふれた日々の些細を楽しむ家庭主婦へ変身する・・・・・
コミュニティカレッジ(無料)などに通って
生き生きと勉強し直す・・・
自分の言葉を正語・愛語・素直語に保つ・・・
言葉の重みを考えて相手を傷つけないように心を砕く・・・

・・・なんて、
とても美しいイメージに見えるけどね、ど~~お?
B麺『考える前に遣っちゃえ』 (T)
2017-11-29 23:20:17
A麺は勿論それなりの優れもの!!
行学の形成力をうむ実力派
それはそれなりに言う事無し・・・Amen!!

でもまあしかし、
B麺としては、
考えてたら潰されるという戦闘モード中。
正見・正思惟する余裕の無い土壇場手段。
心のユトリの無い切羽詰まった心理状態・・・
優雅さ・おっとり系の正反対、
貧乏人の悪あがきにも通じちゃう・・・

えええ、なんだか、これって、
グランビーの環境に似合わないんじゃないの??
補足 (T)
2017-11-29 23:58:38
まあ、ただ単に
こういう見方もあるよ・・・
と呈示して見ただけだからね
…悪く思わんといてね
えええ??? (T)
2017-11-30 00:13:15
Kさん
以前言ってなかった??
私(=K)って
(はっきりした)イメージ(=ビジョン)が
浮かんでくるまで(=考え付くまで)
色々寝かせておく(=短慮に遣って仕舞わない)って??

そういう一面もあるんだったら
自分の向きを変革するの
簡単に出来そ~じゃない??
Unknown (蓮の花)
2017-11-30 00:21:29
potassium sorbate(組成式C6H7KO2)の
炭素がC6で
http://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?dr:D02411

chemical formula :
CH3CH=CH−CH=CH−CO2K

炭素の数からして
体内で他のミネラルと結合する役割をするから
処理される過程で悪さをしますね。

無害と示されているのは
それ自体は無害ですが、
体内での結合過程で
炭素のイオンがプラス化する際に生じます。

1サーヴィングで
Total fat 0.5g,1%(%Dally Value)
Saturated fat0g,0%,
Trans fat 0g, 0%
Cholesterol 10mg,3%
Sodium330mg 14%
Total Carbohydrate5g,2%
Dietary Fiber0g,0%
Suger4g
Protein9g,18%
VitaminA0%,VitaminC0%,Calciam0%,Iron6%

Claimed Ingredients;
Top Round Beef,Brown Suger,Water,
Peach Puree Concentrate,Salt,Cultured Sugar,
Spices,Canola Oil,Garlic Powder,
Hickory Smoke Flavor,Onion Powder,
Sodium Nitrite,Vinegar,Yeast Extract.
Treated with a solution of potassium sorbate to
ensure freshness.

あんなに添加物からみても
食品じゃなくて化学品ですよね。


Unknown (蓮の花)
2017-11-30 00:34:34
『肉を切らせて骨を切るの、血しぶきの雨の中を潜り抜けて、憤怒憤怒の世界を生きて来た』
正に私の映像
憤慨憤慨の世界かな、
憤りがありましたね。
既存の決まりきった考え方にですが、

常に身を砕けて
身を投げる覚悟で生きてましたね。

たまに
20年山で修行するのと
世欲を修えて26年を比べると
どっちが悲惨なのかを考えたりしますが
後者のほうが難易度が高い気がします。

確かに東洋男子一人で
アメリカで単身で業績を残し
しかも歯科医になって
今はスパーバイザーとして君臨するTのほうが
20年山暮らしよりは
よっぽど難易度が高いと思いますけどね。
ね??

beef jerky (T)
2017-11-30 00:54:35
おお、なるほどなるほど、化学製品!!
今回この化学製品初めて買ったけど
今後はPacific Gold Teriyaki Beef Jerkyにしますかね。

(最近は食べてなかったけど)以前はPacific Goldの方を食べてた事が在って、
Pacific Goldのほうは、真実の程は不確実ながら、
Preservatives/Chemicalsが入っていないと謳われているようだし(長持ちしないんだとか・・・)

T的には生肉調理で食べるのはあまり得意でない。
普通は生の魚を調理したものが主だけど、
なにせBirdで摂取量が少ない訳なので、
間食用の補食としてBeef Jerkyはクラッカー類よりかは良いかと思ってね。

チーズなんかは脂肪分過多で、それこそ発がん物質ソルベン酸自身がかなり入っているとかだしね・・・

post a comment

Recent Entries | 人間関係