Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

心の時間Mental Time E=mc²

2017年06月05日 23時37分35秒 | 坐禅

心には心の時間の流れがある

Mind has its own time flow

その時間は人によって相対的である

The mental time relatively differs depending on people

アインシュタイン曰く

Einstein once said

可愛い女の子といる一時間と

One hour with a pretty girl and

熱いやかんに触れた1秒は相対的であると言った

-one second touching on hot kettle are relative


年齢の違いによっても

Also, time depends on aging

10代と50代では時間の長さが大きく異なる

Between teens and 50’s the length of time significantly different


時間が何かについては

About what time is

今の科学でもその真実を解き明かしていない

Even today’s science doesn’t reveal its truth

1秒、1分、1時間、1日

1second, 1minute, 1hour, 1day

1週間、1か月、1年、1光年

1week, 1month, 1year, 1light year

それらの時間を計る単位は

These unites for measure time

人間が便宜上定めた測定方法である

-is decided by humans for convenient way

-to measure time


神がいるとしたら

If there is a God

きっと神の時間単位は

Perhaps God’s time unit 

人間界とは違う単位を持っているだろう

-would have different measurement from human ways

或いは、時間観念を持っていないかも知れない

Or might not have a time concept


人によっては

Depend on people

現在の時間帯に実存しながら

While they authentically existed in current time zone

過去の出来事に留まって生きている人もいる

-they are still staying where some events happened in the past

または現在の時間帯に実存しつつ

Or else, yet they authentically existed in current time zone

未来の幸せを祈り

Praying for a happiness in the future

未来に逃避して生きる人もいる

Some people escape to the future and live there


自分自身がどこの時間帯に生きているかを

特定することはそう簡単ではない

It is not so easy to judge to point out

-which time zone live in and where

ある人が現在に生きながら

While a person lives at present time

過去の幸せだった時や

The time when was happy or

過去の不幸せだった時を忘れられず

 If can’t forget the time when was unhappy

それらをいつも心に思い

Always think those times in mind

常にその出来事を思い出し

Always remind those events

その出来事に感情の変化があるとしたら

If emotion is changed by those events

その人は今を生きることはできない

The one cannot live in current time zone


時には未来への希望も

Sometimes the hope for the future

未来への期待も

The expectation for the future as well

未来への夢も

Even dreams for the future

今を生きることを防ぐ時もある

They sometimes prevent to live in current time


それらの今を生きる術は

Those skills to live current time

人間の限界を超えるものが確かにある

It is certainly beyond the limits of human being


ではどうやって今を生きるようになるだろうか

Then how can we live in current time zone?

そのような特集な方法や技法があるだろうか。

Is there such specific ways or skills?


もしそれらがあるとしたら

If there some ways

時間の経過を絶てることができるだろう

It could be exterminated the time passing

結果的に今を生きることにつながるかもしれない

It may lead to live in current time as the result


ふっと

Instantly

坐禅によって得られる無念の瞬間が

The moment with emptied thought which can get by doing zazen

時間の流れを絶てる無時間感覚かなと

The sense of none-time which can cut off time flow

想いがよぎった

The thought has crossed in my mind

ジャンル:
ウェブログ
Comments (108)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『心の句点と句切点』Mental ... | TOP | 禅の色彩Zen-Hue »
最近の画像もっと見る

108 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (T)
2017-06-06 13:50:14
脳内に起きる意識と時間の関係性は正にその通りだよね。
脳内意識での時間関連の相対性はアインシュタインの言う通りだよね。

しかし時計を作る工学者としては矢張り言わなければいけない事は、
アインシュタインがそういう(相対的)時間感覚が実際、現実の物理学の世界で発生してると見做してしまった事の妥当性だよね。9歳当時の3人の科学少年倶楽部での感想発表会で出て来たアイデアだったよね。

もしそんなことが物理学で正当化されるなら、
工学者Tとしてはそれに対応できる腕時計ナンカ作れないから、この世から時計を抹殺するしか無いよね。

今回のダイアグラムは工学者の作った時計基準で物事を考えているわけで、

アインシュタイン的には、
全ては一瞬の出来事に過ぎなくて、
時間は人が時間を認識した時から刻み始めたって言わねばいけないみたいな気がするよね。
彼は、絶対的にじゃあ無くて「相対的に時間は進む」と言いたいらしいからね・・・。
アインシュタイン曰く、「『時間そのもの』は感情を持った生き物だ!!」
補足 (T)
2017-06-06 15:46:47
レンさん自身はキチンと心の時間(Mental Time)といっているけど、

アインシュタインの恐るべきところは、
それをそっくりそのまま物理的時間(Physical Time)に持ち込んでしまった強力(ごうりき)ブリという処でしょうか・・・
追加 (T)
2017-06-07 00:49:38
いま恐山で対話中の【物自体】が、
超越的概念に過ぎぬのかどうかという事案と、

今回のK方程式を絡めて論じると、

Kの言う『心の時間』とは【超越的概念】であって、
「事実そのもの」(=「物自体」)という立場での
実存的存在ではないと思える。

しかしアインシュタインは『心の時間』を実存的存在として物理学のなかに導入し洗脳していった。。。。。
ーーーーーーーー

それはそうと今回記事のタイトルの中にE=mC²がはいるのはチョット不可解なり。。。。
Unknown (蓮の花)
2017-06-07 01:29:25
恐山コメは読むのに根気が要りますね。

工学者出身らしき者が書いたコメは
まあ~納得はできますが、
明らかに仏教知識を見せびらかす人は
果たして、自分が何を言っているのか
分かっているのかしら。

知っていることがそんなに偉かったら
その知識を活用して
東北震災難民を救え!と言いたくなりますよね。

今回の恐山記事は
ちっと飲めないものでした。
作家がそんなこと無理やり書いていいのかしら、とも思いましたね。
Unknown (蓮の花)
2017-06-07 01:40:29
今回のタイトルの中の公式は
アクセス数を増やすだけの利得重視の
格好つけ『ばー損(ばーぞん)』です。

実利主義みたいなものです。

ところでE=mc²は
もう理解できたのでそんなに偉く見えませんね。
ここまで分かることができたのも
Tの公式解説のおかげさまです。

何か月にかけて
EとMass、C²について説明し
私に全体像を描いて見せてくれたから
小脳優先の私が理解できたのでしょうね。

あらかじめありがとうございます。

ところで、
前回の記事にZさんの最後のコメ:
『恐山コメ 17/06/05 10:30 と同じこと
である。
それではさようなら。』
私もそこに行って読んでみましたが
何の意味かさっぱり分かりません。
Tはどう解釈なさいます?

しかも、最後の文句
それではさよならーとわざわざ書いて
もうコメもさよならかと思い気が重くなりましたね。
なんでそのような
さよならという寂しい言葉を使ったのかしら。
Unknown (Albert Einstein)
2017-06-07 03:14:02
If I may, let me note my fascination with this article. Very well presented.

It raises an interesting question: Does time pass without perception of it? And, if so, can mental techniques such as meditation be used to "absence" one from the perception of time, thereby stopping its flow?

I think so. Perception can be as real as anything physical.

That being said: Unless Zazen is actually adding quantities of energy into the physical system that makes up you, mere thought itself or meditation practice will not cause Time Dilation under my familiar energy and mass equivalency equation. To cause actual time dilation, you must inject energy into the system.

So, it is relevant to note that time and perception of time are different.

Each person has their own clock, which will affect the flow of time for them. This is NOT the perception of time, but the actual rate at which time flows RELATIVE to other objects, including other brains.

You are an object in motion, therefore you have your own physical clock. The faster you move, the slower your own clock will move relative to other objects of mass. Planets, people and brains are all objects with mass.
This is not merely the perception of time, but is the actual rate at which time flows.

Suppose I leave earth for 5 years and travel at a significant fraction of the speed of light relative to those remaining on earth. When I return to earth I will have aged only 5 years while those left behind will (depending upon the relative differences in our speed while I was gone) will have aged between 25 to 50 years (or more). So, it is not mere perception, the actual cells in the body and brain will age at different rates for different people.

This is called Time Dilation.

This is not theory. For the last 110 years many people, including smart scientists, have tried to assert this is wrong. Let them have their opinion. Simple understanding of engineering will tell the open minded person that I, Albert Einstein, am absolutely correct about time dilation.

The GPS system in your car would not work unless my equations for Time Dilation are accounted for. You see, your car and the satellite that receives and transmits the GPS signals to your car have their own clock and THEY DO NOT AGREE ABOUT THE RATE AT WHICH TIME PASSES. For your car, the rate time passes is faster than the GPS satellite. Therefore, if the makers of the GPS system did not account for relativistic time dilation, the GPS signal you receive which tells you to turn left on Main Street would arrive at the wrong time and you would in fact receive a signal suggesting you turn left off the cliff next to Main Street. So the satellite engineers adjust the signal transmissions so they are in synch with your car, even though the rate of time of your car and the satellite are passing at different rates.

Without adjusting for Time Dilation between cars on earth and GPS satellites orbiting earth, GPS systems would kill millions of people every year and you would never ever dare to use such a dangerous device.

So, whenever someone suggests the rate of time is the same for all objects, you’ll know that cannot be correct as GPS systems aren’t killing most of the people who use them.

My relativity equations do not negate that the rate of time appears to change depending upon a person's age, mood, etc. We are all familiar with this phenomenon. All humans can attest that a week seemed much longer when we were 5 years old than when we are 50 years old. This effect is believed to have much to do with subjective experience and memory. Time will often appear slower to humans who are engaged in new experiences, something far more likely to occur on a regular basis when we are young.

Perhaps Zazen Meditation has the capacity to alter our experience, suppress memory, stop or slow down the "language" center which constantly likes to talk to us from our own minds. So, indeed, Zazen must surely have the capacity to alter our perception of time, and how past, present and future impacts our thought processes.

Oh, by the way, whenever you change the rate at which your body and brain travel, (I presume you are not a disembodied brain) you add energy into the system known as you. And when you add energy you MUST always add Mass. Therefore, the faster you travel the heavier you get. You weigh more on a train than you do standing next to the tracks.
Again, this is not speculation and many practical devices require measurement of the mass increase at speed to function.

Thank you for reading my, Albert Einstein's, comment to this excellent blog.
Now I'm going to go back to being dead. Have a nice subjective experience as your energy and mass change.

Unknown (T)
2017-06-07 03:34:41
6-5、10:30は、たかはしさんのコメで、彼が此処で言うのは、「事実だ」と「事実そのものだ」とを混同するな、
という趣旨だった訳ですが(それがZさんの視点でもあった)、
事実そのもの=物自体は、
認識できない故に実存が疑われると言うのが、たかはしさんの論点であったのが、
それ以後の対話によって彼の視点が大きく変わっていると思います。
物自体(=事実そのもの)は論理的には、まごう事の無き実存するものと承認したと言う事になる。
これが恐山禅師が言う「事実そのものなど実存し無い」という主張と大きく異なって来ている事になる訳です。

処でZさんの「さよなら」は一過性の出来事でKさんが気にする必要は皆無でしょう。
まあKさんの物言いはA面としては率直・単刀直入型で、慣れれば馬耳東風で過ごせるが、
B面としてはKY型で男のプライドにグサッと短刀を突き付ける面があるわけで、相手をバッサバッサと切って落とす形をとるから、
要注意で無いとは言え無いわけだけど・・・今更、しょうが無い訳で・・・・。
(そのくせ、あとで一時的に、くよくよが無い訳では無くて、全くふたご座B面の特質を備えている)

其れゆえに、この前の2日間のブログ不在事件では、
Tとしては「さてはEと大喧嘩か??」みたいにハラハラ杞憂する事になる訳で、
・・・ふたご座女のB面は周りの人が「お取り扱い注意書」を心得ていないと事件が持ち上がる(恐れがある。。。)

そんな感じですかね、Tの直感ですが・・・

コメ者=おろおろオトコT
物語りって楽しいな!! (T)
2017-06-07 03:53:11
数学者、森毅氏曰く:
現代は、科学も哲学も、生命のストーリーの中へ宗教と一緒になってなだれ込み巨大なストーリーを描く時代となった。
数学も物理学も大きな数のストーリー、
エントロピーや相対性理論も時間のストーリーだ。
DNAから大宇宙迄広がったストーリー、
この世の全ては物語で形造られる!!
Unknown (T)
2017-06-07 04:28:45
ソ~言えば、
「産まれの時間」911でなくて611でよかったよね。
先ずはおめでとう御座ます…忘れる前に。。。

五木寛之言う如く、
生きて行くだけでも大変な御時勢に於いて、
50歳プラスまで生き抜いたこと自体がすこぶる偉業なり!!
まずは自分を褒めてあげて下さい!!

伸び縮みする時間 (iina)
2017-06-07 10:38:31
> 年齢の違いによっても10代と50代では時間の長さが大きく異なる
iinaもそのように思います。次のように考えるからです。
10歳の子供が感じる1年と、20歳や50歳では次のように感じられると思うからです。

    つまり 1/10なのに、
  20歳では、1/20となり、
  50歳では、1/50となるから、
  歳とともに、1年を短く感じるようになるのではないでしょうか。

post a comment

Recent Entries | 坐禅