Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

縁起の流動とその通訳 Foretoken dynamic fluency and its interpretation

2017年08月29日 02時18分40秒 | 坐禅

死者と交流できる場所として

知られている霊場恐山

Known as a sacred mountain which is called Osorezan

The place where can interact with deceased

日本青森県むつ市にある菩提寺に行ってきた

I visited Bodaiji in Mutsu City, Aomori Prefecture in Japan


去年の8月に恐山に行くべきである妙な気がしてから

Since I felt something odd that I should go to the Osorezan last August

実行するのに1年がかかった

And it took one year to execute


恐山に泊まった3泊4日の間

During 4days and 3nights staying at Osorezan

何故に私が恐山に行くべきだという気になってたか

その疑問の答えを見つけた

I found the answers for the questions

-why have I felt that should go there


菩提寺院代の南直哉師は

Minami Jikisai who is Deputy of Bodaiji

『縁起は既に存在している

人間のかかわりによってそれが明らかになる』と言った

Said that 『Foretoken already exists

-and it becomes clear by human relevancy』

そのことを今回の21日間の日本滞在で検証できた

I could verify what he said during this 21 days staying in Japan


全ては決まっていたのだ

Everything was decided

だが、その縁起の流動に入るか入れないかは

However, whether can get inside to the dynamic fluency of Foretoken or not

縁起が発する声を聞けるか聞けないかによる

-depending on how can listen to the voice which emitted by foretoken


その縁起が発する声は

The emitted voice of foretoken

人間が使用する言語を持っていないため

感覚を極限まで澄ましていないと

聞くことはできない

Human can’t listen its voice unless make sensors extremely clear

because of it does not have a language which humankind using


人類が使う言語は

The language which humankind using

気候や風土による地域性に影響されるのだが

It is influenced by regional factors

-such as natural features and specific climate

人間の人為的な力では動かすことのできない縁起は

The foretoken that cannot be moved by humankind’s artificial energy

縁起自体が持つ慣性法則を持っているかも知れない

Maybe foretoken owns its own Inertia law


この21日間の日本滞在日程で

In this 21 days schedule staying in Japan

私は坐禅が切っ掛けで知り合った人々に直接会ってきた

I have met with people face to face who became to know

-through Zazen related and motivated with it

縁起の声を人間のことばで通訳したかったからだ

I met them because I wanted to interpret the foretoken voice

-into human languages


しかし、通訳できたとしても

But even if I can interpreter it

それが正しいかを検証する判断基準は存在しないので

-since there is no criterion for verifying whether it is accurate or not

正誤の尺度は使えない

-so, can’t be used measurement which true or false


南師が言うように縁起は既に存在しているならば

Like Minami says if there existed foretoken already

確かめることにより明かすことはできる

It can be revealed by confirmation


その縁起とは

The foretoken means

ある特定の瞬間に

At a specific moment

ある特定の人と

With a specific person

確固たる因果で

With a solid cause and effect

何故に

Why

その瞬間に

At that moment

その人と

With that person

ある言語を使い

By using a language

あることを話すのかが

Talking about a thing which

明らかになる―その力動のことであろう

Can get clear-it will be the energy force 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魂の住所-連絡先Soul address... | TOP | 無動の可動力学Neutral Dynam... »
最近の画像もっと見る

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蓮の花)
2017-08-29 02:50:57
今回の記事について

今回は書くのに時間がかかった。
何度も書き直して
もう面倒になって
諦めかけた時
『縁起』という言葉を掴んだ。

書きたいのが多すぎたからか
想いが複雑すぎるからか
自分のスタイルが確立されたからか
何にしろ
結果的には
言いたいことに文字が追いつかない感じだ。

追いつかなくても
自分が始めた以上
自分で始末しなければならない。

自分が決めて
人を巻き込んだ以上
最後の最後を見せなければならない。

覚悟はどんなに弱いことばだろう。
覚悟は頼り気の無いことばだ

ただ
使命を作ってしまった以上
それを全うするーその気合を書いてみたかったのだが
部分の部分をちらつかせただけになってしまった。

全体は部分の存在無しでは
ありえることはできない。
分かってはいても
それらの部分が多すぎて
踏み出す一歩が重くなる。

Some thoughts... (Eric Applebaum)
2017-08-29 03:39:10
Scientists rarely say that a phenomenon is "known". Rather, science proceeds on theories, which become more developed with time.

For instance, ancient thinkers conceived of an "atom" and developed the first raw theories for really small things that made the material world. Of course, they didn't have a theory of the electron and nucleus back then - those came 5000 years later in the 20th Century.

Our description of the atom in the 21st century is still a theory. It is not complete. But that doesn't mean progress hasn't been made. We can build televisions and atomic clocks which wouldn't be possible without the theories.

We are still not sure of the dynamics of all the forces employed to make an atom. Indeed, only in the last few years have we found any evidence for the field which is Believed to give atoms Mass.

So, at any given time we interpret the information we have, and it can be a very good model of the phenomenon under scrutiny, even if that theory remains incomplete.

There are theories very likely to be "correct" in the sense they are on the right track, and theories almost certainly not correct. A good testable theory for the formation of the moon suggests it came from a chunk of the earth. There is another theory, told in children's stories, that the moon is made of cheese, which is a cute theory but not likely on the right track.

(Can one grow a lotus tree on the Moon? Well, who knows???...latest studies do suggest there is water in some of the craters!!!!)

In all levels of reality, perhaps the following is true: An interpretation, description or communication can be correct AND incomplete.

This allows for Development, which is not absolute. Good theories keep getting better and more accurate......a bit like a force that grows in strength as we near its source.

Everything that we might have a theory to interpret and describe it, existed before our theory.

And some theories describe things which have never been seen nor heard nor touched; and which may or may not exist.

It works both ways, which seems like a fair exchange.
犬も歩けば縁起に当たる(=歩かなければ縁起は起きぬ) (T)
2017-08-29 22:26:29
縁起が既に存在しているかの様に見せかけるのは
「縁起の演技だ!!」
縁起は人がかかわる事に酔って(由って)沸き起こる波の波紋の如しだ。
意志「みずから君」が池に石を投げ込まない限り・・・
嵐を呼ぶヤカラがいない限り・・・
縁起が「おのずから」動く事はない。
縁起は誰かが「みずから」動く事に故ってしか出来上がって来ない。

出来上がったひとつの波の波紋と他の波の波紋が出合い、新しい干渉縞を創りあげていく・・・Newly made dynamics・・・だ。

縁起性善説は成り立たない。
縁起生前説も成り立たない。
縁起の風はKさんの「みずから」が巻き起こした心の現成だからだ・・・
生命体が「そうしたい」という意志から生じたものだからだ。

依って縁起はKさんの創作物だ(=昔から定められていた訳ではない)。
縁起は主人公ではない。あなた自身が主人公だ。
が、しかし、人はこの世の主人公ではない。

縁起とは、
自然現象・天変地異・森羅万象の中に適応するために人間が思い付いた現象理解の方便だ。
人が縁起として演技しているに過ぎない・・・

注;もっとも縁起様様だと思って居た方が気持ちはラクだ・・・自分の行動倫理(原理)を根拠付けて規定出来、自分へ掛かって来る重圧を思い切れるから・・・・
追加 (T)
2017-08-29 23:23:40
「縁起」と「時間」は同系統の概念の如くに映る。
あると思えば在るし、無いと思えばない・・・
なぜなら両者とも人と人の交わりから出来上がった概念だからだ。

時間=時と時の間
縁起=人と人を繋いで(=縁して)起きる。

即ち人がいない世界では両者は存在し無い
Unknown (蓮の花)
2017-08-30 00:30:47
30日になりました。
疲れが一気にきたので、もうこれ以上コメントをする気力が残ってないです。
帰国してから
今までできなかった分を解決していきます。
Unknown (T)
2017-08-30 00:45:32
まあ、ヤドカリサンちゃんも折角エールを送って呉れた事ではあるが(??)・・・

自分が始めた以上自分で始末せねばならん!!
とか、そんな大それた「みずから」の身の処し方に強迫観念を持ち過ぎると自滅するかも・・・

もっと気楽に「おのずから」の事の成就、時の成就を「おのずから的縁起」に任せてしまうという水平思考も成り立つようだ。
「最後の最後」は色々な形がある様だ(あれがダメなら此れがある・・・)。

重い使命感は時には役に立ち、時には役立たずだ。
踏み出す一歩が重ければ、軽やかに踏み出して重荷を減ずればよい・・・
気負い込み過ぎに心を砕く時代は過ぎた・・・
Unknown (T)
2017-08-30 00:50:36
了解・・・
しばらく休題!!
Unknown (T)
2017-08-30 07:20:30
でもまあ
自分の心に
最早動かない固く依るべき
或る不動の信念が芽生えた
と言う事で在るなら
それは『信仰』を得たと言う事なのでしょうけど??
Unknown (T)
2017-08-30 07:52:21
えええ???
信仰者特有の真剣な目・・・確信そして気迫!!
Unknown (蓮の花)
2017-08-30 09:53:05
Tへ
21日間の日程をクリアして今日の6時の便に乗ってボストンに向かいます。

信仰、私には縁が無いようで仏教の教えで導かれたからどっかに縁があるでしょうね。
ですが、信仰は持たないようにしたいです。
信仰から自由になりたいですから。

これからチェックアウト準備をするので
細かいことは帰国してからにします。

私がブログ管理できない状況に
このブログを見守って頂きまして
誠にありがとうございます。

あんな切迫した状況で
Tからの潔い応援を読み
心の掛け替えのない支えになりました。

私が自分に正直にいられたのも
Tからの肯定的な認めがあったから
可能になったと思います。

私が砕けたものが何か
何を開拓したのか
何を繋げたのか
今ははっきり分かりませんが
いずれ、今のしたことが
結果になった時
その何かが
明らかになっていくと思います。

今回は
浮き上がったことを
明らかにしたーこれに尽きます。

私は恩師がいて
尊敬する師匠がいて
これが正に幸せーそのものでしょうね。

post a comment

Recent Entries | 坐禅

Trackback

Trackback  Ping-URL