Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

本鬼-被り鬼-最終決Phantom-Phantom masquerade-Final decision

2017年08月15日 09時36分22秒 | 生き方

私は鬼であった

I was a phantom

鬼でないと人間界で生きることはできなかった

If not a phantom, I could not live in human world


私の鬼は

The phantom of me

怒りで燃える炎であって

It was a flame that ignites with anger

哀しみを切り倒す剣を持っていた

It had a blade to chop down sorrow


その剣で

With that blade

無感覚をえぐり抜き出し

Hollowed out a numbness

心の鎧を切り倒し

Chopped out mental armor

目にへばりついていた重い瞼を切り離した

It detached heavy eyelids that had been stacked on my eyes


怒りの炎は

The anger flame was

恨みを燃やし

Ignited pique

憎しみを燃やし

Ignited hated

無関係も燃やした

It also ignited irrelevant

孤独な独りよがりも燃やした

It also ignited solitude that solo satisfied


私が鬼でいられたのは

I could have been as a phantom because

私の鬼が

人間を殺さないように

守ってくれたエンマ大王がいたからだ

The phantom of me was protected by Raja the great

And he taught the phantom not to kill human beings 


そのエンマ大王は

私の鬼を救い

人間被りの鬼も救った

Raja the great saved my phantom

Also, he saved other masqueraded phantoms  


その縁魔界での戦いは終わった

The conflict in a raja deity was over

その縁魔が人間界にいられる期限が切れてきたからだ

Because Raja the Great staying in human world is getting to expired


そのエンマ大王が縁魔界に行ってしまったら

If Raja the great would gone to his kingdom

私の鬼もエンマ大王魔につられて

縁魔界に消えて行ってほしい

I wish he takes my phantom to his kingdom

So, my phantom could be gone with him


私の鬼を見送ることができたら

If I could see off my phantom

人間として生き

I could live as a human

人間の期限が切れたら

When my staying expired as a human

エンマ大王が戻った縁魔界に戻り

Returning to his kingdom where he would be there

そのエンマ大王にまた会いたい…

I want to see him again…

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可動-始動その終動Mobile-Ons... | TOP | 魂の住所-連絡先Soul address... »
最近の画像もっと見る

54 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
わからないことがありまして (法伝)
2017-08-15 13:11:07
縁魔界というのはこの地上から三番目の夜魔天のことですか?それともエンマ大王が審判者になった餓鬼、地獄界のことですか? 夜魔天は苦しみから離れるという意味の天ですが、エンマ大王のエンマは故郷の夜魔天からきているらしいのですが。
高倉健(Kん)主演 (T)
2017-08-15 16:48:26
『君よ憤怒の河を渡れ』(きみよふんどのかわをわたれ)

真相が明るみに出てKの無実が明白となった。
法律では裁けない罪や悪がある事を知った。
裁きはエンマ大王に託して
二度と心を煩わされないぞと最終結を図る。

・・・トラウマの脱却、・・・戦いの終り
Unknown (Eric Applebaum)
2017-08-15 20:46:41
To T: I read your comment with automatic translator. It is a true comment I believe. Law is limited and there are many things can not resolve.

Keiren: I wrote a paper in college about demons for a literature class. It is the one paper from college I saved. I will try to find it while cleaning basement. I think it will be interesting to read and discuss when you return home.

The morning is late so off to work I go.
Unknown (蓮の花)
2017-08-15 21:47:34
法伝さんへ
『エンマ大王が審判者になった餓鬼、地獄界のこと』です。

いずれ、何の比喩だったのかを直接説明できると思います。
今は説明する気力が無いので、了解ください。
Unknown (蓮の花)
2017-08-15 21:51:21
Kの欠片T

『君よ憤怒の河を渡れ』

真相が明るみに出てKの無実が明白となった。
法律では裁けない罪や悪がある事を知った。
裁きはエンマ大王に託して
二度と心を煩わされないぞと最終結を図る。

・・・トラウマの脱却
・・・戦いの終り

私の欠片が書いたようです。
そっくり一致するので
そのまま、貼り付けておきます。
Unknown (蓮の花)
2017-08-15 21:54:43
Eric
I hope the paper is not a long one...hihihi



七つの大罪 (T)
2017-08-16 03:17:54
T的には【憤怒】(ふんぬ、或いは、ふんど)とは、世の不条理に対する「いきどおり」、即ち「義憤から発せられた怒り」に属する正義感派の正当な抵抗の様に感じられる。

人のB麺は阿修羅の面影をしており、マスカレード(仮面舞踏会)して平べったい人の顔で表面をつくろう。
正義感に駆られたKさんとしては憤怒のエネルギーで、その「被り面」を叩き割ってしまいたい。
闇を作り出すトンネルを山ごと吹き飛ばして
光の当たる平地にしたい。
mmm、確かに「スカッとさわやかコカ・コーラ」するようだ。

しかしTはその様な意気を持ち合わせない。
恰も「炭酸の抜けたコカ・コーラ」の如くで・・・
闇のトンネルを仮面を被ったまま通りすごして、
その闇を一人で墓場まで持っていくのだ(すんまへん!!)。
(注;尤もTの墓場は深い海の底のツモリだが・・・)

(仏教系用語と思ったが…実は)キリスト教系用語で、【七つの大罪】と言うのが在った。
憤怒は七つの大罪の一つだそうだ。Kさんの滞在中、解毒剤が施されそうだ。

千代亀(ちよき)の小舟に同乗し
五次元世界の河に漕ぎ出でて
放電現象の雷神エネルギーで走り抜け
オーソレミヨ山で、・・・亡霊群と・・・・
「最終決」着に漕ぎつける。
これで憤怒が消えてなくなる。

七つの大罪;
憤怒、傲慢,暴食、色欲、強欲、怠惰,嫉妬

七つの大罪の対立語;
慈悲、謙虚、節制、純血,救恤(きゅうじゅつ)、勤勉、忍耐

欠片(ケッペン) (T)
2017-08-16 04:41:28
・・・という言葉を初めて知った。
ケッペキ(潔癖)人が好きそうな言葉だ。

ケッペン(欠片)…正常な状態のものから何かの破片が欠けてしまった物体の事だ素~だ…面白い!!

欠片+破片=遺跡の復元、自分探し完成品
本当の自分とは何か?? (T)
2017-08-16 04:56:23
鷹の嘴君が黒●ちゃんの雉(きじ)をリンクした(8-15,6:59:01参照)。
本当の自分とは何か??
(蝶々じゃなくて雉なのよ篇)

『つまり一度、或る価値観に取り憑かれてしまうと、
今度はそれが導いて行く先が、
必ずしも自分の生活に取って、
或いは人生に取って、
負担になったとしても、
もう捨てられないですね。
一度、例えば自分が信じてしまった価値観念
という事を、そう簡単には捨てられない
・・・なぜなら信じたい自分が愛(いと)おしいからです(続)
Unknown (Eric Applebaum)
2017-08-16 05:32:14
Very interesting comments. I wish I could read Japanese as I know I lose 75% of the meaning when I wring it through a translator.

Indeed, T is absolutely correct that Anger is listed as one of these 7 Deadly sins identified in Christianity.

I am not a Christian. Actually I am not religious, but cultural bloodline is primarily Jewish. Anyway, this "Anger" sin accurately identified by T is often, in my opinion, misunderstood by Christians.

If we look at a list of these 7 deadly sins it will usually replace "Anger" with the term "Wrath".

As such, the sin may not be well understood. "Wrath" suggests taking action against an enemy, etc.

But T more correctly identifies the sin. Probe what they meant by "Wrath" when the list of sins was developed, and we find that "Wrath" in fact does mean "anger or rage", etc. and does NOT require overt action.

Of course, in the modern world, perhaps even devout Christians would NOT want to consider Anger itself a sin.

Although the organized religion might want to keep it, if only to dissuade people from getting mad at the Church.

That's a joke by me...I think...

There are stark differences between Judaism and Christianity with respect to Sin. Jews to some extent puts less emphasis on sin. It is an older religion, and the Jewish God tends to be a bit Wrathful itself.

Example: The story of Job (pronounced Jobe) who committed no sin but still had to bear the wrath of God. Christianity is a newer religion, so its God seems to be more forgiving, or at least less arbitrary.

But, in many ways, the older a religion is, the more modern it remains....perhaps because they are less influenced by the so called Dark Ages in Europe.

Judiaism has three classes of sins, the last of which is quite interesting:
Sins against God
Sins against other people
Sins against against oneself.

Anyway, the Jewish story of Job is fascinating...Job is subjected to all sorts of pain and injury and poverty, loss of his family and dignity...and all of this misery is caused by a casual bet, a mere wager, between God and a Demon.

It is taught that the story means mortals have no right to expect fairness from Gods, and no right to get pissed off either. But I always thought it meant a Deity could behave badly too....Sometimes refreshing to a young mind to bring God and Demons down a peg or two.

It's been 5000 years and people still debate about why on earth the Story of Job is in the Bible at all. My opinion....Whether its healthy or not, he has every right to be angry at both God and the Demon!!!!

My apologies for any religious readers, nothing here is meant to belittle your Faith. It is not my intention to offend. I simply enjoyed reading T's comment and it got me thinking....

post a comment

Recent Entries | 生き方

Trackback

Trackback  Ping-URL