Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

趣のエネルギーCharm Energy

2017年05月11日 12時29分45秒 | 坐禅

気力はどうやって持てるだろう

How can get vitality?

気力が充満している人は

Someone who has vitality enough

光のような明るさが光る

-can shine like a light radiating

その輝きは360°に拡散されているようだ

The radiating is scattering likely 360 degree angles


気力の無い人は

Someone who has less vitality

暗く夏でも寒い気を放つ

-giving off a cold chill energy even in hot summer

小さく萎んでいくような感覚も放つ

It gives sense that likely getting smaller and shrinking


気力は波長の波だろうか

Is energy of vitality would be a wave of wavelength?

そうであれば

If is it so

気力が充満な人の放つ波長は

The rich wavelength flickering from vitality person

周波数が高いはずだ

-its frequency should be high

言うまでもなく気力が無い人は

Needless to say, who does not have vitality

微弱な波長を放つだろう

-its wave is weakened and feebler


360°のどの角度から見ても美人な人もいる

There is a beauty who has beautiful angles which

-seen from every angle in 360°

前、後ろ、横、下、上から見ても

By front angle, back and sides even from the toe to the top

対称が取れていて絶妙な均衡が取れているのだ

-has gotten symmetric and exquisite equilibrium is balanced

この360°美人が放つ気力は

This vitality which given off by beauty who has beautiful 360°angles

安定感があり、波長が波打つような力動性がある

The 360 angles have stability

-also has dynamic wavelength like heaving wave


だが、局所だけ美人な人は

But, a beauty who has just beautiful some parts

前面は美人なのに側面は暗い感じがしたり

Her front face is beautiful but sides are something darken

下から眺めると怖い感じさえ与えることがある

If look up her face from the bottom, even can feel scary

全体性に欠ける不足感があり、不安定な感じがする

It has a shortage which is lacking in overall, gives unstable feeling

 

このような気力は

Such vitality or dynamism is

天性的に生まれ持った性質ではないだろう

It is not given with born neither natural gift

何故なら、若い時は美しく輝いたのに

Because, someone has shone beautifully when young

老いた時は醜くなっている人が割と多いからだ

 There are comparably many cases shows that glow ugly as aging

または、人生の難関を乗り越えた人が

To take another example, someone who overcame difficulties in life

自信に溢れた輝きを放つ例も多くある

-the one giving out brilliance which comes from filled with confidence


ではこのような気力はどこからでき

Then, where the dynamical vitality come from

どうやって受け取ることができるだろうか

-how can we receive it?

自己催眠のように自己暗示するだけでは

Like self-hypnosis merely doing such self-intimating

自己満足で終わってしまうだろうし

It will end up with only self-satisfaction

気功セミナーみたいなワークショップは

Some workshop lectures like super-mind energy seminars

詐欺みたいな騙しみたいな匂いもする

-smelling like cheating or fraud for fishing

気力を人間が人間に与えるようなことから

もう既に間違っている感じもするし…

Such stuffs seemingly already wrong because

-they say can give a dynamical vitality to a human…


この気力の発生源について考え始めたのも

The reason why I started to think about this fundamental vitality  

庭の仕事を始めた時からである

It was come from when I started garden work

土の上に立つと

Standing on the ground

土から優しい手が出て

A gentle hand got out from the soil

私を深奥な広がりのある世界に

引っ張られている感じがする

I feel like pulling out by the hand and

-lead me to a world where deep and expanding

腕を広げ、足を広げて立つと

Standing spreading arms and legs

腕から足から生きている気が広がってくる

-feeling like alive gets enlarge from arms and legs


特に坐禅の座り方をしてなくても

Without doing formal sitting form for zazen

思考を絶つと気を使わなくても

Without mind setting to cut bothering thoughts

自然に無念無想になれる

Can naturally be none-thinking-none-imaginary

土から放たれる気は

The energy emitted from soil

無条件的で限りの無い受容力がある

-have unconditional energy and unlimited acceptance

土は雨、雪、花粉、食物の生命体など

全て受け入れてくれる

The soil in earth, rain, snow, pollen, every life forms of foods of all

-they are accepting at all

人間の雑念までも受け容れて流してくれるのだ

It also accepts and drain us human being’s worldly thoughts

ジャンル:
ウェブログ
Comments (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の構成要素Composition ele... | TOP | 気づきの過程式Perceive-form... »
最近の画像もっと見る

75 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
筆者からの一言多語 (蓮の花)
2017-05-12 02:34:30
前回の記事のコメントの続きは
新記事のコメントでつなぎます。

何故なら、記事全体で言っていることは
ゼロポイント関連の『ある境地』に共通するからです。

タイトルや内容が違っても
根本的には、宇宙の摂理について考察する、その多角的な論点だからです。

特にTからは
それらの論題について
多様的で時事的なコラムや随筆までリンクさせてもらっているから
昔の記事にワザワザ、長々とスクロールしなくても
全部繋がっています。

まあ~このコメントは誰に言っているか?ですが、
Tやその他のコメントまで読んでみようと
試みた忍耐力強い読者向けに書きました。
なので、過去の記事に気になることや
加えたいことがありましたら、
新記事に言及することがでっとりばやいと知らせたいです。
Unknown (蓮の花)
2017-05-12 02:40:40
アインシュタイン流[光速度不変の原理]に関してのTの疑問は私も何となく察しています。
もし、自分が光速の光子ならば
時間はなくなるのかどうか。

もし、私が光速であれば
私から見える視野は歪んで
停止しているのでしょう?

その矢先にニュートリノが
Vサインを送りながら
早く来いよ!と言われるでしょうかどうか、ね?工学者?
なるほど~ (野球好きな2児のパパ。)
2017-05-12 08:02:43
稚拙なコメントで失礼します。気力について意識するほど検証したことなかったけど、奥が深いですね、考えさせられました。奥が深いお話ありがとうございました!
「光速度」異見 (T)
2017-05-12 15:43:46
前回コメの続き。
「光速度」とは何じゃろかについての異説が在る事が見つかった(超ひもとも違う別論)。
参考;ブログ『宇宙の謎がすべて解けました』(光はスピン連動現象だった)
ブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/usagiowo/blomaga/ar102408

かなり理解し難い文章で今の処チンプンカン状況だけど強烈に興味を引いたのは・・・、
光は距離に関係なく、瞬時に(0秒で、効率の問題を考えても5秒以内で)どこにでも到達してしまう・・・そんな宇宙のメカニズムがあるとかいう説明であった。

それで気になって、
一般相対性理論の実証だと見做された、
1919年5月29日の皆既日食で証明されたと言う重力ヒズミ(重力レンズ効果)についてウィキペディアをよんでみた。
Tの意図は、皆既日食図面と光の速度1秒30万㎞との関係であった。

どう言う事かと言うと、太陽の背後に在って、本来見えない筈の恒星の光が、重力レンズ効果によって検出され得る為には、
皆既日食中に観測されねばならぬと言う事なので、
その皆既日食の間にその恒星の光が地上の観測者に届いたのだろうかと疑問を持ったからだ。

太陽(乃至太陽近辺通過中の光)から発した光は地上に達するのに8分20秒かかる(perアインシュタイン)。
一方、月に妨げられた光が地上に達するのは、たったの1.3秒だ(=太陽エリアから来る光の到着時間と比較して無視できる範囲だ)。

これは何を意味するかと言うと、
皆既日食の間(=皆既継続時間中)に目的の恒星の光を観測してしまわなければいけない筈だと考えられる(現時点でのTの理解では・・・)。

処が皆既日食継続時間は6分51秒で在ったと言う事だ。それだと太陽の脇を通り抜けつつあった恒星の光が地上に到達する前に、皆既日食は(8分20秒ー6分51秒=)1分29秒前に終わってしまうことに成るので、
これだと恒星の光は認知出来ない筈だとなる(と思う)。
即ち、最低でも光の秒速度は(30万km)x(8分20秒/6分51秒)の速さ(=36.5万km)以上でなけれな恒星光の観測は出来なかった筈と思える。
言い換えれば、太陽近辺にある光でも瞬時に地上に届くとか言う、リンクしたブログの言い分に正当性が浮かび上がって来るのかも知れない。

う~む、皆既日食観察で一般相対性理論は証明されたと言われるけど、
特殊相対性理論(光速は1秒30万㎞)が否定されそうだ???。しかし特殊相対性理論が正しくなければ一般相対性理論も崩れる。ギョギョ、由々しき問題だ!!
Unknown (T)
2017-05-12 16:38:07
山崎豊子・・・・・・・・・・大地の子
痙攣リンゴパン・・・・・大地の娘(こ)
爺やT・・・・・・・・・・・・・大地の枯(こ)


ありがとう (たにむらこうせつ)
2017-05-12 20:56:41
読者登録ありがとうございます<(_ _)>
まだまだ未熟な詩や短歌ですが、
これからもよろしくお願いします!
はすの【花】 (T)
2017-05-13 01:19:56
花ちゃんの『坐禅姿勢の代替えは幾らでもある』(T的意訳)は、花ちゃんならではの鋭い観察
・・・・であったのだ(ジャン!!)。

ヴィバッサナーの1変化形っていうところかな??
たとえば寝るも坐禅、立つも坐禅、喰うも坐禅、当然、土いじりも坐禅・・・、
この世の構成要素は全て、坐禅、坐禅、坐禅・・・・坐禅の花ちゃんガンバルジャンの巻!!。

つまり元形(=原型)坐禅姿勢論は【集団的作法】である公共事業一形態という意義の表明と言う訳だよね、多分・・・。

アッ、そ~そ~、恒星も坐禅じゃね。黙って坐っててもピタリと当たるピタゴラス、じゃね!!

で、ここまで来ると必然的にT式坐禅『今朝の目覚めのΔパワー』で水平思考が発生するナリ・・・・(ジャン)。

兎に角、アインちゃんは1秒=30万㎞という時空数字が神様だから、30万という数字だけはいじくりたくないで(=確固たる信念の人だから・・・)、

単位時間の方を延ばして見たり、単位距離を短めてみたりして、辻褄あわせの光速的高速世界観を創り出したわけだったよね。

地上での1メートルは高速的乗り物観では33cmになってたり、地上時計1分は高速乗り物内では29秒の事だと言ってみたりとか・・・・・・。

花ちゃんの「視野は歪んで停止している…???』も鋭い直観。Tの触発満載、共振誘起、勇気百倍・・・

で、高速=光速のみつこちゃん(光子ちゃん)がこの世を見れば・・・・(じゃじゃ~ん!!)、
時間が0と見れて、距離が0と見れて、距離/時間=速度=0な筈で・・・・・

全ての建物が一本の線にみえて、E氏も一本線の旦那に見えて、花ちゃん自身もスラリ極限の一本線美人になってて、
川越駅も東京タワーも一本線に見えてェ、~~、~~、
地球も、はたまた宇宙も一本の線に見える・・・ってことに成る・・・(のかな??)

従って、新作宇宙論師の言う如く、
The『光子』のみつこちゃんは、一瞬の内にどこにでも到達出来ちゃう・・・という意味となる。なにしろ『宇宙にはいっさい奥行きが無い』ってみつこちゃんは思っちゃってるわけだから・・・・

で、奇ッ怪千万!!
みつ子ちゃんは電磁波だけど、
この魔術に呪われて波に成れずに足踏み状態、発狂寸前なんだけど、

電磁波でないニュートリノ君には、そんな足枷(あしかせ)は一切、無いから、
『みつ子ちゃんにVサインを送りながら、早く来いよ!!』とニヤニヤする訳だ。。。。。

ああ、Tなるオレも発狂寸前だな!!
mmm (T)
2017-05-13 01:28:48
ここまで漂流すると、
『Dimension of Design』じゃ無くて、

『Dimensionless one-line Design』へ改題せねばならんかもね・・・・すんまへん、花ちゃん!!
Unknown (Eric Applebaum)
2017-05-13 01:57:25
Your blog post relates vitality, symmetry and beauty.

I enjoy your point that seeing something from all angles (to fully circle around something to understand it) will reveal beauty.

It has been written that beautiful faces have symmetry. So the beauty is inherent to the relationship of the facial features to each other.

But, like anything, there is more than ONE SIDE to the story. If something is too symmetrical it risks taking on the character of blandness.

So, we begin to reach an understanding of the difference between symmetry and balance. They are not exactly the same.

Very often an asymmetrical face will have what we might call "character". There are immunerable famous photographs of weathered faces of persons who have lived lives of effort and we naturally ascribe a quality of "interesting character" or even "wisdom" to these mottled faces. While not destined for a fashion magazine, these pictures display a beauty all their own.

So, symmetry and asymmetry both yield an image of beauty. Both can resonate with a vitality we feel and absorb.

Symmetry is related to the structure of life. As plants grow from the soil they assume geometries which give them both rigidity to stand up from the ground and flexibility to sway with the winds or bend towards the daylight. The symmetry of the arrangement of their cells provides these two opposing and necessary characteristics: rigidity and flexibility. Beauty in form is often associated with quality in function.

To understand the geometry of living things we need to see them from all angles. As you stated.

In the arrangement of plant cells of a leaf we see symmetry but not perfect symmetry. For the leaf to take its beautiful shape there must be some irregularities, some added element of asymmetry, for the leaf to take its form.

Indeed, the universe in which we live, with its diversity of chemistry, is possible because of symmetry and asymmetry.

At the moment of the Big Bang the universe was highly ordered and symmetric. At least three of the four focres we know, electromagnetism, the weak nuclear force and the strong nuclear force (and perhaps even gravity) were all unified in a single force. In this model the Universe was highly symmetrical and ordered. Low entropy.

As it cooled the unified forces separated and the physicists refer to this period as the "breaking of the symmetries". We would not exist to appreciate beauty if the forces of the universe had remained symmetrical.

The same is true for matter. The early universe produced vast quantities of matter and anti-matter particles. There was almost perfect symmetry between the amount of matter and anti-matter particles. BUT NOT QUITE PERFECT. For every million anti-matter particles there were a million and one matter particles.

Again, without this slight asymmetry we wouldn't exist to appreciate beauty. The matter and anti-matter particles came into contact with eachother leading to mutual annhilation and transformation of their entire mass to energy. But, there was that small extra asymmetrical amount of matter. So when all the matter / anti-matter pairs were done colliding and converting into energy, there was that small excess of matter left over. That matter is now known to have formed the galaxies, great symmetrical colonies of stars upon which our existence depends.

Life itself, with its inherent beauty, would never have formed with asymmetry, or, as the physicisnts would say, the breaking of the perfect symmetry.

The soil in which we plant our seeds is rich with the minerals of life. Those minerals are born from the marriage of symmetry and asymmetry. Those minerals come from large stars which hold an equilibrium between gravity and outward pressure so they can exist long enough to cook up the lighter elements on the period chart. Then the symmetry between the inward pull of gravity and the outward pressure of nuclear process is broken and star explodes in a nova. The nova cooks the lighter elements and fuses them into all the heavier minerals which are then scattered into space, eventually recycled in the soils of planets like Earth.

The vitality of the nova is preserved in the soil and billions of years later, a human hand touches the ground with a seed and the vitality is released.

Complexity of the human mind yields much non-sense. It is the reduction from complexity to simple understandings where beauty and truth have a nexus point.

Indeed, the bothering throughts you write about, the stray cognitive strands of complexity, block the simple beauties, obscure the sweetest little understandings, puff the ego of lavish mental meanderings. Complexity is the single side. Simplicity is found on all sides.
Unknown (T)
2017-05-13 04:59:18
気力とは勇気と希望
此処掘れワンワン
土の中からサブマネー
掘り当てエナジー湧き上がる

post a comment

Recent Entries | 坐禅