Zazen坐禅-in US-アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究がメイン+英訳あり=韓国+日本+米国

幸せと不幸ーHappy and Unhappy

2016-10-14 | 日記
幸せになったと認識するには不幸が必要だ。
-To recognize became happy it needs to has been unhappy.

不幸無しに幸せは感じられないから、幸せは厄介かもしれない。
-Without has been felt unhappy before, cannot feel happy in presence so happiness might be complicated.

不幸を願う人は無いのに対し、幸せを願う人は大勢いる。
-People wish to be happy while people do not wish to be unhappy.

世の中、不幸も幸せもお互い取り合って均衡を取っている。
-In earthly world, both happiness and unhappiness are related with each other in balance so it has equilibrium.

全人類が幸せだけを願えば、
-If all mankind only wish to be happy,

不幸は行き場がないため、
-The other side of unhappy loses its way to go,

突然と人を襲う。
-So it has to attack people all of sudden.

たが、幸せは願っても襲ってこない。
-Ironically if people wish to be happy it does not attack or hit suddenly.

私は幸せが何か、実は分かっていない。
-Actually I don’t know what is happiness.

不幸は明らかに分かるので皮肉なことだ。
-It is an irony for us to know clearly what is unhappiness.

皆さんは幸せが何か、知っているのか?
-Do people know what is happiness?

或いは、不幸が何か知らないのか?
-Or people do not know what is unhappy?

これらの問いに答えも持てなく論じているから矛盾だ。
-It is contradiction to discuss because questioned without having the answers.

けれど、確かに分かることは、
-But what certainly known is,

幸せも不幸せも生きて生きていく上で必要不可欠であるっていう事実は明らかだ。
-It is an obvious fact for us to live, both happiness and unhappiness are essentially needed.

私は不幸な心を坐禅を実行して修めた。
-My unhappy mind was healed by actually did meditation.

不幸の実態が見えると幸せの行方も見えてきたのが不思議ではあるが。
-It is a wonder that when I have become to see the actual shape of unhappiness, I could see the path of happiness goes to where.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優雅な身なり-Graceful behave  | トップ | 良い先生悪い先生-Good teach... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL