口笛吹いても独り

~チンパンジーの地平線~

素養というもの

2017年04月21日 | サッカー
なんだい?
アレかい?
金曜の夜にスポーツクラブなんぞ行くのはそんなに変わり者なのかい?

最近書いた例の新規のスポーツクラブに仕事帰りに行ってみたが、そう言いたくなる程に拍子抜けに空いていた
もっと金曜の夜だから明日が休みで年間休日125日のブルジョワジーどもが暇を持て余してわんさかいるのかと思ったが
どうやら金持ちは金曜の夜、いわゆる花金にはもっとやる事があるらしい
自転車を1時間漕いで筋トレして10分ほど最後に歩いて1時間半
そこから1時間、アホみたいにサウナと水風呂を繰り返す

ここも程よく空いたサウナの中でテレビを見てるとニュースでガンバの堂安の得点シーンが放送される
相変わらず素晴らしい
昨年のココとかその後のココでも書いたが、コイツのシュート精度は年齢を考えると異常でその能力の高さはj1でも十分通用している
このまま育てば香川の後継者的なポジションは間違いなく彼になるだろう
それだけ、若い23歳過ぎた頃の香川と同じく基礎的な技術力がズバ抜けてる
若い頃の小野伸二を見た時も思ったが巧い選手というのはこういう選手をいうのだというお手本のような選手だ

ウチの後藤にもこのグラウンダーのシュートの精度を見て欲しいものだ
そんな事を考えつつサウナで汗を流すのである

ここまで
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NAI・NAI 20 | トップ | あぶりだし »
最近の画像もっと見る

あわせて読む