口笛吹いても独り

~チンパンジーの地平線~

大物

2016年12月28日 | サッカー
あれこれしている間にトリニータは契約更改が進み、年内最後の本日28日には鈴木惇という個人的には大型補強が発表された
期限付きという部分が福岡からの大事な「借り物」であることが分かる

そりゃ宝物だろうな、いやいや鈴木、鈴木惇か…
それにしてもまた凄いのを連れて来た
福岡の最初のトリオと言えば「山下、主税、中払」
それに続くのが「城後、北斗、鈴木惇」だろう
まあ読売に出た事もあったが、期限付きとはいえウチにまさか来るとは
福岡のボランチと言えばアレックスとかホベルトとかタレイ大先生とか末吉とか中原とか「ゲームの責任やチームの無理のシワ寄せの処理を押し付けられるチームの中間管理職」であり「90分走り続け泥にまみれる過酷な労働環境のゲームの労基法違反者」という選手が多いイメージがある
そしてホベや末吉はチームに大きく貢献してくれてタイトル優勝やリーグ昇格といった恩恵を与えてくれた
そういう意味では福岡の中盤というのは大分にとっての「縁起物」でもある
ただトンは少しタイプが違って汗かきやというよりはバランサーだ
日記を見直すとJ2時代、2012年の多分彼が23歳か24歳位の頃に対戦で「一見城後が王様に見えるが全ての攻撃は鈴木から始まる」と書いている
兎に角、捕まえツライ選手だったし足元の技術も高かった
それだけにこの移籍を見て「あの鈴木が!」という驚きを隠せない
昨年は低調だったようだが昇格年度には得点とアシストで素晴らしい数字も残している
あの位置から得点が伸びたのはFKか?もし流れの中での得点が半分でもあるなら中盤の底でコントロールするだけでなく前に自分が出る事も覚えた事になる

以前見た彼は本当に「センスがあるというのは、こういう事」という選手だった
あれから4年、来年は28という脂の乗り切った状態で来る彼は、今どんなプレーをしているのだろう
昨年の低調さも含めて現在の彼のプレーを見るのは今から楽しみで仕方ない

何よりも今回の補強で少なくともJ2を知っている選手がある程度集まっている事は非常に大きい
残留も含めてここまではそんなに悪くは無い
昌也は去ってしまったが、全てを繋ぎとめるのは難しい事だ
そこら辺の全体の感想は明日以降
今日はここまで
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一週間休み | トップ | 年の瀬 »
最近の画像もっと見る

サッカー」カテゴリの最新記事