棚からひとつかみ

オッサンのコレクション紹介です。お暇なら来てよね♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太田裕美

2013-07-28 19:52:50 | LP


お久しぶりです。

ブログやツイッターなどですが、
調子が良いとどんどん書くんですが・・・
すんません。またも横着かまして放置してしまいました。
ごめんなさい。

今回の棚からひとつかみは「太田裕美」さんです。
私の音楽人生、何だかんだ言って一番長く聞いているのは
この方です。

デビューされた時やアイドル歌手時代も知っているし、
結婚されてからも、NHKのみんなのうたで
子供向けの歌を唄われている時も聞いていました。

昔、あの甘えた声がイヤと言う人も多かったのですが、
いえいえ、あの声・あの唄い方が良いのです。

分かる方にはわかるのです。。。何を言うてるのやら。。。

人事異動など、私生活ではバタバタしておりましたが、
(これが横着していた真の理由では無いのですが)
ちょこちょこと棚からネタをひっぱりだしてきます。。。

ではでは


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

白井貴子

2013-04-03 22:46:09 | Weblog
棚からひとつかみ、11発目。

今日のお題は

白井貴子「Do For Loving」

1981年のデビューアルバムです。

どういったええんやろ・・・

いかにも80年代のニューミュージックって感じです。
まだデビューしたて、そんなうまく無い(失礼!)んですけど、
聴きやすいアルバムでして、よく聴いておりました。

その後、佐野元春さんのSomeDayをリメークしたり、
CMタイアップ曲のChance!やプリンセスTIFFAなどでヒットを飛ばし、
大学の学園祭では「総立ちの貴子」と呼ばれてましたね。

多分、CrazyBoysになる前ぐらいの頃、
京都府立勤労会館でライブを見たのですが、
たしかにRock色の濃いライブで、
レコードのイメージとはちょっと違って驚いた思い出アリ。

最近はNHKのお昼の番組でレポーター的な事もやっておられたようですが、
久々に「内気なマイボーイ(デビュー曲)」なんか聴いてみたいもんですな。。。
(めっちゃアイドルっぽい感じもする曲です!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳ジョージ&レイニーウッド

2013-03-31 18:59:58 | Weblog


棚からひとつかみ、記念すべき10発目。
今日のお題は

柳ジョージ&レイニーウッド「LIVE AT BUDOKAN 1981.12.19」

レイニーウッドの解散ライブアルバムです。

実は解散前はあまり聴いて無かったバンドなんですが、
この解散ライブアルバムを聴いてからファンになるという
何ともエエ加減なこって申し訳ない感じなんですが、
当時の私にはかなりインパクトのあるアルバムでした。

FM東京の番組用に実況録音された音源なんで、
ライブレコードに適していないようなんですが、
出来が良かったので、
急遽発売となったという経緯付きのライブ盤です。

その後、ジョーちゃん抜きで「TheWood」が再結成されたりして、
バンドとしては色々とゴタゴタあったようですが、
やはりソローアーティスト「柳ジョージ」として、
昔の曲(それも肩の力を抜いたエエ感じで)を
やってくれるのが良かったですねぇ~。
(ちなみに野外イベントなどで、数回は柳ジョージ&レイニーウッドとして、
 再結成も有りましたね。)

その柳ジョージさんも一昨年帰らぬ人となり、
オリジナルメンバーでのレイニーウッドを見る事はできません。。

「プリズナー」「青い瞳のステラ」なんか聴くと
ジョーちゃんを思い出してしみじみ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹内まりや

2013-03-23 16:34:12 | Weblog
棚からひとつかみ、9発目。
今日のお題は

竹内まりや「ユニバーシティストリート」

このアルバムは1979年の作品。

当初、竹内まりやさんの大学卒業記念アルバムになるはずでしたが、
発売直前単位足らずで留年決定となり、
最後は音楽生活と両立できず中退となったそうです。

楽曲は大学卒業を意識した内容構成となっていて、
個々の曲もなかなかいい出来!
その後のまりや人気の引き金になったアルバムだと思います。

私の押し曲は
2曲目の「涙のワンサイデッドラブ」と
5曲目の「ホールドオン」

ホールドオンは杉真理さんも歌っておられます。

1曲目のタイトル曲「オン・ザ・ユニバーシティストリート」では
アンルイスさんが登場しているも御愛嬌♪

一度お聴きくださいませ。。。

追伸:
前回紹介させていただいた須藤薫さん。
先日急逝されたとのニュースが出ていました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

須藤薫

2013-02-25 15:16:25 | LP


棚からひとつかみ、8発目。
今日のお題は

須藤薫「プラネタリウム」

このアルバムは1983年に発表されたアルバムです。

めちゃくちゃウマイって感じでもなく、
ビジュアル系でもなかった(失礼)んですけど、
田舎育ちの僕に
アメリカーンな雰囲気を感じさせてくれたシンガーで、
テルちゃん(会社の先輩)が一押しでした。

ジャケ画も当時を感じさせますね!!

一時期は杉真理さんとユニットを組んでやっておられるようですが、
今はどうされているのでしょうか?

たまにベストアルバムを聴いて
昔を懐かしんでおります。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CASIOPEA カシオペア

2013-02-11 19:38:39 | Weblog


棚からひとつかみ、7発目。
今日のお題は

CASIOPEA カシオペア「Eyes Of The Mind」

1981年発表、カシオペア5番目のアルバムです。

先に紹介させていただいた本多俊之&バーニングウェイブにはまって
いた同時期に熱心に聞いたアルバムです。

カシオペアのライブで絶対やってくれるおなじみの「朝焼け」や
初期の傑作「テイクミー」「スペースロード」や
タイトル曲である「Eyes Of The Mind」などメジャーな曲てんこ盛りで、
アメリカでも発売されて結構売れたものそうな・・・

前作「Make Up City」で「Eyes Of Mind」だったタイトル曲が
このアルバムでは新たな編曲となっていて
「Eyes Of The Mind」と”The”が追記されています。

このアルバムのメンバーである
野呂一生、向谷実、神保彰、桜井哲夫時代の
カシオペアが勢いもありましたし、
フュージョンバンドでも女子一番人気!
あのNHKレッツゴーヤングにも
アイドル並んで出演していたくらいです。

京都府立会館のライブにも見に行きましたが、
めっちゃカッコ良かったです♪

今はみんなバラバラになっちゃいましたが、
野呂さんが「Casiopea3rd」って3人編成のグループを再結成し昔の曲をやっています。

でもライブはやっぱ向谷さんのMCで無いと・・・ちょっと寂しい。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールナイターズ

2013-02-03 15:48:09 | LP


棚からひとつかみ第6弾は、ちょっとマニアック

オールナイターズ「KIRAっとジェネレーション」

知っている人は知っている、知らない人はまったくわからん(当たり前)

1980年代後半にフジテレビでやっていた深夜番組「オールナイトフジ」から
生まれた女子大生アイドルグループのアルバム。
後年、ブームとなる”おニャン子クラブ”の前身といえるグループです。

当時この番組は関西でネットされておらず、
何かよくわからんかったのですが、雑誌か何かで見かけた
メンバーの松尾羽純さん(おかわりシスターズ)が可愛くって・・・ぽっ

レコード屋さんに売っていたこのアルバムを勢いで買ってしまいました!

番組自体、若い女の子が出てりゃいいんでしょ的な軽いノリの深夜番組
と聞いていたので、アルバムのデキもそんな感じかと思いきや、
何曲かは結構ええんです♪
「素顔にキスして」「恋をアンコール」「借りたままのサリンジャー」などなど
全部が良いというわけではなく、
うまくは無いのです、何かツボにハマるいい曲があるんです。

「チュッとセンセーション」「B・E・S・T」
関連アルバムまで全部コレクションしちゃいました(笑)

ほぼ同学年世代なんで、みんなオバちゃんになっていますね!


ちなみに当時、系列局の関西テレビでは
「エンドレスナイト」って番組をやってまして、
アシスタントは「エンドレスギャル(略してエンギャル)」
第1期生には、ハイヒールモモコさんがおられます。。。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな恋のメロディ

2013-01-28 23:36:42 | LP


棚からひとつかみ、第5弾は映画音楽

「小さな恋のメロディ」

多分中学2年生だったと思います。
日曜洋画劇場で見たこの映画。

リアルな年代の役というのもありましたけど、
この役にすごくマッチしていて
見終わった後、メロディ役のトレーシーハイドに
マジで一目惚れしました(ぽっ)

「50年ってどれくらい?」
「休みを抜かして、だいたい150学期。」
「同じ人をずっと50年も愛し続けるなんて無理よ。」
「できるよ。だってもう1週間も愛してる。」

映画を見た人でないと分かりませんが、
めっちゃいいシーンです。

ビージーズが歌う主題歌・劇中歌
「インザモーニング」「メロディフェア」
「若葉のころ」もいいんですが、
ラストシーンに流れる
C,S,N&Y(クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング・・知ってます?)の
「Teach Your Children」が
映像にバッチリはまっていて、
いつまでも忘れられないシーンの一つです。

ちなみにトレーシーハイド、映画らしい映画はこれ一本で引退。
「あの人は今」的なテレビの取材を受けていたトレーシーハイドの姿を見て、
無茶苦茶ガッカリしたのはいつの日だったでしょうか??(遠い目)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

松田聖子

2013-01-27 20:56:23 | Weblog
棚からひとつかみ、第4弾

松田聖子「Canary」

私たちの世代でアイドルと言えば、
一番に出てくる名前はこの人でしょう。

「瞳はダイヤモンド」「蒼いフォトグラフ」
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
このメンバーで制作された松田聖子の全シングルでナンバー1だと
思っているのですが、
この曲が収録されているのがこのアルバムです。

ちなみに「蒼いフォトグラフ」は
宮本輝氏原作のドラマ「青が散る」の主題歌。

主演は石黒賢さん・二谷友里恵さん、
多分お二人ともTVデビュー作品だったと思います。
佐藤浩一さんなども出ていて、
二世タレント大集合のようなドラマ。

歌の世界とドラマのイメージがピッタリとあっていて、
もう一度見たい青春ドラマです!

更にマニアックなネタ、
ドラマの中に出てくる劇中歌「人間の駱駝」
秋元康氏作詞のなかなかいい歌だったのですが、
歌っていた大塚ガリバーさんはどこに行ったのでしょうか??

いやしかし、
このアルバムのジャケット、直球勝負の写真でいいなぁ~
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ

2013-01-21 23:52:19 | LP


棚からひとつかみ、第3弾は

ライヴ!アクトチューリップ

すんません、これ私が買ったLPレコードではありません(笑)
友達の誰かのだと思います。
その代わり、私が買ったはずのチューリップの「日本」ってLPが
手元にありません。
さて、どこに行ったのでしょうか??
多分、中学・高校時代の友達の家のどこかです。

「また今度返してな」「OK、今度な」・・・多分、そのままなんでしょう。。

チューリップは有名ですよね。
これはかなり初期のライブアルバム。メンバーも当初の5人です。

ちょこっとググってみますと
1973年の渋谷公会堂のライブなんですね。

オリジナル曲以外にイエスタディや4月になれば彼女がとか
やっておられます。

収録曲では「心の旅」が一番のヒット曲なんですけど、
僕が好きなのは「夏色のおもいで」か「夢中さ君に」のどっちかなぁ
メドレーに出てくる「魔法の黄色い靴」もいいですね。

ちょっとマニアックなネタですが、
手元にあるアルバムは初回盤でなく、再販盤ですね。
LPの帯が最初に発売されたものと違っています。

プレーヤーが無い(LPいっぱいあるのに!!)ので、
またCDレンタルで聞いてみましょか♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加