Think Myself.-I thank an appropriate partner.-

脳ではなく対面せよ
部分ではなく全体である
とらわれのない自らで直観する
相手を本当に想う
気が付く自ら考える

脳波干渉(マイクロ波聴覚効果)参考2:2007年からの同じような第三者の経緯(あくまで"当時の"推測も含めた話です)

2017-05-06 15:25:48 | 脳波干渉法廷闘争資料
*このよく読むとおかしな下記の現状が現場感。全てが分断された中でのおかしさ

----------------------------

【BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した公安警察の手口と生体電位の不正取得】"Emperor of Japan, granddaughter,
Honey Trap, Mako.Akishinonomiya"

〔ハニートラップの手口〕

 私は,先述ているとおり,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した拷問被害を受けている。
そこで,国家犯罪の被害に遭うきっかけを思い出し,纏めてみた結果が下記である。

 当時,携帯着うたサイトの『第三世界』というモバイルサイトにあった,友達募集掲示板で女性と知り合った。
多少のメールをやり取りし,その女性と遊ぶ事になったのである。
その時に,女性が待ち合わせ場所に指定してきたのが札幌駅であった。
当日,私が札幌駅に向かっている最中,『乗り過ごしちゃった!琴似駅に居る!』と急遽変更をしてきた。
そして,JR琴似駅まで迎えに行ったのである。
 駅に到着し,琴似駅のホーム近くに路上駐車をし,その日会う約束の女性を待っていた。
その際,私の車の10メートルほど後ろにシルバーのレガシーが後から来て私の後ろに停車した。
はじめは,駐停車禁止区間である事から,覆面パトカーが来たのかと思い,ルームミラーで後ろを確認していた。
停車したレガシーの内に,スーツ姿の男性二人が乗車して居て,こちらを見ながらニヤついているのを,私は確認している。
その直後,女性からメールが来た。
 内容は『どの車?どこに居るの?』という内容であった,それに私が返信し,車の特徴を伝えた。
その後,私に手を振りながら,女性が近づいてきて私の車に乗車してきた。
直後,私の後ろに停車していたレガシーは発進しその場から居なくなったという状況である。
今になって考えると,このレガシーが公安刑事の車両である事は明白である。

 その後,車内にて会話をしていたのだが,その際に,送ってもらった写メールの話をしたところ,送ったプリクラの一回しか撮影をした事が無いと言っていたので,
ドライブをしつつ,カラオケに行くかプリクラでも撮りに行くかと訊いたが,どこにも行きたくないと言っていた。
じゃあ海にでも行く?と訊いたが行かないという答えが返って来た。
この女性は,一体何をしに来たのかと思い,『帰る時間大丈夫?』と訊いたが,『友達の家に泊まりに行くと言って出てきているから大丈夫』という答えが返ってきたのである。
じゃあどうしようかと,『テレビもあるしゲームもあるし暇潰しできるし,そのまま泊まれるし,ホテルに行く?』と聞いた所,『うん。と直ぐに了承してきた』それで,ホテルに入ったのである。
ホテルに入ると,ロビーにシャンプー等が数種類置かれていた。
そのシャンプーを見て『あっ!いち髪だー!』とその女性がいっていたのを憶えている。

 室内に入り,色々と話をしてゆくうちに,芸能関係の話になった。
その際に,その女性は,嵐の松本潤さんのファンだと言っていたのを憶えている。
ジャニーズ系が好きなのかと思い,ジャニーズ系の友人でも呼ぼうか?と訊いたが,呼ばないでという返答があった。
そのまま流れで,互いに身の上話をしていた際に,私がバイクに乗っている事を告げると,『私の彼氏,バイクで事故を起こして大変な事になったんだから気おつけてよ!』と,その女性が言っていた。
そう,その女性は,交際相手がいるにも関わらず,私とホテルに入室したとの事であったから驚きを隠す事はできなかった。
そこで,『え!?彼氏いるの?何歳?』と訊くと,『24歳』と言っていた。
さらに,その彼氏は,お笑い芸人をやっていると言っていたのを憶えている。

〔女性の正体〕

そのままの流れで,室内にて話をしていた際に,その女性が,『実は私,警察なんだよね』と突然言ってきた。
私は,やましい事が何も無いので,『へー。警察かー!珍しいね!』と言った際に,『捜査捜査!これ捜査だから!』『お前右翼だろ!』と言ってきたのである。
私は,『え!?右翼?捜査?』と訳が判らなかったが,女性が『話訊くから』と言って何処かに電話を掛けていた。

 そしてホテルを出され,石狩市花川緑縁台3-3にある,コンビニエンスストアのセイコーマートの駐車場に入った際に,
後ろから着いて来たシルバーのミニバンに突如として進路を塞がれて,ミニバンから降りて駆け寄って来た,スーツ姿でショートカットの女性に車から降ろされ,ミニバンの中に無理やり乗せられた。
この時に,駆け寄ってきた女性は,トラップ要員の女性を私の車の助手席から,『確保!確保!』と騒ぎながら降ろし,ミニバンに連れて行った。
その後に,スーツ姿の女性が,私の元に来て,『あれは誰だ!?どういう関係だ!!』と聞いてきた。
その際に,『あー,妹,妹』と答えたところ,『ふざけんじゃねー!!』と怒鳴られ,私は,車から降ろされてミニバンに乗せられたのである。

 その際,車内に監禁されたのだが,その詳細を以下に記述する。
運転席に座っている男性が,スーツ姿の女性に対し,『おい!ドア閉めろ!!』と命令をしていた。
その命令に対し,スーツの女性は,『これ閉めたらヤバくないっすか!?監禁になりますよ!?』と言っていたが,
運転席の男性が,『自分で閉めさせたら大丈夫だ!!』と言って,私に対し『おい!自分でドア閉めろ!!』と脅迫してきた。

 それで私は,脅されてドアを閉めたのであるが,
ドアを無理やり閉めらされた後に,車内が密室空間になった途端,『ねえ!これで終わり!?』と運転席の男に訊いていた。
男は『終わり終わり。』と女に言っていた。
女はその直後,『気持ちわりーんだよ!!』と怒鳴り,私が座っていた座席を後ろから蹴飛ばしてきた。
男が『なしたの??』とニヤつきながら女に聞いていたのだが,
その返答で,女は『こいつ,ヤろうとしてた!』と言って男の顔を機嫌が悪そうに見ていた。
男はそれを聞いて,『フハハハハハ!』とニヤつきながら笑っていたのを憶えている。

※その際,車内に於いて,『線がたくさん付いた緑色の帽子のような物』を『おい!これ被れ!』と無理やり被らされた記憶がある。
運転席の男が『お友達登録完了!おもちゃ出来上がり!!』と,手元の機械を見ながら言っていたのを憶えている。
これが,先述している,『緑色の帽子状の物を被らされ,その際に『あ』『を』『ん』のような三つの言葉を発音させられている』と言う事の詳細である。

 その際,女が,『ねえ!これで帰れるの!?気持ち悪くてしょうがない!早く帰ってシャワー浴びたい!』と男に言っていた。
男は『おー,帰れる帰れる!』と言っていたが,その直後『あ!この後,夕方からもう一件あるから,そん時電話するから頼むな!』と女に言っていた。
女は『はー!!』と大きな溜息を吐いて,座席にもたれ掛り,機嫌悪そうに窓の外を見ていた。

 その後に私は車から降ろされ,チンピラのような物言いをする複数人から尋問を受け,蹴飛ばされる等の暴行と,誰にも言うなと脅迫をされたのである。
したがって,トラップ要員の女は,公安警察の女刑事であるのか,協力者であるのか,どちらかという事になる。
その際に,私は携帯電話を奪われた。
仕事の連絡が来るかもしれないので返してくれと言ったが,『そんな事知った事じゃねー!』と言われ,
その場に居た男の持っていた黒い携帯電話を渡され,『出来上がったら連絡する』『誰にもこの事言うなよ!言ったら殺すからな!』と再三脅しをかけられ帰された。

 その二日後に,取りに来いと言われ,同じく石狩市花川3-3のコンビニエンスストアに行ったのだが,
そのコンビニエンスストアの裏手にある,草が生い茂る,周りからは見えない横の道に連れて行かれた。
当時その周辺は,区画整理されたのみの状況で,家も無く人の背丈よりも高い草が生い茂っていた。
そこに着いた際に,一番若い男が,回転式ではない拳銃を私に突き付け,その草むらの中に,私は連れて行かれた。
そして,『座れ!』と命令をされ,その場に正座をさせられたのである。
 そして,その一番若い男が,私の頭に拳銃を突き付け,『こいつ殺しますか?』と周りの男らに訊いていた。
その後,『この事を誰かに言ったら,お前を殺すからな!』と再三脅され帰されたのである。

※その結果,私は生体電位を違法に取得され,マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した拷問被害に遭うようになったのである。

---------------------------

それでは,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用し,どの様な国家犯罪で,どのような拷問の被害に遭っているのかを以下に記述する。

【公安警察から受けている拷問被害の内容】 "Emperor of Japan, granddaughter, Honey Trap,
Mako.Akishinonomiya"

(内容.1)

 申し遅れましたが,私『告発者』は,北海道札幌市に住んでおります男性被害者28歳です。
これを記述している現在も,胸より上の肩-腕-首の筋肉が強張り,非常に細かい痺れというか,細かい痙攣の様な状態を,強い耳鳴りと共に引き起こしてきます。
耳鳴りですが,金属の板を針で擦るような,『非常に高いチーという金属的な音』と,『ブー,ジーと言う低い音』の二種類があります。
 又,頭部と頭皮が痺れる感覚と,頭部が内側から膨張するようなボワーっとした感覚,
それと,発話の際に,喉元がモワモワとし,発話に使う呼気の量が極端に増える,という状況です。
さらに,瞼が重く感じるような感覚がしたり,
眼底に鈍痛が発生したり,何かを集中して読んでいる時などは,後頭部に瞬間的な激痛が発生する状況です。
 何か考え事をしている時は,側頭部に近い頭頂部が,線状に痛くなる等,その時行っている事によって頭痛の部位が変わります。
その他ですと,全身の筋肉を,部分的にピクピクと痙攣させてきたり,非常に眠たくなるような,いわゆる催眠状態にしてきます。
睡眠時には,90分と180分の倍数で,数時間おきに無理やり起こされます。
また,酷い時ですと,心臓を不整脈の状態にしてきます。
この際に,『お前人を殺しただろ?』などと尋問してきて,殺していないので否定した際には,『否定した直後に,心臓の鼓動を強くドク!』と操作してきます。
(この様な拷問は,24時間,場所や状況を問わずに行われている)

 私に対する加害者の特徴的なところは,自分は神だと名乗ったり,天皇家の者(皇族)であると名乗り拷問を行ってくる事です。
私の場合,毎年11月から4月頃まで酷い拷問を集中的に受け,そのつど,拷問をされたという記憶を一時的に忘れさせられるという事をされてきました。
 したがって私は,毎年,加害者側がマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用し,拷問をされても,加害者が一体誰であるのかを数ヶ月間思い出すことができず,
ただただ拷問に耐え,『お前が悪い!謝れ謝れ!』と『毎日24時間,言われ続けて睡眠不足にされ』謝罪する意味が分らないまま,ひたすら謝罪をさせられるという状況が続いておりました。
さらに,土下座をしなければ,私の身内であったり,飼っているペットを殺害するとまで言われ,土下座を強要される状況となっておりました。
何故ならば,私は,ブログやSNS等の記録に残る事を一切行ってこなかったからです。

 尚,このBMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した加害者達は,自らを天皇家の者だ,皇族だと名乗りながら,上気した声で楽しそうに笑いながら拷問を加えてくる状況が多い状態となっております。
『お前が2007年7月31日(20歳の誕生日を迎えた次の日)に遊んだ相手は,天皇家の秋篠宮眞子内親王殿下(Mako.Akishinonomiya)だったんだ!』と,父親である秋篠宮文仁親王殿下(Humihito.Akishinonomiya)を名乗り,
私に対しBMIとマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した拷問を行ってくるという状況です。
その上で,自分達の行っている拷問行為は,天皇家のやり方だという事を,毎日24時間,BMIとマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用し,自分達は皇族であると名乗りながら敵意を向けるよう洗脳してきていたのです。

(内容.2)

 昨年2013年12月13日から加害者側の発言内容は,過激さを増しております。
先述している通り,まず初めに自分達は天皇家の者だと名乗ってきております。
その後,謝罪させられるわけですが,謝罪した際に,『コイツ天皇家に謝った!右翼だ右翼!間違いない!』
そう三人が言っている声を聞かされてから,昨年末から現在に至るまでの拷問が始まったのです。

 お前みたいな底辺と自分の娘が遊んだショックで,秋篠宮文仁親王殿下(Humihito.Akishinonomiya)の気が狂って,『自分の娘を犯すようになった!だから謝れ!自殺しろ!』という,
正常な精神状態とは思えない話を,自称“侍従者”が私に対し,謝罪の強要と自殺の強要を,まともな睡眠もとらせずに24時間交代制で行うという状況が続いておりました。
その際,『自分の娘に手を出す!?いくら何でもおかしいのではないか?』と言えば,
『それが我が家のしきたりだ!天皇家とはそういうもんなんだ!!』と言われた後に,私は加害者から拷問をされております。

『お前のせいで天皇家全員の気がふれた,お前が悪いんだ,皇居の方角を向いて土下座をしろ!』と2013年12月23日18時に土下座の強要もされました。
私は,それに従いました,何故ならば,今までに受けた拷問の記憶を消されている状態であったので,現状を正しく理解できていなかったのです。
したがって,『一般人が使用できる技術と機械ではないのだから,当時会った女性が天皇家の秋篠宮眞子内親王殿下(Mako.Akishinonomiya)である可能性も視野に入れ,言われるがままの状態だった』のです。
さらに,公安の連中は過激さを増し,亡き祖父の使っていた日本国旗も捨てろと強要され,捨てさせられましたし,『我が家の家紋(菊紋)が入った神社の御守りを,お前が持っていると縁起が悪いから捨てろ』と捨てされられたりもしております。

 又、昨年2013年12月28日に執り行われた亡き祖父の法要すらも無断欠席させられました。
その際,加害者側に『法要だと!?駄目に決まってんだろ!!お前の親戚を皆殺しにするぞ!!俺たちの仕事を増やすな!!』と言われ,
『明日は佳子ちゃんの誕生日だ!縁起が悪い!!欠席しろ!!』そう言われて,欠席の連絡すら入れる事すら許されず,当日に無断欠席をさせられました。

※この法要は,88歳の祖母が始めて発起人となり,自分が亡き後の事を考えて,本家や分家といった親戚付き合いが希薄にならないようにという事から,2ヶ月前から声を掛けられていた行事でした。
法要を欠席されられている時間中,拷問を行われ,ギャハハハ!と笑われて,挙句に,『ほんと縁起の悪いジジイだ!』『気持ち悪い婆さんだ!早く死ねば良いのに』と言われております。

(内容.3)

 性的な拷問被害も頻繁に受けております。
それは,性的な映像を睡眠と覚醒の狭間に見せられ,前立腺周辺の筋肉を痙攣させて性的な刺激を与え,射精させようとする事を頻繁にしてきます。
その後,目を覚ますと,ギャハハハと笑っている声を聞かせてきます。
これは性的な拷問という国家犯罪です。

 その他ですと,私が大切に所有していた車も,
『女性皇族の件で,週刊誌が嗅ぎ回っている,お前の車には様々な人が乗ってきただろ!?手放さなければ大変なことになるから,手放してくれ!』
と丸一日掛けて説得され,2013年12月中頃に,無理やり廃棄させられました。
車を手放した後にギャハハハと笑われ,『オーイ!侍従者の言う事を信じるな!ギャハハハ!コイツ本当におもしろい!』と言われたり,
『24時間寝むらせねーぞ!!』と大声で騒がれ眠れず, 二日後にようやく眠りに付いた際には『コイツ寝てたら面白くねー!』という大きな声で,
睡眠後2時間程度で起こされる日々が,2013年12月から2014年1月中まで続きました。

 更には,『東日本大震災も原発事故も,天皇家の親王殿下の策略だ!!』
『東日本大震災で人が何人死んでも天皇陛下や親王殿下は屁とも思わねー方なんだよ!天皇家とはそういうもんなんだ!』
という発言を楽しそうにしてくる人間性です。
 このような事が続いておりますので,私も加害者に対して荒い言葉を投げかけますが,
私が荒い言動をとった際に,その荒い言葉を取り上げ『こいつ天皇家に敵意向けてる!変な妄想している!危ないわ!!』と言って,更なる拷問を加えてくる状況です。

※先述しておりますが,2012年9月に親王殿下ご夫妻が札幌を訪れた際にも,先述したとおり『こいつ天皇家に敵意向けてる!変な妄想している!危ないわ!!』と言いながら,
拷問を加え,自宅から出れないようにされたあげく,自宅の周囲に北海道警察警備部:公安警察の車両が大量に来て,自宅の周囲を取り囲み監視されている状況でした。
 そして本年,2014年7月1日午前10時(高円宮殿下が札幌に?)にも同様に,自宅の周囲に公安警察の車両が大量に来て,自宅の周囲を取り囲み監視されている状況でした。
要するに私は,天皇家に危害を加えようとしている危険人物として,でっち上げをされているのです。

※2011年にも車の事で色々と言われております。
『俺でさえ車持ってないのに,お前が車を持っているとか生意気なんだよ!』と言っていた。
結果,2013年12月に,その異常な執着心により車を無理やり廃棄させられた。

(内容.4)

 これを記述している現在も,胸より上の肩・腕・首の筋肉が強張り,非常に細かい痺れというか痙攣の様な拷問を,強い耳鳴りと共に与えてきます。
耳鳴りは先述したものと同様のものです。
 右翼関係の話を,始めの方でしておりますが,私はインターネット右翼などとの関わりは元々ありませんでした。
後述しますが,2006年5月26日からホームページ向けの『ランキングサイト』を3件運営しておりました。
そのランキングサイトの内の1件に,右翼系列のサイトが次々と登録してきました。

 2007年8月,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを用いて,1番始めに声を掛けてきた際に,『お前はどこのスパイだ!』『在特会の幹部は誰だ!』『資金源は誰だ!』という尋問をされております。
そのさいに,マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用している公安警察が,同僚と思われる者同士で会話している事がある。
『噂どおり,この機械は本当に面白いな!!』『本州の方の部署に俺の知り合いが居るんだけど,これ使われている奴ら皆,創価学会が犯人とか言ってるらしいよ!?ギャハハハ!!』と言っている。
それに対して,お前らがやっている事は犯罪だろ,と言ったところ,『自分達の飯の種は自分達で作るんだよ!!』というふうに言われている。

 この事から,なぜ私『告発者』がこの様な拷問をされているのかという事を考えると,『インターネットのサイトに右翼が沢山登録しているから,このWEBサイトはインターネット右翼の幹部だ!情報を知っている!』
その様な極めて短絡的な根拠で,トラップと拷問を行っていると捉えるのが一番腑に落ちると思います。
要するに,インターネット右翼として,でっち上げを行いやすかったのだと思われます。

 その後,拷問の記憶を消された状態で,2010年10月に,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用している公安警察が私に対し,
『この国が大変な事になりそうだ!在特会はスパイがやっているかも知れない!私達は顔(面)が割れていて近づけないから右翼の街宣活動に参加してくれ!私とお前は直接会って話はできない!お前ならできると思ったから,この機械を使っているんだ!』と懇願してきた。
その際に,私は,『どうすれば良いですか?』と訊いたところ,『当日行きたくなるようにしてやるから!なっ!なっ!!』『当日教えてやるから!なっ!なっ!!』と言われている。
言われたとおり,街宣活動に参加したところ,帰宅した後に,『お前なんでそんな所に行ったんだ!?まずいだろ!』と言われたのである。
その数日後,お前らが行けと言ったんじゃないか!と言うと,『お前が,こういう事に参加するのを待ってたんだよ!!』『飛んで火に居る夏の虫だ!!私達の策略だ!!』という事を言われたのである。

 したがって,私は,『でっち上げ』という罠に完全に嵌められた状況です。
国家犯罪を行っている公安警察は,『自殺するまでやれ!!』『頭をおかしくしろ!!』『証拠隠滅だ!!』という事を言ってもおります。
これが,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用して,でっち上げを行い,挙句に拷問を楽しみながら行っている【警察庁警備局:公安警察の本質】なのです。

---------------------------

【BMI.マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを使用者する者の倫理的問題と理性的問題】
 実際の被害者である,私自身を例に取り,実害と周辺に与える影響を下記で説明し,倫理的問題と理性的問題を明確にする。

(実例.1)
 私が仕事中であっても,BMIのマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用し,訪れている取引先の重役が私に対し,意味不明な事を突如として言ってきたように聴かせ,重役の方に対して,受け答えの答えで話し掛けてしまう状況を作られたり,
帰宅後,睡眠をとる事が出来ないように騒がれ続け,寝不足にされるといった事を頻繁にされている。
 これは,私の信用が失墜するだけではなく,私を雇っている会社の評判を著しく失墜させ,会社に仕事が入って来ない状況となる可能性が極めて高い事である。
したがって,同じ会社に勤務している社員一同が路頭に迷う事に直結するのである。
この様な事を行い,面白いと楽しんでいる事から,理性的な判断ができていない集団である事が判る。
よって,会社という一つの社会性を著しく乱し,この様な技術を利用する為に必要な,倫理的考察や理性を有していない事が明確にとなっている。

(実例.2)
 公共の場に於いて,すれ違う方達が,私に暴言を投げ掛けてきているように,マイクロ波聴覚効果を悪用して聴かせてきたりする。
私自身,表情や態度には出さなくとも,どこか不快な雰囲気を出している事は間違いないであろう。
したがって,私を目にする他者に違和感を与えるという事になり,違和感は,その場の雰囲気=公共の社会性を乱しているという事に他ならない。

(実例.3)
 特に異常な事は,車の運転中に平衡感覚を狂わせてくる事である。
その際に,『地震で揺れているとはこの事か!?』と笑いながら行ってくるのである。
 また,極度の催眠状態に陥れられ,運転中に眠りに入ってしまうような,数秒間意識の無い状態にされたりする事がある。
その際に,事故を起こしたり人を撥ねたら大変だから止めろと言っても,『今轢きそうになったのはうちの侍従者だ!ギャハハハ!』と笑っているのである。

 これは『車・事故・人が亡くなる』という,3つの事柄を1セットとして考えるという,幼稚園生でも理解できるような事ですら,理解する事ができていないという事が露呈した事例であり,
理性的判断や倫理的思考といった,当たり前の考え方が出来無い,極めて短絡的な思考パターンに陥っている事が判る実例でもある。
車を運転している人に拷問を行うと,重大事故に繋がるという危険予測を行い,理性を働かせて,嫌がらせを行う衝動を抑えるという,当たり前の事ができない程に,
衝動的な『面白い』という『異常な快楽』に溺れている事が判る。

※以上の事に対し,『お前らはこういう事をやって,でっち上げていると正直に報告書に書いて上に提出できるのか?』と訊いた所,
『できるわけねーだろ!自分達の都合の良いように報告するに決まってるだろ!』という事を言われたのである。
自らの不正の事実を認めているのである。

---------------------------

【追記】

 尚,先述した【BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンの仕組みと,国家犯罪により露呈した倫理的問題点と,医療や福祉での活用】で記述している使用例であるが,
非侵襲性のBMIは,侵襲性のBMIと比べ,これといった手術を行わなくても良いという点が,極めて大きなメリットとなる。
したがって,医療手術に体が耐えられない可能性のある高齢者をはじめ,いかなる状況に於いても利用できる事が,
この,非侵襲性のBMIの突出した良い部分であろう。

 先述した,BMI使用の具体例として,医療的側面から,聴覚障害に焦点を合わせたが,聴覚障害の他にも,
『視覚障害』であったり,随意運動が困難となった『半身不随』の方達にも使用できるであろう。
上述した枠組みだけではなく,生体信号により動作する人間の行動ならば,全てをコントロールできると言っても過言ではないと思われる。
よって,BMIは医療分野のみならず,多岐に渡る使用ができるであろう。

 さらに,BCIという,人間の生体信号を機械に出力するという物にまでBMIの技術は発展している。
具体的には,義手や義足など機器の操作を随意運動として出力するという事である。

※いずれにしても,この技術を利用するに当たって,倫理的問題や使用者個人の理性的問題により発生している,極めて重大な人権侵害と拷問に歯止めをかける為の法整備と対策が必至である事は明白であろう。
このような実態を把握していながら放置しているのは,極めて危険であり,世の中の為にならないと思うに至る。

---------------------------

【公安警察が2013年12月?1月中に行った発言内容】 "Emperor of Japan, granddaughter, Honey Trap,
Mako.Akishinonomiya"

 天皇家を名乗っている事に加え,秋篠宮様の御一家全員の演技をしていた事がある。
まず,秋篠宮文仁親王殿下のご長男を名乗り,子供の声で此方の発言内容を逐一,近くにいる秋篠宮文仁親王殿下に報告するという事を繰り返していた。以下内容
私が何かを言い返すと『と,言っておりますがどうしますか?お父様??』という具合である。
さらに,私が,『いい加減にしろ!』と強めに言った際には,
『(長男):わー!わー!わー!わーわーー!』と,自閉症の子供が状況を理解できなくなった際の演技をしていた。
その際に,父である秋篠宮文仁親王殿下を名乗る者が,『やめてくれ!うちの子がおかしくなっているではないか!』と言ってきた。
 2013年12月13日?14日には,秋篠宮様御一家の,長女である眞子内親王殿下を名乗る女性と,その御婚約者様であるという山守殿下と名乗る男性の二人が,私に聴かせるように,
『(眞子内親王殿下):りょうたん結婚ちよう!?』『(山守殿下):うん!結婚しよう!!』『(山守殿下):愛してるよ!』『(眞子内親王殿下):わたちもー!』
『(音):クチュクチュ!(山守殿下):おい,眞子気持ちいいか?』『(眞子内親王殿下):うんっ・・・気持ちー・・・』
このように,イチャイチャとしている様子の声と音を聴かせてきている。

 これだけに止まらず,御皇族最高齢の三笠宮崇仁親王殿下を名乗る者が,『呂律が回らなくなってしまった痴呆症の御老人の話し方』で,『あー?んーー・・・。無礼だーー・・・あーー??』と演技をしていた。
また,皇太子殿下の真似をしたり,皇太子殿下のご長女の真似をしたりと,非常識では済まない言動と行動を,面白いと思っているのか,私に対して行ってきている。

※以上の事を,公安警察がBMIマイクロ波聴覚効果を悪用して言ってきていると言う事を,この場にて証言として書こうかどうかと迷ったが,
世間一般の常識で考えた際に,言う事を憚られる人物と内容であるが故に,他言しないであろうと思い,その名を騙り,好き放題言っている状態ではいけないだろうと判断し,
此処に証言として記述する事を決めたしだいである。
 この様な事は,人間社会にいる以上,常識という枠組みで考えて犯してはならない最低限の事であるし,正常な大人なら,物事の良し悪しを判断できる事が当たり前であろうと思う。
したがって,上記にて証言した内容が,皇族に関する内容であるのか否かに拘らず,他人の名を騙り,理性を働かせる事ができずに,
この様な,極めて深刻な人権侵害と拷問を行う事は,一番許されない事であろう。

 以上の事柄を鑑みた際に,あくまで主観的な見解となってしまうが,上記の事を行う公安警察は,皇族の名を騙る事で,私が証言をする事が憚られると思い,好き放題やっているようにしか思えない。
2014年8月の時点に於いて,公安警察が犯人であると私が気が付いてからは,『あー,駄目だこれ!バレちゃった!』というのを最後に,現在は皇族を名乗る事はやめている。

※ただし,拷問を止めたわけではなく,これを記述している現在も,胸より上の肩・腕・首の筋肉が強張り,非常に細かい痺れというか痙攣の様な状態を,強い耳鳴りと共に行ってきている。
耳鳴りは,先述している通り,金属の板を針で擦るような,『非常に高いチーという金属的な音』と,『ブー,ジーと言う低い音』の二種類が聞こえている。
又,頭部が痺れる感覚と,頭部が内側から膨張するような感覚,発話の際に,喉元がモワモワとし,発話に使う呼気の量が極端に増える,という状況である。
また,眼底に強い鈍痛が発生したり,何かを集中して読んでいる時などは後頭部に激痛が発生する状況も度々している。
考え事をしている時は,側頭部に近い頭頂部が線状に痛くなる等,その時行っている事によって頭痛の部位が変わる事です。
 その他ですと,全身の筋肉を部分的にピクピクと痙攣させてきたり,非常に眠くなるような催眠状態にしてきます。
睡眠時には,90分と180分の倍数で数時間おきに無理やり起こされます。
また,酷い時ですと,心臓を不整脈の状態にしてきたり『喋れなくしてやれ!』という声と共に,強い頭痛を引き起こされて「こんにちは」が「こんちには」となるような言語的な障害をも引き起こしてくる。
この際にも,拷問を行っている公安警察の者達は,ギャハハハ!と笑っているという異常性である。

 それに付け加え,毎日,睡眠時間の長短に拘らず,異様な映像を,目を覚まされる瞬間(睡眠と覚醒の狭間)に観せてきております。
その際は,『ギャハハハハハ!!』『アハハハハハ!!』と高校生か大学生くらいの,どこかあどけなさが残っているような笑い声や,
意図的に私の頭を混乱状況にし,その混乱した状況を,楽しそうにハイテンションな声色で誰かに説明している声を聴かせて来ております。『気持ちワリー!頭ゴチャゴチャになってるさ!アハハハハ!!』

 この様な状況や症状を,非侵襲性のBMIを研究している『まっとうな倫理観と理性を有している研究者に説明したら,BMIの悪用と,それにより引き起こされている症状であるという事を理解して頂ける事でしょう。』
さらに,このメールを作成している間に,『おい!これがバレたらも遊べなくなるぞ』と部下と思しき者に言っている声を聞かされております。
 また,『何か聞かれても,知りません!って言えば大丈夫だから,知りませんって言えよ!』と部下と思しき者に指示を出している声も聞かされております。
何よりも,『大丈夫だ!これやってるって証拠が無い!証拠が無い!証拠の取りようが無いから,知りませんって言えば大丈夫だ!わかったか!?だからお前ら知りませんって言えよ!?』であったり,
『これが秋篠宮様に知られたら殺されるわ!ギャハハハ!』や『大丈夫だ!耳に入っても,「馬鹿らしい!」「馬鹿くさい!」で済むから!』
このように言っております。
 私がこのメールを作成していれば,『だめだこれ!こいつ一旦切らなきゃだめだ!』や『大丈夫だ!ゆっくり記憶消せば良いから』という発言や指示が飛び交っており,
さらに,『これは軍事機密だ!ばれるわけねーだろ!!』という事を言い,絶対にばれない,問題にならないというように考えて,拷問やデッチ上げという国家犯罪を繰り返しております。

---------------------------

【女性の被害と人権侵害と公安警察のモラル】

 BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用する矛先が女性に向いた場合を考えますと,女性に与える精神的な影響や,肉体的な影響は計り知る事ができない程に深刻なものとなる事が予測されます。
現時点に於いて,私が行われている拷問の現状を考えますと,このBMIの技術を女性に対して,積極的かつ無差別的に行なうという事も十分に考えられる集団である事は否めません。
BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンが女性に悪用されれば,それこそ社会的な混乱は免れません。

 そこで,Googleを利用して調べました所,BMIを悪用されている女性の被害者の方のブログを複数見付けました。もう既に複数人いらっしゃるようです。
私は,上述した女性被害者や,その周辺との関わりは,一切ございません,賛同もしておりませんし,ブログ以外の情報は全く判りませんが,BMIを悪用されている女性は既に,精神的にも身体的にも変調をきたしているように見受けられます。
女性がBMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用されている状況は凄惨なもので,自身の意思ではなく,生体信号を悪用し,身体に対する執拗な虐待を加えてくるようです。

※私と同じような被害を受けているならば,上記の事からも判りますように,
加害者は,精神的にも身体的にも追い込み,そして精神を崩壊させ,証言能力を奪うようにし,より過激に,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用した拷問を継続して行っているように見受けられます。
現在,世界的に女性の人権保護が議論に上がっております。
記憶に新しいG20やG7に於いての議論,ダボス会議に於いても,『女性という理由で人権を侵害される事が無い世界に』と宣言され国際的な取り組みとなっております。

 以下に記述する事は,何と言ったら良いのか,言っても良いのか迷うのだが,先述した理由から記述する事にします。
自分の娘に手を出すという異常な発言をしていると記述したが,その際に公安警察の者達は,
『自身の親に,手を出された眞子内親王殿下は,そのショックで月の者が来なくなり,一生子供ができない身体となった』
と,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用し,発言している。
 冗談では済まない話であるという事から,私は,自身の身内を引き合いに出し,『母方の今は亡き祖母は子宮癌だった』と言ったところ,『縁起悪い!気持ち悪い!』と言われたのである。
自身の理解力を疑い『更年期障害も,ホルモンバランスが狂うから,肉体的にも身体的もつらいだろ』と言ったが『気持ち悪い!縁起悪い!』と言われている。
それに加え,『子宮頸癌もある。電車の吊り広告でも子宮頸癌ワクチンの宣伝があるだろ?政府が取り組む保健だろ?』と言ったところ,『気持ち悪い!縁起悪い!ふしだらだ!』という答えが返ってきた。
『ふしだらだ!』これが一番,見識の無さを露呈している発言である。
BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用している公安警察を野放しにしている日本国のレベルを窺い知るところである。

※日本は先進国です。BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用できないよう,早急な対策,法整備が求められると思います。

---------------------------

【加害者側の人物像から推測できる人員構成と精神性】

 今日に至るまでに加害者側が行ってきている,私に対する常気を逸した拷問を行っている際にとっている,言動,行動を分析した結果を下記に纏める。
※加害者側の言動行動は,例えるならば,発情期の雄猿が居る群れのようである。
それでは,どのような事柄が発情期の猿さながらであるのかを検証して行きたい。

 加害者側は,自分達のグループの中に於いて,外部に作り出した共通認識の敵として設定した被害者を,
蔑め,悪ふざけでは済まない程に生活を破壊し,自殺に追い込む程の“拷問”を“楽しみながら”行っている。
 これは,グループ内に於いて自身が強い事をアピールする示威行為と分析できる。
その際の心理状況は以下のa.b.c.d.eであると推測するに至る。
a.『反社会的な事なんて当然だろ!?』
b.『法律!?社会のルール!?そんなもの俺には当てはまらない!!』
c.『冷酷な事を平然と行う俺は格好良いだろ!?』
d.『俺,面白いだろ!?』
e.『俺様は特別なんだ!!』
という,心理状態に陥っている事が判る。

 猿ならば,自分の属するグループ内でのみ,木の枝を振り回したり,
木を揺さぶったり,牙を剥き出したりする事によって,群れの中に於ける自身の立ち位置を構築してゆくが,
人間界に於いて,自身の属するグループ内で上述した示威行為を行うと,自分自身が仲間から追放されかねない。
したがって,共通認識の敵を利用し,先述した示威行為を行うといった蛮行にでるのである。

 上記の行動は,極めて本能的なものである事が伺えるかと思う。
猿であるならば,群れの中の雌に対し,自分の遺伝子は強い事をアピールする為の示威行動である。

 要するに,この行動の持つ本質というものは,強い雄をアピールする事であり,それによって雌を確保でき,
子孫を残す事が出来るという,『動物が持つ本能的な行動』である事が判る。
又,これらを行う事により,『共通の秘密』を作り出し,自分達の組織・グループから逃れられない様に縛り付ける役割もある事が判るかと思う。

---------------------------

【要約と結論】
【公安警察から受けている拷問被害の内容】の(内容.3)に記述したように,加害者自身が持っていない物であれば,
執拗な執着心を顕わにし,潰しにかかってくるという,異常な自尊心の持ち主であり,自尊心の歪みが極めて酷い者であるという事が判る。

※私は,車を手放させられるという,財産に対する実害も与えられている。
このような者が警察機関の中枢となっている事を黙っていて良いのでしょうか?
犯罪を自ら作り出し,自分達で収穫すると言うような自作自演がまかり通っていて良いのでしょうか?

※まるでナチスを彷彿とさせるような事であり,これは医学界を冒涜する事柄だと個人的には思っております。
このような私の告発を,BMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンに対する知識の無い第三者が聞いた際には,統合失調症や関係妄想の状態であると思われる状態を人為的に作り上げられております。
したがって,この事柄は公安警察などが主体である国家犯罪であると正しく認識して頂きたいと思います。
何故ならば,私は,公安の顔も判った上で,その公安から付き纏いや関係破壊などの被害にあっているからです。

したがって私は,20歳から人生を無茶苦茶にされ続けいている。
右翼活動をさせられた事により,名前で検索すれば右翼活動をしていた事がわかる。
もうどこの企業も雇ってくれない状況である。
反社会的勢力と思しき人物を雇う企業は無いのが実情だからである。

私一人が,この国家犯罪の問題を提起しても,その声は,警察はもとより国に黙殺されてしまいます。
現状で既に,私の声は黙殺されております。

 したがって,このように,皆様方にお知らせすると言う方法をとっております。
この告発が,いずれ実を結ぶその時その日に向け,可能な限り,この証言を続けて行きます。
そして,その日が来た際には,この拷問を行っている加害者と,その協力者が,世界中の方達から,裁きを受ける事を強く望みます。
その為にも,皆様方の御力が必要です。
この事を取り上げ,周りに教えて下さい。
社会が目を向ければ,このような国家犯罪はできなくなります。

---------------------------

【私が運営していたWEBサイトとデッチ上げと拷問被害の現況.まとめ】
WEB版を参照した際に『>>1』がリンクとなり記述先に飛べます。WEB版http://hello.2ch.net/test/read.cgi/doboku/1414227825/

(1)
 [はじめに]でも記述している通り,この様な機器(BMI:ブレインマシンインターフェース)を一般の機関が利用する事は不可能である。
その理由は,今までに述べてきているように,一般に於いては研究途中であると同時に,法整備がなされていないばかりではなく,
人体に影響を与え,かつ,その影響に対して,使用される側の人間は,何らかの抵抗すら,するすべが無いという,人権という人類が獲得した極めて重要なものを犯す事になるからである。
また,倫理的問題が解決されていないばかりでなく,要人などに,ブレインマシンインターフェースが違法な使われ方をされた際には,国家の転覆など,あらゆる非常事態を引き起こしかねないからである。

 したがって,この様な機器(BMI:ブレインマシンインターフェース)を,上記の条件すらクリアできていない現状に於いて対人に使用するという事は,
使用しても致し方ないという最低レベルのハードルを設ける事になるが,その条件は,使用される人間が,日本国政府から診て『第一級危険人物』である必要性が生じる事は明白である。
なぜならば,この様な機器(BMI:ブレインマシンインターフェース)を使用して人権を踏みにじり,拷問を行うという事は,最高法規である日本国憲法第97条及び国際条約(>>16)に反する事を行うのだから当然であろう。
※第一級危険人物であるという条件と,その理由付け(こじつけ)は『>>13-19 >>20 >>30-34』に記述している通りである。

(2)〔ランキングサイトとインターネット右翼〕
先述した内容(>>45)でも述べているように,私は携帯ホームページ専用の“ランキングサイト”を3件運営していた。(国家的犯罪に巻き込まれる2006年から2008年までの間)
一つ目は,2006年5月26日開設『激@最強ランキング』総アクセス数1,060,000件
二つ目は,2006年5月28日開設『大日本帝国ランキング』総アクセス数66,000件
三つ目は,2006年6月16日開設『フルーツパフェ携帯ランキング』(着ウタ辞典)総アクセス数200,000件
以上の“ランキングサイト”を運営していた。

 問題は,二つ目の『大日本帝国ランキング』であるが,ランキング名が『大日本帝国』である。
この大日本帝国という名前から想像される通り,当該ランキングには右翼団体のホームページも多数登録されいた。
当時2006年頃から,携帯電話一つで,誰もが無料で簡単にホームページを作成できる時代になった時である。
今でこそ『Twitter』『Facebook』『SNS』といった,個人専用のWEBツールが多彩に有るが,当時はそういったものは流行っておらず,ホームページであった。
したがって,子供から大人まで気軽にホームページを作成できるという事から,爆発的にホームページが流行していた時代である。(例:カップル=○○夫婦 女の子=スイーツ・○○姫)

(3)
 そこで,私はアフィリエイト収入を伸ばす為に,ランキングサイトを運営したのである。
ホームページを運営している個人は,ランキング内で目立ち,アクセス数を増やす為に,自身のホームページの一番目立つ所にランキングのリンクを設置する。(例:1日1クリックお願いします!→大日本帝国ランキング)
ランキングサイトは,個人や業者等が運営する様々なジャンルのホームページが,ランキングの様々なカテゴリ(着うた:待ち受け:プロフィール:等々)に登録してくる事によって,ランキングサイトに対するアクセス数が増加する。(登録数とアクセス数は比例)
個人や業者の運営する着うたサイトや,待ち受けサイト等から,ランキングサイトに流れてくる客は,より良い特定の物を探し彷徨っているので,着ウタであったり,待ち受けであったりと,明確な購買意欲が存在する。
したがって,クライアントと広告の契約をし,ランキングに訪れる客に的確な広告を提示すると,登録する確立が格段にあがるというシステムである。
これがランキングサイトであり,私が運営していたランキングである。

(4)
 右翼という先入観をもたらしたのは,『大日本帝国』という名前と『トップページの国旗に君が代画像』のみであると思われるが,サイト内に思想的な『プロパガンダなど一切無い』ランキングである。
国旗の画像の上下にBLINKタグで『日本人よ!立ち上がれ!!』『日本人よ!目を覚ませ!!』と書いてあったのみである。
上記の事を,プロパガンダであると解釈するならば,客観性を失った先入観による決め付けと,識の無さが露呈する事になる。
なぜならば,プロパガンダというものは,いかなる状況に於いても,その意味合いを失わない物であるからだ。
例えば,『大日本帝国』という名前を『警察』に変えてみよう。
『警察ランキング』の出来上がりである。
警察ランキングのトップページ画像が,国旗に君が代で,その画像の上下に『日本人よ!立ち上がれ!!』『日本人よ!目を覚ませ!!』と書いてあったらどうだろう?
『警察ランキング!国旗に君が代!日本人よ目を覚ませ!立ち上がれ!』と実に正義感あふれるサイトに見えないだろうか?
しかし,警察内部の腐敗を告発するサイトの運営者から見れば,『今こそ日本人は立ち上がって警察の腐敗を正さなければ!』と思うだろう。

 このように,受け取る側の先入観や,個々人の価値観に左右される言葉はプロパガンダではない事がわかる。
プロパガンダというものは,『如何なる場に於いても,その意味合いを失わない』ものである必要性がある。(例:北方領土奪還!! 自主憲法制定!! 皇国の復活!! 守ろう憲法九条!!)
例に挙げたとおり,どのような場に於いても明確な意味合いを失わない,これがプロパガンダである。
したがって,私が運営していたランキングサイトは,右翼のホームページでもインターネット右翼でもない事は明白である。

(5)
 ランキングサイトの特性上,様々なホームページが登録してくるが,これはホームページの運営者が自由に登録できるのであって,右翼であろうと左翼であろうと宗教団体であろうと自由に登録する事が可能である。
よって,右翼ばかりを集めたサイトでもなければ思想に囚われたサイトでもない。
たまたま,右翼が沢山登録していたというだけである。
『そもそも,私が運営していたのはホームページではなく,ランキングサイトであるという事を忘れてはならない。』
現在の流行の主流はブログとなっているが,右翼のブログが多数登録しているブログランキングの運営者は,はたして右翼だろうか?
現在,これだけインターネットに対する理解が深まった事で,常識として,右翼ではないと言えるだろう。

(6)〔右翼とされたきっかけとハニートラップ〕
 ここまでの説明で,私が運営していたランキングと私の思想に=イコール,は無い事が判ったと思う。
問題は当時,2007年7月31日の出来事である。
先述した(>>27-29 >>46-47)に記述しているように,ハニートラップに引っ掛けられた。(女性の携帯アドレス:88-2323@)パパふみふみ
 その後,帽子状の物をミニバンの中で被らされ,(>>21-26の>>27-29の>>28)
運転席の男性が『お友達登録完了!おもちゃ出来上がり!!』と,手元の機械を見ながら言っていた事実がある。(緑色の帽子状の物を被らされた。その際『あ』『を』『ん』のような三つの言葉を発音させられている)
これが警察であるということは,(>>27-28 >>46-47)ドライブなどに行った後,どこにも出かけたくない,泊まりに行くと言って出てきたという事から,石狩市花川緑縁台のホテルに入った後に判明しているのである。
そのホテル内で,その女性が,『実は私,警察なんだよね』と言っていた。
私は,やましい事が何も無いので『へー。警察かー!珍しいね!』と言った際に,『捜査捜査!これ捜査だから!』『お前右翼だろ!』と言ってきた。
『右翼?捜査?』と訳が判らなかったが,女性が『話訊くから』と言って何処かに電話していた。
そして私とその場を後にする事となり,石狩市花川緑縁台3-3にあるセイコーマートの駐車場に入り,セイコーマートの駐車場内で進路を塞がれ,上述した状況となったのである。
上記の事から,公安警察がBMI:ブレインマシンインターフェースを悪用する初歩的な状況が判ると思う。

(7)
 その後,帰宅させられたのだが,その数日後にマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを使用して声を掛けられた。
その時の,一番初めにBMI:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを用いて話掛けられた(尋問された)時の事を記述する。
自宅で横になっていた際に,『お!?これで話せるのか!?』という男の物凄く大きい声が聴こえて来た。
次に『はい!これで話せるようになってます!』という若い男の声が聴こえた。
次に『おい!おい!聴こえるか!?』と初めの男の大きい声で話しかけられた。
それから,色々と尋問されであるが,その時に『在特会の資金源は誰だ!!』『誰が黒幕だ!!』『誰が主導している!!』と訊かれたのである。
当然,私は知らないので,知らないと答えてたが,この機器を使用している捜査官が,楽しそうにハイテンションで尋問してくるようになり,
『俺,本州の方の部署に知り合いの捜査官が居るんだけど,言ってたとおりだ!』『噂どうり本当に面白いなこれ!!』と,もう一人の男と楽しそうに話をしている声を聞いている。
その際に,『あなた達は誰ですか?警察ですか?宗教団体ですか?』と訊いたところ,『フハハ!何で宗教なんだよ!?』と言われた。
もう一人の男が『本州の捜査官が言ってたけど,これ使われてる奴,みんな宗教だとか言ってるらしいよ?』と話をしているのを聞いている。
要するに,インターネット右翼の幹部で情報を知っていると思われていたようである。

(8)
その翌年,2008年から2009年は,当時付き合っていた女性と無理やり別れさせられた事もあった。
『彼女なんて作りやがって!!お前と同じ目にあわせるぞ!!』と言われたので,別れざるを得ない状況であった。
別れてすぐに『フハハ!!こいつ馬鹿だ!!』と聞こえ,『あー?なしたの!?』という別の男の声が聞こえ,『いや,コイツに彼女と別れろって言ったら本当に別れたさ!フハハ!』という会話を聞かされている。
その後に,『お前なんかやったらパクルからな!!ほんとムカつくガキだな!!』といわれて,拷問を受けた記憶を一時的に消され,2009年年末まで静かな日が続いた。

 その後,2010年10月になって, 上述した国家犯罪を犯している輩がマイクロ波聴覚効果:ニューロフォンを悪用して話し掛けてきた。(以下その内容)
『この国が大変な事になりそうなんだ!!デモ隊は海外のスパイがやっているかも知れない!!私達は面が割れていて近づけない!!お前ならできると思ってこの機械使っているんだ!デモに参加して状況を教えてくれ!!』というものであった。
私は,マイクロ波を悪用されて,記憶を一時的に消されているので,『私でよければ』と参加しているのだが,デモが終わった後に,
『お前なんでそんな所に行ったんだ!?まずいだろ!』と言われている。
その後,数日してから,『お前が,こういう事に参加するのを待ってたんだよ!!』『飛んで火に居る夏の虫だ!!私達の策略だ!!』という事を言われたのである。

 その後,またすぐに記憶を消され,しばらくの間,右翼活動をさせられていた状況であった。
これが>>13-22 >>27-29までに記述した,BMI:ブレインマシンインターフェース:ニューロフォンを悪用した公安警察の,でっち上げ国家犯罪です。

(9)
 やらされていた右翼の活動ですが,2012年4月で一切関わっておりません。
それも,私が参加させられていたのは,在特会の黒幕の様な右翼の集まりでした。
要するに,『飛んで火にいる夏の虫』とは,在特会の幹部の事などを知っている黒幕の内の一人とする為に仕組まれた『公安警察の工作』だったと言う事です。

 現在,右翼活動をさせられていた時に見ている公安刑事が尾行してきています。
特に目立つ尾行や拷問には特定時期がありまして,それが『11月?4月まで』です。
この尾行ですが,私の行く先に,先回りして待機したりもしておりますので,どこに行こうとしているのか,BMIを使い得た情報を元に,現場に指示を出しているものと思われます。
 また,>>33でも述べております様に,今度は右翼を辞めて『天皇家に敵意を向けている危険人物だ』というように拷問を行い,
拷問を受けている私から罵声などの荒い言質を引き出して,『危険人物だから監視します』と,でっち上げを行っているのです。
要するに,2012年9月に秋篠宮ご夫妻が札幌を訪れた際のように『こいつ天皇家に敵意向けてる!変な妄想している!危ないわ!!』と言って,
非常な拷問を加えたあげく,自宅から出れないようし,自宅の周囲に北海道警察警備部の車両を大量に配備して,私の自宅の周囲を取り囲むという事を行っているのです。
 そして本年,2014年7月1日午前10時から(高円宮久子殿下が札幌に来ていた?),2012年9月の時と同様に,自宅の周囲に北海道警察警備部の車両が大量に来て,私の自宅の周囲を取り囲んでいた状況でした。
要するに私は,右翼活動を辞めた後,今度は天皇家に危害を加えようとしている危険人物として,現在でっち上げをされ,拷問と言う国家犯罪の被害に遭っているのです。

---------------------------

【国家犯罪に至るまでの経緯と,その関連】

 警察ではデッチ上げした第一級危険人物を集め,上述した機器を使用する人員を確保する。
要監視対象となった人物に対するBMIブレインマシンインターフェイス:マイクロ波聴覚効果:ニューロフォンの技術を使用した国家機密研究(違法人体実験)を行い,
文部科学省(脳科学研究戦略推進プログラム)などで推進している,国が行う違法な研究に使用する。
国と研究機関の関連は,内閣官房情報セキュリティセンター(http://www.nisc.go.jp/)内の,関連サイト(http://www.nisc.go.jp/link.html)に掲載されている,
独立行政法人 情報通信研究機構(http://www.nict.go.jp/)の脳情報通信研究融合センター CiNet(http://cinet.jp/)に繋がる。
ここで分るとおり,警察庁との色濃い共同関係も,はっきりと見えてくる。

 私が国家犯罪の被害に遭い始めた時期は,2007年7月からであり,北海道警察本部の元本部長:樋口建史,高橋清孝の時期である。
高橋清孝の経歴であるが,北海道警察本部長を退任した後,内閣官房副長官補付内閣審議官=危機管理審議官と情報セキュリティセンター副センター長を務めている。
その後,高橋清隆は警視庁警備部の部長職を務めた。
高橋清孝が就いている現在の役職は,警察庁警備局局長である。
上記の事から見え隠れする事柄は,情報セキュリティセンター副センター長=内閣官房情報セキュリティセンター(http://www.nisc.go.jp/)と国家が主導している,脳科学に関する機密研究(違法人体実験)に関する一端である。

 また,警察官僚である高橋清孝と関連する人物として,北海道警察元本部長:坂明が浮上する。
なぜ,坂明が浮上するのか,それは,坂明のホームページ(http://saka.jp/)にある略歴を見ても分るとおり,東京大学法学部や慶應義塾大学といった法学部の学閥・派閥である事から判明する。
それに加え,坂明と田中法昌と小林良樹の関連も坂明のホームページ(http://saka.jp/sss/?page_id=156)から此処に浮き彫りとなってくる。
それは,坂明のホームページにあるLink(http://saka.jp/sss/?page_id=156)に掲載されている事から分るかと思う。
ここで列挙した,田中法昌と小林良樹も同じく本部長職に就いている警察官僚である。
 そこで,田中法昌のホームページ(http://saka.jp/sfc/tanakah/hosho.lab1.html)に移動してみると,安全保障政策(2007年度秋学期)に関する講義資料のパワーポイントを見る事ができる。
そのパワーポイントにある,第4回:NPOによる犯罪予防を見て頂きたい。
ここにガーディアンエンジェルス(http://www.guardianangels.or.jp/sapporo/sapporo31.html)が出てくる。
このガーディアンエンジェルス(http://www.guardianangels.or.jp/sapporo/sapporo31.html)はホームページを見ても分るとおり,警察との関係も色濃い。
上述した田中法昌の講義用資料(2007年秋学期)とガーディアンエンジェルス札幌支部2007年12月21日に掲載されている活動記を見て頂くと分るとおり,高橋清孝.北海道警察本部長との関わりが色濃い事が分る。
この時点で,情報を整理して行くと,高橋清孝・坂明・田中法昌・小林良樹の繋がりが明確となり,高橋清孝を軸とした内閣官房情報セキュリティーセンターと警察庁,
そして,独立行政法人 情報通信研究機構(http://www.nict.go.jp/)の脳情報通信研究融合センター CiNet(http://cinet.jp/)という繋がりが鮮明となるのである。

 どのような人物が対象となって,このような違法な人体実験,国家犯罪の研究対象人員とされたのか,一つの判断材料となるのが,坂明のホームページを見ても田中法昌のホームページを見ても分るとおり,
2007年から急に,インターネットが起因となる未成年者への性的犯罪や,女性に対する性的犯罪,また,再犯率の高い薬物事案などに関する懸念ばかりを述べるようになっている。
上記の事柄と,国家犯罪の被害者を照らし合わせてみてみると,http://ameblo.jp/worldwidezeroone/entry-11157309095.htmlであったり,私のように警察が仕掛けたハニートラップという事に行き着きます。
要するに,国が主導する人体実験に使用する人物を選定する際,再犯率が高く,万が一事がばれても世間が騒ぎづらい犯罪に焦点を合わせているものと思われます。
 この際,思うように人員が集まらなかった際に,私のように,初めから犯罪性が皆無の人物に濡れ衣を着せて,国家犯罪である違法な人体実験の人員を集めるといった事が行われていた事がわかります。
前述している通り,このような人体実験の被害を訴えている方が急激に増加した時期もまた2007年であり,私が被害に遭った年もまた2007年であるという共通点が明確となります。
 また,先述しているように,警察機関が,被害者団体に工作を施し,警察白書に記載されているような状況を作り上げ,公安関係の予算獲得と人員確保など,
まさに自分の飯の種は自分で作るという自作自演を行う材料にしていると言う事が明確に浮き彫りとなってきます。

 よって,この犯罪の主体は,日本国政府であり,重要な役割を果たしているのが,警察庁警備局(公安関係最上層)という事になります。
以上の事が,先述してきた国家犯罪の全貌と,公安警察の直接的な関わりとなります。
国家公安委員会でも述べられてきたように,警察組織の不正をただし,国民の信頼を回復する為には,現状の派閥・学閥で構成されている国家犯罪を解決する他はありません。
今までに述べてきたように,倫理的問題や最高法規であり国の根幹である日本国憲法を遵守するよう,この事態を早急に解決しなければ,国内の問題のみならず,
世界的な問題に発展し,この日本に対する外交カードして,この人体実験が提示される可能性もあるわけです。
 何故ならば,このような技術の悪用が自身に及ぶと考えた際に,恐怖を覚える方々は,要人や企業の重役,また一般人に至るまで多岐に渡る事は間違いないわけですから,
対外からの告発などという形で,国内にもたらされた場合には,社会的混乱は想像を絶するほど大きく,このような技術の応用等から推測される経済的規模は国内のみでも数百兆円と予測され,
一大産業の分野にストップがかかる訳ですから,経済的損失も莫大な物となる事は,想像するに容易くありません。

 かといって,国内で揉み消すには此処まで明らかとなっております事から,揉み消しに動けば動く程事の重大性が露呈する事となり,瞬く間に社会的混乱を引き起こす事になるでしょう。
いずれにしましても,とてつもない経済的な損失と,社会的な混乱は,避けて通れない自体である事は明白です。
これが現在の,国家犯罪の実情となっております。

---------------------------

【終わりに】

 以上の国家犯罪により,私は20歳から人生を無茶苦茶にされ続けいている。
でっち上げを行う為に良心を悪用され,右翼活動をさせられた事により,名前で検索すれば右翼活動をしていた事がわかる状態となっている。
これは,もうどこの企業も雇ってくれない状況となった事を意味する。
反社会的勢力と思しき人物を雇う企業は無いのが実情だからである。

※私一人が,この国家犯罪の問題を提起しても,その声は,警察はもとより国に黙殺されてしまいます。
現状で既に,私の声は黙殺されております。

 したがって,このように,『拷問等禁止条約第22条』に明記されている,個人通報制度を,このメールにて利用し,皆様方にお知らせすると言う方法をとっております。
この告発が,いずれ実を結ぶその時その日に向け,可能な限り,この証言を続けて行きます。
そして,その日が来た際には,この拷問を行っている加害者と,その協力者が,世界中の方達から,裁きを受ける事を強く望みます。
その為にも,皆様方の御力が必要です。
この事を取り上げ,周りに教えて下さい。
社会が目を向ければ,このような国家犯罪はできなくなります。

 これを記述している現在も,胸より上の肩・腕・首の筋肉が強張り,非常に細かい痺れというか痙攣の様な状態を,強い耳鳴りと共に行ってきます。
耳鳴りは,金属の板を針で擦るような,『非常に高いチーという金属的な音』と,『ブージーと言う低い音』の二種類です。
 又,頭部が痺れる感覚と,頭部が内側から膨張するような感覚,発話の際に,喉元がモワモワとし,発話に使う呼気の量が極端に増える,という状況です。
また,眼底に鈍痛が発生したり,何かを集中して読んでいる時などは後頭部に激痛が発生する状況です。
考え事をしている時は,側頭部に近い頭頂部が線状に痛くなる等,その時行っている事によって頭痛の部位が変わる事です。
その他ですと,全身の筋肉を部分的にピクピクと痙攣させてきたり,非常に眠くなるような催眠状態にしてきます。
睡眠時には,90分と180分の倍数で数時間おきに無理やり起こされます。
また,酷い時ですと,心臓を不整脈の状態にしてきます。
(24時間,場所や状況を問わず拷問が行われている)

※以上の事が現実に,『日本全国で』少なくともここ『北海道札幌市』で起きております。

『これは,世界的に極めて深刻な問題です』

※まるでナチスを彷彿とさせるような事であり,これは医学界を冒涜する事柄だと個人的には思っております。
※BMI:マイクロ波聴覚効果に対する知識の無い第三者が聞いた際には,統合失調症や関係妄想の状態であると思われる状態を人為的に作り上げられております。
※この事柄は公安警察などが主体である国家犯罪であると正しく認識して頂きたいと思います。
 何故ならば,私は,公安の顔も判った上で,その公安から付き纏いや関係破壊などの被害にあっているからです。

*****【他の心当たり"治験会社と治験モニター"】*****
『又は,違法な研究を行っている研究機関と治安機関の共同であるのか。
(2007年に治験モニターに参加,募集機関の名称不明。アルファベッド3文字の治験会社)
モニター募集の会場は,札幌市内の脳神経整形外科。3階建ほどの個人病院。近くに短期大学か何かの学校があった』

※以上の事から,私は,20歳から人生を無茶苦茶にされ続けいている。
人の良心を悪用した,公安警察に右翼活動をさせられた事により,私の名前で検索すれば右翼活動をしていた事がわかる。
これは,公安警察により,社会的信用を失った,破壊されたという事です。

このような事態を,世間の皆様に,正しく認識して頂き,問題を提起して頂きたいと思います。
国家犯罪者を壊滅に追い込みたい。
その為にも,皆様方の御力が必要です。
この事を取り上げ,周りに教えて下さい。
社会が目を向ければ,このような国家犯罪はできなくなります。
皆様の御力を,お貸し下さい。
宜しく御願い致します。

---------------------------

以上、告発となります。
乱文、失礼致しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... | トップ | 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脳波干渉法廷闘争資料」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL