The Fractal -Not Synchronization,Not Central,Not Artificial-

Copyright 1998-2017 All Rights Reserved
まず気が付く事 本人に許可を取る事必須

脳波干渉(マイクロ波聴覚効果)参考:電磁波の増幅を防ぎ、脳波干渉を和らげる方法

2017-05-14 15:34:18 | 脳波干渉法廷闘争資料
https://blogs.yahoo.co.jp/hanabi1977326743/65270642.html
「マイクロ波洗脳装置」の考察
2015/6/14(日) 午前 7:08 ◆【洗脳】検証 軍事
欧米の軍事諜報部などが用いている敵対する捕虜(スパイ)等へのマイクロ波による洗脳の思考盗聴の技術とは、電磁マイクロ波により捕虜(スパイ)等の対象者の脳に洗脳の暗示をかけて変性意識状態を形成し、現実認識能力を喪失させ(これを苫米地博士はリアルの揺らぎと表現しています)、対象者の脳に(軍事)外部情報の洗脳の埋め込みを処し、対象者の人格が破綻したところで、対象者の脳に軍事諜報部が洗脳により埋め込んだ偽証の内容の情報を捕虜(スパイ)等に自供させるという偽証の工作である。これが、欧米の戦争屋等が敵対する諸国の捕虜に用いている社会煽動のカラクリである。


https://blogs.yahoo.co.jp/hanabi1977326743/folder/1579508.html
※陰謀のセオリー「脳侵略者」[ リスト | 詳細 ]
現政権の内閣府の主要な政治家や、その主要な議員には、当たり前とも言えるが、マイクロ波が、当の昔から頭(脳)に当たっていると考えるのが、通常のものの考え方である。言ってみれば、「テクノロジー犯罪」の内部告発者の元英国海軍所属のマイクロ波の専門家であるバリー・トゥロワー氏が今でも欧米の軍に収監されないのも、欧米のMKウルトラの人体実験である日本国内の「テクノロジー犯罪」も、こういった国家の主要な政治家達の頭にマイクロ波が当たっていることから、国民の目を逸らせ、欺かせるための偽装テロ、もしくはそれを引き金にして、国民を戦争へと駆り立て煽る偽旗テロであるいえるのではないかとさえ思える。言ってみれば、CIA(KCIA)にとっては、日本国内の「テクノロジー犯罪」の被害者も、使い捨てで使っている加害者側の人間達も、どうだっていいという訳です。また、日本の主要な政治家の思考盗聴も、20~30年以上前から、欧米のスーパーコンピューターの記憶媒体に、深層意識?の夢の中まで、そのストックがメモリーされている可能性があると考えるのが、当然である。もしかすると、誰とは言うつもりはありませんが、現政権下のコンプライアンス・ドール(Compliance doll)として機能している政治家達も、すでに欧米の高精度のサイキック・ドライビングによる管理統制下にあるのかもしれないと考えるのが、本当の「陰謀」論というものである。


https://blogs.yahoo.co.jp/hanabi1977326743/folder/1581803.html
脳生体認証コードとマイクロチップの是非について,
2016/1/26(火) 午前 8:41



5/5 マイクロチップ埋込

上記の動画 5/5 マイクロチップ埋込 については、【4:00~】から、NWOへの巧言となっていますので、ご注意下さい。




 「テクノロジー犯罪」に使用されている非正規トランスミッターの電磁マイクロ波は、電化製品等が発している電磁波(テレビ、パソコン、携帯電話、スマホ、ヘッドホン、冷蔵庫、電子レンジ等)や、金属製品(金属製品のネックレス、眼鏡、歯科のインプラント等)をアンテナとし、その電磁波を増幅させる性質があるため、私Yは、現在の時代の「テクノロジー犯罪」では、歯科等にて使用されているインプラント等は、そのアンテナ機能に過ぎないのではないかと思っています。つまり、病院や、歯科等にて、治療経験等のない人間でも、脳紋の生体認証をスキャンされてしまえば、誰であろうとも、容易に脳生体認証のハッキング、及び思考盗聴システムを可能とするということです。これは、「テクノロジー犯罪」被害者が、口をそろえて、電化製品を使用すると、テレビ、パソコン、電化製品等の方向から、マイクロ波音声が強く反響して聞こえてくるため、被害初期の人間の多くが、パソコンや、テレビ等の機器に、マイクロ波音声を発信するプログラム機器が、盗聴器のように、取り付けられているのではないかと錯覚を起こし、勘違いして、精神の混乱を招き、精神科等にて、統合失調症と誤診され、精神破綻者とラベリングされる多くの被害事例報告からも理解できます。

また、「テクノロジー犯罪」被害者が、喩えるならば、ストーカー被害者が盗聴器を探し出して除去するかのように、自身が歯科等にて治療したインプラントを、あたかもマイクロチップなるものを埋め込まれていると勘違いし、過剰反応の錯覚を起こして、警察庁関係、病院関係等の大量監視社会の陰謀論などを語り出す訳なのですが、確かに警察庁、病院関係者の中に「スリーピングインサイダー」の工作員(工作屋の組合員、もしくは某学会のブロックの1%の組合員・・・これについては、私Yの本サイトにて、詳細を閲覧下さい)等が「浸透」している可能性はありますが、病院関係組織全体が、大量監視社会の下部組織の一端として機能し、インプラントのマイクロチップを埋め込んでいるなどというのは、誇大妄想に過ぎないというのが、私Yの見解です。


※洗脳技術に於ける、インプラント【implant】〔動詞形〕の正しい語義は、植えつける(情報を埋め込む)であり、また、インプラント - Wikipedia には、インプラント(implant)〔名詞形〕とは、「体内に埋め込まれる器具の総称である。・・・(略)・・・諜報目的で埋め込まれるものも確認されている」とあります。


◇下記参考資料 転載元サイト:インプラント - Wikipedia ~諜報目的装置の発覚例より、抜粋


この節には複数の問題があります。
ほとんどまたは完全に一つの出典に頼っています。(2016年2月)
信頼性に問題があるかもしれない資料に基づいており、精度に欠けるかもしれません。(2016年2月)
中立的な観点に基づく疑問が提出されています。(2016年2月)
この種のインプラントは脳に組みまれる。[1]
スウェーデンのロバート・ネスランド(Robert Naeslund)は、1978年にアテネの病院で最初の装置が摘出された。回収された装置は調査目的でアメリカの病院に預けられたが、大学側はそれを預かった事実を否定した。結局、ネスランドは調査結果を知らされなかった。彼は米国から帰国すると警察に拘留され、釈放後の1982年に新たな装置が頭部から見つかった。これは細かく破砕されてから摘出された。1987年にもジャカルタで再び新しい装置が摘出された。術後のレントゲンにはキノコ型の装置がくっきりと映っている。1980年代にこれらの事実をさまざまな団体に訴える活動をする間、何者かが自宅にマイクロ波を浴びせ続けて、彼は居住不可能なほど健康を害された。5年ほど活動を停止したあと、1990年代に再び活動を始め、被害に苦しみながら活動を続けている。
1960年代に大学を卒業したローズマリー・シュヴァルツは、70年代に頭の中で「声」が聞こえるようになった。「声」は彼女の生活にコメントし、80年代にストックホルムへ引っ越すと干渉が激しくなった。1993年11月に機会を得てレントゲンを撮影すると、装置が頭部に映って見つかった。
また、ロンドンのニトゥンバ氏は装置の映ったレントゲンと共にネスランドへ送った手紙の中で、次のように述べている。
脳送信機は説明も合意もなく処置されました。・・・許しがたいのは、私の視覚、思考、イメージ、聞くことなどすべてが犯人たちにも共有され、彼らが私の人生を破壊するために大掛かりな工作をしていることです。・・・プライバシーなんてありません。・・・突然、MI5の犠牲者になったのです。・・・この苦しみは1988年6月に始まりました。
装置の働きにより不定期に遅れて既視感が起こるので、この自覚症状で神経症による被害妄想と区別される。



 つまり、私Yから言わせて頂ければ、精神科等の病院にて統合失調症と診断された患者であるならば、ほぼ間違いなく脳のMRI等の画像を撮り、脳外科医、もしくは専門の精神科医等が診断を下している訳であろうことから、上記の動画にあるように、「テクノロジー犯罪」被害者の脳内等に、現実にマイクロチップなるものを埋め込んでいるというならば、過去20年以上に渡る「テクノロジー犯罪」の経緯の中で、脳外科医、もしくは専門の精神科医等が何かしらその異変に気が付いたはずである訳である(「テクノロジー犯罪」加害者側は、統合失調症の発症が脳の外的要因による機能性の精神疾患ではない事を意図的に悪用している訳であるが、これはまた逆に、犯罪加害者側が、外因性の気質性精神障害を併発させようと、マイクロ波により、頭部への物理的攻撃を狂喜して加え、現実に脳機能に損傷させる事に愉悦し、残虐にも、非道にその犯罪を犯している事をも意味します)。ただし、これはマイクロチップの埋め込みの可能性を全否定するものではなく、1960~1980年代頃の過去の「テクノロジー犯罪」史の、はしりの時代の中では、脳内や掌(てのひら)にマイクロチップを現実に埋め込んでいたのであり【補注.1】、これは、脳紋の生体認証スキャンのカモフラージュとして、今現在も、現実に行われている謀略技術であると考えられます(このような謀略技術の認識の捉え方をしないと、私の身の回りの身辺で、現実に起きている驚愕に値する事象を、現実に、理解了解することは困難である)。そして、現代の「テクノロジー犯罪」においては、脳紋の生体認証スキャンによる、ターゲット(標的)である個人特定の防諜活動とマイクロ波の人体実験の拷問による残虐の限りが尽くされているものと推定しています。本サイトにて、紹介さして頂いている、shanti-phula.netの竹下氏は、動画配信【補注.2】の「コブラ」情報の盗聴技術の解説の中で、確かこの辺りのことを、おそらくは、エーテルレベル領域(混同しないように、厳密に、物理的次元に限定するならば、エーテルレベル領域とは異なる、エーテルダブルレベル領域:詳細は、現在のところ不明です)の触媒を可能とするマイクロチップへのインプラントの入力、埋め込みの可能性のある事を示唆されていたと思われますが、詳細は分かりませんが、実際の所、私Yの記載している脳紋の生体認証スキャンによる脳生体認証コードの周波数領域と、竹下氏の教説しているエーテルレベル(もしくは、エーテルレベルとは異なる物理的次元のエーテルダブルレベル)領域は、同列の領域のもの、もしくは同義のものかと推定されます【補注.3】。【MKウルトラである「テクノロジー犯罪」に使用されている非正規トランスミッターは、一般的にプラズマ兵器の一つの軍事兵器として大きく括られているようですが、ここでいうプラズマ兵器のプラズマと、竹下氏の人間の肉体要素の構成についての教説にある、マヤ・ヴィルーパ(プラズマ体)のプラズマの語義の定義の関連性の詳細については、ここでは割愛する事とします】

 こういった事を記載するのは、あくまでも実際に被害に遭遇している被害者の混乱を招かないためであり、「テクノロジー犯罪」の認知と広報のために尽くして下さるすべての方々の好意を無碍にするためのものではないことを、最後に付け加えさして頂きます。。。







対策まとめ
電化製品等が発している電磁波(テレビ、パソコン、携帯電話、スマホ、ヘッドホン、冷蔵庫、電子レンジ等)や、金属製品(金属製品のネックレス、眼鏡、歯科のインプラント等)をアンテナとし、その電磁波を増幅させる性質がある
⇒これらを順次外す。体感が変わるか確認。また、身体内に電気をためない(個人的には両手・両足を椅子などの鉄部分などに接地させアースのように身体から放電させる)。根本的解決方法ではないが、和らげることは可能。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... | トップ | 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。