自分を先に置かず、相手を本当に想った行動をすることがコアとなる

まず気が付く 自ら考える
とらわれのない自らで、そのものと向き合い直観する
間になにも挟まない
一巡目加速連鎖昇華

整数の純正律×倍音

2017-07-14 05:46:24 | NEW
ちなみに、携帯電話やスマートフォンからの人体への帯電は非常に高いのですが、私が所持しているハイレゾウォークマン(NW-A35)からの帯電率は低いそうです。

個人的には、現代の国際基準である440HZ(人工的な平均律=基音とそのオクターブ以外は無理数が続く)ではなく、周波数の比率が整数の純正律でできた音を聴いてほしいです。そこには無理数がなく、音と音は完全に調和し、和音になったときも まったく濁りのない透明な音になるそうです。これらの音(振動)=周波数が、電波の振動=周波数と同様に身体に働きかけ、電波で悪く振動している身体をプラスに回復させることができます。固有の周波数を聴くことで「共鳴」が起こります。共鳴とは、同じ周波数のものが二つあれば、一つを振動させると、叩いていないもう一つも鳴り始めるという共振現象のことです。たとえば音の調律に使われる音叉(音叉A)を叩くと、特定の周波数の音を出しますが、このとき近くに同じ周波数の音叉(音叉B)があれば、そちらは叩いてもいないのに鳴り始めます。音叉Aが発した音の振動が大気に伝わり、同じ振動数を持つ音叉Bに伝わって揺らしたわけです。つまり、よい周波数の音
を聴くだけで身体の振動数をもとに戻したり、より良い周波数に変えることが出来るということです。低周波電波で攻撃を受けてきた身としては、身体振動数をチューニングで回復させることには体感的に意味があることと思えるのです。

細胞一つ一つに波動があり、内蔵にも、思いや精神にも固有の波動があります。しかし、それが傷ついて本来の波動からズレてしまっているときに、正しい周波数と共鳴させることによって、もとに戻す、修復させるということが行われるのではないでしょうか。
また、 私たちの肉体は70%が水でできています。水は振動を記憶し、音霊として物質化し、相手に伝達するエネルギーでもあるのです。

これらが様々なところで影響しあっているのではないでしょうか?そう思えてなりません。



整数の純正律×倍音=回復・癒やし=聴いていて心地よい音

各周波数で回復効果が違うようですよ。


詳しくは
「聞くだけで心も体も体も痛みが消えるソルフェジオ周波数CDブック」真印 をご覧ください。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帯電解除し、質素な食生活を... | トップ | 帯電による各種心身不調の改善 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL