一人一人が動け 「権利の上に眠っている者は権利を受ける資格はない」

自分で考える
運命論は当初から否定されてきた
嘘と本物を混在させた遠隔嘘発見器の情報と、それによる誤認識が全て消える

2017-04-20 21:48:07

2017-04-20 21:48:07 | UTA STREAM
思考盗聴システム関連のかたと、私は一切お会いしたことはありません。メディアの方とも一切話したこともありません。政府の方ともお会いしたことはありません。なにか契約があるなら書面の契約書を出してください。

また、マイクロ波兵器による思考盗聴は、2016/11半ばまで私は一切認識してきておりません。

また私が本質的に追求しているものは1997/12以降からのものです。

本人に直接会ってお聞きください。

私に興味があるなら私に直接お声がけください。


遠隔での脳情報搾取は基本的人権を損なうため禁止にします。またシステム運営者が嘘の情報を大量に混ぜるため、最初信頼性が高く見えても、後からたくさんの人を誤認させる方向にシフトします。またサイボーグ化と称して脳から意識に情報が上がる0.5秒程度の間に、遠隔からコンピュータを接続(TSUNAGU)させ、コンピュータの辞書情報を意識との間に割り込ませてきます。発音するならその影響を受けませんが、脳内ではその影響を受けます。またそれとは違ってシステム運営者が誤認識させるほのめかしにみせた意味ない情報をばらまき、ターゲットとの関係が希薄な認識不足の周辺人物にシステム運営者が誘導させたい人物像にみせかけてきます(俺ならエロ方面の人物として)

また海外の拠点と切り替えたり、録音音声を使用したり、テンプレ音声に特定人物の音声傾向をテクスチャーのように張り付けたり、本人達の音声と切り換えたりなどありえない詐欺行為をしてきます。


私は『君次第』などと放り投げるようなことを述べたことはありません。『自分自身次第』と述べます。自らに向き合うとは、他人を必要とすることではありません。

みなさんをそこに誘導させて誤認識させてきた責任者のかた出頭願います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 遠隔脳ハッキング概要と、そ... | トップ | 経験則からの合致率の高さ ... »
最近の画像もっと見る