Think Myself.-I thank an appropriate partner.-

脳ではなく対面せよ
部分ではなく全体である
とらわれのない自らで直観する
相手を本当に想う
気が付く自ら考える

ブードゥー教を基底としたサタニストによるテクノロジー脳内干渉=ゾンビケーションと、それを許容した(させられた)政権に対しての信任衆院選

2017-09-19 04:44:50 | NEW
遠隔コンピューターは、ある程度以上情報収集が進むと、完全な詐欺が可能となる。

今までの社会通念通り、本人と対面して発声があるものだけが信頼あるものである。

わかりやすい例を挙げれば、本人の睡眠中の鼻息の脳波に特定の言葉を当てはめ、本人が発したとして、それを遂行しているという詐欺始末である。

日曜日、TSUTAYAに行った。とある週刊誌の表紙を読んだ。そしたら月曜の朝刊一面(衆院選)がでた。事前から進めていたとは思うが、よくやる手法である。彼ら権力者だけが利用し、さらには都合よく利用しているのである。

私は今回の衆院選の争点は、国民をバラバラにし、一方的な情報を押し付け、歴史的に国や社会を判断力のない特定方向に向けた与党の隠蔽を暴露し、国民にきちんと問う選挙と考える。それ以外の意味はないでしょう。

2006年秋からの隠蔽圧力本当にありがとうございました。

ちなみにゾンビとは日本の通念とは違う意味を持つ。私がよく言う脳内干渉はゾンビケーションのことであり、それはつまり自動人形(オートマン)=自ら進んで言いなりになる全ても指す。

これらはサタン信仰の基底をなすと言われるブードゥー教と関連した秘密結社が、最新のテクノロジーを利用して自分たちの欲望を成就させた場合と解ける。これらの思想は偽ユダヤ思想と近いのだ。

彼らの中のゾンビの概念を記した書物の序文を紹介する。




また「自分の運命を自分の思い通りにできる」とは、それができないものを彼らは奴隷と呼び、彼ら権力者が歴史的にひたすら大多数から隠してきた真に霊的なもの、これが私の行ってきたことの真の姿〜それは彼ら権力層からみた場合〜
である。彼らは自分たちでできないのでなぞっているのである。誰かを覗いたり意識したり中心に置く必要はないのである。

自らが自らでないことに気がつけるのは本人だけである。故にこの意味でも誰かをのぞく必要はないのだ。さらに言えば土日祝日にあなた達に見せる私への脳内会話及び電撃攻撃などは、相当に力を緩めたものであり、和気あいあいにみせかけ、なにか意味ある研究とさえ思わせている節がある。やっていることはゾンビがゾンビを再生産する参加者の生体IDの取得と疑わせない初期イメージの埋め込み(マインドコントロール)である。それを遠隔で同時偽シンクロや、統計と称した本人無自覚の脳データ収集を行っている。

私はテロのテストケースとして 共謀罪を無理矢理法案通過させ、挙げ句の果てにはこのような国民を売り払った選民思想に埋没した政府与党の信任の場として今回の衆院選を位置付けたい。
「ミサイル飛ばす」などNHKのキャスターが冗談めかして生放送中に言う程度のものでしかない。それが真実である。これは第二次大戦中などによくみられた敵国を過剰に脅威に見せるマスコントロールの手法と同じなのである。その間に誰もが望まない方向に両方に投資した権力層が誘導づけているのである。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-09-17 14:11:27 | トップ | 2017-09-19 09:53:43 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NEW」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL