The Fractal -Not Synchronization,Not Central,Not Artificial-

サーバー型:単一型 -スパイラルが宿命
フラクタル型:多様性 +スパイラルが宿命
まず気が付け(Perceive)

脳波干渉(マイクロ波聴覚効果)参考:メアリー・ルー・ジェプセン「未来のマシンで脳からイメージを読み出せるか」

2017-05-14 17:40:23 | 脳波干渉・思考盗聴・マイクロ波聴覚効果・コインテルプロなどそれら全ての終了
https://blogs.yahoo.co.jp/hanabi1977326743/65278429.html
2015/6/19(金) 午前 11:02
◇掲載サイト メアリー・ルー・ジェプセン: 未来のマシンで脳からイメージを読み出せるか ...



上記動画資料を閲覧すれば、「テクノロジー犯罪」に使用されている非正規違法トランスミッターの脳の認証スキャンと視覚野の映像送信技術についての一端が理解が出来ることと思います。ちなみに、私Xが非正規トランスミッターの遠隔洗脳装置について、あくまでマインドリーディングという言葉を使用せず、遠隔洗脳致死性拷問装置であると主張し続けるのは、非正規トランスミッターは、脳機能の思考を司る聴覚野周辺領域を媒介としたパルス変調信号によるマイクロ波音声送信を可能とするのみであり(視覚野の映像送信技術についての説明は、『マインドリーディング』の書庫にて記載しています)、標的の脳機能に非正規トランスミッターの致死性の周波数のトランスをかけ拷問をする使用用途以外は、犯罪加害者側は標的である対象者の思考など、全く以て理解不能のバッタモノの産物だからである。つまり、厳密に正しくいうならば、標的である対象者に洗脳催眠の周波数のトランスがかからなければ、いかに欧米の軍事諜報部員であろうと、マイクロ波で標的に洗脳催眠をかけて対象者の思考に介入し、対象者の抽象度(ゲシュタルト)の情報空間から情報を搾取することは不可能な訳である。それがマイクロ波の限界というものである。つまり、パルス変調信号によるマイクロ波の音声送信などというものは、マイクロ波電磁パルス変調信号により記号化変換可能の思考言語領域については、思考介入技術が可能であっても、非記号化の思考中枢領域については、全く意味を為さない無意味な産物であという事である。それを、敢えてかみ砕いて例えるならば、ラジオのネイティブの英会話通信放送のマイクロ波受信を、現今の小学生の児童が聴いても、ほぼ理解不能であるのと同じレベルの意味合いである。これを更に分かりよく言うならば、犯罪加害者の思考盗聴システムとは、標的の脳機能の聴覚野領域のマイクロ波パルス変調信号による音声を介してしか思考盗聴できない盗聴技術な訳であり、私Xが、苫米地博士の音源等を聴いていると、犯罪加害者側の人間達が、自身達が標的である対象者に致死性の遠隔洗脳をかけていることが、某学会の犯罪歴の浅い他のブロックの組の人間、及び洗脳詐欺商法の営業取引先の人間達に明るみになる事を非常に嫌い、私Xの自宅のアンプへのテンペスト攻撃、及び私の自宅に家宅侵入し音源を聴いているイヤホンに工作して脅しをかけてくるのもその為である。「テクノロジー犯罪」の非正規トランスミッターによる思考盗聴などという遠隔拷問装置は、犯罪加害者側の人間達が、魔界の周波数のごとき電子情報仮想空間で、ヨダレを垂らして妄想を掻き、そのネションベン共の情報空間の妄想の抽象度世界のゲシュタルトを、標的である被害者に、「洗脳」による外部情報の埋め込みをしているに過ぎない訳である。また、これを逆に言えば、電磁波曝露により、前頭前野に疾患の発症していると推定される犯罪加害者側の人間達は、記号化された二次元的思考領域(抽象度領域)のみを現実世界(リアル)であると誤認識し、その魔界の周波数のごとき電子情報仮想空間の抽象度世界にトリップして、二度とこの三次元の現実世界に帰ることが出来なくなった【注.1】 、分裂病的抽象度世界の住人である、多重人格者という事になる。卑近な例で分かり易く喩えるならば、かつての洋画に、確か『トワイライトゾーン』という映画があったが、その中の短編ストーリーの一つに、女性の登場人物がテレビの中の平面的二次元の抽象度世界にトリップして入り込み、その抽象度世界から、二度と迷って帰って来れなくなり、最後にはテレビ〔洗脳ツール〕の中の魔物である仮想現実世界の化け物に喰われてしまうといったストーリーがあったと思うが、それと丁度、同じことである。私Xからするならば、二次元的思考領域(抽象度領域)のみでしか思考し得ぬ思考回路の人間達(表層意識である物質次元領域でしか存在し得ぬ思考領域のエンティティの人間達)は、実に奇妙であるとしか言い様がない。




■私が、「テクノロジー犯罪」にて使用されている非正規トランスミッターについて、「非致死性」の遠隔洗脳拷問装置であると明記しているのは、その電磁マイクロ波パルス変調信号の有害周波数のターゲットの人体への照射が、犯罪加害者側の人間達自身にとって目障りな標的に対し、あたかも、1日、24時間、365日、微量の青酸カリを混入して飲ませ続けているのと、同一次元の犯罪であるという意味である。この微量の青酸カリという譬えの、「微量」という表現のリスク評価は、被害当時者自身である私Xの経験上から言わせて頂くならば、より客観性を保つために、敢えて、かなり低く見積もって、評価している記載である。それを、更に、明確に言うならば、戦時中のナチの人体実験や、日本の731部隊の人体実験と同義の重大犯罪であるという意味である。私Xから言わして頂ければ、非正規トランスミッターなどという得体の知れないバッタモノの代物のことよりも、今の現時代においても、欧米の軍事産業界において、その様な非人間的人体実験を行っている非人格的科学者が、現実に存在しているということの方が驚愕である。それが、私Xの正直なところの本音である。私Xから言わして頂くならば、非正規トランスミッターのマイクロウェーブ(マイクロ波)など、放射能汚染と何ら変わることがない。







【補注.1】 この辺りの事は、本サイトにて紹介さして頂いています shanti-phula.net にて解説されている広義の肉体次元、及び時事ブログにて解説されている2007年から2011年以降の詳細な解説の経緯を、時系列的に検証すれば、理解の出来る方にとっては、すべてが腑に落ち、整合性を以て納得の行く、理(ことわり)、秩序ではないかと思われる。私Xも、長年に渡る「テクノロジー犯罪/コインテルプロ犯罪」の被害者である訳だが、2014年に、再度、社会的に表面化して、この私Xが被害に遭遇した時に、凄惨ながらも、既に慣れている「テクノロジー犯罪/コインテルプロ犯罪」被害の事よりも、犯罪加害者側の主犯格連中について、あれは一体何事が起こっているのかと、実際には、そちらの疑問の方が大きかったというのが、本当のところである。shanti-phula.net にて説かれる詳細な解説の時系列的な経緯についての認識については、若輩である私Xも、研鑽さして頂いている身であるため、誤差、誤りがあるのかもしれませんが、本サイトで紹介さして頂いている shanti-phula.net の地球上の宗教学的な解説については、本サイトを閲覧された方々のその立場に関わることなく、理解の出来る人にだけ、理解して頂ければよいとの趣旨で、紹介さして頂いています。私Xを含め、人生に起こるすべての学びは、真摯に受け止め、自らの足で、真剣に、実地に人生を歩むべきである。



【追伸】 因みに、私Xの所感では、私でXに対する犯罪加害者側の人間達の中で、2014年7月前後当初より、『私らも、こんな事は、たまったものじゃない!! 〔女性組合員①の言語〕』 『私ら、(一緒に犯行に加担するのは)嫌や!! 〔類型.bの女性組合員の言語〕』 と、モノを申し続けている組合員などは、まだ魔物に脳機能を乗っ取られていない、魂の残っている某学会の互助組織のブロック(「組」)の組合員であり、『仕方がないから、やらなアカン!! 〔女性組合員.Aの言語〕』『別にいいけど、捕まったら、君らも共犯になるで!! 〔男性組合員Mugi○○の言語〕』と、サイバーセキュリティー加入の某ホームセキュリティー対応の闇会社の社宅の一戸建ての閉鎖された空間の中で、恐怖の脅しをブロックの組合員達に煽り続けているのが、既に魂の破滅した硬質塩化ビニル人間達(異常人格の変質者:「メリベ 」(参考掲載元:shanti-phula.net ~「メリベ 」)/参照 会話漏洩記録の検証 2015/10/28 )であると認識しています。 洩記録の検証 2015/10/28 )であると認識しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... | トップ | 脳波干渉(マイクロ波聴覚効果... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む